Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2018年12月17日 (月)

記憶なんてマダラなのよ Tile Proに頼るのよ

Img_2089 ということで。

 

記憶と事実って往々にして一緒くたにされてる。でしょ。ここを前から読んでるような人なら、そう思ってる人は少なめかもですけどね。「私が見たんだから間違いない」てのは記憶。「ほら見て、このビデオに写ってる」ってのは事実(の側面)の記録。

 

ところが記憶ってのは簡単に合成されるし、改ざんされる。自分自身によってですよ。まあそのあたりはちょっとネットを検索すれば、すぐに出てくる。でも、そういうことは知識として知っていても、なぜか自分の記憶だけは真実だ、なんて思ってる。間違いない。これだけくっきりと覚えてるんだから、って。記憶力のいい人ほどそうなりがちな気がするぅ。データとったわけじゃないから、気がするって言っておきます。

 

その点、私なんか子供のころから自他ともに認める記憶力の悪さでねえ。歴史なんかの数字を覚えることはとんとできないし、英単語も覚えられない。遡ると、漢字を覚えるのも苦手で、何十回描いても漢字テストで満点取るなんてのは、無限のかなたのように難しかった。そういう人は受験では苦労しましたねえ。パターンを読んだり、文脈を読み取ったりするのは得意だったので、知識がマダラでも、その断片からパターン記憶をしてたと思います。うん。

 

そのくせ、テレビなんかで外国の風景を見た時に、マイナーな国の風景ですよ。アメリカとかフランスとかのようにテレビでよく見る国のよく見る風景じゃなく。そういう場所を見た瞬間に、どこって言えることが良くあります。意識して覚えたことなどなく、何で知っているんだろう、そんな記憶。あります。

 

自分の記憶力は、とてもマダラで、信用できない。記憶が改ざんされてるのに気づくこともよくあります。あのね。私、太平洋戦争時代の記憶があるんですよ。もちろん、ありえない。その記憶があるとすれば少なくとも80代。さすがにそこまではいってない。おそらく、少年時代に父親から聞いた、父親の幼少時代の風景の話から合成されたものだと思います。

 

そしてこの記憶が明らかに実際のものではないことを知っているのに、事実としての記憶のように感じている。まあ、ここまで極端だから、事実ではないと確信できますけど。ここ数十年のできごとだと、そこまで確信はもてないわ。

 

実際は改ざんされているけど、気付かないことっていっぱいあるはず。それって記憶違い、とかうっかり、とか言われて誤魔化してますけどね。でも、要するに記憶は変質する。なんでそんなにこだわるのかってえと、最近知り合いの方で、認知症傾向が出てきた方がいるわけです。で、よくある話なんだけど、いろんなことを忘れる。でね、一緒に暮らしてるお嬢さん、もうおばちゃんですけどね、お話を聞くとぷんぷん怒ってるんですね。都合の悪いことばかり忘れる。絶対覚えてるはず、って。

 

よくある話ですよ。でもね。これを覚えてるからあれを覚えてるはず、なんて理屈はない。ねえ。マダラボケなんて言わないでほしいな、と。そもそも記憶なんて不確かなものですよ、と。そういいたいわけです。そうはいっても、一緒に暮らしていると腹が立つ、それが介護の難しさですよね。知ってます。だから、ご本人にはそう言わない。苦しくなりますもんねえ。

 

で。まあ、私はとにかく、歳をとる前から覚えられないだけでなく、いろいろ忘れっぽい。日常的に、忘れがちなのは、鍵、腕時計、スマホ、メガネ。そんな持ち歩くものを、うちに帰ってきて、ふとどこかにおいて、さてどこだろう。と。しつこいようですが、昔からです、昔から。

 

奥さんにしてみれば、置く場所を決めてそこに置きなさい、というのですが、それはそうするつもりなんですよ。ところが、実際はその決められた場所に置く前に、ちょっと外して一旦近くに置く。そこで別の気になることができる。で、それに気を取られた瞬間、一旦置いたという記憶が飛ぶ。短期記憶が10秒ほどで消えます。そうなるともうどうにもならない。そもそも一旦置いたという記憶が飛んでいるので、元の場所に戻すという意識に繋がらない。いや、あ、決められた場所に置かなきゃ、と思い出しても、置いた記憶が見つからない。

 

これって、自閉スペクトラム症、昔でいうアスペルガー的な特性の一つでありましょう。で、それをかなり意識していても、だからといって記憶するという能力につながるわけじゃないんですよ。でね、まあ障害と言ってもいい。障害なら障害で、つまり生きる上での壁ですよ。壁なら乗り越えるか、迂回する道を探せばいい。

 

科学の力ですよ。人間の固有の力を越えるのは、科学技術の力です。ということで、第一段階が以前、記事にしたQrio Lockってスマートロック。これは過去記事にあったはず。うん、スマートロック。これを付けたことで、鍵をどこかに忘れた時でも家に入れる、という安心感が生まれました。実際は、これを付けてから忘れてないです。10年に1回くらい、忘れるだけですしね。うん。

 

でも、鍵自体が家の中で見つからない、ということが多々あるのですよ。あ、スマホも時計も、見つからないことが良くあります。でも一番の問題は、鍵です。時計なら予備がある。スマホならiPhoneの場合は、iPadから呼び出しをかけられる。しかし、カギはそうはいきません。いや、予備を作ればいいっちゃいいんですけどね。家の鍵、昔と違ってセキュリティを高めたせいで、一本1万円以上、かかります。車のキーも、遠隔操作ができる分、お高い。二つセットにしたりすると、3万円とかかかってしまい、しかも当座はいいものの見つからないカギはどこに行ったんだ問題が解決しません。

 

Img_2088 そこで、これ。Tile Pro2個セット。これ、なんてーんですか。タグです。ブルートゥースでスマホと接続されて、電子音を鳴らします。iPhoneでもandroidでも、専用アプリTileってのをインストールし、あとはタグを近づけた状態で、スマホアプリに登録するだけ。説明書はほとんど見なくて大丈夫です。ほとんど、よ。

 

これを登録すると、スマホのBluetoothをオンにした状態でアプリを立ち上げると、画面上に登録したタグの種類が表れます。現状、家の鍵と車のカギにくっつけてあります。大きさは42㎜×42㎜×6.5㎜。12.8g。仕様上は最大90mまで感知しますので、家の中だとまず大丈夫。家の外だと、うん、それは見つからない。Bluetoothが切断されます。

 

ところがこれの賢いのは、そこから。Bluetoothが切断された時点の場所を、スマホ側に送っているので、最後にどこにあったかがわかるんです。どういうことかってと、外に出ました。外でカギを、例えば電車の中でカギを落としました。そうすると、手を離れた最後の場所、つまり駅だとか、線路上とかでデータが途切れるわけですよ。どこで手を離れたかが判れば、単純な落し物の場合、見つけることができる可能性が高まります。

 

Img_2090 え。そんだけ? いやね、更にすごいらしいのは。らしい、ってだけで実際にはまだよくわかってませんが、噂によると、このアプリを入れている者同士で、それぞれを受信機(スマホ)として、データをやり取りしてるみたい。つまり、このタグをつけた鍵を盗まれたとします。前述のBluetoothが途切れた時点のデータは残ってますが、盗まれたんだから移動しちゃいます。そうなるとどこにいったかわかりません。ところが、このタグをつけて移動した先に、同じアプリを入れた人がいたら、その人のスマホが情報を拾って現在位置を教えてくれる、んだそうです。ただ、問題は。このアプリを入れた人がどんだけいるかですわね。まあ、あまりあてにならんです。ないよりマシ。

 

あとは、スマホからタグを鳴らせるように、その逆で、タグのロゴのところをダブルクリックすると、逆にスマホを呼び出せます。もちろんBluetoothがつながっていれば、ですけどね。iPhoneiPad二つもちなら「iPhoneを探す」という機能が使えますけど、それよりも室内で使うなら、手間はかかりません。またこのアプリはiPadでも共通して使えるので、鍵、iPhoneiPad、そのどれを見失ってもどれかで探せるという、とても安心な状況が完成したのであります。

 

ちなみにTileは電池交換できないタイプが1000円程度で安く売ってますけど、うーん。1年くらいもつとは言っても、使い捨てってのはなあ。電池交換型のTile Proを選んだ方が気持ちが楽ですよなあ?

2018年12月 3日 (月)

5年使ったPCのSSDを換装したというそれだけのことで

長いブログを書こうとするからいかんのよ。もうそんな時代じゃない。うん。

 

簡単なブログにしましょう、そうしましょう。

いや、他にも原因がありましてね。これはネコと一緒に暮らしている人なら、言わずともわかるでしょう。あー、そうそう的な。はい。パソコンデスク前に座ると、ものの数十秒で白猫が膝の上に乗ります。キーボード打つと、とても嫌そうにしますよね。

 

ちなみに夜中に目を覚まして身じろぎをすると、必ずそれに気付いて、白猫がやってきて触れ、と言います。

 

Img_1830 さて。SSDの換装をやりましたよ。というお話で、別に目新しいことではありません。交換したSSDの優秀さを話せるわけでもありません。交換したよ。ってことだけで、以上。

 

えーっと、現状使ってるパソコンは、5年前にPCデポで購入したBTOパソコンozzioです。Core-i74770/SSD120GBHDD1TB/GeForce650/MM8GB。このスペックがどのくらい時代遅れかわからんくらいPCの世界から離れています。たださ。正直何の不満もない。ゲーマーじゃないんで。このごろ一番使うのは、ネットフィリックスやAmazonPrimeビデオの動画を見ることで、次にウェブショッピングです。

 

昔と違って、今は仕事を家に持ち帰るような時代じゃないんで、Officeを家で使うこともないですし、動画編集もまあまあこなせる。でもそもそも動画編集自体をしなくなりました。スペックこれ以上いらんでしょう。という状態になっております。おそらく基盤がダメになるまで、あと数年は使います。でね。

 

Img_17951 ただ、このスペックで何年も使っていて、唯一問題になるのは、SSD120GBってとこです。システムの入るCドライブが120GB。昔はねえ。こんだけあれば大丈夫、と思っていたんですけどねえ。このごろ、写真や何かの扱うデータがどんどん重くなってきて。去年、確か去年くらいに、残り5GB!みたいな状態になりました。これはさすがにキツい。無理無理。とにかくなんかのキャッシュデータですら入らなくなって、警告が出るようになりました。

 

でね。SSD120240GBに換装したんですよ。その時の記事がこれ。って思って探したら、記事書いてねえや。もうだんだんいい加減になってきてるのか。うん。まあいいや。それでね。また1年たったら、あら不思議。プログラムを入れるところをCからDに変えて、それからマイドキュメントの場所もDに動かそう。うん。ってやったはずなのにねえ。

 

このごろ、フォルダの中を時間をかけて調べる、みたいな手間をかけるのが面倒くさくて。ほら白猫が来るから。白猫がかわいいから!仕方ないから。

 

たぶん、iCloudのデータが入る場所がCドライブになってる気がする。気が。気がする。わからん。たぶん、このデータが大きいの、iCloudのデータだ。WindowsPCiCloudいるのかなあ、って思いもちょっとありつつ。Windowsだとあまり利便性を感じないんですよねえ。

