Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2019年4月22日 (月)

ルンバi7+ 最高という気分になっているので誉めておく

ということで。ルンバi7が来てから1か月くらい経ちましたよ。たぶん。前回の記事とかなり重複することもあると思いますが、まああまり気にしないでいただきたい。つまり一度書いたことを忘れた。というかろくに読み直してない。というか、やっぱりブログの時代は終わりつつあるのではないか、とか。

 

でだね。二代目ルンバくん。ルンバi7。これ、やっぱり凄い。運用の回数が圧倒的に増えている、つまり使いやすいってことなんです。ルンバ君のお約束なんですが、掃除をする前に片づけをしなきゃならない、って問題があります。床に置いてある座布団、落ちてるリモコン、コード類、服。まあよく落ちてる。

 

Img_3158 以前のルンバ780の場合、マンションの部屋全体を一気に掃除することができませんでした。バッテリーの容量の問題と、迷子問題です。つまり充電ベースがある部屋でバッテリーが足りなくなってきた場合、ルンバは充電ベースを探して自分でベースに戻りますが、違う部屋に行ってる場合はベースを見失い、その場でこと切れます。これがベッドの下だと結構面倒。手が届かないし。だから、マンションのフロアをリビング側と寝室側で半分に物理的に境界を作って、分けて掃除していたんです。

 

これが結構面倒でした。キッチンには猫の水も置いてあるので、キッチンにはルンバを入れたくない。そこで、どうせならとリビングにある事務椅子やキャスター付きの棚をキッチンに転がして入れ、キッチンとリビングの間をシュレッダーで壁を作り、リビングと寝室の間に猫爪タワーで仕切り、リビングのごみ箱や座布団をソファの上に置き、カーテンを巻き上げ、コード類を片付けます。そんでルンバ君のスタートボタンを押す。前に。ルンバ君のダストボックスの中に入ってるごみを捨てて、フィルターを掃除して、戻して、それでようやくスタートですわね。

 

スタートすると結構な轟音が出るため、部屋の中にはいたくありません。おでかけです。帰ってきたら、ルンバ君はお掃除を終えて充電中。机の上やいすの上に置いたごみ箱を片付けて、さて残りの寝室の掃除はブラーバちゃんに任せるか、また後日ってことになるわけです。ああ面倒くさい。面倒くさいから、確実にルンバを動かすのは日曜日。後は汚れが目立つときに、轟音覚悟してやるわけです。そんでも、自分でやるよりマシってのはありますわ。

 

でね。ルンバi7。まずダストボックスを掃除しなくていいでしょ。そうすると、おっくうな手間が一つ減るんです。更に言えば。実はルンバはアレクサに対応しています。「アレクサ、ルンバでお掃除して」と話しかけると、ルンバのスタートボタンを押す手間もない。あ、ただね。アレクサの返事が「おおけえ、ろおおんばで掃除を開始します」という、ろおおんばって何よ。たぶんRoombaをローマ字読みしてるよね。対応してるんだったら固有名詞もきっちり入れろよ、とは思います。まあいいや。

 

で。まあ床のものは机の上にあげます。これはしょうがない。でも、寝室への物理障壁は作らなくていい。キッチンもついでに掃除させちゃうから、猫の水飲み容器だけは、段差のある浴室に移動します。コード類。巻き込んじゃうんで今まで結構気を使っていたんですが、今のルンバはコードを巻き込んでもローラーを逆転させて絡みをとるんですよ。そんなに気を使う必要がない。

 

今まで動かして掃除していた事務椅子やらキャスター付きのラックやら、そんなものをどうするか。これ、あまり気にしないで、ちょいとだけ動かすことにします。

 

Img_3732 つまり今までよりずっとざっくりと片付けるだけで、家全体のお掃除が一気にできるんですね。だもんで、ルンバを動かす日がずいぶん増えました。なんなら毎日動かしてもいい。猫の毛が舞っているのが目に見えるようになる前に、お掃除ができてしまいます。これは快感ですな。

 

ところで、ルンバi7以外のルンバは、本体内部にごみを溜めるので、ほぼ毎回ゴミ捨てをします。それが地味に面倒くさいってのはさっき言いました。当然のことですが、その都度見ることになるダストボックスは汚れています。これもけっこう気になるんですよ。ダストボックスの中は透明で見えるだけに、隅の方の汚れとか。まあ気にしなきゃいいんですけどね。ルンバe5i7は、ここが水洗いできるようになっています! と感動したいところですが、i7の場合、ほんとにゴミ捨ての機会が少なくて済むため、実はダストボックスまだ見てない。ひと月、ゴミ捨てしてないってすごいなあ。まあだから、水洗いできる恩恵もあまり感じてないんですが。それはそれで、きれいにできるので気持ちいいことですわね。

 

とはいえ、無敵ではない。ルンバi7にも苦手があります。微妙な段差、です。ここ。これはズボンプレッサーのスタンドなんですが、この高さ、幅を掃除しようとして、ルンバは乗り上げてしまいます。罠と言ってもいいくらい、ほぼ確実にここに引っかかります。乗り上げたまま、一生懸命降りようとしているのですが、ダメですね。ダメなことが多いです。

 

それから、まあこれはイレギュラーなんですが、床に落ちていた使い捨てカイロ。これを巻き込んでしまったこともあります。この時はローラーを逆転させてもとれなかったみたいです。

 

こんなふうにルンバが異常終了する場合は、スマホアプリに「ルンバが助けを求めています」とメッセージが出ますんで、助けに行きます。が。外に出かけているときにこのメッセージが出ると、ああしょうがねえなあと思うしかありません。帰ってからルンバを助けます。

 

事前の対策としては、バーチャルウォール、という付属品がありまして。こいつは二つのモードをもっています。直線状に立ち入り禁止区域(仮想壁)を作るモードと、円周状に立ち入り禁止区域を設定するモード。これを使うと、ズボンプレッサー周りに侵入することはありません。まあお掃除もしてくれないわけですが。ともあれ、ルンバがひっかかる条件はこれでクリア。まあ物理的に防壁を作るという手もあるでしょう。

 

ともかくこうやっておけば、お出かけしていても、ルンバがお部屋をきれいにしてくれるはず。で。会社にでかけて、iPhoneのアプリでルンバを起動しようとしましたらね。奥さまから即座にLINEでメッセージが届きました。

 

Img_3733 「ひょっとしてルンバを動かそうとしてる?」、「はい、その通りです」

「うち猫いるよね。何かあったら大変なことになるよ?」

 

「?」、「!」

 

はい。猫という動物は、しばしば嘔吐するのです。病気でなくても。特にご飯を食べてすぐの時に、食べたばかりのものを吐くことがあります。食べたばかりのドライフードなので、そんなに小汚いわけではないですが、特に猫は噛まずに飲み込むので、胃液で柔らかくなったドライフードが散乱することがあるのです。

 

で。ろおおんばが動き出すと、きれいに吸い込めばいいですけど、水分を含んでますので、ぐちゃぐちゃと砕きながら動いていく可能性が高いですわ。家の中全体を巻き込んで。ろおおんば自体もダメになるかもしれない。ああ、確かにこりゃだめだ。たまには白猫がお尻にコロンとしたやつをくっつけて走り回ることがありますしね。あれを巻き込まれた日にゃ悲惨なことになるでしょうねえ。

 

幸いうちは今までそういうことはなかったですが、いつかTwitterでそういう悲鳴を聞いたことがある気がします。ご愁傷様であります。猫がいる家は、スケジュールで管理するのはあきらめましょう。ろおおんばを動かしていいか確認してから、アレクサに指示した方がいいですね。

 

あ。それから吸引力というか、掃除のあとのきれいさなんですが。実は、i7、微妙に取り残しがあるときがあります。ランダムっぽい走行軌跡でしつこいまでにおそうじする旧型に比べて、i7は無駄なくお掃除するので、毛のように舞うものがいったん逃げてしまうと取り損ねる、という感じです。その分、こまめに掃除をさせているので、まあ総体としてはきれいになってはいるのです。

 

ともあれ、14万円くらいしたルンバi7ですが、買って悔いなし。そういう意味で、満足度は高いのです。

2019年3月28日 (木)

ルンバi7+は生活を変える のかどうかは家による②

Img_3208
というわけで、ルンバを起動しましょう。

基本的には、お掃除するだけなら、ルンバはスタートボタンを押すだけで動き始め、あとは何もする必要がありません。操作はね?操作は、よ?

 

ただ今度のルンバはスマート家電、AIですよ、ロボですよ。まあ前もそうだったけど、つまり進化したロボ。鉄人28号がジャイアントロボになったくらいの進化。鉄腕アトムほどではないです。これがわかるひとは同年代おじさん(おばさん)。

 

で。まあメーカーホームページを見ていただいた方がいいんですけど、まずスマート家電なんでね。Wi-Fiで、外からも家の中でも、ルンバを起動して掃除をさせることができます。その都度のお掃除レポートも、アプリに出てきます。

 

動き方として、ルンバ780は、一見ランダムに見える走行パターンで縦横無尽に走り回っていましたが、かなり無駄が多い動きです。ランダムじゃないらしいんですけどね。すごいあちこち動いて徹底的に掃除する、みたいな感じです。ところが今度のi7は、部屋自体を掃除しながら、カメラやセンサーで得た情報から部屋や家具の配置を、マップとして作っていきます。掃除をすればするほど、このマップの精度が上がるため、端から順に掃除をしていくような、無駄のない走行パターンを作ることができます。

 

あ。カメラで周りを認識している分、真っ暗なところはちょっと苦手なようですが、例えばベッドの下とか、タンスの下とか、そういうところの精度がどうかまでは、まだわかんねえです。

 

もちろん単純に折り返していくだけでなく、ごみが多いところを繰り返し掃除したり、家具の移動にも対応したりします。廊下の真ん中を通ってクランクを通り抜ける様子なんか見てると、さすがロボ!的な感動を覚えます。すげえ。

 

Img_3224
マップが完成していると、家の中のそれぞれの部屋に名前を付けて、アプリでどこを掃除するかという指定もできるようになるらしい、です。リビングと寝室だけ、とかね。まだそこまで行ってない。実は、このマッピングを始めるためには、アプリ上でスマートマップという機能をオンにしなければなりません。ただ動作しているだけでも、掃除終了後にはどこを掃除したというレポートがマップとして出てくるんですが、それは単なる記録。マップデータとしては積み重ねないようです。セキュリティ上の問題ですかね。地図データがクラウド上に保存されるらしいので、人によっては自分の家のデータを見られてしまうのが嫌、という方もいるでしょう。ですからデフォルトではこの機能が切られているわけです。仕方ないですかね。

 

このマッピングと走行パターンのおかげで、掃除の時間もかなり短縮されます。そもそもルンバ780は無駄というか、かなり余裕を見た走行パターンをするせいで、掃除に時間がかかります。更に、掃除に時間がかかるということは、そんだけバッテリーも喰う、ということです。ルンバ780の場合、18畳程度(たぶん団地間)のリビングだけの掃除に2時間はかかっていました。ところが、i7の場合は、それに加えて、廊下、キッチン、寝室、仕事部屋を全部掃除して、ほぼ1時間で終わります。掃除面積が倍になって、時間が1/2になった。ということですね。

