Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« Honeywell ターボサーキュレーター(首振り) HFT-114 -BK | トップページ | HDビデオを編集できるPCを組む① »

2008年7月24日 (木)

au 携帯 W62CA

さてと。暑いですなあ。全くこの都会の夏ってやつは、ってかおまえの住んでるところは都会じゃねえって声が聞こえてきますが。それはともかくとして、暑いです。温暖化なのかヒートアイランド現象なのか、。マンゴーがそこらで実っていても不思議ではない暑さですな。

Gzone1 で。今日はこれ。auの携帯電話。W62CA。いわゆるG-SHOCK携帯の最新型です。

携帯というのも実に書きづらいもんですな。キャリアもメーカーもそれぞれがいろいろなサービスを提供しておりまして、まあユーザーにとってはありがたいのですけれども、言い換えれば人それぞれ自分の好きなものがあるといってもいい。一般的にこれが携帯のベスト、とかって言えないですよな。

でだ。ではW62CAのウリは何かってことですが。耐衝撃性と防水機能です。後の機能はおまけです。まあ私にいわせれば、ですが。ただこれを買う人ってのは、多かれ少なかれそんな気持ちを抱いていると思うですね。言わせてもらえば、”漢の携帯”ですぞ、これは。

Gzone4 これを買う前は、その前の前のモデル、Type-Rって機種を使ってました。こちらです。実にごつくてですね。重くて、固い。まあ今時の携帯の中ではありえないくらいごついです。ところがそのごつさが、安心感をもたらすわけですよ。実際、わたしは自転車で30km以上の猛スピードで坂を下り降りていたとき、ポケットからこいつを落としたことがあります。カンコンカーンってな派手な音を立てながら携帯はすっ飛んでいきました。当然傷はつきましたが、その後も問題なく使ってました。

こういう体験をするとですねえ。実にこのがっしり感がありがたい。まあわたしよく携帯を落とすんですわ。そんなことをしても気にならないくらい、強かった。

Gzone3 ここだけの話、実はカシオのG-SHOCK携帯ってのは、もっと昔っからあったんですよ。ご存じですか。これです。auがauになる前、IDOの頃です。これが初代G-SHOCK携帯ですな。ストレート端末で実に頑丈、そうだったんですがみての通り液晶がダメになってます。これは、特に何もしなかったんですけどね。壊れやがりました。弱いじゃん、G-SHOCK、とかも思いましたけどね。

ただコンセプトは悪くない。個体は悪かったですけど。で、それ以来しばらくSONYを使ってたんですけど、新型(当時は)二つ折りのType-Rが出たので速攻機種変、以来3年間にわかって使い続けたきたわけです。

ところが。G-SHOCK携帯の本来的な機能、耐衝撃性と防水性、この二つはそうそう色あせませんが、3年も使うと電池がへたってきました。それに加えて今時の携帯としてはType-Rはかなりの低機能。画面も小さいし、お財布ケータイもついていない。まあなくてもいいっちゃいいんですけど。ただ、G-SHOCK携帯ってほかの携帯と違って発売サイクルが非常に長いんですな、これまでの実績をみたところ。

今回で2年、その前が1年、その前は・・・、よくわからんけど3年とか?要するに今回買い換えておかないと次に出るのがいつかわからん。マイナー機種です。となると、もうね買うしかない。

それで、いよいよ本題です。いつもながら長いなあ。もっとすぱっと入れないもんですかね。困ったもんだ。つかね、本題であまり書くことがないんだと思いますわ。だってさあ、携帯とかAV機器とかPCとか、いっくらでも詳しい人いるじゃないですか。レビューもあっちこっちにあるしねえ。そんなんと比べられるようなもん、書けないですもん。細かいこと書こうとすると、底が浅いのがすぐばれるじゃないですか。ね。

へへ。

Gzone2 で。まず持った感じ。かなり薄いです。もちろん比較の問題で、こいつより薄い携帯はいくらでもあります。あくまでもG-SHOCK携帯としては、です。そこそこの重量感もあり、まあまあ強そうかな、少なくとも華奢ではない。デザインも男らしくシンプルでごつさが残り、わたしは好きです。もちろんType-Rのように金属の固まりで作った、みたいな強さ感はないんですけど、これはまあ仕方ないかな。