 

まあしょうがない。面倒くさいから、この際、SSDを大容量化しよう、と。思ったわけです。また。再度。手順は去年もやってるから、なんとなく、なんとなく覚えてます。確かすごい簡単。やりましょう。

 

まず大容量のSSDを購入します。去年240GBSSDが確か1万円を少し切るくらい。そして今年は480GBSSD8000円くらいで買えるようになってます。つまり容量あたりでいうと半額ですわね。この程度なら、まあ払いますよ。はい。ぽちっと。手頃なのがNTT-Xって通販サイトから案内が流れてきたんで、ぽちっと。なんの検討もしてません。CFD販売って会社のNANDDRAM搭載高速モデルRead550MB/sWrite530MB/sだそうですけど、もうこの数値見ても速いのか遅いのかよくわかりません。別に知ろうともしてません。適当です。だってアマゾンプライムビデオ見られたらいいんだもの。

 

Img_1832 でだ。これが届きます。うん。そしたら、PCの電源切って、USBケーブル外して、側板外して、中にあるSSDを取り外します。プラスドライバ1本あれば問題ねえです。SSDには電源ケーブルとSATAケーブルがつながってますんで、これは外しましょう。

 

そうすると2枚のSSD。昔ならWindowsを再インストールして、アプリを入れて、ってやるところですが。もうそんな面倒なことはしたくないので、使っていたSSDの内容を新しいSSDに移してクローンを作っちゃいます。いろいろ方法があるんですが、一番簡単なのは専用の機材を使うことです。要するにクローン作成機、みたいな感じです。

 

玄人志向のHDDスタンドKURO-DACHI/CLONE/U34000円くらい。書いてある通り、通常は裸のHDDを刺して外部ストレージとして使えるというHDDケースですが、クローン作製機能を備えています。

 

Img_18351 HDD1と書いてあるスロットにデータの入ってるSSDを入れる。HDD2と書いてあるスロットに新しいSSDを入れる。SSDの初期化とか、面倒なことは一切しません。ただスロットにぶっ刺す。そんで電源ケーブルを接続して、電源スイッチを入れて、クローン作成ボタンを押す。LEDが点滅を始めて左から右へ、ライトが流れるように光ります。どうやらクローンSSDの作成が始まったようですな。30分くらいほったらかしておくと、四つのLEDがすべて点滅しています。終わったのかな。終わったみたいね。終わったってことにしよう。

 

電源を切って、イジェクトボタンを押し、クローン化されたSSDPCに戻す。ネジ止めすれば終わりです。さて、PCの電源を入れます。クローン化が済んでいれば、元の状態で起動するはず、するはず。するはず。した!

 

簡単でしょ。これで完成。としたいところですけどね。ちょっと問題があります。もとのSSD240GB。これをクローン化しているので、新しいSSDも使用できる部分が240GB分しか認識してません。のこりの200GB程度は、「未割り当ての領域」として、Windowsのドライブ表示には現れないんです。これを使える領域にしなきゃなりません。

 

昔はBIOSからいじったり、DOSでなんとかしたりしましたが、もうね。そんな面倒なことはしたくないね。そこでフリーウエアEaseUS PartitionMaserを使います。Windows情でCドライブの領域管理ができるという、優れもの。何をどうするか、ええよくわかりませんよ。よくわかんない人が、ウェブの説明を見ながら、ちょこちょこといじっていたら、なんとなくできるようになりました。そういうレベルの作業です。ああ、とはいっても昔取った杵柄的な経験値はあるんで、全く用語もわからないでってレベルでどうかはわかりません。

 

Img_18411 ディスクの領域を扱うので、操作自体は再起動中にDOS画面が出てきて、そこでやってるようですな。

 

で。もとのWindows画面が出まして。Cドライブの空きが200GBくらいできました。これでまたしばらく安泰です。使い勝手や速さが体感できるわけではありませんけどね。あ、ただね。もしまだメインドライブがHDDを使ってる方がいたら、SSD化は圧倒的にお勧めです。PCの起動が圧倒的に早くなります。Windowsのスリープと、立ち上がるまでどっちが速いって感じがするほど、速くなります。

 

それに、このクローンを作るってやり方、何よりも安心なのが仮に作業のどっかで失敗しても、クローン化する前の元のSSDが残っているので、最悪そこまで戻ることができるってことですね。もちろん、クローン作製機で、出力側と入力側を間違えて、データの入ったSSDに空白のクローンを作ってしまったら、それはもうどうにもなりませんので、そこだけは十分にお気を付けください。

 

もう一つ、怖いのはこのHDD台を本当にHDD台として2台のHDDを入れて使っていた場合、この小さなボタンをぽちっと押すだけでクローン作製が始まっちゃうので、それってちょっと怖くねえですか。あまりにも簡単にデータが飛んでしまいそう。そのあたりのことがどうなのか、まあ、私はHDD台として使う気が全くないので、皆様にお任せしますよ。と。

 

ああ、ほら、やっぱり長くなる。

2018年10月28日 (日)

フォレスターX-BREAKに哀しみを乗せて①

Img_1122_2 秋って、いいよなあ。

 

爽やかで、遠くまで見渡せて(既に想定しているのが山の中の峠道)、落ちてくる枯れ葉も、これから来る冬を思わせつつ、季節ごとの美しさを際立たせます。秋はいい。

 

で、なんでか知らんけど、忙しいんですよ。ウチの業界、10月とか11月、結構忙しい。12月も繁忙期だし、ああ23月もか。ええい。とにかく忙しくて、自転車で山に行きたいのに行く日がとれんのじゃあああ。

 

でね。まあ好事魔多しって言うでしょう。これはいいことが続いているようなときにこそ悪いことが起きる目が潜んでますよぅ、って警句ですがね。今が好事かってえとはなはだ疑問がありますが、季節はいいわね。いや、そうじゃなくて。つまりね。日常の中にいろんな魔が潜んでますよう、ってことなんです。

 

10月中盤から忙しくなるのは見えてたので、事前に心安らいでおこうと、キャンプに行きました。いつものことですが、キャンプと言っても車で行ってコテージ泊なんで、そんなんはキャンプじゃねえよ、自分で全ての荷物しょって歩いてこそだろう、なんてハードな方からすると屁みたいなものですが、いやもうね、歳を取るとできることをすればいいんですよ。身体を苛めて楽しいって時代もありますが、必ずいつか身体は壊れ始めますからね。その時その時のペースをつかむことです。どっちが正しい、じゃない。

 

でだ。キャンプに行きました。出発する朝はね。台風の影響の雨が上がったばかりで、車も道路も濡れそぼっておりましたが、準備はすでに数日かけて終わっておりますし。車は新車のフォレスター。気分も上がるってもんですよ。キャンプ地は群馬県。ゴールデンウィークにも行った渋川市のキャンプ場です。キャンプ場に入る前に、食材を買っておこうとスーパーに立ち寄ったんですね。うん。今夜はバーベキューだ。やっぱキャンプはバーベキューですよ。うん。

 

ただね。最近はもう食が細くなりましてなあ。すっかり食べられなくなりましたわなあ。肉も脂の多い高級なもんはだめでねえ。かといって赤みの安いオージービーフは、臭いが気になる。臭いってか、オージービーフは牧草で育ててるってことなのか、独特のにおいがありますよな。うん。だから、焼き肉は、少量のいい赤身の牛肉10gもあればいい。それに群馬と言えば豚肉ですからな。榛名豚というんですかな。うん。豚肉。これもロースでいい。バラだと脂が多すぎる。更に鶏肉。これはムネよりモモが良いですな。うん。これも少量でいい。ほかにもサツマイモやらキノコやら茄子やらの野菜を食いますから。肉よりも野菜。初老の夫婦にはこれで十分です。

 

で。キャンプ地の近くにはスーパーが何店かあります。一番近いのはとりせん、次にベイシアですか。で。ベイシアの方が大きいので、まずはそちらに行きましょう、と。駐車場も空いてますわ。渋川市と言っても中心部からかなり外れた郊外店ですからね。止めやすい。スーパーの入り口に近いところに空きがあります。隣には軽自動車、反対側は空いている。うん、ここでいいや。

 

ベイシアでお買い物。なんですけどね。うーん、ここのベイシア、今一つ、我々のニーズに合ってない。牛肉のパックも豚肉のパックも大きい。野菜も1個売りをしていない。大きな袋で安いんだけど、とても使いきれない。うーん。ちなみに、とりせんにも似たような傾向がありました。郊外型だから、大家族のまとめ買いニーズが高いんですかねえ。ちなみに、翌日行った渋川市中心部に近いベルク。こちらは小分け商品が多かったので、買い物はしやすかったですな。お勧めです。

 

いや、その話をしたいわけじゃない。ベイシアに行ったんですよ。買い物、ちょうどいい量のものがない。とりせんでも行こうか、と駐車場に戻りました。てとね、奥様が「なにこれ!」と助手席側のピラーを指さします。うん?

 

Img_0939 凹んでる。ええ? ぶつけられた? 当て逃げ? ええ? で。よくよく見ると、ピラーだけじゃない。ルーフ、フロントガラス、ボンネットにも擦り傷が入ってる。ええ?なにこれ。どういう意味。当て逃げされたの?

 

いや待て。この傷の入り方、ボディの下側にはどうもなっていない。もし当て逃げなら、バンパーやらドアやら凹んだり傷ついたりしてるはずです。当て逃げというより、何かが斜めに倒れかかった? 何かって何よ。例えば隣に停めた車がトラックで、荷物が崩れた。柱のようなものが倒れ掛かった。隣の車? いや、さっき止まってたのは普通の軽自動車で。しかも、止めていたのはものの20分。車が入れ替わって、何かが倒れて、車を凹ませて逃げた。とするには時間が短すぎます。ええ、どういうこと?