 

動作音なんですが、6年くらい使ったルンバ780に比べると、圧倒的に静かです。といってもブラーバちゃんほどでは、当然ない。吸引して掃除するマシンですからねえ。それなりには音がします。でも、テレビを見ていてもそんなに気になる音ではない、って程度には静か。個人差はあるでしょうけど、普通の掃除機みたいに、ぎゅいいいいいんんって感じの音はしないです。あ。ラグとかの毛足の長いものの上に行くと、たぶんブーストモードに入るので、音がうるさくなるはずです。

 

ところが一気にうるさくなるのは、お掃除終了後、クリーンベースに戻った時です。毎回クリーンベースに戻ると、ルンバ本体にあるごみをクリーンベースが吸い出して、クリーンベース内のダストボックスに集めます。この時の吸出し音はけっこうな爆音です。と言っても、それまで静かなので目立つだけなんですが、実際にはハイパワーの掃除機を動かした程度の音ですかね。うるさいのが10秒程度。我慢の範疇でしょう。がまんできます。

 

今時点でわかんないのは、メンテナンス性ですな。ルンバ780。に限らず、普通の掃除機でもそうですが、接地面の転がりをよくする小さなローラーの芯棒部分。ここに埃とか糸くずとか、巻き付きませんか。

 

Img_3241うちは素敵な白猫と、素敵な三毛猫がいるんですが。そりゃあもう手触りがふわふわとして気持ちよくて、きれいで、ですねえ。ぬいぐるみの猫って5年も置いとくと埃だらけになるのに、うちの白猫と三毛猫はいつもきれいなんですよぅ。

 

シャンプーとかしませんよ。短毛種の猫は自分で毛づくろいをするので、シャンプーしなくてもきれいなんです。でね。毛づくろいだけではなくてですね。ぬいぐるみと違って、どんどん毛が生え替わっていくの。つまりね。毎日毎日、毛が抜けていくの。もうね、掃除しても掃除しても、毛が舞っているの。それも当然毎日出る埃や糸くずと絡み合って。大変なの。

 

でだ。ローラーの芯棒にこの毛が、ふわふわの綿毛のような毛が巻き付いて、何か月か放置しておくと、完全にフェルト化します。もうびっくりするくらいしっかりとしたフェルトになるんですよ。こないだルンバのメンテナンスをしたときに、ローラーを分解した芯棒のところ、5㎜くらいの厚さのドーナツ型のフェルトが入っていて、これ、こういうクッションのための素材だっけってしばらく考えました。違うね。猫フェルトだね。

 

実はそこだけでなく、ルンバ本体内部の風が抜ける場所にはかなり毛が入り込んでいます。内部掃除が簡単にできる構造ではないので、外側からドライバーや千枚通しのようなものを突っ込んで毛をとるんですが。どうしてもとれていない部分があります。そこらへん。今度のルンバで少し改善されているといいんですけどねえ。たぶん無理。猫の毛の力をなめるな。

 

ただ、そんな汚れ放題の我が家の床面がきれいなのImg_3368 は、ルンバちゃんとブラーバちゃんのおかげです。2人(台)がいなければとてもこの状態は維持できない。逆を言うと、ルンバちゃんの手助けがない棚の上だとか机の上だとかは埃がたまり放題です。空気清浄機もがんばってるはずなんですがねえ。埃のないうちに住みたいですねえ。人がいる限り無理な相談です。

 

でだ。じゃあってことで、今度のルンバi7ちゃんを皆に勧められるか。てのは、やっぱり生活スタイルによるとしか言えないんですよ。うちはマンションなので、洗面所以外は全部フラットな構造です。子供もいないので、細かなものは比較的少ない。ないわけではないです。机の上が汚くなっているだけの話ですが。家具にしても、ルンバやブラーバが掃除できることを前提に選んでいます。ソファもルンバが入れる高さに買い換えました。ベッドの下にものを収納するのもやめました。

 

それでも掃除するためにはごみ箱やリモコン箱をテーブルの上に置きなおしたり、カーテンを巻き上げたりする必要があります。加湿器の裏に埃がたまっている場合は、加湿器を動かします。できるだけ、ルンバが掃除しやすい状況を作っていますが、それでも掃除を始める前に5分やそこらの手間はかかります。手間がかかってもできればいいけど、とても割に合わん、というご家庭もあるでしょう。小さい子供が二人もいて、おもちゃをまき散らかしていたり、大きなおじさんが靴下を脱ぎ散らかしていたりしたら、それはやっぱり片付けるところから大変です。ワンフロアが小さくて、階段で上り下りするというご家庭にも、家全体を掃除できるi7は無駄に高い。使うなら各フロアにe5を置く、というのもありかもしれません。しかし我が家の場合は、圧倒的に掃除が楽になったのは確かです。

 

どの家でも使えるお掃除ロボ、鉄腕アトム級になるにはまだまだ時間がかかります。

2019年3月13日 (水)

ルンバi7+は生活を変える のかどうかは家による①

Img_3148 基本的に、新三種の神器としては、食洗器と洗濯乾燥機とお掃除ロボット。だと思っています。異論はそれぞれの胸の内に秘めておいていただきたい。うちの場合。うちの場合です。もうなんか個人的な意見の表明とかすると、すぐ炎上とかそういうことがあるらしく、なんかもう本当に発信するのが怖いですねえ。

 

このブログは長文であるがゆえにか、あまり構われることもなく、ごく一部の好き物の方が読んでくださっておるのであり、まあなんだ。炎上できるほどの潜在熱がないので、よしとしよう。ということで。あまり下らんことを言っていると、逆にそのお叱りを受けるかもしれず、ああもう面倒くさい世の中だ。誰だインターネットとかTwitterとか発明した奴は。ああすみませんすみませんいいすぎましたすみませんとしよりなのでゆるしてください。

 

で、だねえ。うちのルンバ7802012年購入。ああもう6年以上経っているのね。そうなのね。途中1回バッテリーを交換しました。ブラシも何度か交換しつつ使ってきたんですが、またそろそろバッテリーの寿命が来たっぽい。たまに充電ベースに戻れず止まっていることもあるけど、それなりにちゃんと働いてくれている、ってか、もうルンバなしではお掃除できない。というか、もともと掃除機すらろくに書けなかったので、ルンバが来てようやく猫埃の少ないお家になったというか。今更ルンバのない生活には戻れませんよ。と。

 

で、7年近くも経てば、ルンバもずいぶん進化したでしょう。バッテリーを交換してあと3年使うことを考えるより、買い替え時かなあ。で。去年、iRbot社より新型が発表されましてね。これがなかなか魅力的。うち的には。

 

今まで使っていたルンバ780。うち全体を一気に掃除することができませんでした。うちは猫を飼うためにマンション全体をフローリング化してるのですけど、畳数で言うと、30畳とかですかね。わからんけど。だいたい畳だってねえ、江戸間、京間、団地間とそれぞれで、かなり大きさも違うのに、畳数で言うってのが無理があるんですが、じゃあ平米でいわれりゃわかるのかってえと、それもねえ。家全体の大きさを比べるなら平米でもわかるんですけど、部屋の広さを平米で言われても、わかんねえよ。と。

 

ともかく。ルンバ780では一気に掃除できるほどバッテリーが持たず。ルンバ780には掃除中にバッテリーが足りなくなったら充電ベースを探して充電ベースに戻るって機能があるんですが、違う部屋に行っちゃったところでバッテリーが切れると、戻ってこられないことの方が多いです。というわけで。ベッドの下で止まられても困るので、部屋を仕切って今日はリビング、明日は寝室、と2パターンの掃除で使い分けてきました。

 

それに部屋の仕切りも、もともとはバーチャルウォールとかいう赤外線のセンサーがあったんですが、これは数年で壊れました。結局物理的に部屋を仕切って、半分ずつのお掃除。正直面倒くさいです。

 

Img_3146 ところがですね。ルンバi7+というこの新型。こいつはすごい。らしい。まずバッテリの容量が上がったせいで、全部の部屋を一気に掃除できる(はず)。さらに今までのルンバは部屋をランダムっぽく動いて、全体を満遍なく掃除するという掃除の仕方だったのに比べて、こんどのルンバi7+は部屋をセンシングして、さらにその地図を作成して無駄なくお掃除する(らしい)。加えて、毎回面倒だったゴミ捨ても、充電ステーションがごみポットとなって30回分のお掃除ごみを溜めてくれる。

 

すげええ。これは買いだろう。と思ったのが昨年9月。約半年前です。が。そこから発売までが長かった。いよいよ日本で発売か、と思った10月。発表になったのは中位機種のルンバe5というモデル。いやこれもいいんですよ。今までのルンバ最上位機と変わらない高性能機で、しかもお値段半額。みたいな。とんでもないコスパのいい機種です。最近、いろんなメーカーでロボット掃除機が発売になっているので、他メーカーつぶしですね。あ、いや個人の換装であってアイロボット社を誹謗中傷したわけではなく(略

 

でも買わない。だって、今度のi7+はゴミ捨て楽だし、うち全体を一気に掃除してくれるし。待つ。待つぞお。ってことで、半年間。ようやく発売が決まりました。しかし14万円。たっけえなあ。14万か。こないだ窓ガラス入れ替えしたばかりなのになあ。どうしようっかなあ。しばらく悩みましたが、ルンバ780のバッテリーの様子を見てると、やっぱり交換するしかないよなあ。買おう。新しい自転車用の貯金を崩すことにしました。まあねえ。自転車よりこっちのほうが必要度は高いよなあ。自転車2台あるしなあ。ぽちっと。

 

ということで、ようやくルンバi7+がやってきました。ルンバi7i7+の違いは、ごみステーションのあるなしです。i7+の充電ステーションには、掃除の都度にルンバ本体からごみを吸い出して、30回程度のお掃除分のごみを溜めることができます。ルンバ780の時には、毎回のごみ捨てが面倒くさくてしょうがなかったので、我が家的にこの機能は必須としました。

 

Img_3147 しっかし、箱がでかい。箱を包む箱まで付いてるんですよね。「箱も商品の一部だ」なんて言う人もいるらしいですけど。これねえ。やめようよ。って思いませんか。ごみ増えるだけなんですもん。ほんとゴミ捨てが面倒ってだけじゃなくてね、資源の無駄ですよ。輸送用の箱の外側に傷がつくのは当たり前です!って、業界の偉い人が言い切りましょう。

 

めんどくさいけど、箱を空けます。セッティングも面倒くさいのは、年寄りだからです。説明書読むのが面倒くさいですよね。って。読めねええ。字が小さいぃぃぃ。だけじゃなく、説明書がすげえ大雑把ああ。読むほどもないぃぃ。

