Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« いいわけ | トップページ | ユニフレーム ダッチパン10インチハーフ と カスタムリッド 10インチ »

2008年9月21日 (日)

ハイビジョンビデオを編集する

一ヶ月ほどのご無沙汰です。

10年ほど、いやもう少し前かな。初めてハワイに行ったとき、ビデオカメラを買いました。これがねえ、もうえらく楽しかった。あれ以来ハワイ最高!みたいなハワイ好きになってしまいましたが。何が楽しかったかってえと、友達と行ったんですけどね。自分たちで車運転して、ハワイの田舎町に行ったり、いろんなことをしたりして、その様子をビデオにとってですね、夜に反省会と称してビール飲みながらビデオ見てワイワイやるわけです。

旅は道連れとはよく言ったもんです。まあ、あれから海外旅行とセットでビデオを撮るようになりました。んで、です。自分だけで撮ったビデオならともかく、友達と撮ったビデオなら、友達に渡さなきゃならん。となると、そこそこ編集したいじゃないですか。というわけで、編集しましたよ。当時のソフトはDV-Raptorっていいまして。なかなかいいソフトでした。あ、知ってます?うんうん。あれは正確にはソフトじゃなくて、キャプチャボードDV-Raptorに編集用のソフトが付いてる、ってもんで。かなりのいいお値段がしました。普通は買わないだろって値段。5万とかしませんでしたっけ?

でもね。全くね、PCで編集ができるようになる以前ってのは、ビデオデッキ二台並べてちょこちょこダビングし、テロップ代わりに手書きのフィリップ出して、みたいな。そんなことしていたところから比べると、もうDV-Raptorは画期的でしたね。

その跡を継いだカノープスのソフト「超編」、これも好きでしたねえ。もう専用ボードは必要なくなって、IEEE1394で直に取り込めるようになりました。直感的に使えるソフト、っていうんですかね。いや、あまりメジャーになりきれなかったところを見ると、単に私個人のつぼにはまったってだけかもしれません。

個人的にはずっと「超編」でもよかったんですが、「超編」はHDビデオを編集できません。まあここまでくるとカノープスに染まっているわけで。現在の編集ソフトは、カノープスの「EDIUS NEO」です。

超編と似てるところもあり、似ていないところもあり。似てるところは好きで、似てないところが嫌い、っていうか。世間様一般、つうかこんなもん世間様一般は使やしないわけなんで、ここでどうこう言ったからってどうなんだ、って話はありますよ。うん。なんかわたしの好きなものって結構マニアックで、そのくせ自分自身は半可通なもんで語るにもなんつうか甘いってんですかね。マニアならマニアなりのこだわりを見せろよってなもんですが。すまん。ない。

で、だなあ。まあ超編使ってる頃なら、PCもPentiumD930あたりで十分だったですが、ハイビジョンを扱うようになると、ちょっときつくなってきたってのが、前回新しいPCを組むことにした動機でしたね。

Edus_s_2 んでだ。いろいろとね、EDIUS NEOも気に入らないところがあるわけですが、ただ問題は気に入らないと言い切れるほど使い込めないっつうことです。こんなこともできないのかあって言いたいんですけど、できないんじゃなくて、自分が使いこなせていないだけって可能性が高いわけですな。へへ。くそっ。

だからこれまでEDIUSの評価は避けてきました。そういうのはもっとコアな皆様にお願いします。でだ。今回わたしが語ってるのはEDIUS NEOの話じゃないんです。

もっと編集しようよう、ってことです。

世間様もビデオ撮りまくってるでしょ。実際ビデオカメラ売れまくってますよね。パパもママも運動会から学芸会、ちょっとしたお散歩から海外旅行まで、かわいい子供たちの映像溜まりまくってませんか?

確かにね。記録として撮って、うん、子供の結婚式かなんかで披露する、そういう楽しみもあると思いますが。これね、とりあえず編集して、一つの番組(?)とすると、これおもしろいんですよ。編集しないままだと、たぶん一度も見ればそれで十分ってな映像が、何かことあるごとに披露できる作品になる。

でね。人間の記憶ってはなはだ怪しくて、わたしなんかもともと記憶力が弱いもんだから、何年も前に行った国内旅行なんて、写真に残ってる場面以外はほとんど覚えていない。ところがビデオにして繰り返してみている海外旅行は、そこからさらにいろいろなことを連想して思い出す。うん。これはまさに記憶ですよ。

ただね。言っておきますが、編集ってえらい時間がかかります。わたしはもう何本かそういうビデオを作ったんで、あまり無駄な撮り方はしないようにしてます。編集が大変だから。せいぜい90分のビデオから60分にする程度です。でも、かっちり作品を撮る人たちは何時間もの記録からほんの数分の作品にしたりするわけです。これはね、それだけ磨き上げられた作品ができるわけですけど、そのかわり膨大な時間がかかります。

まして無目的に撮った映像が膨大にある場合、こりゃもう編集なんて無理でしょうなあ。例えばハワイに行った場合、公園みたいなところでフラダンスをやってた。これだってんで延々数十分もビデオ回している方を見ますが、プロならともかく。自分で撮った、たまたま見かけた公演のフラダンス、帰ってきて延々数十分見ますか?見るわけない。

わたしのように適当な映像で適当に仕上げても、何時間っつか十数時間はかかってます。これは、はっきり言って大変です。だからまああんまりやる人がいないんだろうけど。ただね、やっただけのことはある、編集して作品の形にするってことは、ほんとうにいいもんですぜ。

ところで。今のところ編集したハイビジョン映像はBDにして残すくらいしか方法がない。HDDに残すって手もあるにはあるですけど。気楽にTVで見るってわけにはいかない。まあ、そんなわけで、じゃあそのうち保存について、不満たらたら述べさせていただきますわね。

« いいわけ | トップページ | ユニフレーム ダッチパン10インチハーフ と カスタムリッド 10インチ »

AV」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

株式会社日刊工業新聞主催もの創りSNSの「モノもの」運営局でございます。

日記を興味深く拝読させて貰いました。

もし宜しければ弊社「モノもの」のほうもご閲覧のほどをお願いいたします。このSNSは「こんなもの見つけました」「こんなものあったらいいな」「こんなもの創りました」等、4つの大きなカテゴリー別に投稿する、もの創りのSNSサイトです。写真や字なども自在に変化をつけられるブログ機能を装備しております。現在キャンペーン中につき、「輝け!モノもの大賞」というコンテストを実施しており、優秀者には賞金を差し上げます。


「モノもの」は、もの創りが大好きな人たちのご来訪をお待ちしております。


では失礼いたします。

もの創りSNS「モノもの」
http://mono-mono.jp

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いいわけ | トップページ | ユニフレーム ダッチパン10インチハーフ と カスタムリッド 10インチ »