 

ちょっと待てよ。これいくらするんだろう。窓ガラスって、20万円はするよな。パネルも3枚は逝ってる。ルーフ、ピラー、ボンネット、どう考えても、これ最低でも50万円コースだろう。えええええええ。ちょっと待て、落ち着け俺。で、どこでやられた。保険で何とかなるのか。相手いないぞ。相手の保険って考え方はないよな。えっと。ちょっと待てよ。そもそもどこでやられたんだ。ちょっと待てよ。これ新車だぞ。2か月の。ええと。今日は、家を出て、途中のSAには寄ってない。となると、やはりここか。当て逃げなのか。じゃあ、屋根を凹ませる当て逃げって何よ。えっと。

 

まずね。当て逃げなら、ドライブレコーダーに記録があるかもしれない。ほら衝撃を与えると動作するって機能があるっていうじゃん。それ。それよ。マニュアル、ああもう。聞いた方が早い。埼玉スバル鶴ヶ島店の担当者に電話をします。

 

そうするとやはり衝撃を与えられたら記録する機能がある、と言います。ただし、ドライブレコーダーの記録はどんどん上書きされますから、microSDカードを抜く必要があります。よし。抜こう。と、問題がもう一つ。このディーラーオプションのドラレコ。メモリを抜くと警告音が鳴り続けるのです。代わりのものを入れるまで。しょうがない。買おう。近くの電気店を検索して。ほい。ケーズデンキに行こう。うん。落ち着け。ここでまたぶつけたりしたら、もっと状況が大変になる。自棄になりたいところだけど自棄になって解決することなんかない。落ち着こう。うん。

 

と、奥さまが言います。この窓ガラスの傷、高速を走ってる時からあったよ。うん?ってことは家の駐車場か。ああ、もしかして先週台風の影響でとんでもない強風が吹いていた。もしかしてアレか。確かにアレから車に乗ってない。今朝も雨だったし、車の状況は確認できてない。アレの可能性があるのか。てことは、ドラレコには映ってないよな。あの時点の衝撃があったとしても、高速を走っている間に既にデータは上書きされている。

 

そうだ、保険屋だ。保険会社に電話をして、保険が使えるかどうか聞かなきゃ。今日は土曜日だけど24時間対応してるはず。保険会社は東京海上日動です。ケーズデンキの駐車場で電話すると、すぐにつながりまして。状況を説明します。

 

受付の女性ですがね。テレビでCMやってる何チャラ損保だと、大変ですね、私が代わりましょうか、なんて言ってくれるじゃないですか。こちらは天下の東京日動火災ですよ。そこらへん間違いないはず。ねえ。教えてください。これって保険を使えるんでしょうか。状況はこれこれこういうわけで。って話しますとね。「ああ、ぞうじるしさんの入ってるのは車対車の車両保険なので、それは使えない可能性がありますね。窓ガラスは対応できると思いますが」。ああ、そうなのか。ああ、そうなのか。もう50万払うしかないか。人、轢いちゃったら、相手の人生も壊すし、自分の人生だってめちゃくちゃになるし、それに比べたら、お金で解決できるんだから、しょうがないよね。しょうがない。起きたことは変えられないんだしさ。

 

と。奥さまもね。そうだよね、と言ってくれるわけです。

 

ああ、車両保険、車対車の限定かあ。ああ、しょうがないよなあ。火災保険とかで台風の影響ってことで、カバーできないのかなあ。とか。いや、台風の影響なら、物を飛ばした人の保険を使えないのか、誰が飛ばしたんだ、とか。ああでも50万払えばいいんだから、だれもケガしてないんだから。よかった。そういいながらね。奥さまと二人の車の中でね。せめてこれ以上気分を悪くするようなことはしない。お互いにそう言い合うわけです。

 

とね。奥さまが言いました。これ保険使えるんじゃないの? 車対車にA+って特約付いてるよ。これ、台風による損害、入ってる。

 

Img_0945 え? そんなこと、あの東京海上日動の受付の人言ってなかったけど。ちゃんと台風の話したけど。出ない可能性が高いみたいなことを言いやがりましたよ。え、でも確かにこの特約。飛来物との衝突も含まれてるし。ええ? なんで払えないみたいなことを言ったの。契約上はいけるはずなのに。でも保険会社の人がダメって言ったらだめだよね。

 

事故担当者から連絡するから待て、って言われたから、確認するには待つしかないか。

 

と。キャンプはね。ともすれば落ち込みそうになる気分を、二人して何とか盛り上げようとしていたのですよ。

 

 

2018年10月20日 (土)

フォレスターX-Breakにのって  不満もあるのよ不満も

概ね気に入ってる新型フォレスターX-Breakですがね。気に入ってない点だってあります。機能的にダメってより、好みじゃないといったほうがいいでしょうね。

 

Img_1092 まず、ドアが微妙に重いってことなんですが。こういうのたぶん味付けの部分なんでしょう。ある程度コストかけていたら軽く動くようにも作れるし、重くもできる。コストかけてない場合は、否が応でも軽くなっちゃう。素材にコストかけられないですからね。あんまり乗ったことないけど、いい車のドアが閉まる音はボシュって感じで落ち着いてる。安い車だとバシャンってなっちゃう。

 

そこでフォレスター、そこそこいい車の感じの、重厚感。それはまあいいんですよ。いいんですけどね。滑らかに動いてくれない。最後まで手で持って絞めればいいんだけど、ほら。少し、軽く勢いをつけて、ドアを押して手を放す、ってことないですか。そっから先、すーっと吸い込まれて、ボシュって低い音がして閉まる。そういうのがいいんだなあ。でも。フォレスターのドアは手を離したら止まっちゃう。最後の瞬間手を放してしまうと、ロックされてない状態で閉まる。これがね。なんか面倒くさい。

 

まあ我慢の範疇ですけどね。

 

Img_1094 二つ目は見た目の問題なんですが。ホイール。これガンメタリックのつや消し、なんだそうですけどねえ。まず造形からいうと、ソリッド感がないでしょう。角を丸めているせいで、樹脂成型のホイールカバーのように見える。要するに安っぽい。今回、フォレスターは4モデル展開なんですが、この黒のつや消しホイールを使ってるのは、X-Breakだけです。ベーシックモデルのツーリングは同じようなデザインのホイールですが、角を丸めず、金属管を出してきているので、シャープに見えます。

 

プレミアムもアドバンスも、ソリッド感を押し出してきてます。だからって、こっちのほうが好きかって言われると微妙な気がしてるんですが。車マニアの世界とは遠いところにいるので、ホイールのトレンドってもんが全然わかりません。どんなもんがかっこいいとされてるのか。

 

言わば昔の田舎の高校生が短ランとボンタン履いて意気揚々と修学旅行に東京にいったようなことを言ってるのかもしれません。けどねえ。いいのよ。ほら友達少ないしぃ。誰が見てどう思ったかなんてどうでもいいじゃん。自分が見て気に入るかどうかなのよぅ。そういう意味で、このホイールは好きじゃないのよぅ。ということです。まあスタッドレス用にホイールは買い増しをするので、そっちをメインに使うことにしましょうかねえ。と。

 

Img_1095 ささやかな使い勝手の面でいうと、室内の飲み物を置く場所。これスバル車だとシフトレバーの手前側になってるでしょ。前のフォレスターもそうでしたし、レンタカーのレヴォーグもそうでした。これ、みんな気に入ってるの、って思ってます。

 

コンビニでコーヒー買うじゃないですか。右利きの方。どっちの手でカップもちますか。ぼかあ右手ですよ。右手しかないでしょう。ね。で、カップを置きたい。どこに置きますか。そら右側でしょうよ、と。なりませんか。カップホルダーが左側にあるわけですよ。となると、ハンドル越しにカップを持ち替えて、左にあるカップホルダーに置くか、初めから左でコーヒーカップをもつか、ですよ。どっちにしたって違和感ありありなんですけどぉ。

 

みんな平気なの。左利きが多いの。左利きの方が設計されてるの。まあ確かに世間的には左利きに冷たいらしいですよ。フォレスターのカップホルダーくらい、左利き用のためにあってもいいんですけどねえ。ああ、使いづらい。右側、ドアポケットの下に、ペットボトルを入れるくらいのホルダーはありますけどね。位置が低くて、走行中に使うのは不便。第一ペットボトルならスクリューキャップを取らなきゃいかんでしょう。どのみち両手使うことになるじゃないですかあ。

 

ああ、大きな声では言えないですけどね。新型フォレスターの自動運転モード、相当使い物になりますよ。ええ、一般道路でもセンターラインがあって、先行車がいればそこそこ一人で走ってくれるんですよ。手を放していてもね。カップを持ち替えるとか、スクリューキャップを外すくらいの時間、手を放すくらいわけもない。

 

Img_0438_2 っておい、それ推奨なのか。いやあ。一般道で手放しは、さすがにちょっとまだ怖い。やっぱりねえ。右側上部にカップホルダー仕込んでくれないかなあ。

 

あとね。X-Break専用の仕様としては、カーゴルームが撥水カーゴフロアボードってのになってます。ほらX-Breakってアウトドア仕様じゃないでーすかあ。だからあ。キャンプ道具とか積んだ時にぃ。まあ水をかぶることもあるかもしれないのでね。わかりますよ。うん。

 

Img_1091 ただね。撥水ってことは防水ではないよね。たぶんね。撥水って、少しの水ならはじくけど、じっとりと濡れたもの置くのは、ダメよね。でね、まあそれでも、撥水じゃないものよりいいじゃん、って考え方はある。それにキャンプ道具とか積んだ時に、物を出し入れしやすいように、滑りやすいレールを付けてます。テントとか、奥に置いたものを引きずり出すときにいいよね。うん。そう思った。

 

でね。問題は。このレールなんですけどね。滑るんですよ。あ、言いましたっけ。もう一回言いますよ。滑るんです。ものを置くと。加速しても減速しても滑る。ちょっと待てい。おい。ラゲッジにポンと置いた荷物が吹っ飛ぶくらいの勢いで滑る。工具箱とか置いたら、おい、どうなるんだ。実際キャンプに行くのに使ってみたんですけどね。滑るわ。特に固いものがダメですね。すかすか滑って怖くてしょうがない。これ、みなさんどうされてるんですかね。とりあえず、現状では怖くて荷物が積めませんから、というわけで、ホームセンターで、滑り止めシートを買ってきて敷いてます。まあ全面に敷いちゃうと、全く物を動かすので、一部にしてますが、それだけでだいぶ安心です。

 

燃費は、2.5Lだからねえ。こんなもんですかねえ。端的に言うと、ほぼカタログ通りです。街乗りだと9㎞台、高速だと13㎞台。一昔前の燃費競争も一段落してきて、いろいろ偽装疑惑とかもありありで。カタログにもあまりに実態とかけ離れた数値を乗せることができなくなり。夢がないです。前車のフォレスターとほぼ同じって感じです。ほぼ同じだからいい、と思うか、世代替わったんだから燃費向上してくれよ、とかまあ思わないでもないです。

 

Img_1096 文句ばっかりだとナニなので、微妙に便利な機能ですけどね。電子式パーキングスイッチのすぐ横に、AVHってボタンが付いてるんですが。これが意外と便利。Active Vehicle Holdこれね。交差点とかで車を止めますよね。この止まった状態を維持するには、普通、フットブレーキを踏み続けるか、ギアをPに入れてパーキングブレーキを引くか。どっちかです。まあ別に大した手間ではない。

 

ところで、新型フォレスターのこのボタンを押しておくと、交差点でぎゅうっとブレーキを踏む。そうすると、いったんブレーキがさらに沈む感覚があり、その後は脚をブレーキから話しても、停止が維持されます。つまりパーキングブレーキをかけなくても、脚を離して大丈夫なわけです。再始動させたい場合は、再度ブレーキを踏むかアクセルを踏むかのアクションをするだけです。

 

高速道路での渋滞などで、車が停止した場合は、新型フォレスターの場合は完全停止から停止状態の維持までは自動でやってくれます。ところが一般道路で、追従機能は動作させてない、って場合に、ちょこちょことブレーキを踏んで止まらなきゃいけない場面があります。こうしたときに、このスイッチを入れておくと、停止した後、停止状態が維持されるので、ちょっと楽なんですよ。