 

これですね。実はi7って、家の中のWi-Fiに接続して、外からスマホで操作できる、いわゆるスマート家電のかなり進んだやつなんですよ。そもそも動き方が単なる機械仕掛けでなく、もともとは軍事用のロボットを作っているiRobot社の地雷除去ロボットのAIを家庭用に生かしたもので、実にイカしたAI。おじちゃんはたまにそういうことを言いたくなりますよねえ。それはともかく、何が言いたいかというと、スマートフォンで操作したり、説明を見たりすることが前提になっている部分があるってことです。

 

もちろんスマホ使えなくても、お掃除はできます。ただ、本来持っている能力の全てを発揮することができない。

 

ということで。セッティングの最初にすることは、スマホにiRobotアプリを入れて、アカウントを作るってことなんです。うちの場合は、ブラーバを買ったときに、iPhoneにアプリを入れていたので、そのアプリにルンバi7を登録する、という手順を踏むことになります。

 

ハードウエア的には、箱から出したごみステーションを電源につなぎ、ルンバを置く。だけですね。充電を開始します。ある程度は充電できていますが、一応、薄い説明書にもそのことは書いてあるので、そうしますね。

 

Img_3150 えーっと。充電が終わるまですることがないなあ。ってか、動かしてもいいんですが、荷物が来たのが夜なので、そこから動かすのもなあってことなんですよ。とりあえずルンバi7を見ます。ほうほう。以前のルンバ780には時間表示や曜日の表示、つまりタイマー動作させるための表示があったんですけど、今度のルンバにはない。もちろんスケジュールで動かすこともできるけど、それらの設定はやっぱりスマホでするってことなんです。

 

大きさは今までのものと変わらないはずです。ただ数値的には同じなんですが、デザインのせいか多少厚みを増しているように見えます。デザインって点で言うと、このごみステーションも含めて、黒すぎやしませんか、ってのは思います。ほんとはごみステーションではなくて、クリーンベースって言うんですよ。はい。幅が35㎝くらい、高さも60㎝くらいあるので、そこそこ存在感があるんですね。更に、まっくろくろすけでしょう。すごい存在感があります。うーん。もう少し家の中になじむ色にすることを考えなかったのかい、と。カッティングシートとかでカバーできるところをカバーしましょうかねえ、などと考えております。そのうちね。で。動かしてみた感想は、次回に。

 

2019年2月15日 (金)

ぼくのりふぉーむにっき 老後に備えて真空ペアガラススペーシアを入れた

さてと。こないだ、自作の二重窓を作った話はしました。あれね。絶好調ですよ。いやまあ建付けがイマイチというか、素人工作だから、多少の隙間があるというか、だからといって調整ができない程度にはぎっちりと組み込まれてて外せないとかいう欠点はありますよ。でも、断熱という点で、最強。コスト的にもね。1万円程度と数時間の作業で、冷気がビンビン入ってきていた東面の出窓がサンルーム状態ですよ。大きな造作を付け加えたわけじゃないから、猫の居場所も確保できてますし。1万円のDIY最強。

 

Img_2814 でね。あと、うちで二重窓化していないのは、リビングの大きな窓。ここが問題。窓が大きいということは、外気温による影響もまた大きいわけで、一番は個々を最初に二重化するべきじゃないか、というご意見もございます。はい。とはいえ、冷気の侵入の影響が大きいのは、寒い北側の寝室。それでそちらをインプラスで二重窓化した、と。ま、でも次はリビングよ、とはなかなかいかなかったんです。

 

インプラスは、窓自体を二重化するために、出入りを頻繁にする窓の場合、開け閉めがとても面倒くさい。そういうことを考えると、うちの場合もリビングの窓にインプラスいれるのはかなり抵抗がありました。で。断熱ってことで言えば、断熱フィルムを貼るって手もありますが、耐久性とか、防汚性とかどうなん。そもそもフィルム如きで何とかなるの、とかね。いや、一定の効果はあるみたいですが、自分の気分的なものでフィルムはなんかいや。そこで、窓の断熱化のもう一つの手段、ペアガラスの導入です。

 

実はペアガラス、複層ガラスにもいろいろありましてですね。単純に窓ガラスが二重にすれば、当然窓は分厚く重くなります。今使っているサッシを使って、複層ガラスを入れるということはできませんし、また結露という点で考えれば、金属製のサッシならば金属部分自体が冷えるので、そこが結露します。そういう観点で、昔はサッシごと取り換えるのが中心だったようですが、そのやり方だとまずサッシを含めたガラスの交換ということになり、結構なお値段になります。加えて、マンションの場合、サッシの交換自体が認められていません。マンションに住んでいる方ならご存知のように、マンションは共用部と専有部分に分かれます。サッシの交換は共用部に手を加えることになるので、管理組合に認めてもらえません。めんどくせえ。

 

そこで、真空ペアガラス、スペーシアの出番です。スペーシアは二重ガラスなんですが、通常の二重ガラスがガラスとガラスの間に空気が入っているのに対して、そこを真空にすることで、断熱効果を飛躍的に上げつつ、ペアガラス自体を薄く仕上げた製品です。つまり、空気層の場合は断熱効果が低いので、そのぶんを空気層を分厚くすることで断熱をねらうわけですが、真空ならば厚みは関係なくなります。真空でさえあれば、厚みがどれだけでも、熱自体が通らない道理です。スペーシアのガラス同士の隙間の感覚は0.2㎜だそうです。そんなんほんまかい、とか思う薄さです。

 

ともあれそのおかげで、スペーシアは薄く作ることができ、それによってこれまで使っていたサッシにスペーシアを入れるだけで、二重ガラス化できますし、ガラスの交換と同じことですので、作業時間もガラスを交換するだけの時間で済む、と。しかし高度な技術です。つまりお値段が張る。うー。うー、と悩んだまま数年が立ってしまったわけなんですが。あちこちリフォームしてきた我が家、大きなもので残っているのは、ここ。おそらくこのマンション、老後をここで迎えるわけですし。いつまでも冷気の入ってくるリビングで耐えるのか、と。少しでも暮らしやすい環境を作るべきじゃないのか。と。

 

さて。そうなるとまず業者の選定です。今どきはググると、あっという間に近場の業者さんがリストアップされて出てきます。すげえなあ。自分ちを基準にして検索結果を出すんだねえ。そうすると、うちから20分くらいのところにある昔からの会社、窓工房って会社が目に留まりました。たぶん皆さんが検索したら、きっと違う会社が出るんでしょうね。でも、地元の会社って、結構大事な要素だと思ってます。

 

あのね。一度トイレが壊れた時に、クラシアンかなんか使ったことがあるんですよ。なんか。あまり、いい印象がない。訪問してきた業者に「この部品も変えた方がいいです」的なことを言われて交換したけど、後から調べたらそもそも交換の必要がなかった部品が、市価よりかなり高く設定されて交換されました。どこの業者ともわからんですし、今後も付き合いができるわけではない、行きずりの業者みたいなもんで。信用が成り立つまでの付き合いができない。

 

その点、地元で長くやっている業者は、そのこと自体がある程度仕事の出来を担保してるようなとこがあります。ホームページの説明やら、商売の仕方も納得できましたしね。へんにちゃらちゃらしてないホームページにも好印象です。相見積もりをとることも一瞬考えましたが、少しくらいの違いなら、気持ちよく仕事をしてもらえそうなところに頼んだ方がいい。と。いうことで電話を入れたら、まず見積もりの担当者が来ることになりました。

 

Img_2816_2 スペーシアは実際の窓のサイズを測って、一つ一つオーダーして工場で作ります。なにしろ真空ペアガラス。現場で真空にする作業ができるわけではありません。逆に、発注してしまうともう取り消しができませんわ。取り消しませんけどね。うん。窓工房は、見積もり後も一切電話セールスをかけないというのを売りにしてますから、こっちからオーダーはしなきゃなりません。オーダーしてから約2週間程度でガラスはできるそうですが、今回は、年末年始を挟んだこともあり、発注から1か月程度で交換作業となりますた。

 

当日は朝から業者さんが入ります。一枚あたり30分ほど、全体で2時間の見通し、ということでしたが。実際は5時間近くかかりました。はい、本来作業を二人でするはずだったのに、一人が病気、たぶんインフルですかね、で休んじゃったせいです。最初の2時間くらいは作業は永遠に続くような雰囲気で遅々として進みませんでしたが、後半戦からもう一人、お手伝いの人が回ってきてからはどんどんはかどりましたね。そりゃそうだろう。あんなガラス、一人で扱えるもんじゃない。

 

作業自体は簡単です。サッシを窓枠から外す。外した冊子を分解して、ガラスを取り出す。縁だけになったサッシに、もってきた真空ペアガラスを入れる。縁を組みなおして、窓枠に戻す。この繰り返しです。合間に、戸車やレールの掃除を挟んでいますが。ただ、このガラス、重い。もともとのガラスの厚みが6mm程度のものが、6.2㎜、10㎜になります。

 

Img_2831 6.2㎜というのは透明なガラス、10㎜というのは網線入りのスペーシアです。ちなみに網線入りの方がお高いです。かなり。かなりお高いです。もともと高いスペーシアの倍くらいの値段がします。網線入りって必要なの、って思いますよねえ。そもそも網線ってなによってことですが、これは防火用、というか火事の時にガラスが飛散することを防止するって役目らしい。消防法だか建築基準法だかで決められているので、どうしようもないです。もともとのガラスと外観上の同等品に入れ替えるのは、交換の最低条件なので、多少お高くなっても網線入りガラスにするしかないわけですな。

 

Img_2832 というわけで5時間かかって交換が終わりました。見た目はほぼ変わりません。当然です。見た目を変えちゃいけないんですからね。実際には近くで見ると、小さな黒いぷつぷつが、ガラスの中に浮いています。このぷつぷつが、ガラスとガラスがくっつくのを防ぐ柱の役割をしているんだそうな。逆に、万一このガラスとガラスの間の真空状態が失われた場合、このプチプチも取れて落ちてしまうんだそうで、そこんところで内部が真空かどうか把握ができる仕組みになってるということです。つまりプチプチは内部に接着して固定しているわけではなく、ガラスとガラスの間に置いて、真空でガラスが圧着しようとすることによって、挟まれて固定されているだけ、なんですって。すげえ技術だなあ。

 

さて。で、使用感ですが。やっぱりガラスが重くなった分、サッシの開け閉めに重さを感じます。とはいえ、もともと重さのあるサッシだったので、極端に違う、というわけではありません。が窓の開け閉めの時に、サッシをもつ場所に困ります。今までは、サッシとガラスの段差を利用して指をかけていたのが、この部分、ガラスが厚みを増したことによって、あまり指をかける余地がなくなりました。歳をとって、更に握力が弱くなったら苦労するかもしれません。サッシに引き手を付けたいところです。が、共用部である外側にはそういう加工もできませんしねえ。ちょっと考え中です。

 

