Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« セキュリティ機能搭載タイプ USBメモリ(2) エレコム MF-EU202GBK  | トップページ | ユニフレーム ランタン UL-X »

2007年11月12日 (月)

ウィルコム PHS W-Zero3Advanced[es]

Advanced_es 機種変しました。W-Zero3 Advanced[es]。

いろいろ迷ったんですよ。以前W-Zero3[es]の時にも書いたんですけど、こいつはかなりのもっさり機種で。メリットとしてはWebブラウジングに向いたキーボード付きってことだったんですけどね。最近はEM-ONEやソフトバンクのXシリーズなど、かなり魅力的な機種も増えてきました。

ただし個人的にはソフトバンクモバイルは、会社として信頼に値しないという結論に達したわけですけどね。まあそれはともかくとして。EM-ONEかなあ。と思ってエリア拡充を待っているわけなんですが、やはり1年経ってもエリアがかなり限定されてます。東京近郊はかなり使えるようになってますが、わたしのメインの用途、旅行先でのWebブラウジングに使いたいって意味では、かなり厳しい、つか不可能地域が多すぎです。非常に残念。しかしこればかりは待つしかないです。というわけで、待ってる間に何を使うかですね。

というわけで新型のW-Zero3 Advanced[es]。しばらく様子見をしていたんですけど、それなりに評判も良さげなんで買ってみることにしました。ただ発売されてからすでにかなりの日数が経ってますんで、あちこちに感想ブロクも出てますし、何より専門的なことはよくわからんです。半可通ですんでね。いやしかし、逆に言うと素人さんが使ってるという意味で、ご同輩もたくさんいるんではないか、いやいるに違いない、まあそういうレベルで、感想書いてみましょうかね。

さて。まず持った感じですが、明らかに一回り小さくなって、電話として持つ違和感がなくなりました。いや、重い電話持ち慣れている身としては、前の機種でも実はそれほど違和感は感じてません。ただ装着するタイプのケースを付けた状態で使うと、これはもうやはりでかい。大きい。重い。

もともと電話機としては決して使いやすいとは言えない電話のくせに、更に重いでかいときては、使いたい意欲激減です。実際、電話としてはほとんど使ってこなかったわけですけど。たまにこれで電話を受けたりするときってパニックになって、受ける前に切れてしまったりとか。意味ないですな。

まあそれは前機種のお話です。Advanced[es](アドエスと略しますね)の場合は、カバーを付けなければ、普通のストレート端末とそれほど変わりません。カバーを付けてもまあ我慢の範疇、といいつつこのカバー、気に入ってません。そのうち替えます。やっぱりね、分厚く重くなるんです。本体が軽く小さくなった分、却ってカバーの重さが気になるんでしょうか。まあ本体の評価と違うんで、ほどほどにしといて。

付属のスタイラスは今までと違って本体に内蔵できなくなりました。ストラップに付けておくことになりますが、世間様では無くしやすいと評判が悪いようです。ただこれはストラップの種類によるんじゃないでしょうか。わたしが使ってるストラップは結構もっこりとした太さのあるタイプなんで、外れたり落としたりすることはなさそうです。

で、PHSとしての操作感つうことですけどな。esを使ったことのない人に言っておきます。電話だと思って買うのはよしなさい。簡単に面白く使える、とかいう幻想を持つのもやめなさい。いろんなことがぶいぶいできる、ってのも幻想です。電話としてはesはアドエスになってもやっぱり使いにくいです。もちろんウィンドウズモバイルってOSを使ってる以上、ネットに出回っている様々なフリーウェアを使ってカスタマイズして、使いやすくすることは可能です。でも結局それってユーザーを選ぶんです。選びまくるんです。わたしみたいにある意味使いこなせないのわかっているけど、ちょっと苦労して半可通気分を味わいたい、みたいな変な根性の人なら、達人でなくても楽しめますけどね。でも使いこなせてないです、全然。

だってねえ、フリーウェアっても、WindowsXPやVISTAみたいにメジャーじゃないですから、提供する方もそれなりの達人対象なもんで、ひどく雑駁な扱いなんですよ。わかんないなら使うんじゃねーよ、みたいな。素人さんには無理だから、みたいな。そんな扱いをされても、それでも使いたいって奇特な方用の道具ですんで。勘違いなさらないように。

で、ですね。反応速度は若干ですけど、以前より確実に速くなっていると思いますな。CPUが速くなってるとか聞きましたが、どうやら本当みたいです。この速さってのは、あくまでも比較のもんでしてね、以前のesを使ってた人は快適になります。しかし、こういうPDAタイプを初めて使う人は、やはりもっさりしてると思うでしょう。しょうがないですな。

ZERO3メールとかっていうメールソフトも、微妙に速く、微妙に使いやすくなってます。ブラウザのオペラも微妙に速い。それに加えて、機種変の時にW-SIMが変わっていますんで、もともとのesに付いてたW-SIMが×2の通信速度にしか対応していなかったのに対して、こちらのSIMは×4に対応してます。esを使ってる方で、すでに機種変で×4が使える、通称赤耳SIMとか青耳とかに替えてた人は、変化ないです。でもわたしの場合は元祖のW-SIM灰耳を使ってましたんで、その分、やっぱり速くなってると思います。

つっても念のために言っておきますが。×4で通信したときでも128kbpsです。かつてのISDN時代とかの通信速度を知ってる方ならまあ納得の速度ですが、ADSLや光ケーブルから入ったかたなら、やっぱり遅くて仕方ない、と思うんじゃないですかね。

しかもですね、この×4で通信できる地区はまだまだ限られているようですから、わたしの行きたい東北のキャンプ場では、やっぱり通信速度は遅いままでしょう。がっくしです。

« セキュリティ機能搭載タイプ USBメモリ(2) エレコム MF-EU202GBK  | トップページ | ユニフレーム ランタン UL-X »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« セキュリティ機能搭載タイプ USBメモリ(2) エレコム MF-EU202GBK  | トップページ | ユニフレーム ランタン UL-X »