 

慣れるまで車が停止状態を維持してくれるのか、今一つ信頼できなくて怖いですが、慣れるととても便利です。

 

まあ文句は言ってますが、新型フォレスター、そうとう満足度は高いです。ただ、ちょっと前までは他社に比べて圧倒的な性能を誇っていたアイサイトも、マツダ車のコントロール技術には一歩先んじられてきた感があり、これからも先端であり続けられるか、微妙なところらしいですよ。自動車技術がどんどん変わっていってますからなあ。次に車を買い替えるときは、どんなことになっているのやら。いやそれ以前に買い替えられるのかしら。というような出来事もありました、つづく。

2018年9月17日 (月)

フォレスターX-BREAKに乗って ②アイサイトVer.3.0の安全性能とか

ということで、車に乗ります。

 

ドアを開けた感じ、閉める感触は、重厚感が増したように思います。走り出しても、その感覚は続き、重いボディを高くなった出力でぶうんと運ぶ印象があります。ただ、これって比較の問題でもあり、直前まで、4代目を下取りした後の代車として軽自動車に乗っていたってことも影響してるはずです。そりゃまあ軽に比べれば圧倒的なパワー感、静粛性です。

 

今回からフォレスターにはターボ車設定がなくなったんですが、私はもともとターボ車が苦手です。ずっと前にレガシィのツインターボに乗ってたんですけどね。そりゃあ踏み込んだ時の加速ときたら、背中を蹴っ飛ばされるよう、というたとえがありますけど、まさにそれ。高速の料金所を出て加速を始めた時に、うわって慌てるようなパワーが出ました。ターボが効き始めると出力が一気に上がる。この夏に九州旅行をしていた時にレンタルしていた車がターボのレヴォーグだったんですね。やっぱりこれも踏み込んだ時に、一瞬のタイムラグがあり、ぐわんとパワーが出る。これが苦手でしてねえ。自然吸気で排気量を上げてトルクとパワーを持ち上げる、今回の設定の方が好きです。

 

今回フォレスターは9月に発売された、モーターを補助的に使うバージョンもあるんですが、私の中では選択肢に入らなかったですね。まあそのあたりは好みというか、ライフスタイルの選択でもありますんで、お好きなものを。と。ただこの自然吸気の2.5Lエンジン。うん。素直でいいと思います。4代目よりどっしり走る感じですな。

 

じゃあそのどっしり感がコーナーでどうなるか。ってえと、コーナーでどうなるか言えるほどコーナーを責める走りなんかしない。この一言で済ませてもいいんですがね。私がカーブを曲がるって言ったら高速道路の進入路くらいのもんですよ。でね。そこんところで車体の剛性感を見ることが多いんですが、さすがにこのクラスの車では、シャシーや足回りに不安を感じることはないです。4代目もそれは同じでしたが、5代目になって更に安定感がました気がします。レヴォーグやXVのような低重心の車ではないので、地面に張り付いて旋回するような気持ちよさはないですが、姿勢が変わらず安定して回っていく感じですね。

 

Img_9556 さて、ETCレーンから高速道路に入りましょう。今回導入したのはETC2.0という新しい規格。ユーザー側には何がどう変わったのかよくわかりませんが、将来的にはいろいろと。きっとね。例えば、インターチェンジ近くの道の駅に行くためにいったん高速を降りて、再入場しても料金は変わりません、てなことをやってるところがあったりしますよね。これってETC2.0じゃなきゃできないらしいです。そこまでして道の駅に行く機会がどれだけあるか、ってのはありますけどね。今のところETC1.0から2.0にわざわざ買い替えるメリットは感じませんが、新規導入なら2.0を買っておいた方が後悔しないかも、という程度です。普通に使う分には、今までのものと何にも変わりません。

 

さて、高速道路に入ります。合流路って、ドキドキします、かね。奥さんはドキドキするらしいです。横から車が来てないかなあって。死角ってありますもんね。ミラーで確認した一瞬、死角に入っていて、進路変更をしようとした瞬間、横を車がぐわん、と追い抜いて行ったとか。びびりますからね。そこでオプションのアイサイトセイフティプラス。後側方警戒支援システム。硬い名前だ。まあともかく、後ろから車が迫ってきてたら、サイドミラーの内側にあるLEDが点灯または点滅して、他者の存在をアピールします。

 

Img_9452 高速道路で、常に前後左右に車がいるような状態では、しょっちゅうついたり消えたりするんで、慣れてしまいますが、快適に流しているような場合、ぼーっとレーンチェンジをしそうになったりしたときには、目の端でオレンジの光が点滅し、気が付く、ということかな、たぶん。あくまでも補助的なものですが、ひょっとしたら助けられることがあるかも的な機能です。

 

で。本線に入ります。さて。いよいよアイサイトVer.3.0の出番です。これが欲しくて、新型を買ったようなもんですからな。試しますよ。トータルのパッケージとして、ツーリングアシストって名前がついてます。0120/hの間で、アクセル、ブレーキ、ステアリングをコントロール、と。

 

まず自動ブレーキですが、自動ブレーキって言っちゃいかんのかな。50/h以下で動作し、衝突回避または軽減と言ってますが、まあここは公に謳う部分なので、かなり安全マージンを取った言い方をしてます。必ず止まれます、って言いきっちゃうと、事故回避ができなかったときに責任を問われますからね。現行モデルでの停止実験はやってないんですが、5年前の4代目フォレスターでも、30/hで停止を謳っていたものが、40/h近くまで対応できていましたから、たぶん、今度のフォレスターではそれ以上でしょう。とはいっても、その速度域で試すのは怖すぎます。これね、ブレーキを踏んじゃダメなんですよ。ブレーキを踏んだら人間がコントロールしてると判断するので、自動ブレーキは聞かなくなります。50/hで実験用の風船であっても突っ込んでいくってのは、恐怖以外の何物でもない。やめましょう。信じましょう。

 

Img_9554 アクセルのコントロール、これはつまりクルーズコントロールなんですが、昔のクルーズコントロールとはわけが違う。昔のクルーズコントロールってのは、例えば高速で80/hに速度設定をしたら、道路状況や混雑状況にかかわらず、ひたすらに80/hを維持しようとするという、けっこう邪魔臭いものでした。だってカーブでも、前に車がいてもそのまま突っ込もうとするんですから。よほど高速が空いているときでもないと使い物にならなかった。こんなもん使えるのはアメリカくらいだろう、なんて言ってました。

 

今のアイサイトのクルーズコントロールは、まず設定速度があります。合わせて、走行中の前の車の速度に追従するという機能があるんですね。例えば80/hに設定をしてあると、前に車がなければそのまま走り続けるし、前に車がいれば、080/hまでの間の速度で上下して、前の車について行く。もし前の車がもっと早く走っていて、それについて行きたければ、設定速度を上げる、と。そういう動きになります。この設定速度が、今までは114/hが上限だったのが、新東名の最高速度が上がったのに対応して、120/hまで設定できるようになっていますが、まあそれはたいした進化じゃありません。進化したのは、速度が落ちた時の対応です。

 

Img_0585 今までのアイサイトだと、渋滞時にいったん完全に停止してしまうと、この自動追従モードが解除されていたんです。のろのろ、停止、のろのろ、停止。このパターンって一番かったるいじゃないですか。一番かったるいところで、自分でブレーキとアクセルを踏んでなきゃいけないことになってたんです。ところが新しいアイサイトVer.3.0だと、完全に停止しても追従モードがそのままなんです。停止すると、数秒後に自動で電動パーキングブレーキが動作して、完全停止します。前の車が動き出したら、軽くアクセルを踏むとパーキングブレーキが解除されて、前の車について行きます。

 

酷い渋滞の時だと、こうなりますよね。前の車が止まる。ブレーキを踏む。停止が長引く。脚を離したくなってギアをPに入れてパーキングブレーキをかける。前車が動き出す、慌ててギアを入れパーキングブレーキを解除し、前に追いつき、またブレーキを踏み、さて今度はこのままにしておこうと思うと、3分経っても動かない。疲れてギアを戻して(ループ)、これが酷い時には何時間も続くわけです。家族はみんな寝てるし、そういえばそろそろトイレにも行きたいし、疲れたし。ああああああ。壊れそうですよね。

 

ところが。新しいアイサイトVer.3.0だと、前の車が減速し始めてからも自分は何もしなくてもいい。前の車が動いたことを確認したら、アクセルをポンと踏めば、ついて行き、そしてまた勝手に止まる。これだけです。適当にお茶を飲んだり、姿勢を変えてもいいし、なんだったら止まってる間はTVを観てたっていい。止まってる間だけね。これ、疲労感がすっごい違います。

 

とはいっても。とはいってもですよ。似たようなことなら、4代目フォレスターの後期型ならできてたよ、ってことはあります。こないだ、九州旅行に行った時のレヴォーグも電動パーキングブレーキでしたから、パーキングブレーキを引くって動作はいりません。が、です。渋滞時には速度の自動追従機能だけでは十分ではないんです。

 

そこで、ステアリング制御です。新型フォレスターは区間線認識、つまりセンターラインを認識して、車の位置を車線の中央に維持します。車線が見えないところでは、前車を認識してついて行きます。つまり、渋滞中にも左右に寄っていくこともなく、きっちり前の車について行くんです。やるやらんは別にしてですよ、渋滞中にサンドイッチとあったかいコーヒーを両手に持って、飲み食いすることだって問題なく可能です。やるやらんは別にして。

 

Img_9564 じゃあもう自動運転じゃん。そうなんですけど、そうでもない。この運転支援モード、0120/hの間で動作しますんで、普通に巡行しているときも問題なく動作します。が。運転支援なので、ハンドルに適度な入力がないと、警告が鳴ります。ハンドルに荷重をかけないで、軽く支えているだけだと14秒くらいで警告が鳴り、その後、どんどん間隔が短くなっていきます。ハンドルに手を添えているとはいえ、最終的にどうなるかまでは試せないので、やっていませんが、やらないほうがいいでしょう。

 

また、片側2車線の道路で、走行車線を走っているときには、任せっぱなしではちょっと危ない。というのは、ICSAなどでの合流があるからです。合流してくる車があることは、警戒支援システムが警告してくれるかもしれませんが、よける機能はついてません。3車線道路であれば、2車線ある走行車線のうちの右側、道路の中央車線を走るのがお勧めです。

 

確かに運転は楽になりますけど、自動運転というのとは少し違う。感覚としてはそうですね。今の車ってよくできてますから、ステアリングに軽く手を添えていれば、直進する。その安定性が拡大している感じです。左右にふらつくことがなくなる、という感じ。自動運転と言えば、やはり高速道路のゲートをくぐることから分岐を適切に選んでいくこと、PAで空いている場所を見つけて駐車し、目的のICで降りて、信号で止まり。やっぱりそういうことを考えると、まだまだって気がします。

 

とはいえね。盆暮れ正月ゴールデンウィーク、あのうんざりするような渋滞の列に飛び込んでいかなきゃならんとしたら、この運転支援システム、大いに役立ちそうです。あとは、車の中にトイレがあれば完璧なんでしょうけどね。いやあ、あっても車の中でトイレを使いたくないわ。