断熱効果ですが。結露はなくなりました。もともとリビングはそんなに冷えないので、極端な結露はなかったんですが、朝、カーテンを開けるとガラスは結露していましたが、それが一切なくなっています。サッシ部分に結露が残るという話も聞きますが、もともとがあまりなかったので、特に変化がないという感じです。

 

Img_2837 スペーシアを入れて極端に部屋が暖かくなった、という感じ方はしません。暖房してますからね。エアコンが以前も今もがんばっているので、以前も今も室温はある程度を維持してるわけです。ところが、部屋全体の温度差というか、温度ムラ、これが減った気がしています。以前は、寒い日はエアコンががんがんと不快なほどの温風を出し、でも窓の近くの床から冷気が伝わってくるというような感じがしていたので、扇風機を回して部屋全体の温度を均一化しようとしてました。これが、ずいぶんと柔らかい感じの温度分布に変わっています。部屋の熱が抜けて、すぅすぅする感じが減ったというか。

 

おそらくエアコンの電力消費量も減っているはずですが、今のところは検証できていません。夏の暑さをどの程度遮ることができるか、消費電力がどう変化するか。そこらへんも、見ていきたいですね。

 

スペーシア、お勧めかどうかって言うと、かなりお高いので、そう簡単には勧められません。リビング側4枚のガラスを交換して、36万円。10年は製品保証があるので、年あたりで割ると3.6万円。ここ数年の我が家の電気料金は年間で17万円程度。いくら電気代が安く上がるだろうといってもここから3万円も安くはなんないだろう、と思います。ただ快適さの値段と考えると、そういう選択肢もある、という感じですかね。これからますます夏は暑く冬は寒くなる、かもしれません。ひょっとしたら、その時にこそ、効果をまた感じるかもしれませんなあ。

2019年2月 1日 (金)

お布団乾いていると気持ちいいんだよ アイリスオーヤマ布団乾燥機カラリエ ツインノズル FK-W1-WP

Img_2810 白物家電で最近評判がいいのは、アイリスオーヤマとかドウシンシャ。まあ、なんでもかんでもいいというわけではないですがね。なんてーのか。大手家電が多機能型に走って消費者からそっぽ向かれた状況を見て、使い勝手のいいものを作り始めています。

 

うち、ドラム型洗濯機がそろそろ交代の時期に来ているんですけどね。相変わらず、これいるかあって機能、付けすぎてません? スマート化とか。洗濯機のスマート化っているのかなあ。正直必要性を感じませんな。外出先からモニターできるって、別に洗濯籠から汚れ物を取り出してくれるわけじゃないし、乾燥させたものを畳んでくれるわけじゃない。洗剤を自動投入ってねえ。

 

うちの洗濯機、6~7年使ってますけど、その時代のものでも、洗濯物の量を計測して、洗剤の量を指示してきます。でもだいたいその指示の前に、このくらいの洗濯物ならこのくらいの洗剤だな、って入れた量で合っています。更に言うと、量を多少間違えたからって、洗濯物が黒く汚れるなんてことはありません。もちろんね。いっぱいいっぱいの量を洗濯しなければならない、小さな子供のいる家庭なら、そういう機能もいるんでしょう。泥や汗のシミを少しでもきれいにしたいとか。

 

まあ老夫婦二人ですからね。汚れ物と言ってもめったなことでは色が付きません。アウトドアに行って靴下が汚れれば、その靴下だけウタマロで洗えばいい。まあやってるのは奥さんですけど。そんなに汚れるものなんてめったにないので、それで十分。無駄のない量を自動投入ってのがコスト的に問題になるほど、洗剤を大量に使用するわけでもない。洗濯コースをAIに任せるほどのことはないんです。

 

そこそこきれいに選択し、しわが少なく乾燥してくれればそれでいい。まあ時間は短縮したいですけど、そこはドラム式の宿命ってか、電気で乾燥させるとなると、時間はかかります。36万円もするAI洗濯機よりシンプルな26万の洗濯機がいい。そう考える層は、着実に増えてますよね。だって、みんな年を取っていくもの。高齢化社会でね。うちなんか電子レンジだってシンプルなバルミューダだしオーブンはデロンギだし。見ながらやりゃあいいんですよ。調理メニューが付いたオーブン電子レンジなんて、いらんのです。

 

車のコネクテッドは大好きだけど、白物家電はシンプルでいい。そういうところを、アイリスオーヤマはついてくるわけですよね。ちなみにアイリスオーヤマのドラム型洗濯機には乾燥機が付いてない。びっくり。思いきりましたねえ。乾燥はガスに任せた方がいい、という割り切りでしょうか。

 

でだ。こんだけ洗濯機の話をしてきたけど、洗濯機を買った話ではない。アイリスオーヤマ、けっこうがんばってるのよって話でね。実はちょっと前、夏前だったかな。アイリスオーヤマのサーキュレーターを買ったんですよ。これがいい。数年前までの、中華パチモンのようなちゃちさがなくなっている。まあ、多少のチャラさは残っていますが、デザインが圧倒的によくなっています。やはり、シャープや東芝の元社員を集めただけのことはあるみたいですな。そんなアイリスオーヤマが、最近エアコンやら洗濯機やらの大型白物家電で、存在感を増しています。今のところどれにも手を出していないのですけど、シンプルな暮らしをするなら、コスパがとてもいい、と思うようになりました。

 

で。そのアイリスオーヤマの家電で、いろんな商品テスト誌で礼賛されているものがあります。それがふとん乾燥機です。実は、そもそも布団乾燥機って地味に評判のいい家電ではあるんです。買ってみたら意外とよかった。お値段も1万円程度で買えるものが多いですしね。その中でも、評判のいいのがアイリスオーヤマ。

 

Img_2715 そもそも布団乾燥機は、布団を敷いた状態のところ、敷布団と掛布団の間に温風を送り込んで乾燥させる機械です。ドライヤーに毛が生えたようなもんです。その温風を、手軽に、いかに効率よく布団全体に回すか。そこが商品ごとの工夫のしどころです。でね。大きく分けて、方式が二つある。んです。一つ目は、布団の間に温風ホースを突っ込んで、布団を温める。もう一つが、ホースの先に大きな袋をつけて、袋を膨らませて、その袋から温風を出す。

 

当然、手軽なのは前者、面倒なのは後者ですが、温風の回りを考えたら絶対後者になるんです。ところがこういう家事って、いくら良くても手がかかるようだと使わなくなるのが常道。そこで、迷っていたんですな。1万円程度と言っても、死に金になるなら使いたくないですもん。ねえ。

 

ところが、アイリスオーヤマ、ホースを突っ込むだけのシステムなんですが、吹き出し口にちょっとした工夫をしました。吹き出し口の近くにフラップを作って、温風を出す際にはこのフラップを立てる仕組みです。このせいで、吹き出し口付近がちょっとしたテント状になり、そのぶん温風がより遠くまで届くようになりました。なるほど。

 

で、言うとけばアイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエ、噴き出し口ホースが1本の9000円ほどのものと、212000円くらいのものがあります。2本だと二枚の布団の真ん中に置き、2セットの布団乾燥を同時にできます。つうか、そうかな。吹き出し口は布団の中央部くらいにするのがいいんですが、その位置にしようとすると、ちょっと長さが足りません。まあうちはベッドがそれぞれセミダブルなので、ちょっと大きいんですよ。シングルの布団なら届くのかもです。

 

Img_2716 でも2本の方がいい。というのはですね。いくら吹き出し口がテント状になっているとしても、10㎝程度の高さ。布団の中央に置いた10㎝のテントから全体に行き渡らせるのはなかなか難しい。そこで、2セットの布団を同時に乾燥させるのではなく、1セットずつ、2本のホースを差し込めばよい。と考え方を変えたんですね。いわばコペルニクス的転回ですよ、うむ。違うな。

 

ともかく。こうすることによって、2倍の時間はかかりますが、お布団はより満遍なく全体が乾燥するようになりました。そのあたりは、このサーモグラフィ画像をご覧ください。ないけどね。ないけどさ。理屈上はそうなってるはずじゃん。じゃん。なってるの。たぶん。

 

実際に触った感じでは、意外なくらい端まで温まっています。売り文句はあながち嘘ではないです。朝、起きぬけに布団乾燥機をかけて、朝ごはんを食べている間に布団が1セット乾燥します。翌日はもう一つの布団を乾燥させればいい。これで、夜寝るときにはからりとした布団で寝ることができる。ありがたいねえ。

 

で。まあ布団乾燥機と天日干しと。そりゃ天日干しの方がいいです。お日さまにあてたお布団の匂い、通称お日さまの匂い。これはねえ。格別ですよね。でも、今日び、天日干しができる機会ってなかなかない。お休みの日で、天気が良くて、午前9時ごろからせめて2時間くらい干していられるくらい、外に出る予定もなくて。てなことが、共働き夫婦の休日だとそうそうない。

 

これからの時期、花粉症の方にとっても、外干しできない期間が続きますし、その後の梅雨だってそうですよね。意外と気持ちよく布団を干せる期間て限られていて、しかもお出かけしない日。布団を干すだけのために休日一日家にいるって、無理。高層マンションにお住まいの方だってそうでしょう。25回のマンションのベランダに布団は干せません。となると、ふとん乾燥機の出番です。ここは。

 

なくても何とかなります。それって、例えば食洗器、例えばルンバ、例えば洗濯乾燥機、そして布団乾燥機。前の三つは、未だに購入したいって言うと、家事の手抜きだなんていう人もいるみたいですけどね。ばかです。使える環境なら使えばいい。人間の能力とか時間とか、そういうものはもっと人間関係だとか人間性を豊かにするところに使うべきなんです。ねえ。今どき、歩いてたって行けるからって、東京から大阪まで歩くのは酔狂でしかないでしょう。目的が旅ならそれもありですが、移動が手段なら飛行機なり新幹線なりを使います。

 

お布団干しもそういうことです。干せるなら干した方がいい。しかし、そうはいかない事情もあり、冷たいお布団で我慢しているくらいなら、布団乾燥機を買うべきです。しかもお値段たったの12000円程度。それで生活が改善されるなら、ここはもう布団乾燥機を買いましょうよ。と。

 

いうことで、まあアイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエ。お勧めします。

2019年1月 6日 (日)

寒いので二重窓を自作することにした

Img_2572 えーっと。ずいぶん前に、あのエコ何チャラの時代に、エコ何チャラポイント的なものを使って、北側の部屋の窓を二重窓にしました。インプラスってやつですね。これがねえ、すっげえ。二重窓最強。

 

ところがですね。北側はインプラスで二重窓化したんですが、問題は南側。リビングです。南側は陽が入ることもあって、極端に寒いということはないので、その当時はインプラスにしなかった。というか、リビング側の窓はベランダに出入りするので、二重窓にすると面倒くさいのは目に見えてましたからね。カーテンさえ閉めておけば、そんなに底冷えするようなことはないです。

 

