Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« アルバ つめかえ君 NNタイプ | トップページ | エンペックス デジタル温湿度計TD-8181 »

2006年12月 9日 (土)

SONY 学習リモコン RM-PL500D

Rmpl500d

さて学習リモコンです。学習リモコンって言っても、これを買っても英単語が覚えられるわけでも歴史に強くなったりするわけでもない。ないです。つまりね、いろんなリモコンの信号を学習して、つかコピーして使えるようになるってリモコンです。

まあなんでわざわざリモコンを?っていう方には全く不要。部屋のあちこちにいろんなリモコンが散乱してて、夜中にトイレに起きたときに踏んづけちゃったりして、足をくじきそうになり、痛いやら眠いやらでもうなんとかならないの?キィーって方には、必需品。

それで、使い心地なんですが、うーんとね、この機種はかなりネットでは評判いいです。たぶん今出ているものの中では最強、みたいな評価を受けてます。じゃあそうなのか、ってと、うん。これがね。人のニーズって様々だなあ、みたいな。

どういうことかってと、わたし、これ以外にも実は結構買ってるんですよ。学習リモコン。別に自慢するわけじゃないですが、一応ねホームシアターみたいなことやってるわけですよ。いや、そんなマニアなみなさんから見るとほんと穴だらけで、とても紹介できるようなもんじゃなんですけどね。自慢じゃないが目も耳(音感)も悪いから、どんないい機器をいれても、さして差がわかるわけではないっつうのが哀しいところで。

それはさておき、つまり機械だけはけっこう増えるわけで、なんとか学習リモコンにまとめられないかって、試行錯誤してきたわけですだね。で、ですね。世間一般のマニアなみなさんとわたしの相違点ってのが、使い勝手の差として出てくるわけだです。

わたし、まず記憶力が悪い。学習リモコンは、学習させることができるからして、リモコンの表面に書いてある表示、これとボタンの内容を変えることができるわけです。また、もともとボタンの数が足りないこともあったりして、変えなきゃいけないときもあるです。所詮汎用リモコンですからね。するとですね、どこに何の機能を設定したか、忘れるわけですよ。こりゃあもう致命的。

機能のわからないリモコンに、何の意味がありますか? ありませんねえ・・・。いや、そりゃわたしが悪いんです。もう全面的にわたしが悪い。

更に、学習リモコンは多機能です。ですので、結構マニュアル片手の設定が難しい。ま、これは最近の多機能な機械全般に言えることですけどね。もう年を取るとマニュアルを読むのが面倒で面倒で。どんだけ年なんだよって話なんですけどね。まあ、簡単に言うと多機能が欲しくて買ったけど多機能を使いこなすのが面倒って、たちの悪い消費者ですんません。

そんなわたしが気に入ってたのは、同じSONYのRM-AV3000Uって商品。ただもう古い商品なんですよ。これの新型らしきものが海の向こうでは発売になってるらしいんですが、日本では学習リモコンなんてマイナーなもん出しても売れないもんだから、売ってくれないんですねえ。もう頼みますよSONYさんって感じです。

ただコストパフォーマンスを考えると、3000円で買えちゃうPL500Dの圧勝でしょうね。なんせAV3000Uって2万円くらいしちゃうので。2万円って、リモコンに2万円って、って思ったあなた、たぶんあなたは賢いです。迷わずRM-PL500Dのほうを買いましょう。ってか、それもいらんですか。

« アルバ つめかえ君 NNタイプ | トップページ | エンペックス デジタル温湿度計TD-8181 »

AV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SONY 学習リモコン RM-PL500D:

« アルバ つめかえ君 NNタイプ | トップページ | エンペックス デジタル温湿度計TD-8181 »