2018年9月 4日 (火)

フォレスターX-BREAKに乗って ①装備品関係

Img_0438 さて。新型フォレスターが納車されて1か月がたちました。さすがにまだ近所で見かけることはありませんが、高速などを走っていたら、ちょいちょいお見掛けするようになっています。ということで、1か月乗ってみて、の感想などをつらつらと。

 

まず乗ってみて感じたこと。臭え。いやまあどうしようもないんだろうけどさ。このいわゆる「新車の匂い」ってやつですけどね。まあ新車らしいと言って喜ぶ方もいるんですが、臭いって結局、分子が鼻腔の中の嗅覚器にくっついて感じる。うん、つまり新車の匂いって、化学物質が飛んでるってわけでしょう。接着剤とか、あとは素材の匂いですかね。これさあ。なんとかなんねえのかな。吸い込んじゃうわけだから。身体に有害とまではいかないのかもですが、いや臭いってだけで害だわ。はい、フォレスターの感想じゃねえです。次、行きます。

 

全体のことですね。はい。ちょっと納車の時の感想と重複するところがあります。まず見た目ですが、フォレスターは旧型に比べてわずかに大きくなっています、2㎝とか3㎝とかいうサイズなので、全体からすればさほど変わったというわけではないです。が、微妙なデザインラインのせいなのか、かなり大きくなったように感じます。以前乗ってた2代目フォレスターなんか、むしろコンパクトな車ってイメージがあったんですが、5代目になると、大きめのSUVとさえ感じます。

 

Img_9578 全体の形は大きく変わったわけではないので、納車されるまでは写真を見てても4代目との違いがよくわかりませんでしたが、実際にはボリューム感が増した感じがしますわ。取り回しもデータ的にはほぼ変わらないはずなんですが、ちょいと大きいって感覚がちょいとハードルを上げます。

 

X-BREAKはオレンジの差し色が特徴的で、若々しさを感じますが、乗っているのは完璧なおじちゃんなのでそのあたりはどうなんだ的な感想をお持ちになられるかもしれません。まあいい。ちょっと目立つので、高速のSA辺りで探すときに判りやすいです。屋根の上のルーフレールは、X-BREAKでは標準装備ですが、まあこれはあってもなくてもいい。昔、ルーフレールに荷物を載せたこともありましたが、今は面倒なんでほとんどやりません。飾りです。でも、目印って意味では役立っています。

 

Img_0441 Img_0443 サイドミラーですが、SUVは車体周りの死角を無くすため、補助的なミラーを付けることを義務付けられています。ボンネット助手席側前のほうに小さなミラーが付けられてたりします。ちょっと不細工です。4代目フォレスターではその不細工なミラーを無くすため、助手席側ドアミラーの下に、ちょこんとイボのような形の、ドアミラー下を映すミラーを付けてました。でも、やっぱり少し不細工。ところが今度のフォレスターはそれがない。

 

実は助手席側ミラーの下にカメラが仕込まれていて、車をバックさせるときには補助モニター画面に助手席側の下の地面が映るようになっているんですね。実用性は、4代目の小さなミラーよりは高いと感じてます。

 

ところでこのサイドミラー、スバル車はずっと自動格納の機能を付けるのを渋ってきました。なんでしょうねえ。4代目フォレスターを買った5年前には、もうすでに各社、エンジンを切ると同時にサイドミラーは自動で格納されていましたが、フォレスターにはその機能はなく。結局アフターパーツでその機能を追加しました。今回は、最初から自動格納機能がついてます。些細なことですが、ありがたい。

 

ミラーと言えば、ここ。バックミラーですが、ここにも科学の力が。これってよくある防眩機能じゃなくてですね。実は液晶モニターが仕込まれてます。フォレスターのようなSUVなんかの場合、例えばキャンプに行きますわ。荷物積みますわ。そうするとですね。まあうちみたいな二人家族ならいいですけど、4人家族ともなると、カーゴルームの天井まで荷物を積み上げてることもよくあるんです。ただあれ、バックミラーが見えなくなるので、ちょっと怖いです。

 

そこで車のリアゲートの内側にカメラを仕込んでます。荷物をぱんぱんに積んだ時にも、後ろを確認することができます。この液晶モニターへは、ミラー下のレバーを引くことでスイッチが入ります。防眩ミラーってあるじゃないですか。あれをやる感覚です、ミラーの角度が変わって、実際のミラーは天井を映しつつ、液晶画面が出る。そうすると、明るいときは特に、液晶画面の上に、実際の天井が映り込んで影のように見えます。これもちょっと残念な感じ。仕方ないんでしょうけどね。まあ、私はそこまで荷物を積み込まないので、使うかどうかは微妙ですがね。やはり長年染み込んだバックミラーでの見え方との違いで、違和感が出ます。

 

今回の発注では使うかどうかわかんないものも含めて、安全装備を詰め込んでいます。メインのアイサイトについては、また後日に語るとして、それ以外のものを。

 

カメラ関係では、フロントにもカメラが仕込まれています。これは、例えば小道から顔を突き出したときにも魚眼レンズで、左右を見通してくれる、というものですが、これはあまり役に立つことは期待しませんでした。魚眼レンズは歪みが大きい分、遠近の感覚がつかめない。使ってみても、やっぱり使いどころがわからんです。これで確認できるものは、地べたを歩いてくるゾウガメくらいで、車をこれで確認していると、あっという間にもうすごい近くまで寄ってきています。車いないなあ、なんて発進させちゃうと、ぶつけます。

 

Img_0501 今回初めて、車の前後に衝突防止のセンサーを付けました。正確には後ろは標準でついてくる。前面にオプションで付けました。これ、特に後ろのセンサーが優秀で、ブザー音とともにサブモニターにどの程度まで近づいたか、画像で表示してくれます。実際は、それに頼っているわけではないんですが、まあこういうものは、自分の感覚を確かめてくれるものとして、安心の材料にはなりますね。己を知る、っちゅうんですかね。過信はいかんよ、ということです。

 

ところで、バックするときのリアモニターですが、これはさっきのバックミラーの液晶画面とは別に、ナビの画面に出てきます。今回のナビはメーカーオプションのパナソニック。画面がでかいことや、サブモニターとの連携機能が豊富ということで、これ。画面がでかくて文字情報が大きい。これは助かります。瞬間的な視認性が大きく向上しました。ただモニタがでかくなったからというわけではないんでしょうが、解像度というか鮮明さが低い気がします。バックモニターとしても今一つ、はっきりしない。バックするときには、車の向きを示す補助線、ハンドルを切った状態に合わせて、そのまま進む位置を示す補助線などが出てくるので、駐車が苦手な奥様にはありがたい装備です。

Img_9555

ナビとしても、ボタンが大きくわかりやすいので、使いやすいと感じます。ただ比較しているのは5年前のパイオニアのサイバーナビなので、世代が違うと言われればそこまでですが。走行中は操作できないのが基本ですが、ハンドルの脇に切り替えスイッチをオプションで付けているので、走行時にも操作はできます。もちろん運転者が走行中にルート設定なんかできないんですけど、ちょっと拡大したいときなんか、画面をタッチして指で広げるだけでいいのはありがたい。


 

Img_0439 その他の装備で地味にありがたいのは、シートのポジションメモリー機能ですか。4代目フォレスターの頃からシートの位置合わせは電動で、まあ手動だってポジションくらい合わせられます。ただ電動になれるとけっこう便利なんですね。うちは遠出の時に奥さんが運転を交替してくれるんですが、女性としては大柄な法の彼女でも、私とはかなり体格が違います。うん、私の方が脚が短いしね。運転してもらった後にポジションを合わせなおすのが、面倒くさい。というか合わせ直したけど、これほんとに合ってるのってことがあります。ほら私って超鈍い人じゃないですかぁ。物覚えも悪いしぃ。

 

ところが、ポジションメモリー機能では、ボタン1と2にそれぞれ違うポジションを記憶させることができます。奥さんが運転席に乗り込むと、ボタン2を押すと奥さんのポジションに。サイドミラー位置まで一緒に合わせてくれます。交替すると、ボタン1で私の元のポジションンに。これは地味に楽な機能です。

 

後は4代目フォレスターの初期型になかった機能としてはUSB給電ができるようになってますが、まあね。給電するほど長く乗ることはめったにないです。

 

Img_9583 地味な改良としては、自動で開閉するリアゲートの開閉速度が上がってます。とんでもなく速くなったわけではなく、ちょっと速いじゃんって程度ですが、ちょうどいい感じになりました。あ、ただね。以前の電動リアゲートもそうでしたが、時々誤動作します。誤動作ってか、動作しなくなるってか。操作間違えたかと思ってドキドキしますが、タッチしてもゲートが開かない。これはどうも誤動作。ここは何とかしてほしいですなあ。

 

あ、普段は使わない機能で、あまり意識しないかもですが、フロントボンネットの開閉ですが、4代目フォレスターはダンパーで支えてくれていましたが、5代目は普通のつっかえ棒になってしまい、ちょっとしたコストダウンなんでしょうけど、高級感がなくなったのは残念です。

 

とりあえず今思いつく装備関係の使い心地ってそんな感じですかね。次回はアイサイトVer3.0も含めた走行性能について。です。大したことは言わねえよ。

2018年8月27日 (月)

博多はうどんだろう

Img_0024_4 それでは福岡です。

 

長崎から高速を使って一気に福岡に向かいます。ほんとは、糸島とかTwitterで見るあたりの素敵なサイクリングコースも走ってみたいんですが、時間がギリ。今日はレンタカーも返却しなければいけません。ゆったり感がねえというか、時間に追われるというか。詰め込みすぎですな。もう少し日程をとれればいいんですけどね。白猫と三毛猫が留守番してると思うと、あまり長い旅ができねえです。

 

さて。福岡。福岡市と博多って何が違うのよ。別の街なの、という程度の認識ですが、そんな私でも知っていることがあります。博多には屋台街がある。というか、奥様はむしろ「博多の屋台街」に行くために九州に来たかったらしい。テレビでねえ。よく見ますよ。博多の屋台、白熱灯(色)のライト、赤ちょうちん。温かな年配の主人、笑いあうサラリーマン。新橋のイメージより、もう少し遊園地的な感じですかね。たーのしそうー。

 

Img_0021 Img_0022 とりあえずホテルに荷物を置いて、中洲の屋台街に繰り出しましょう。今日のホテルは法華クラブ福岡。ビジネスホテルの中ではちょっと品がいいイメージです。普段安いビジホしか使えないですから、このささやかな高品質感がなんとなく嬉しいのです。法華クラブ福岡のお部屋は、ビジネスホテルとしては十分な広さ。それになにより、バスルームが臭わない。いや、コンフォートホテルの名誉のために言うと、コンフォート前橋は臭わなかったし、とても快適。臭ったのはコンフォートホテル長崎限定の話です。

 