が。冷えないわけではない。窓際によると、冷気が窓を伝わって床に降りてきているのが判ります。特に曇った日なんかはそうですね。いやだなあ。なんとかしたいなあ。と思って、実はベランダ側もなんとかすることにしました。ま、しかし。ここのところの話は具体化するのはもう少し先なので、ちょっと置いといて。

 

Img_2355 でね。ベランダ側の窓は業者さんに何とかしてもらうにして、もう一つ、冷気の進入口、というか採光口というか、うちのリビングには三角の出窓がありましてね。ここ。寒い。ところがこの構造でしょう。いや。リフォーム業者さんにも見てもらったことがるんですが、この出窓、どうやらガラスも外側から入れ込んでいるようで、ガラスに手を加えるとなると、足場を組まなきゃだめだ、と。足場。ここ7階なのに足場。いったいいくらの工事になるんだ。100万できかないんじゃないか。とんでもない。

 

で。窓に断熱用のプチプチフィルム貼ってみたんですが、すりガラスになってるせいで、きちんと張り付かない。接着剤の後が汚く残っただけでした。しかし、ここなんとかならんのかなあ。って、ずっと考えてきました。大工さん、なんとかしてよ。って。でも、大工さんの提案はこの三角エリア自体を窓パネルでつぶしてしまうような対策でね。でも、このエリア自体は猫のために残したい。

 

うーん。うーん。ずっと考えました。これ、単純に窓枠にパコっとガラスを張ってしまえばいいんじゃないの。いやまあガラスは無理だけど、アクリルパネルで何とかならんかな。アクリルパネルを窓枠に張り付ける。うーん、接着じゃ弱いというか、手すりだのでこぼこがあるよな。90度に折れているところ、過度の接合部をどうしようか。隙間ができたり、パネルが波打ったりするよな。えーっと。でもDIYでなんとかできそうな気がします。

 

アクリルパネルは加工が難しい。ちょっとした切れ目を入れるったって大仕事です。そりゃもう素人には無理。うーん、うーん。ずっと考えました。そうだ。アクリルパネルを張り付けるんじゃなくて、この二枚の窓枠に、木枠をはめて、そこにアクリルパネルをねじ止めしよう。網戸が邪魔だからとってしまえ。あとは木枠ならシンプルに作れるし、アクリルパネルの加工も、四角く切ってねじ穴を空けるだけ。この加工は部材屋さんにお願いすればやってもらえるはず。これなら素人でも何とかできるかも。

 

Img_2352 うん。よし。こんなときはカインズホームへ。木枠になる板を買って、サイズに切ってもらい、塗料を買って、組み立てる。そうは言っても、びしっと収めるためには採寸が大切。設計図を書かなきゃ。ただね。素人工作で問題なのは、木の厚みです。問題ってかね。例えば、四角い枠の設計図を描く。例えば50㎝×40㎝の空間に入れる枠。50㎝の棒2本と40㎝の棒2本。これで作る。あれ、入らないや。なんで。はい。そう。木の幅を計算してないですわね。組み方にもよりますけど、棒の幅を引き算していかなきゃならんですよね。

 

よし。そりゃそうだ。じゃあ、2㎝の幅の木を使って、そうなると横の棒が、40-2㎝×2本分の36㎝でいいか。うん。よし、カインズカインズ。えっと。2㎝の幅の棒、2。ないじゃん。2㎝の棒、ないじゃん。2.1㎝ならあるけど。ええっとそうすると。

 

ということです。木材の規格、プロなら常識なんでしょうが、素人には判りにくいサイズで売ってます。大工の仕事が昔ながらの尺貫法で動いてる部分が残っているからですかね。ともかく。どんな材が売ってるかわからん日曜大工は、現場で売ってる材を見ながら、設計の手直しをしなきゃなりません。ほんものの大工さんなら、厚みにしても長さにしても、現場で調整ができるんでしょうが、素人さんは調整するための工具すらない。以前は電動サンダーやらジグソーやら持ってたんですけどねえ。マンション暮らしだと騒音に配慮して、なかなかDIYもできん。できるだけ正確に採寸して、細かい合わせは手動でやるしかない、と。

 

Img_2356 よし、やるぞ。うーんと。えーっと。あれ、この材、いいけどなんか溝が掘ってあるぞ。溝?うん。溝か。溝だな。うん。もしかして、この溝のある材で枠を組んで、この溝にアクリルパネルを挟み込めば、ねじ打ちする必要がないんじゃないのかな。溝の幅は4㎜のものと6㎜のもの、材自体は2.4㎝角。これ、ちょうどいいかも。よし。窓枠2枚分で、えーっと確か1000円しなかったかなあ。塗料とかも入れても2000円以内。

 

ちなみに今回使用するアクリルパネル、110㎝×40㎝程度のものですが、この大きさはカインズホームにも売ってねえです。そりゃそうだ。こんな扱いずらいもんストックしてるわけがない。取り寄せようかと思いましたが、なんだか資材難だそうで、今頼んだら3か月先になるとか。ということで、今回はネットで検索した「はざいや」さんというお店から取り寄せることにしました。窓2枚分で送料込み9000円くらい。ネットで注文して1週間もかからず到着しました。アクリルパネルの厚みは6㎜。溝の幅が6㎜なので、ぎちぎち。場合によっては叩かないと入らないかもしれませんが、緩みがないので、はめ込んだ後、枠が自立するでしょう。

 

さて。組もう。まずは仮組してぴったりはまるかどうか、ですが。ああっ。足りん。窓に対して縦の長さが足りん。計測の時に1111㎝と図ったものが1110㎝と記録してしまったようです。1㎝短い。まあいいや。1㎝ならむしろ嵌めるときに嵌めやすいってもんよ、と前向きにとらえます。そんで、横の棒を入れる、っと。ああっ。入らない。上がキツイ。棒は同じ長さなのに、上がキツイ。これはですねえ。人が作ったものですから、多少のゆがみはあるわけですよ。もうそれは、現場で調整するしかない。キツイと言っても、2㎜程度。ひたすらやすりで削り落とします。しかし油断すると、削りすぎになってしまう。なんども確かめつつ、あたりをつけます。よし。いいだろう。

 

次に塗装。昔はニスぐらいしか手に入りやすい塗料がなかったんですが、今はDIY用の使いやすい、小容量の塗料がたくさん出ています。ここは、奥さまに任せます。最近、うちの奥様に限らず、女性の皆さんにもDIYのブームが来ているらしいですね。そのおかけで、カインズホームのDIYコーナーも大充実してきたんでしょう。

 

塗装もすんだ。あとは「はざい屋」さんの荷物が届くのを待つだけです。そして三日後、到着したアクリル板に枠板をはめ込む。6㎜の溝に6㎜厚のアクリル板、きつきつです。ゴムハンマーでたたきこむようにして嵌めていきます。うむ。完璧。窓脇にあてがう。ぴったり入るはず。はず。んー。はずなんだけどなあ。入りません。どうやら窓枠のゆがみ、微妙に影響が残ってますな。うーん。仕方ない。再度、枠板を微妙に削って調整します。その厚み、1㎜程度。微妙な話です。上部にできる隙間には、隙間テープを張りましょう。とりあえず、あてがってみて嵌めてみる。

 

Img_2450 おお。入った。よし。隙間テープを付けて入れ直そう。よし。うん。よしっと。おい。外れていいんだぞ。おい。うう。無理です。ぴったりとはまりすぎていて、枠を破壊するつもりでもなければ外れそうにありません。これはも、これでいくしかない。しょうがない。完成っ。

 

素人工作なので、継ぎ目がくっきり出ていたり、長さがちぐはぐだったりしますが、なに誰かお客さんが来るわけでもなし。はめ殺しですが、もともと何年も開けたことのない窓です。気にしない。

 

この窓を付けるまで、朝、三角窓のカーテンを開けるときに近づいただけで冷気が流れ落ちてくるような感覚がありました。ガラスには当然びっしりと結露があり、窓枠の下の方に水たまりがありました。はめてみて数日が立ちましたが、まず窓枠からの冷気が圧倒的になくなっています。朝、窓を開けたときの結露もほぼなくなりましたわ。完璧です。はめ殺しになってしまったので換気の役は一切果たさなくなりましたが、そもそも換気のためにここを開けたのは10年に1度あるかないか、それも数分とかいうレベル。今後の生活の向上を考えたときに、もはや全く問題になりません。

 

Img_2452 手作り二重窓、見た目は多少粗が残りますけど、総費用1万円、作業時間もそれほどかからず。しかし冷気はほぼ遮断。透明感も高い。まあ経年劣化がどう来るかはわかりませんが、なんならまた作ればいい。1万円でできるわけだし。もちろん、このサイズで、開け閉めのないただのボードみたいなものだからできるってのはありますが、費用対効果、とても大きい。戸建てで、採光窓からの冷気に悩むようなら、けっこういい手だと思うんですよねえ。

2018年12月22日 (土)

スタッドレスタイヤを履いたよ ブリジストン ブリザックVRX2

Img_2321 だからどうなのよ。

それで終わりっちゃ終わりみたいな記事。もはやリポートですらない。使ったもののことだけ書いてるわけでもない。なんか買ったので、そのついでに思ったことを書く。だわ。旅行記もそんなもんだしなー。

 

まあ、そんでもタイトルに品物名入れとけば、検索に騙されてくる人もいて、それはそれで申し訳ないが、だからといって私が何か得をするわけでもなく、あなたが損するわけでもなく、時間がもったいないと思ったら、このページを閉じればよろしいのであって。なんか人生に疲れてるみたい。

 

ともかく。車買ったじゃん。車買ったらスタッドレスタイヤ買うのよ。ぼかぁね。買うんです。なぜ買うか。車あるけど買わない人もいっぱいいるよね。ぼかぁ買うのよ。なぜかってえとね。

(1)冬にキャンプやドライブするもん。いるもん。

(2)ドライブしなくても雪降ったら買い物に行けないじゃん。心配じゃん。

(3)タイヤ屋さんが夏タイヤ預かるサービス始めたから、置き場所の工面ができたもん。

 

いい歳したおじちゃんがぼくとか言うなよという御仁もいるかもしらんが、なに明治の頃であれば大隈重信公もぼくなどと言っていたに違いあるまい。知らんけど。この一人称に何を使うべきかを語り始めたら、おそらく今回の記事はそれだけで終わってしまうのに違いなく、それはそれで意味のあることかもしれないが、とりあえずさておく。

 

さて。昔っからですけど。冬を迎える前に、新聞だのテレビCMだので、冬タイヤの広告が始まります。黄色い帽子とかね。スタットレスタイヤ4本で39,800円!とか。やっすいじゃん!買えるじゃん。買えねーです。いや、買えるやつもあるんですけど。買えないです。って謎かけじゃん。

 

今回買ったブリジストンのブリザックVRX2。インターネットってヤフーで検索かけるとですね。ホイールとセットで49800円。安いじゃん。そりゃ39800円より高いけど、ホイールセットで5万円なら買えるじゃん。

 

買えねーです。今回私が買ったのはイエローハットで、だいたい20万円。ひでえ。ぼったくりじゃん。イエローハット酷いじゃん。いや、イエローハットごめん。大手を4店ほど回って、一番安かったのがイエローハットだったんです。だから、ぼったくってない。むしろ安い。

 

今回比較したのが、まずディーラー、それからオートバックス、タイヤ館、イエローハットの順でね。まあどこもだいたい同じような値段です。もちろんディーラーが一番高い。でもそんなに極端ってことではない。オートバックスも1万円違うくらい。まあ1万円違えば大きいけど、でも値引き交渉をしたら、そりゃ合わせてくるでしょうよ。という程度です。だからそもそもVRX2、ホイールとセットで420万円くらいは覚悟せえって話なんです。

 

え、だって49800円って。はいそこ。どっちも間違いではない。同じブリザックVRX2ですが、実は広告のVRX2と今回買ったのは全くの別物。同じものだけど。回りくどいね。つまりね、サイズが違うんです。広告に載せてるVRX2は軽自動車用の小さいサイズ。今回買ったのはミニバンやセダンに使えるサイズ。メーカーのサイズ表を見たら、タイヤ径と扁平率の組み合わせで、同じブリザックVRX2だけで110種類ありました。ええ?ほんと?

