Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« SONY リアプロ KDS-60A2500 | トップページ | Coleman ウェザーマスターブリーズドームテント »

2007年4月11日 (水)

ADK AVラック SD-2123RO

さて。そんなわけでリアプロを購入したわけですが、リアプロに限らず、テレビを買うと当然置き場が必要です。そういやず~っと昔、まだブラウン管TV全盛の時代、SonyにPROFILEってモニターのシリーズがありました。ご存じですか。つか、あれを知ってたら同世代人、うれしいですねえ。今見てもかなりクールなデザインですが、あのバブルの時代ってよく何にもない広いリビングの床にぽんっとモニタを置く、みたいなインテリアがはやりましたな。ほっほっほ、若い若い。

でもやっぱり現実のリビングは埃もたまるし、猫の毛もたまる。あ、言ってなかったですかね。うち、年寄り猫が二匹いるんで、2,3日掃除しないと部屋の隅に毛玉がたまります。まるで昔のマカロニウエスタンの映画の荒野の街に強風が吹いたときに転がっていくブッシュの固まりのように、毛玉がころころと転がりますがな。

床なんかに置けるかっ。と思うわけですね。まあそうでなくとも普通TVを床に直置きにしたりはしませんわな。当然、テレビ台が必要です。でもね、あの専用台ってやつが、実は嫌いなんですよ。

最近の専用テレビ台ってのは知らないんで申し訳ないですが、昔量販店なんかにおいてあったテレビ台ってのは、なんだかねえ安っぽい合板を貼り合わせて作った、ベコベコの箱でした。まがりなりにもオーディオに凝ったことのある人間にはとても許せるもんじゃありません。ベコベコの箱の中で、音が反響したり、機器の振動を吸収できずに画が不安定になったりと、ろくなことはありません。

と言われてました。すんません。自分ではよくわかりません。はったり野郎なんで、雑誌の受け売りです。なんつーか、若い頃は自分の感性に自信がないんですな、エライ人の言葉をそのまま偉そうにしゃべるんですよ。すんません、今も大して変わりゃしませんがね。まあ、とにかく昔のAV雑誌に書いてあったんですよ。重いのがエライ、みたいにね。

そこでまあいろいろと探したんですが、当時はYAMAHAのGTラックなんてものが全盛でしてね。ただこれただの真っ黒い箱で、どうもデザイン的に美しいとは思えなかったんです。機能美ってやつかもしれませんが、音はわからんですが、デザインの好みは結構あるんですね。わたし。

それで、探していたらADK、朝日木材加工って会社で出しているAVラック、SolidSeriesってもんを見つけたんです。今からもう10年以上前の話です。でね、ここのSD-2066ROっってモデルを購入しました。GTラックとの違いは、天然木(ラバーウッド)を塗装した美しい板を使っていること、組み立て式であること、ですかね。特に美しいと思ったわけですよ。で、これを購入しました。機材が二つ入る二段だけのシンプルなモデルです。

その後、5年くらいして、さらに同じシリーズの別モデル、SD-5066ROってものを買いました。こいつには最大5段の棚が設置でき、たくさん機械を追加できます。まだこの頃はAV機器がどんどん増えていたんです。ビデオデッキだのDVDプレイヤーだのBSチューナーだの。まさにバブル、まさに文明開化。ちょっと違うな。

で、ですねえ。今回テレビ台を検討したとき、速攻浮かんだのが、SolidSeriesだったわけです。SD-2066ROと同じ高さの横長機種SD-2123ROを買って並べればちょうどいいんじゃないかって。

まあそんなわけで、前回のTVの写真の下にあるAVラックが、2123ROと2066ROを並べておいたものです。なかなかシンプルで、収まりもよいでしょ。TVの直下にある黒いものは、これまた10年選手のJBLのセンタースピーカー(型番失念、廃盤モデルだと思いますが)です。

ところで、このラックの欠点ってか、気になる点も上げておきます。

まず組み立て式であることによる欠点。重いので、意外と組むのが大変です。ボルト締めにしてもかなりの数になるので、付属のレンチで手回ししてると泣きそうになります。電動ドリル推奨です。更に、組み立て式であるので、強度的に不安があります。2123ROのような2段程度なら問題はありませんが、5段もある5066ROとかだと、揺するときしむんですよ。重いし、背があるからしかたないのかもしれませんが、こんだけの重量物(40kg超)がきしむのはいやです。

それから天然木を使用することによる欠点。高いです。今回買った2123ROは売価で8万近くします。定価だと当然もっと高い。また天然木なので、ゆがみやそりが出ることがあります。こんな高いのに、と思いますが、天然木なので仕方ないのかなあとあきらめてます。

まあ、その点さえ我慢すれば、家具としても十分美しいこの商品、かなりおすすめなんですよ。それにね。最初に買ってからもう10年以上経ってます。10年以上経って追加購入して、シリーズをそろえられる、これってかなりすごくないですか。買い増し派にはうれしい話です。機能的にそんなに変わるわけでもなし、安心して購入できるってことも相当に大事だと思うんですね。

« SONY リアプロ KDS-60A2500 | トップページ | Coleman ウェザーマスターブリーズドームテント »

AV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADK AVラック SD-2123RO:

« SONY リアプロ KDS-60A2500 | トップページ | Coleman ウェザーマスターブリーズドームテント »