Img_0026 ともかく。中州だ中州。まだ明るいけど、暗くなると混んでくるのは目に見えてます。屋台なんて席の数が限られているんだから、早く行くに越したことはない。奥さまは事前のチェックで行きたいお店が決まっています。それも、やっぱりハシゴしたい。まず一軒目は「やまちゃん」です。ここはラーメンのほか、牛すじ煮込み、串焼き、牛タンなど。私の付いた時刻はまだ明るい6時ごろでしたが、既に店は満席。でもお兄さんの案内で、すぐ席が空きますよ、と。確かに10分も待たないで入ることができました。

 

博多ラーメンと長浜ラーメンはもともとは別のものだったらしいですけど、今は入り混じっちゃって、よくわかんなくなってるみたいですよ。白濁した豚骨スープ、極細ストレート麺、紅しょうがのトッピングなど同じですもんねえ。もうこうなってくると店ごとの違いの方が大きかったりします。と言っても、何軒もラーメンを食い歩けるような腹はありません。

 

Img_0038 Img_0032 とりあえずレモンサワー。そしてすぐに出てくる牛すじ煮込みを頼みます。次、なに食おうかなあ。ってメニューを見るんですがね。テレビだとあれもこれもっていろいろ変わったものがあるじゃないですか。うん、あっちの店、こっちの店って映像を重ねてくるからね。でもね、屋台なわけですよ。厨房もなにも、屋台スペースでやるわけですよ。そんな食材、道具をそろえられるわけじゃない。

 

ああ、博多の屋台はきちんと営業スペースとして排水や給水、電源などを確保しています。だからタイの屋台みたいに水を溜めた洗面器で食器を洗ったり、ぬるくなった肉を地べたで焼いたりするわけではありません。衛生面で心配することはないでしょう。だけど大型冷蔵庫があるわけではないし、コンロも何口も用意できるわけではない。となると、一つの屋台ができる料理には限りがあります。ビールサーバーも置けないし、グラスを冷やしておくこともできない。レモンサワーを注文すると、横においてある発泡スチロールの保冷箱から-196℃を出してきて、氷の入ったグラスに注ぐ。まあ、普通の居酒屋さんでも同じようなことをしてるところは多いはずですが、目の前でやられると、うん、これがいくらで、とかは考えます。

 

Img_0053 屋台の料理ってけっして安いわけではない。むちゃくちゃ高いわけでもないけど、ちょっとお高め。牛筋煮込み700円。焼き鳥5本で1000円。ちょっとだけ高い。焼き鳥かあ。まあ焼き鳥は食わなくてもいいかな。うーん、ってメニューを眺めます。うーん。いざ来ると、なかなか食いたいものがないものだね。とりあえずラーメンは食っておこうよ。でも、一人一つではもうおなかがいっぱいになるから二人で一つ。

 

さてと。どうしようかな。じゃあ次に行くか。つまりですね。屋台って長居するところじゃない。これ、基本は立ち飲み屋とかと同じと考えた方がいい。ゆったりくつろぎながら、おいしい料理を食べ、楽しく語らう。それはまた別のお店の役割。ああ、だから案内のお兄さん、すぐ空きますよと言ったんだな、と納得しました。その後も省ちゃん、風来坊と河岸を変えました。

 

この日の博多は酷暑も緩んで、夕方が生暖かいていどでね。川沿いのそぞろ歩きも夏の風情を楽しむ余裕がありました。

 

Img_0059 あ。やっぱり外国人、やたら多い。おおむね屋台の中の半分が中国人、まれに韓国人。欧米系の外国人は、外から見物してる感じの人が多かったですかね。そして残りの日本人も我々のような観光客。まあなんだつまり。博多の屋台もすでに観光資源なんですわ。地元の店の雰囲気と味を楽しむなら、むしろ街の中のお店の方がいいのかもしれません。法華クラブ福岡まで歩いて帰る途中にあったお店を眺めながら、そんなことも考えました。

 

ところでね。法華クラブ福岡推しなのには理由がありまして。まず臭わない。まあそれはともかく。清潔感がある。でね。大浴場があるんですよ。さすがにいろいろと問題があるので写真はとってませんが。ビジネスホテルのバスルームってねえ。バスタブがありますけど、みなさんお使いになりますかね。私は使わないです。お湯をはるのが面倒ってのもありますけど、あのシャワーカーテンがね。気持ち悪くて長くいたくない。ほらシャワーを出すと、その気流に巻き込まれてシャワーカーテンが内側に寄ってくるじゃないですか。そんでぺたっと体に張り付く。ああ気持ち悪い。おまけに、あの体を洗った後の浴槽のお湯が抜けるまで待つとか、面倒くさくてしょうがない。

 

ビジネスホテル自体は気楽で好きなんですけど、バスだけは嫌だな。そこを解決してくれるのが、最近増えている大浴場付きのビジネスホテルです。有名どころではドーミーインとかスーパーホテル、アパホテル。アパホテルもスーパーホテルも、まだ泊まったことがないんですが、ドーミーイン高崎。ハルヒルの時に使ったんですけどね。なんかやたらと高かったなあ。ふたりで22000円だったかな。ビジホの値段じゃねえよ、と思ったのは覚えてます。お風呂は、よかったんですけどね。

 

Img_0066 ともかく。法華クラブ福岡の大浴場は地下にあって、地味ですけどね。部屋の狭いバスルームを使わなくて済むだけありがたい。

 

朝食バイキング1200円もビジネスホテルとしてはかなりの充実ぶり。福岡名物の胡麻サバもあれば、明太子もある。和定食でご飯をモリモリ食べたくなります。白飯はそんなに食べないですけどね。今回の旅で、気持ちの良いホテルの№2です。あ、一番は当然、心乃間間です。値段が違う。45000円と比べちゃいかん。しかしそうするとコンフォートホテルは高かったなあ。

 

さて。帰りますが。まだ食ってないものがある。福岡と言えばうどんですよ。ラーメンじゃない。うどんです。福岡のうどんと言えば、ふんわりもちっとした麺とすこし甘さの入ったあご出汁のつゆ。ごぼ天ですわ。武蔵野うどんも大好きですが、その次くらいに好きなのが博多うどんです。まあだから、個人的な日本三大うどんと言えば、武蔵野うどん、博多うどん、大阪うどんでしょうなあ。その後に続くものとして讃岐うどん、あとはまあ水沢うどんとか稲庭うどん、伊勢うどんや五島うどんなん、氷見うどんてものもあるらしいですけどね。最後の3つは食ったことないです。あくまでも、私好みの三大であって、消費量とか認知度とかは知らんです。ああ、きしめんやほうとうはうどんではなくきしめんの一番、ほうとうの一番だと思ってます。

 

博多うどんを関東で食えるお店として、博多うどんチェーンのウエストが一時期、関東でもがんばっていたんですけどねえ。3年程前かな、ほぼ撤退してしまいました。超残念です。ともかく、ウエストももちろん福岡で食えるでしょうが、ここは個人店に行きたい。

 

Img_0070_2 Img_0075_2 ということで、博多駅近くのうどん平。飛行機までの時間があまりなかったので、開店時刻前に着くようにしたんですが、それでこの行列。わお。そんで並んでいる人の1/3は外国人、やっぱり主に中国人。インパウンド恐るべし。あるいはインターネット恐るべしですよ。どんな小さな観光名所にもやってきます。

 

うどん平の肉ごぼう天うどん。ウエストよりつゆの甘味が弱く、好みとしては馴染んだウエストの方が好きですが、ごぼ天の衣のばりっとした感じはこっちかなあ。今回行けなかった別のチェーン店牧のうどんも行ってみたかったなあ。歳をとると食べる量が限られてしまうのが残念ですなあ。とはいえ、旅行を終えた私の身体はしっかりと2㎏の脂肪を蓄えておったのです。

 

知ってると思いますがね。4日で増えた脂肪は、4日じゃあ減らないのよ。まあしゃあないですわ。美味しかったからね。今度はどこでふくよか活動をしましょうかねえ。

2018年8月22日 (水)

軍艦島に行ったあと長崎でなに食おう 長崎ちゃんぽんだよな

Img_9876_2

ああ、長崎に向かう前に、阿蘇の草千里は見ていかなきゃならんです。まあ見るだけだけどね。うん。それから熊本市で食った太平燕(たいぴーえん)。豚骨ラーメンに似てますが、麺が春雨。熊本の名物らしいです。えーっと、麺が春雨の豚骨ラーメンの味です。まあそうだわね。いやさて。大急ぎで食って、フェリーふ頭に向かいます。計算だと、乗船時間ぎりぎり間に合うはず。いっけえ。

 

間に合いました。あっぶねえ。高速フェリーで長崎につき、雲仙普賢岳を横目に見ながら、長崎に向かいます。雲仙普賢岳も我々の世代だと、あの強烈な噴火が記憶に残ってるんですが、今回は立ち寄る暇がありません。ひたすら長崎に。

 

長崎ってえと、まあ出島だとか中華街だとか、いろいろあるんですけどね。奥さまが一番行きたかったのは軍艦島。なぜか軍艦島に前のめりです。まあね、私もちょっとはなつかしさって感じがね。あります。もちろん軍艦島に住んでたわけじゃなく、テレビで観る軍艦島の生活、昭和の高度経済成長期を思わせるわさわさした風景には郷愁を感じるってことですがね。

 

Img_9904 ただ長崎ってことで言うと忘れちゃいけないのが、被爆地としての長崎。これはねえ。行かなくても見なくても、もう十分につらいから行きたくねえ見たくねえ場所です。ただね。やはり日本人として見ておかねばならん場所だと思います。覚悟を決めて、行ってきました。いろいろとね。そうですね。知覧の特攻の記憶とともに、大変に苦しい経験でありました。

 

さて。それはそれ。ホテルに荷を置いて、飯を食いに行きましょう。泊まっていたホテルはコンフォートホテル長崎。コンフォートホテル長崎。んー。コンフォートホテルって前橋に泊まったことがあるはず。悪い印象はないです。

 

ちょこっと話がずれますが。ビジネスホテルの印象が悪いところって、まず臭い。たばこ臭かったり黴臭かったり。それからもちろん部屋が薄汚れてる。例えば壁紙の一部がはがれたままだったり、水回りの掃除の跡が残っていたりとか。暗い。部屋が狭い。まあそれらの多くは値段なりなんですけど、同じ値段、同じ立地でこんなに違うんだ、ってのはありますよね。

 

Img_9909 そこらへん、出張族の皆さんのデータベースが欲しいところですよ。で、コンフォートホテル長崎。見た目は悪くないです。部屋は広いし、ベッドも広い。どこだっけな、奥さんに付き合ってもらって自転車遠征したときに、ダブルベッドの二人部屋しかとれなくて、しかもこれセミダブルだろうってくらいベッドが狭くて、二人ともすっげえ気を使って眠れなかったことがありましたけどね。その点、コンフォートホテル長崎、広いです。足元で荷物を広げるスペースも十分以上に取れます。問題は、トイレが臭う。いや、特段不潔だってことじゃないです。ただバスルームの換気が換気口頼りなんですよ。換気扇じゃない。こもるんです。湿気も臭いも。黴臭いような、尿臭いような。なんだかほんとに場末の古いビジネスホテルのようなにおいがする。部屋を変えてくれないかって言ったんですけど、全館同じですって言われました。ぜんぜんコンフォートじゃねえなあ。まあ、お安いんですけどね。