 

Img_0033 ここ詳しくないので嘘かほんとかわかりません。でもウェブサイトに出てるんだもの。そのサイズが。そんだけぶん。で。カタログにも出てますな。お値段を見ると、一番安いのが135/80R12ってサイズで19018円。で、一番お高いのが245/40R20ってサイズで90,504円ほぼ10倍違う。で、スバルフォレスターのタイヤが225/60R17ってサイズ。これが142876円。×4本だと171,504円。これがベースになっちゃうわけです。17万のものが、ホイール付けて5万とかになるわけないじゃないですか。そんなん。ありえへんやん。な。

 

だけど一番安いタイヤなら4万円で確かに買える。それに安いホイール付けて5万円なら、まあできるわな。確かにブリザックVRX2セットが49,800円で買えるわよね。嘘ではない。けどさあ。そんなん知らんかったら、買えるじゃん、イエローハットに行こうじゃんって行って見積もり取ってもらって、20万って言われたら絶望しない?嘘ではないけどさあ。

 

まあね。初めて買う人じゃなきゃ、みんな知ってると思いますよ。ぼくだってね(一人称標記にぶれがみられます)、スタッドレスタイヤを買うのはもう5度目くらいなので、知ってます。知ってるけどさあ。何年かぶりに買うもんだから、つい期待しちゃうんですよねえ。少しは安くなったかしら、って。なんないって。メーカーが安くするメリットなんかないもの。性能上げて単価上げてったほうが絶対いい。安売りに走る企業は、危ないですよなー。

 

だからさ。20万はするわけ。普通車だったらこれに近い金額になると思っておいた方がいい。ということなんです。ちなみに、これってかなりお安いホイールを履いての話で、思い切りこだわると、ホイールだけで40万円とかのコースもありますからね。きりがない。ちなみに、ホイールでそんだけ違うのかってえと、違う。ただ11万円のホイールと10万円のホイールの違いがわかる、というか認められる人は、限られてます。そりゃしょうがない。11000円のワインと1万円のワイン、違いが判る人もいれば、全くわかんない人もいる。分かんない人には猫に小判です。豚に真珠。

 

Img_2320_2 で、ぼくは猫の方なので、ホイールは一番安い奴に数千円だけプラスして、ちょっとだけ見た目を気にしました。あと、大切なのは保管料です。今は年間2万円くらいで、使わないタイヤとホイールを預かってくれます。これがないとマンションだとかなり厳しい。ベランダに置けなくはないですけど、ベランダにタイヤを置いた瞬間に、なんか廃屋っぽい感じが漂いませんか。実際、場所をとって、ごみも溜まるし。よろしくない。

 

実は、イエローハットで買うかタイヤ館で買うか、迷ったんです。タイヤ館の店長さんかな。お兄さんがかなりの面白げのあるイケメンでしてな。このお兄ちゃんから買ってやりたいなあ、と夫婦ともども思ったんです。ところが、総額の20万円は変わらなくても、内訳のタイヤ保管料が、タイヤ館で2万円、イエローハットで1.5万円だったんです。総額変わらずのたった5000円。なんですけど、よくよく考えてみましょう。保管料は毎年かかる。年間5000円の差が毎年出る。1年目は同額でも2年目からは毎年5000円余分にかかるってことです。これはなあ。けっこうな差が出ます。

 

スタッドレスタイヤは通常3シーズンでダメになる、って言いますよね。ゴムが劣化して柔軟性を失い、ストッピング性能が極端に落ちるんだそうです。が。前の車のフォレスター、スタッドレスタイヤを5シーズン使いました。もちろん、何も気にせずそうしたわけではなくて、毎シーズンゴムの硬さを測定してもらい、劣化レベルを調べながら使ってたわけです。それで5シーズンもった。走行距離が少ないこともあるでしょうけど、保管の状態が良いというのもあるのかなあ、と思ってます。根拠はねえです。倉庫を見たことがあるわけではないので。ただいつもラッピングでぐるぐる巻きにされて保管されているのは、知ってます。保管料で2万円の差が出る。

 

結局イエローハットという超無難な選択になったんですが、こういうのは競合店があってのものだと思いますので、皆さんはぜひタイヤ館かオートバックスで買っていただきたい。

 

Img_2324 さて。肝心の性能ですけど。こりゃわからん。なんでブリザックにしたかってえと、まあ昔からブリザック。いろんな評価記事を見てると、平均して性能が高い、ような気がするぅ。そんな限界性能を試せるわけじゃないから、自分で自信を持てるものを選べばよろしい。どれもそんなダメじゃないはず。ところがブリジストンのブリザックでもVRX2VRXDM-V2ってのがある。まあ他にも商用のものがありますけど、とりあえずフォレスターの対象になるのは3種類。

 

VRX2ってのが最新型、VRXは前モデル、DM-V2ってのはSUV専用。そうなるとフォレスター、SUVだからDM-V2かな。うん、違いはね。4店のお店の人の話を総合すると、DM-V2で言うSUVってのは、例えばランクルみたいな重量車含みます。つまり車重をしっかりと支える設計みたい。そうなるとフォレスターはそんなに重いわけではないので、最新型のVRX2で十分対応でき、しかも性能的にはそっちの方が良い。DM-V2の方がお安いですけど、ストッピング性能で選ぶものに値段はなあ。で。お店の人曰く、VRX2は騒音が少ない、と。

 

うん。スタッドレスタイヤは溝が多い分、どうしても走行音が響きます。ところがVRX2は下手な夏タイヤより静かですよって言うんですね。これは、基本埼玉の無雪地帯を走ることが多い身としては加点。ありがたい。それならVRX2ですね。実際、履き替えた直後に、純正タイヤから走行音が大きくなったという感じはないです。静かになったわけでもないですけど。これなら冬のドライブも快適快適。たぶん。安心安心。過信は禁物よ。

 

というわけで、埼玉でも東京でも雪は降る。あのね。スタッドレスもチェーンもないのに、このくらいなら大丈夫なんて、言っちゃだめですよ。スタックして道路で大渋滞起こして、どんだけ迷惑かけるのか、って話ですからね。雪、なめちゃいかんです。

2018年12月17日 (月)

記憶なんてマダラなのよ Tile Proに頼るのよ

Img_2089 ということで。

 

記憶と事実って往々にして一緒くたにされてる。でしょ。ここを前から読んでるような人なら、そう思ってる人は少なめかもですけどね。「私が見たんだから間違いない」てのは記憶。「ほら見て、このビデオに写ってる」ってのは事実(の側面)の記録。

 

ところが記憶ってのは簡単に合成されるし、改ざんされる。自分自身によってですよ。まあそのあたりはちょっとネットを検索すれば、すぐに出てくる。でも、そういうことは知識として知っていても、なぜか自分の記憶だけは真実だ、なんて思ってる。間違いない。これだけくっきりと覚えてるんだから、って。記憶力のいい人ほどそうなりがちな気がするぅ。データとったわけじゃないから、気がするって言っておきます。

 

その点、私なんか子供のころから自他ともに認める記憶力の悪さでねえ。歴史なんかの数字を覚えることはとんとできないし、英単語も覚えられない。遡ると、漢字を覚えるのも苦手で、何十回描いても漢字テストで満点取るなんてのは、無限のかなたのように難しかった。そういう人は受験では苦労しましたねえ。パターンを読んだり、文脈を読み取ったりするのは得意だったので、知識がマダラでも、その断片からパターン記憶をしてたと思います。うん。

 

そのくせ、テレビなんかで外国の風景を見た時に、マイナーな国の風景ですよ。アメリカとかフランスとかのようにテレビでよく見る国のよく見る風景じゃなく。そういう場所を見た瞬間に、どこって言えることが良くあります。意識して覚えたことなどなく、何で知っているんだろう、そんな記憶。あります。

 

自分の記憶力は、とてもマダラで、信用できない。記憶が改ざんされてるのに気づくこともよくあります。あのね。私、太平洋戦争時代の記憶があるんですよ。もちろん、ありえない。その記憶があるとすれば少なくとも80代。さすがにそこまではいってない。おそらく、少年時代に父親から聞いた、父親の幼少時代の風景の話から合成されたものだと思います。

 

そしてこの記憶が明らかに実際のものではないことを知っているのに、事実としての記憶のように感じている。まあ、ここまで極端だから、事実ではないと確信できますけど。ここ数十年のできごとだと、そこまで確信はもてないわ。

 

実際は改ざんされているけど、気付かないことっていっぱいあるはず。それって記憶違い、とかうっかり、とか言われて誤魔化してますけどね。でも、要するに記憶は変質する。なんでそんなにこだわるのかってえと、最近知り合いの方で、認知症傾向が出てきた方がいるわけです。で、よくある話なんだけど、いろんなことを忘れる。でね、一緒に暮らしてるお嬢さん、もうおばちゃんですけどね、お話を聞くとぷんぷん怒ってるんですね。都合の悪いことばかり忘れる。絶対覚えてるはず、って。

 

よくある話ですよ。でもね。これを覚えてるからあれを覚えてるはず、なんて理屈はない。ねえ。マダラボケなんて言わないでほしいな、と。そもそも記憶なんて不確かなものですよ、と。そういいたいわけです。そうはいっても、一緒に暮らしていると腹が立つ、それが介護の難しさですよね。知ってます。だから、ご本人にはそう言わない。苦しくなりますもんねえ。

 

で。まあ、私はとにかく、歳をとる前から覚えられないだけでなく、いろいろ忘れっぽい。日常的に、忘れがちなのは、鍵、腕時計、スマホ、メガネ。そんな持ち歩くものを、うちに帰ってきて、ふとどこかにおいて、さてどこだろう。と。しつこいようですが、昔からです、昔から。