一番の機能、耐衝撃性と防水性、これは今のところ試してないです。鞄から落とす、くらいのことはしましたけど、その程度じゃあねえ。って、じゃあ限界を調べよう、なんてやったら、壊れちゃうじゃないですか。そこらへんはどなたかにまかせます。わたしは、とりあえず売り文句を信じることにします。

画面は、Type-Rに比べれば大きくなりました。WEBの検索などでは明らかに見やすく便利になっています。

で、その他の機能で気がついたことを言いますと。

とりあえずおサイフケータイが付きました。Edyだけはチャージしましたけど、まだ使ってません。おサイフケータイ使うのが初めてなんで、なかなか使うタイミングがない。生活圏の中ではPASMOで買えてしまうことの方が多くて。まあでもいずれ使うです。別にこれってW62CAの機能ってわけじゃないですし。まあいいや。

ワンセグ付きました。画面小さいです。まあ縦横を切り替えればいいだけの話なんですけど、この切り替え方、結構わかりづらいです。マニュアル見ないやつが悪いって論も成り立つんですが、逆にマニュアル見なきゃわからんような操作体系ってのは、これだけ一般的な機械でどうなんだってことも言えると思うですね。そうすると画面を立てた状態で見るんですけど、動画は2.8インチモニタの上部1/3ぐらいに映ってます。これ、なんぼなんでも小さすぎるだろ。人の顔とかわかんねえよ。見ねえよ。マジ何考えてんのかわかんねえんですけどぉ。

失礼しました。マニュアル見ろ、これですね。

さて。加えて、気に入らないのは、まあこれはいろんな人が指摘してますけど、もっさり感です。動作が遅いんです。例えば、待ち受け画面からアドレス帳を呼び出すのに、ボタンを押してから1~2秒かかります。アプリを呼び出すのには2~3秒かかる感じです。このタイムラグってのは慣れるのかもしれないですけど、ちょっとなあ、って感じです。あれ?ボタン押したつもりだけど、押してなかった?って頭の中で感じて、もう一回思わずボタンを押してしまう、そういうタイムラグなんです。これは、やだなあ。

メールの動作とかも少し仕様が変わったようで。慣れないせいか、あまり気持ちよくは使えてません。これもよく指摘されるんですけど、送信メールがフォルダ整理できません。全部一緒くたの送信箱に入れられてしまいます。自分で書いたメールだから通常は問題ないんですけど、何かの折に自分の書いたものをチェックしたいなんてときに、検索性が落ちるのはいやですね。ユーザーの利便性を考えたら、この機能をあえて削ることにした理由がわからんですね。たぶん設計上の、つまりメーカーの利便性で削られてるってのが気に入らんです。

それから。メールを打つときに、画面下に予測変換のための候補一覧がでるんですけど、この画面が見にくい。候補選択をしようとカーソルが予測変換候補の窓に移動すると、文字が濃く出て見えるようになるんですが、入力中は、目立たせないように薄いグレーで候補が表示されてます。これ、すごく見づらくて。年寄りにはきついですなあ。

それから。これはまあ今後の使い方で変えていけるんですけど。付属の待ち受けが暗くてつまらない。

なんだかねえ。書いていてイヤになってきたぞ。これって要するに不満だらけじゃんってことですだね。なんかなあ。いや、わたしはね、G-SHOCK携帯って大好きなんですよ。そのコンセプトつうかね。男の携帯っつうかね。いやね。だけどね。

デザインは気に入ってるし、コンセプトも気に入ってるし。だけど。すまん、二年間使い切る自信がない。

« Honeywell ターボサーキュレーター(首振り) HFT-114 -BK | トップページ | HDビデオを編集できるPCを組む① »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Honeywell ターボサーキュレーター(首振り) HFT-114 -BK | トップページ | HDビデオを編集できるPCを組む① »