 

ま、しょうがない。あまりバスルームを開けないようにしましょう。で。何を食うかですがね。

 

ここんところいうまでもなく食いっぱなしです。私はこの食う活動を、ふくよか活動と称しておりまして、ほらなんとなく儚く優しげではありませんか。しかしですよ。ふくよか活動を続けたいと思っても、胃の中に何となく昼に食った太平燕の豚骨スープが残っている気がするんですよ。さすがにもう長崎ちゃんぽんはねえなあ、と。

 

Img_9911 Img_9918 まあじゃあ地のものが食える居酒屋にでも行こう、と。ホテルの近くを検索していたら、お任せで料理を出してくれる福来魚(ふくらぎ)というお店を見つけました。注文はお任せ。お任せいいねえ。お好みだとどうしても自分の知ってる料理、例えば唐揚げとかね。焼き魚とかね。なっちゃうもん。

 

この日はお盆の前ということもあって、たまたま他のお客さんは一人しかおらず、ご主人と明日行く予定の軍艦島の歴史などを話したりしながら、おいしい薩摩焼酎をいただきました。魚うめえなあ。おひとり様6000円。

 

さて。軍艦島に行こう軍艦島。まあ今更なんですが、軍艦島は軍艦とは関係ないです。島の形が軍艦に似てるってだけで。もちろん栄えた時期は戦争の時代とも重なってますけど、要は島をベースにした炭鉱です。炭鉱ですから、石油が産業の中心となり、石炭が求められなくなった時代に、一気に閉山しています。夕張炭鉱やら三池炭鉱、その他の炭鉱で栄えた町と同じですが、ここの特殊性は、場所が島だったってことですね。小さな島の上にたくさんの人を乗せるために高層建築が立ち並んだ。その風景が、郷愁を誘うんでしょう。ただ、人がいなくなった街はあっという間に朽ちていきますし、まして海風にさらされ続けている。常に崩落しているような場所ですから、勝手に立ち入ることはできません。

 

長崎市が許可を出している観光ツアー以外で、軍艦島には上陸することができませんし、それだって入れるのは危険が少ない限られた管理道路だけです。軍艦島に行くツアーは何社かから出ているようですが、船の大きさやツアーの内容なども少しずつ違うようなので、よく調べましょう。私は奥さんに任せているので、大船に乗ったつもりでどんとこいです。

 

Img_9941 Img_9940 というわけで、今回奥さまが選択したのはやまさ海運という会社の軍艦島上陸周遊コース。ネット予約でチケットはとっていたものの、実際は窓口で申込書を渡さなきゃなりません。とはいえネット申し込みだと4200円の料金が最安3300円まで値引きがあるので、お得です。座席は早いもの順なので、受付に一番で行ったもん勝ちです。うん、一番乗りしましたよ。てかまあ、たまたま朝早く行ったら、受付一番になっただけですが。せっかく一番になったので、その後、すぐに桟橋に向かいます。ほかにはまだ誰もいません。なぜなら。なぜならとっても暑いから。あほみたいに暑いからです。しかし、せっかくの一番なので20分前から桟橋に並んで待つことにします。くそ暑いです。

 

船にはエアコンのきいた室内と、デッキ席があり、右側がお勧めということなので、室内右側見晴らしのいい席を確保します。まあ、これは良し悪しで。船の窓ってそんなに透明度が高いわけでないので、気候さえよければデッキ席の方が気持ちいいと思います。

 

ま、ともかく。船内スタッフ、なんかこういう観光船にありがちな緩い感じではなく、けっこうちゃんと安全管理に目を配ってます的なしっかりした運営をしてます。さすが軍艦島です。なにがさすがか知らんけど。船内では軍艦島の歴史DVDが流され、運航が開始されてからも長崎港の様子、見えるものを丁寧に説明してくれるので、なかなか興味深い。前のほうに欧米系の外国人の方が乗ってましたけど、残念ながら英語のアナウンスはなくて、困った感がありました。ここは運営の頑張りどころでしょうなあ。

 

船に乗ってるのは片道30~40分ですかね。軍艦島上陸後はお休みどころもトイレもないので、帽子をかぶってトイレも済ませておくよう、丁寧にアナウンスがあります。日焼け止めもしっかりしておいた方がいいですな。日影がない。あ。日傘、禁止です。

 

Img_9991 Img_9967 まあとにかく天気が良くて、海が青くて、くずれかかったビル群の間から伸びている植物がラピュタ間を醸し出しています。ぜひラピュタに出ていたロボットを置いていただきたい。ロボットに管理をさせていただきたい。まあそんな妄想をしながらですね。限られた管理道路を歩き、ポイントポイントでガイドの方の説明を受けます。そこしか歩けないの、って感じもしますけどね。実際見ると、あっちこっちも崩れかかっているので、十分ですよ。危なくてしょうがねえ。

 

あんなビルの上、洞窟軍みたいになっているところで、男たちが石炭を掘り出し、女たちが生活し、子供たちが遊び勉強していたんだなあ、と。昭和の時代に思いをはせます。

 

Img_0012 Img_0013 さて、終わった。飯だ飯だ。飯を食おう。昨日はとてもちゃんぽんなんか食う気になれなかったんですが、一晩おくと腹が減ってきました。やっぱそうなるとちゃんぽんと皿うどん、食うしかねえ。あちこち探して、こちら。観光客でにぎわう四海楼で。まあちゃんぽんと皿うどんですよ。うん。まあ。どうもこうもねえ。ちゃんぽんと皿うどん。あ、すごい混んでますけど、意外と回転が速いです。みんなちゃんぽんと皿うどんですもんね。加えて、観光客慣れしてるのでオペレーションがいいんでしょう。まあ悪い選択じゃないです。


 

Img_0110 Img_9906 ついで。長崎土産には埠頭近くで津田水産という干物屋さん。で、かなり大量に買い込んで、送料込みで5000円。これはお勧め。美味しいし。またさらに近くにある文明堂総本店のかすてら。東京の文明堂とは違う会社らしいですよ。発祥は同じようですが。長崎ならでは、って感じがしませんかね。しかも二つの店が近くて便利。うん。いい買い物をした。

2018年8月19日 (日)

南阿蘇村 心乃間間(このまま)は大人の嗜み

Img_9768 阿蘇に向かうです。

 

奥ちゃんに今日の晩ごはんなにって聞いたら、フレンチっていうので、がっかりして魚を食いたいって言いました。

 

さて。ということで、鹿児島市内にいったん戻りましてね。とりあえず桜島見たい。桜島。いや、きのうも欠片くらいは見かけたのだけど、ばたばた動き回っていたので、落ち着いて見られてない。桜島みたい、鹿児島に来たんだから桜島。というわけで、桜島に向かうことにしました。しかし夜には阿蘇にいなきゃならない。かなりバタバタ。でも鹿児島港から桜島まで20分おきにフェリーが出ているということで、ちょいとフェリーで往復したれ。ということです。

 

行ったからといってどうということはないけれども、行かないと後悔する。きっと。というわけで。おお桜島だ。と言ってもやはり桜島についたからと言って何かあるでもなく、今この瞬間に噴火を始めたらそりゃあ怖いわな、と。上の方がかすんでいるのは雲か噴煙か。素人さんにはよくわかりません。とりあえず降りた場所にあった酒屋さんで記念のおすすめ焼酎を買いましたら、埼玉のベルクというスーパーに普通に並んでいたので、まあそれはそれで話のネタになるかという前向きの捉え方ができるので、SNSとブログ偉大。

 

Img_9778 Img_9783 さて。飯。魚食いたい。検索したところ鹿児島の水産市場の中にある市場食堂が一般にも開放されているらしい。これは食っておこう。ああもちろん鹿児島ラーメンという手もあるにはあるけど、やっぱり九州に来た以上は魚を食わんわけにはいかんばってん。これ言うと奥さんに変な言葉使うと九州の人に恥ずかしいよ、と叱られます。

 

で。市場には新港食堂と市場食堂という2店が並んでおりますが、特に理由もなく、今回は市場食堂に。いや、そもそも次回があるのかという問題はさておきまして。とにかく市場食堂。ああ、お寿司もあるのか。そりゃあ生魚を食うなら寿司もありだな。煮魚もいいけど、寿司はいいな。うん。寿司。あ、でも市場の食堂と言えばアジフライ定食も食いたい。冷凍ものじゃないふっくらとしたアジで作ったアジフライの定食。捨てがたい。

 

Img_9784 Img_9785 となると、寿司を頼んで、アジフライは単品で追加しましょう。奥さまはバラチラシを頼んでおります。

 

寿司ですが。江戸前鮨の基準で計ってはいけません。まず寿司屋ではないです。市場食堂の寿司のランチです。しかも鹿児島水産市場。鹿児島。江戸前からはるかに遠い南国。つまり、味付けの好みが関東とはだいぶ違います。まず酢飯ですが、甘い。関東のように赤酢だけで作った、さっぱりとしたものではない。さらに醤油。九州のしょうゆは甘い、と言いますが、まさにそれ。魚は熟成して身がとろんとしたものではなくて、まだ硬直が解けていない新鮮なもの。こうなると、これはどっちがいいとかではなくて、南国鹿児島でこの地の好みに合わせて生まれた味。鹿児島ならではの寿司である、と。サーモンは鹿児島産じゃねえな。しょうがない。日本全国サーモンは席巻していますからな。満足です。

 

さて。阿蘇に向かうんだった。鹿児島終わり。熊本へ向かう。阿蘇。

 

高速道路を熊本でおりて、豊後街道を阿蘇に向かいます。が。阿蘇の外輪山の手前で、豊後街道は寸断されてます。そうです。熊本地震から2年が経ちましたが、まだ完全には復旧していないのです。レンタカーのナビでは寸断された道路状況がよくわからず、とんでもなく行き止まりに案内されます。グーグルナビを合わせて使い、迂回迂回を重ねて、ホテルのある方向に向かいます。が、そもそもホテルのありかがよくわからない。電話番号でも住所検索でも出てこない。おい。

 

今日のお宿は「心乃間間(このまま)」というところですが。どうやら隠れ家っぽいお宿らしいよ。ポイのはいいけど、ほんとに隠れてるんだよ。車一台がようやく通れるような小道を、ナビが案内していきますが、もしここで対向車が来たらどうにもならんだろう、という極限の小道。ホテルねえじゃん、もうおいちゃん泣きそうだよ。とつぶやきつつ車を走らせていると、奥さんが「看板あった!」と。ええ、全然見えなかったよと返しつつ、バックして戻ると、A3サイズ程度の茶色い看板が、茶色の草むらの中に立ってます。おい。目立たせないなら看板じゃねえよ。とりあえず行くけどよ。

 

さらに小道を上がっていくと、駐車場らしき場所が見えました。てか、そもそもここにも何台も停められないだろう、と思いつつ、この裏口じゃなくて、正門はどこだよ、と。とホテルのスタッフが荷物を下ろしに来てくれます。ここ以外の入り口はあるんでしょうか。はい、そこだけになります。っておい。完全に隠れ里です。みなさん、こちらに来る際に不安になるかもしれませんが、ここはそういう場所です。諦めてください。

