Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« WILLCOM W-ZERO3 [es] | トップページ | 多機能ボールペン(2) »

2007年1月 1日 (月)

多機能ボールペン(1)

Ballpoint 実はですね。

文房具も好きです。もうずいぶん昔、といっても戦前とかの話ではないですよ。当然、鎌倉時代でもないです。文房具専門誌「B-TOOL」って雑誌がありました。ネットで検索書けたところ1992年に廃刊になったそうですが、ああそうか、もうそんな昔になるんですだね。

でね、毎月楽しみにB-TOOL買ってたんですよ。海外の文房具やら、日本の新しい文房具やらの紹介、使いこなし、なんだかねえ地味に楽しい本でしたよ。オマイラもっと雑誌買ってやれよ、と廃刊になった当時思ったもんでした。まあもういいんですけどね。でも誰か再刊してくれないかな。

それで、今日の本題は多機能ボールペン。これです。簡単に言うと一本のボールペンの中にシャープペンシルやボールペンが入っているアレ。

左からプラチナの「Double 4 Action」、確か15年以上昔に頂いたものですが現行機種で5000円くらい。2番目がパイロットの「ツープラスワン ミディ」、5年くらい前に自分で買った1500円くらい。3番目はロットリングの「トリオペン」、これも5年くらい前に2~3000円くらい。その隣の光っているのがロットリングの「マルチペンエグゼクティブ」、3年くらい前に買って8000円くらい、隣の黒いのもロットリングで「フォーインワン・インプット」で、これは最近買った5000円くらい。一番右はLAMYの「4ペン」、1万円くらい。

値段は定価ベースですけど、ヨドバシとかネット通販だともっと安いです。

ただしネットで買うのは、結構難しい。筆記具ってやっぱり書き味とか重さとかタッチとか、好みがかなり出るんですよ。

Ballpointjpg1_1  例えば、「Double4Action」。これね、機能的には自分の好きな4ペンタイプで、必要十分なわけですが、なんか気に入らなくて後のものを買い足していったわけでしょ。これの場合、私の好みより微妙に重い。ちょこっとサインする程度ならいいんですけど、メモを取る、ノートを取るってのなら、ちょっと疲れる。デザインがオッサン臭いのもイヤですね。貰っといて言うのもなんですけど。まあオッサンなんで贈った側は見合うものを贈ってくれたんでしょう。畜生め。

Ballpointjpg2 で、ツープラスワン ミディ、これね。好きです。軽いし、アクションもわかりやすい。このアクション、つまり操作性と今なんのペンが出ているのかがわかりやすいってこと、これかなり重要です。使いたいペンのノッチを押し下げるんですから確実です。Double4Actionの場合、この辺りの操作性にも難があります。じっとペンを見つめて操作しなきゃわかんないんですよ。その点、これはいい。ただし、操作性をよくするためのノッチの部分、ここんところのデザインが美しくない。なんだか大人のおもちゃのような凸凹がついてる辺り。許せんです。買っておいて言うのもなんですが、使いやすいけど今一使う気にならない。

Ballpointjpg3 そこで日本製を諦めて、外国製を買いました。ロットリングですね。トリオペン、これはね値段も手頃だし、重さも我慢できる。でもちょっと重いですよ。そんで操作性もデザインもまあまあ。多少重いのは諦めて、しばらく使っていたんですよ。ところがね、使っているウチに4ペンが欲しくなってきたです。つまりシャープ、赤、黒ボールペンにもう一色欲しい、と。デザインもなんだか地味だし、なんつーんですか、もういい大人ですからね、かっこよくサインするときにスーツの内ポケットからすっと出してサインできるような、いいペンが欲しいじゃないですか。

Ballpointjpg4 そこで買ったのがこれ。マルチペンエグゼクティブ。あのね、すみません。これ失敗でした。見た目はいいんですよ。ただね致命的に重い。いいかっこしようと思って買ったけど実態としてはそんなかっこつける場面なんて、そうはないんですよ。やっぱ毎日の仕事でメモを取ったり落書きしたり。いや、落書きはどうでもいいですけど、やっぱり重いと使うのが億劫になるんです。加えて、もう一つ欠点が。よく見えないと思いますけど、ペンの頭のところに赤いラインがあります。この下に、どの色を選ぶかって目印がプリントされているんですがね、こいちがしばらく使っているウチに、なんと消えてしまったんですよ。このマークがないと、どの色を選ぶかとてつもなく難しいことになってしまいます。ある意味、致命的です。まあね、そのときはたまたま買ったところが西武デパートだったってこともあって、持って行ったら交換してもらえたんですがね。でもまた消えるんじゃないかと怖くなって、保護のための透明テープを貼りました。するとですね、とてもびんぼくさくなりましたよ。見事に、みっともなくなりましたね。とてもかっこつけるためのペンではなくなったわけです。大失敗。

« WILLCOM W-ZERO3 [es] | トップページ | 多機能ボールペン(2) »

生活雑貨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多機能ボールペン(1):

« WILLCOM W-ZERO3 [es] | トップページ | 多機能ボールペン(2) »