 

奥さんにしてみれば、置く場所を決めてそこに置きなさい、というのですが、それはそうするつもりなんですよ。ところが、実際はその決められた場所に置く前に、ちょっと外して一旦近くに置く。そこで別の気になることができる。で、それに気を取られた瞬間、一旦置いたという記憶が飛ぶ。短期記憶が10秒ほどで消えます。そうなるともうどうにもならない。そもそも一旦置いたという記憶が飛んでいるので、元の場所に戻すという意識に繋がらない。いや、あ、決められた場所に置かなきゃ、と思い出しても、置いた記憶が見つからない。

 

これって、自閉スペクトラム症、昔でいうアスペルガー的な特性の一つでありましょう。で、それをかなり意識していても、だからといって記憶するという能力につながるわけじゃないんですよ。でね、まあ障害と言ってもいい。障害なら障害で、つまり生きる上での壁ですよ。壁なら乗り越えるか、迂回する道を探せばいい。

 

科学の力ですよ。人間の固有の力を越えるのは、科学技術の力です。ということで、第一段階が以前、記事にしたQrio Lockってスマートロック。これは過去記事にあったはず。うん、スマートロック。これを付けたことで、鍵をどこかに忘れた時でも家に入れる、という安心感が生まれました。実際は、これを付けてから忘れてないです。10年に1回くらい、忘れるだけですしね。うん。

 

でも、鍵自体が家の中で見つからない、ということが多々あるのですよ。あ、スマホも時計も、見つからないことが良くあります。でも一番の問題は、鍵です。時計なら予備がある。スマホならiPhoneの場合は、iPadから呼び出しをかけられる。しかし、カギはそうはいきません。いや、予備を作ればいいっちゃいいんですけどね。家の鍵、昔と違ってセキュリティを高めたせいで、一本1万円以上、かかります。車のキーも、遠隔操作ができる分、お高い。二つセットにしたりすると、3万円とかかかってしまい、しかも当座はいいものの見つからないカギはどこに行ったんだ問題が解決しません。

 

Img_2088 そこで、これ。Tile Pro2個セット。これ、なんてーんですか。タグです。ブルートゥースでスマホと接続されて、電子音を鳴らします。iPhoneでもandroidでも、専用アプリTileってのをインストールし、あとはタグを近づけた状態で、スマホアプリに登録するだけ。説明書はほとんど見なくて大丈夫です。ほとんど、よ。

 

これを登録すると、スマホのBluetoothをオンにした状態でアプリを立ち上げると、画面上に登録したタグの種類が表れます。現状、家の鍵と車のカギにくっつけてあります。大きさは42㎜×42㎜×6.5㎜。12.8g。仕様上は最大90mまで感知しますので、家の中だとまず大丈夫。家の外だと、うん、それは見つからない。Bluetoothが切断されます。

 

ところがこれの賢いのは、そこから。Bluetoothが切断された時点の場所を、スマホ側に送っているので、最後にどこにあったかがわかるんです。どういうことかってと、外に出ました。外でカギを、例えば電車の中でカギを落としました。そうすると、手を離れた最後の場所、つまり駅だとか、線路上とかでデータが途切れるわけですよ。どこで手を離れたかが判れば、単純な落し物の場合、見つけることができる可能性が高まります。

 

Img_2090 え。そんだけ? いやね、更にすごいらしいのは。らしい、ってだけで実際にはまだよくわかってませんが、噂によると、このアプリを入れている者同士で、それぞれを受信機(スマホ)として、データをやり取りしてるみたい。つまり、このタグをつけた鍵を盗まれたとします。前述のBluetoothが途切れた時点のデータは残ってますが、盗まれたんだから移動しちゃいます。そうなるとどこにいったかわかりません。ところが、このタグをつけて移動した先に、同じアプリを入れた人がいたら、その人のスマホが情報を拾って現在位置を教えてくれる、んだそうです。ただ、問題は。このアプリを入れた人がどんだけいるかですわね。まあ、あまりあてにならんです。ないよりマシ。

 

あとは、スマホからタグを鳴らせるように、その逆で、タグのロゴのところをダブルクリックすると、逆にスマホを呼び出せます。もちろんBluetoothがつながっていれば、ですけどね。iPhoneiPad二つもちなら「iPhoneを探す」という機能が使えますけど、それよりも室内で使うなら、手間はかかりません。またこのアプリはiPadでも共通して使えるので、鍵、iPhoneiPad、そのどれを見失ってもどれかで探せるという、とても安心な状況が完成したのであります。

 

ちなみにTileは電池交換できないタイプが1000円程度で安く売ってますけど、うーん。1年くらいもつとは言っても、使い捨てってのはなあ。電池交換型のTile Proを選んだ方が気持ちが楽ですよなあ?

2018年12月 3日 (月)

5年使ったPCのSSDを換装したというそれだけのことで

長いブログを書こうとするからいかんのよ。もうそんな時代じゃない。うん。

 

簡単なブログにしましょう、そうしましょう。

いや、他にも原因がありましてね。これはネコと一緒に暮らしている人なら、言わずともわかるでしょう。あー、そうそう的な。はい。パソコンデスク前に座ると、ものの数十秒で白猫が膝の上に乗ります。キーボード打つと、とても嫌そうにしますよね。

 

ちなみに夜中に目を覚まして身じろぎをすると、必ずそれに気付いて、白猫がやってきて触れ、と言います。

 

Img_1830 さて。SSDの換装をやりましたよ。というお話で、別に目新しいことではありません。交換したSSDの優秀さを話せるわけでもありません。交換したよ。ってことだけで、以上。

 

えーっと、現状使ってるパソコンは、5年前にPCデポで購入したBTOパソコンozzioです。Core-i74770/SSD120GBHDD1TB/GeForce650/MM8GB。このスペックがどのくらい時代遅れかわからんくらいPCの世界から離れています。たださ。正直何の不満もない。ゲーマーじゃないんで。このごろ一番使うのは、ネットフィリックスやAmazonPrimeビデオの動画を見ることで、次にウェブショッピングです。

 

昔と違って、今は仕事を家に持ち帰るような時代じゃないんで、Officeを家で使うこともないですし、動画編集もまあまあこなせる。でもそもそも動画編集自体をしなくなりました。スペックこれ以上いらんでしょう。という状態になっております。おそらく基盤がダメになるまで、あと数年は使います。でね。

 

Img_17951 ただ、このスペックで何年も使っていて、唯一問題になるのは、SSD120GBってとこです。システムの入るCドライブが120GB。昔はねえ。こんだけあれば大丈夫、と思っていたんですけどねえ。このごろ、写真や何かの扱うデータがどんどん重くなってきて。去年、確か去年くらいに、残り5GB!みたいな状態になりました。これはさすがにキツい。無理無理。とにかくなんかのキャッシュデータですら入らなくなって、警告が出るようになりました。

 

でね。SSD120240GBに換装したんですよ。その時の記事がこれ。って思って探したら、記事書いてねえや。もうだんだんいい加減になってきてるのか。うん。まあいいや。それでね。また1年たったら、あら不思議。プログラムを入れるところをCからDに変えて、それからマイドキュメントの場所もDに動かそう。うん。ってやったはずなのにねえ。

 

このごろ、フォルダの中を時間をかけて調べる、みたいな手間をかけるのが面倒くさくて。ほら白猫が来るから。白猫がかわいいから!仕方ないから。

 

たぶん、iCloudのデータが入る場所がCドライブになってる気がする。気が。気がする。わからん。たぶん、このデータが大きいの、iCloudのデータだ。WindowsPCiCloudいるのかなあ、って思いもちょっとありつつ。Windowsだとあまり利便性を感じないんですよねえ。

 

まあしょうがない。面倒くさいから、この際、SSDを大容量化しよう、と。思ったわけです。また。再度。手順は去年もやってるから、なんとなく、なんとなく覚えてます。確かすごい簡単。やりましょう。

 

まず大容量のSSDを購入します。去年240GBSSDが確か1万円を少し切るくらい。そして今年は480GBSSD8000円くらいで買えるようになってます。つまり容量あたりでいうと半額ですわね。この程度なら、まあ払いますよ。はい。ぽちっと。手頃なのがNTT-Xって通販サイトから案内が流れてきたんで、ぽちっと。なんの検討もしてません。CFD販売って会社のNANDDRAM搭載高速モデルRead550MB/sWrite530MB/sだそうですけど、もうこの数値見ても速いのか遅いのかよくわかりません。別に知ろうともしてません。適当です。だってアマゾンプライムビデオ見られたらいいんだもの。

 

Img_1832 でだ。これが届きます。うん。そしたら、PCの電源切って、USBケーブル外して、側板外して、中にあるSSDを取り外します。プラスドライバ1本あれば問題ねえです。SSDには電源ケーブルとSATAケーブルがつながってますんで、これは外しましょう。

 

そうすると2枚のSSD。昔ならWindowsを再インストールして、アプリを入れて、ってやるところですが。もうそんな面倒なことはしたくないので、使っていたSSDの内容を新しいSSDに移してクローンを作っちゃいます。いろいろ方法があるんですが、一番簡単なのは専用の機材を使うことです。要するにクローン作成機、みたいな感じです。

 

玄人志向のHDDスタンドKURO-DACHI/CLONE/U34000円くらい。書いてある通り、通常は裸のHDDを刺して外部ストレージとして使えるというHDDケースですが、クローン作製機能を備えています。

 

Img_18351 HDD1と書いてあるスロットにデータの入ってるSSDを入れる。HDD2と書いてあるスロットに新しいSSDを入れる。SSDの初期化とか、面倒なことは一切しません。ただスロットにぶっ刺す。そんで電源ケーブルを接続して、電源スイッチを入れて、クローン作成ボタンを押す。LEDが点滅を始めて左から右へ、ライトが流れるように光ります。どうやらクローンSSDの作成が始まったようですな。30分くらいほったらかしておくと、四つのLEDがすべて点滅しています。終わったのかな。終わったみたいね。終わったってことにしよう。

 

電源を切って、イジェクトボタンを押し、クローン化されたSSDPCに戻す。ネジ止めすれば終わりです。さて、PCの電源を入れます。クローン化が済んでいれば、元の状態で起動するはず、するはず。するはず。した!