 

Img_9825 Img_9793 しかしね。まあしゃあないですわ。という気にさせられるお宿です。ただハードルもありますな。完全禁煙で、それから大人専用です。うちみたいな上品な初老の夫婦にはありがたい。うむ。上品だからな。宿の進入路のところで、気取ってんじゃねえよわかんねんだよ入り口が、などと言ったりしたことはありません。

 

Img_9809 Img_9805 今回のお部屋はメゾネットタイプで、一階にリビングとお風呂、二階が寝室になってます。しかもお風呂は内風呂と露天、二つが付きます。まあ二つ同時に入るんかい、ということはあるかもしれませんけど、なんか豪華じゃん。ごーうかじゃん。ねえ。で、ね。このお風呂の水、というかお湯が美しい。

 

ぼかあ温泉マンじゃねえので、うちだってお風呂マンじゃなく、銭湯は好きだけど、別に湯船になんかつかんなくてもいい。サウナと冷水風呂があればいい。すっきりしたいだけなのよ、と。そうなるとですね。硫黄の匂いのする白濁したお風呂とか、黄色い塩水風呂とか、そういうのには全く興味がなく、いやあこのお湯、とっても柔らかい、ほら入っただけで肌がつるつる、とかはどうでもいい。それよりは透明感ですよ、透明感。

 

ここのお風呂、青いの。ほら湧水とか。透明感の高い池とか。青く見えるでしょ。あれです。お湯なんだけど清冽な透明感。薬効成分がどうたらとか、どうでもいいの。この透明感が私にはとんでもない極楽感をもたらしてくれます。できることなら柿田川湧水群の湧水池にも飛び込みたいけどたぶん冷たすぎるし、きっと観光協会の人にも怒られる。その夢をかなえてくれるような澄んだお湯。内湯は少しぬるめだったので、ここでちょいと慣らして、それから露天に出る。熱すぎずちょうどいい。

 

Img_9814 Img_9819 二階の寝室には横長の広い窓があって、まるでスクリーンのように開けている。阿蘇の内輪山が見え、雲が流れ、日が陰っていく。

 

さて。晩ごはん。イタリアンです。イタリアン。フレンチじゃないじゃん。やっほう。いやフレンチが悪いわけじゃないんだけどさ。まあ好みです。

 

Img_9836 Img_9834 御酒をいただきましょう。イタリアンにあうスパークリング。地物の野菜が美味い。このごろ野菜好きなんで、新鮮な地物の野菜を使った料理は、しみじみと美味いと感じます。肉も出ますし、おいしいですけどね。でも野菜を上手に使った料理がおいしいと、いやあ幸せだわ。

 

朝になると、窓の外にパノラマが広がっている。さっきまで見えてた山に、あっという間に霧がかかる。移り変わりが美しい。さすがは阿蘇だ。と朝ごはんの時にスタッフと話していたら、いやあこんな天気、このところだけですよ、ちょっと天気がおかしいですよねえ。はい。異常気象は関東だけではありません。

 

Img_9862 朝ごはん。美しいし、無駄がないし、おいしいし。こんなきれいな朝ご飯は初めて食ったよ、というくらい。心乃間間、すごいなあ。作った人の思いがこもっている。ずっといたいけど、年に一度のご褒美だからいいんだろうなあ。ただ心乃間間でこのままって読ませるセンスは、どうかなあ。いやまあ。

 

さて。長崎に向かうよっ。

2018年8月17日 (金)

忘れちゃいけないものがある 知覧を訪ねる けどしろくまも食うよ

Img_9694_2 さてと。絵日記絵日記。

 

九州旅の一番の目的を初日の最初に達成したので、あとはのんびり。

 

とはいかない。もう一つ大きな目標がありまして。というかテーマですね。知覧というところに行きたい、という思いがありました。

 

平成もあと少しで終わるってんで、テレビやなんかでは「平成最後の」なんてあおり方をしてますが、まあそれはどうでもいい。ただ平成最後の終戦記念日ってことで、いろんな特集をやってましてね。その中で子供たちが「私たちの世代が、戦争体験者の言葉を直接聞くことができる最後の世代だ」って言葉を使ってまして。「私たちの世代」ってどこまでよ、って気もしますわ。ひねくれてますから、こういう特別感の演出って好きじゃねえです。「私たちは特別なんだから、しっかり聞かなきゃ」じゃねえだろう。いつの時代になっても、きちんと受け継いでいくことが大切なんだよ。と。

 

Img_9692 だってね。私の親は少年期を戦争と終戦と、そして青年期を復興と高度経済成長の中で生きていました。だけど、その頃の話をあまりしない。しなかった。そりゃあしょっちゅうやられてたら、子供としちゃうんざりしちゃう。「俺の若いころには」なんて説教以外の何物でもなくなっちゃう。だからかな、うちの親父はあまりそういう話をしなかったですけどね。時々、戦争の時代、彼が子供だった時の世界の出来事を、よく読んでいた。


 

Img_9688 その中に「知覧」って本がありまして。要するに、戦争末期に鹿児島の陸軍基地から特攻隊として沖縄に向かい散っていった若い兵士たちの記録です。去年、呉にいったのですけど、それも戦艦大和や人間魚雷回天による特攻隊をちゃんと見ておこう、と思ったからだったんです。ですから知覧も見ておかなきゃなあ、と。

 

胸が詰まりますな。25歳の中佐、おそらく死後叙勲で2階級特進。となると死亡時は大尉。20歳の少尉。ほとんど子供です。死を前にして撮った写真の多くが、妙にさっぱりと、明るい笑顔を向けている。書いたものには愛するものを守るための強い決意が記されている。青年の迷いや欲を切り捨てさせられて純化させられていった、全てを受け入れていったあとの清々しさは、切ない。

 

さて。しかしです。われわれは今を生きておりますので、今、何をするかです。実は、湧水町のcaféサンデイズシスコから知覧に行く前に鹿児島市内を通ります。となると、鹿児島市内で、あれは食っておかねばなりません。しろくまです。

 

Img_9672_2 鹿児島には、天文館という風情のある名前のアーケード街があります。ほとんどパチンコ屋さんとカラオケ屋さん街になり果てておりますが、それはもうしようがない。しかしともかく、この天文館にはしろくまという名のかき氷で有名なむじゃき、というお店がある。ねえ、最近のかき氷ブーム。その先駆と言っても過言ではない。過言です。

 

天文館むじゃきのかき氷は、最近のかき氷ブームとは一線を画す、昔懐かし系のかき氷です。田舎の甘味処に行けばどこにでもありそうな練乳掛け缶詰フルーツ乗せかき氷です。ただ、昔の駄菓子屋のかき氷より大きくて、缶詰フルーツが乗っている分、豪華です。昭和の時代の豪華さです。今どきの、季節のフルーツや食材を使ったおしゃれなかき氷とは方向性が違います。かき氷コンテストではメダルに絡むことはありませんが、審査員特別賞をもらう、そういう存在なのです。鹿児島天文館に来て食うことに意味がある。ですので、たくさん人が並んでいますが、これらのみなさんは、そういう価値をわかっている方がお並びになっているのであります。意味が分かってないで来ちゃう外国の方にはがっかりさせちゃって申し訳ありません、的な。

 

Img_9680_2 さて。順序が逆転しましたが、天文館むじゃきでかき氷を食い、知覧特攻平和会館を見学した後、県道27号線を南下して今夜の宿、指宿に向かいます。

 

ここ、写真がないので伝えにくいんですが、県道27号線、指宿スカイラインっちゅうんですか。地理感ないし、ナビ頼りだったし、そもそも記憶があやふやなんですけど、ここすっげえ気持ちよいドライブウェイです。へたくそでも走りやすいし風景が良い。まあ、あれが開聞岳か的な感慨があったからかもしれませんがね。開聞岳ってのは、知覧から飛び立った特攻隊の隊員たちが最後に目標にした内地の山、さらば日本よ、と。まあそんなことも思うとこの風景自体、切なく美しく見えてきます。


 

Img_9700_5 でだ。今夜のお宿。お宿はいつも奥さまプレゼンツです。指宿ベイヒルズHOTEL&SPA。指宿の街を見下ろす高台に建っていて、眺望は抜群です。もとはグリーンピアだったらしく、無駄にでかい、と感じるか、余裕の広さと感じるかは人それぞれ。あ、いやお値段の割にはいいホテルです。施設が古いせいで、稼働してない屋外プールがあったり、周辺の樹木に寂れ感があったりはしますけどね。スタッフの対応も丁寧だし、むしろこのクラスのホテルでよくこれだけのスタッフを配置してるな、と感心します。晩ごはんもおいしゅうございました。

 

あ。指宿と言えば砂蒸し風呂。これはやっぱり指宿に来たらやっといた方がいい。というか指宿に来て砂蒸し風呂しないなら指宿じゃなくてもいいじゃん、ってくらい指宿。砂蒸し会館寿楽。ホテルから車で30分くらい、海岸沿いにあります。実はホテルでも砂蒸し風呂をやってましたけど、でもねえ。ホテルの中で砂蒸し風呂ってより、やっぱり天然の砂蒸し風呂に行きたいじゃないですか。別にそっちの方が効果があるってわけじゃないけど、面白みがある。

 

Img_9707 砂蒸し会館は海沿いにありますが、駐車場は道を挟んで住宅街の中にあります。ですから、車を止めた時に、ええ、こんな住宅街の中で、と勘違いして、ホテルに戻ろうかと思いましたよ。

 

砂蒸し風呂の入り方ですがね。まず砂蒸し会館の2階で料金を払い、1階の男女別のロッカールームで浴衣に着かえます。浴衣の下は何もつけません。ロッカールームを外に出ると、堤防の先に天幕を貼った砂場があります。ここからは男女一緒になりますので、家族一緒に入ることができます。浴衣の下がなんか不安ですが、まあみんなそうなってるはずですからね。


Img_9721_2 砂場には専門のスタッフがいて、横たわる場所を指定してくれます。横たわるとすぐにスタッフが手際よく砂をかけてくれます。ずっしりとした布団をかけられるような感じで、重くて体が動かない、というほどではありません。暑くなれば自分で起き上がることができます。砂蒸し風呂にはスマホを持ち込むことができまして、スタッフに頼めば砂に埋まったところを記念写真に撮ってもらえます。首だけがぽっかり出た写真ですんで、インスタ映えはしませんが、笑いにはなります。

 

ホテルに帰りましたが。施設が古いせいで、エアコンの効きが悪くて。夜になっても27度以下に下がらないもんだから、寝る直前に部屋を交換してもらいました。結果、最初の部屋より狭くなってしまいましたけどね。まあ、もう寝るだけの時間になってたので、それはそれでよしとします。朝ごはんもおいしかったですしね。さて、阿蘇に向かうよ。

 

«九州にハンバーガーを食べに行ってきた caféサンデイズシスコ in鹿児島県湧水町