 

簡単でしょ。これで完成。としたいところですけどね。ちょっと問題があります。もとのSSD240GB。これをクローン化しているので、新しいSSDも使用できる部分が240GB分しか認識してません。のこりの200GB程度は、「未割り当ての領域」として、Windowsのドライブ表示には現れないんです。これを使える領域にしなきゃなりません。

 

昔はBIOSからいじったり、DOSでなんとかしたりしましたが、もうね。そんな面倒なことはしたくないね。そこでフリーウエアEaseUS PartitionMaserを使います。Windows情でCドライブの領域管理ができるという、優れもの。何をどうするか、ええよくわかりませんよ。よくわかんない人が、ウェブの説明を見ながら、ちょこちょこといじっていたら、なんとなくできるようになりました。そういうレベルの作業です。ああ、とはいっても昔取った杵柄的な経験値はあるんで、全く用語もわからないでってレベルでどうかはわかりません。

 

Img_18411 ディスクの領域を扱うので、操作自体は再起動中にDOS画面が出てきて、そこでやってるようですな。

 

で。もとのWindows画面が出まして。Cドライブの空きが200GBくらいできました。これでまたしばらく安泰です。使い勝手や速さが体感できるわけではありませんけどね。あ、ただね。もしまだメインドライブがHDDを使ってる方がいたら、SSD化は圧倒的にお勧めです。PCの起動が圧倒的に早くなります。Windowsのスリープと、立ち上がるまでどっちが速いって感じがするほど、速くなります。

 

それに、このクローンを作るってやり方、何よりも安心なのが仮に作業のどっかで失敗しても、クローン化する前の元のSSDが残っているので、最悪そこまで戻ることができるってことですね。もちろん、クローン作製機で、出力側と入力側を間違えて、データの入ったSSDに空白のクローンを作ってしまったら、それはもうどうにもなりませんので、そこだけは十分にお気を付けください。

 

もう一つ、怖いのはこのHDD台を本当にHDD台として2台のHDDを入れて使っていた場合、この小さなボタンをぽちっと押すだけでクローン作製が始まっちゃうので、それってちょっと怖くねえですか。あまりにも簡単にデータが飛んでしまいそう。そのあたりのことがどうなのか、まあ、私はHDD台として使う気が全くないので、皆様にお任せしますよ。と。

 

ああ、ほら、やっぱり長くなる。

2018年10月28日 (日)

フォレスターX-BREAKに哀しみを乗せて①

Img_1122_2 秋って、いいよなあ。

 

爽やかで、遠くまで見渡せて(既に想定しているのが山の中の峠道)、落ちてくる枯れ葉も、これから来る冬を思わせつつ、季節ごとの美しさを際立たせます。秋はいい。

 

で、なんでか知らんけど、忙しいんですよ。ウチの業界、10月とか11月、結構忙しい。12月も繁忙期だし、ああ23月もか。ええい。とにかく忙しくて、自転車で山に行きたいのに行く日がとれんのじゃあああ。

 

でね。まあ好事魔多しって言うでしょう。これはいいことが続いているようなときにこそ悪いことが起きる目が潜んでますよぅ、って警句ですがね。今が好事かってえとはなはだ疑問がありますが、季節はいいわね。いや、そうじゃなくて。つまりね。日常の中にいろんな魔が潜んでますよう、ってことなんです。

 

10月中盤から忙しくなるのは見えてたので、事前に心安らいでおこうと、キャンプに行きました。いつものことですが、キャンプと言っても車で行ってコテージ泊なんで、そんなんはキャンプじゃねえよ、自分で全ての荷物しょって歩いてこそだろう、なんてハードな方からすると屁みたいなものですが、いやもうね、歳を取るとできることをすればいいんですよ。身体を苛めて楽しいって時代もありますが、必ずいつか身体は壊れ始めますからね。その時その時のペースをつかむことです。どっちが正しい、じゃない。

 

でだ。キャンプに行きました。出発する朝はね。台風の影響の雨が上がったばかりで、車も道路も濡れそぼっておりましたが、準備はすでに数日かけて終わっておりますし。車は新車のフォレスター。気分も上がるってもんですよ。キャンプ地は群馬県。ゴールデンウィークにも行った渋川市のキャンプ場です。キャンプ場に入る前に、食材を買っておこうとスーパーに立ち寄ったんですね。うん。今夜はバーベキューだ。やっぱキャンプはバーベキューですよ。うん。

 

ただね。最近はもう食が細くなりましてなあ。すっかり食べられなくなりましたわなあ。肉も脂の多い高級なもんはだめでねえ。かといって赤みの安いオージービーフは、臭いが気になる。臭いってか、オージービーフは牧草で育ててるってことなのか、独特のにおいがありますよな。うん。だから、焼き肉は、少量のいい赤身の牛肉10gもあればいい。それに群馬と言えば豚肉ですからな。榛名豚というんですかな。うん。豚肉。これもロースでいい。バラだと脂が多すぎる。更に鶏肉。これはムネよりモモが良いですな。うん。これも少量でいい。ほかにもサツマイモやらキノコやら茄子やらの野菜を食いますから。肉よりも野菜。初老の夫婦にはこれで十分です。

 

で。キャンプ地の近くにはスーパーが何店かあります。一番近いのはとりせん、次にベイシアですか。で。ベイシアの方が大きいので、まずはそちらに行きましょう、と。駐車場も空いてますわ。渋川市と言っても中心部からかなり外れた郊外店ですからね。止めやすい。スーパーの入り口に近いところに空きがあります。隣には軽自動車、反対側は空いている。うん、ここでいいや。

 

ベイシアでお買い物。なんですけどね。うーん、ここのベイシア、今一つ、我々のニーズに合ってない。牛肉のパックも豚肉のパックも大きい。野菜も1個売りをしていない。大きな袋で安いんだけど、とても使いきれない。うーん。ちなみに、とりせんにも似たような傾向がありました。郊外型だから、大家族のまとめ買いニーズが高いんですかねえ。ちなみに、翌日行った渋川市中心部に近いベルク。こちらは小分け商品が多かったので、買い物はしやすかったですな。お勧めです。

 

いや、その話をしたいわけじゃない。ベイシアに行ったんですよ。買い物、ちょうどいい量のものがない。とりせんでも行こうか、と駐車場に戻りました。てとね、奥様が「なにこれ!」と助手席側のピラーを指さします。うん?

 

Img_0939 凹んでる。ええ? ぶつけられた? 当て逃げ? ええ? で。よくよく見ると、ピラーだけじゃない。ルーフ、フロントガラス、ボンネットにも擦り傷が入ってる。ええ?なにこれ。どういう意味。当て逃げされたの?

 

いや待て。この傷の入り方、ボディの下側にはどうもなっていない。もし当て逃げなら、バンパーやらドアやら凹んだり傷ついたりしてるはずです。当て逃げというより、何かが斜めに倒れかかった? 何かって何よ。例えば隣に停めた車がトラックで、荷物が崩れた。柱のようなものが倒れ掛かった。隣の車? いや、さっき止まってたのは普通の軽自動車で。しかも、止めていたのはものの20分。車が入れ替わって、何かが倒れて、車を凹ませて逃げた。とするには時間が短すぎます。ええ、どういうこと?

 

ちょっと待てよ。これいくらするんだろう。窓ガラスって、20万円はするよな。パネルも3枚は逝ってる。ルーフ、ピラー、ボンネット、どう考えても、これ最低でも50万円コースだろう。えええええええ。ちょっと待て、落ち着け俺。で、どこでやられた。保険で何とかなるのか。相手いないぞ。相手の保険って考え方はないよな。えっと。ちょっと待てよ。そもそもどこでやられたんだ。ちょっと待てよ。これ新車だぞ。2か月の。ええと。今日は、家を出て、途中のSAには寄ってない。となると、やはりここか。当て逃げなのか。じゃあ、屋根を凹ませる当て逃げって何よ。えっと。

 

まずね。当て逃げなら、ドライブレコーダーに記録があるかもしれない。ほら衝撃を与えると動作するって機能があるっていうじゃん。それ。それよ。マニュアル、ああもう。聞いた方が早い。埼玉スバル鶴ヶ島店の担当者に電話をします。

 

そうするとやはり衝撃を与えられたら記録する機能がある、と言います。ただし、ドライブレコーダーの記録はどんどん上書きされますから、microSDカードを抜く必要があります。よし。抜こう。と、問題がもう一つ。このディーラーオプションのドラレコ。メモリを抜くと警告音が鳴り続けるのです。代わりのものを入れるまで。しょうがない。買おう。近くの電気店を検索して。ほい。ケーズデンキに行こう。うん。落ち着け。ここでまたぶつけたりしたら、もっと状況が大変になる。自棄になりたいところだけど自棄になって解決することなんかない。落ち着こう。うん。

 

と、奥さまが言います。この窓ガラスの傷、高速を走ってる時からあったよ。うん?ってことは家の駐車場か。ああ、もしかして先週台風の影響でとんでもない強風が吹いていた。もしかしてアレか。確かにアレから車に乗ってない。今朝も雨だったし、車の状況は確認できてない。アレの可能性があるのか。てことは、ドラレコには映ってないよな。あの時点の衝撃があったとしても、高速を走っている間に既にデータは上書きされている。

 

そうだ、保険屋だ。保険会社に電話をして、保険が使えるかどうか聞かなきゃ。今日は土曜日だけど24時間対応してるはず。保険会社は東京海上日動です。ケーズデンキの駐車場で電話すると、すぐにつながりまして。状況を説明します。

 

受付の女性ですがね。テレビでCMやってる何チャラ損保だと、大変ですね、私が代わりましょうか、なんて言ってくれるじゃないですか。こちらは天下の東京日動火災ですよ。そこらへん間違いないはず。ねえ。教えてください。これって保険を使えるんでしょうか。状況はこれこれこういうわけで。って話しますとね。「ああ、ぞうじるしさんの入ってるのは車対車の車両保険なので、それは使えない可能性がありますね。窓ガラスは対応できると思いますが」。ああ、そうなのか。ああ、そうなのか。もう50万払うしかないか。人、轢いちゃったら、相手の人生も壊すし、自分の人生だってめちゃくちゃになるし、それに比べたら、お金で解決できるんだから、しょうがないよね。しょうがない。起きたことは変えられないんだしさ。

 

と。奥さまもね。そうだよね、と言ってくれるわけです。

 

ああ、車両保険、車対車の限定かあ。ああ、しょうがないよなあ。火災保険とかで台風の影響ってことで、カバーできないのかなあ。とか。いや、台風の影響なら、物を飛ばした人の保険を使えないのか、誰が飛ばしたんだ、とか。ああでも50万払えばいいんだから、だれもケガしてないんだから。よかった。そういいながらね。奥さまと二人の車の中でね。せめてこれ以上気分を悪くするようなことはしない。お互いにそう言い合うわけです。

 

とね。奥さまが言いました。これ保険使えるんじゃないの? 車対車にA+って特約付いてるよ。これ、台風による損害、入ってる。

 

Img_0945 え? そんなこと、あの東京海上日動の受付の人言ってなかったけど。ちゃんと台風の話したけど。出ない可能性が高いみたいなことを言いやがりましたよ。え、でも確かにこの特約。飛来物との衝突も含まれてるし。ええ? なんで払えないみたいなことを言ったの。契約上はいけるはずなのに。でも保険会社の人がダメって言ったらだめだよね。

 

事故担当者から連絡するから待て、って言われたから、確認するには待つしかないか。

 

と。キャンプはね。ともすれば落ち込みそうになる気分を、二人して何とか盛り上げようとしていたのですよ。

 

 

«フォレスターX-Breakにのって  不満もあるのよ不満も