Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 自転車用ヘルメット MET インフェルノウルトラライト | トップページ | ロードバイク用ボトル CAMELBAK ポディウムチルジャケットボトル »

2009年7月20日 (月)

デジタルカメラ Panasonic LUMIX DMC-GH1K

P1000012 こんなもん買いました。

もはや中高年のキングオブ趣味、みたいな。つうか正確に言うと団塊の世代の退職後のキングオブ趣味、みたいな。

写真機です。いじょっ。

で、終わりにしてもいいくらいなんですけどねえ。今更わたしなんががGH1の何を語るというのか、ってことですな。まあしかし、コアなマニアの多い自転車のこともウダウダいってるんですから、それ以上にマニアックなカメラのことも言ってもいいか。つか、自分で買ったもんのことをぐだぐだ言う。そゆブログでしたな。

まあ以前コンパクトデジカメ、通称コンデジ買ったってなことも書きました。コンデジ買う前はリコーのGR1なんてのを使ってましたが、実は平行してキャノンの一眼レフカメラ、全くの入門機でしたが、を持っていたんです。

持っていただけではなくて、もちろん使っていたわけですけど、写真が趣味っていうより旅行とかの時に記録として撮りたい派なんで、必然的に大きい一眼レフを持って歩くことは減ってしまったわけです。GR1なんて、コンパクトな上に味のあるレンズ使ってましたからねえ。ただしかし。それでも写りの点で、入門機一眼レフにどうしても勝てない部分があるわけです。レンズの口径の差がもつ絶対的なポテンシャルの違い、というんですかね、よくわからんけど、一眼レフでなんとなく撮ったスナップでさえ、見て貰った人には感心して貰えたもんです。上手だねえって。別にコンパクトカメラと意識がどう違うわけでもなく、ただ一丸に持ち替えただけで、上手だと言われる。だとしたら、これはやはりカメラの性能と言うしかないんじゃないか、とこう思ったわけです。

まあそんなわけで、またいつかは一眼レフって気は確かにあった。でもなあ、と思うわけです。重くて、でかくて持ち歩けないよ。

実はね、わたし動画好きです。旅行とかビデオを編集するのが好き、っていうより編集した旅行のビデオを見るのが好きなんですな。ただ、ここんところ海外も行く暇がないんで、ビデオも買う必要がない。でもね、やっぱりHD動画が撮れる機械ってのは、なんつうか誘惑なんです。

つまりキレイな写真が撮れるといいなあ感と、HD動画が撮れるといいなあ感。このどちらかだけなら我慢できたんですけど、二ついっぺんに来ちゃった。それがこのPanasonic LUMIX DMC-GH1Kってことですわ。買わないつもりだったんだけどなあ。

P1010432 つうことで、このGH1、もう既にご存じの通り、正確に言うと一眼レフではない。え、そうなの?だって一眼レフじゃんって思った方、正常です。この辺りの説明し始めると長くなるんで、簡単に言うと、一眼レフカメラのあの形、GH1とかもそうですけど、あの形をにって一眼レフって思ってるのが我々素人。どうも違うらしいんです。一眼レフってのは内部的な機構のことらしい。ミラーがどうたらとか説明あるんですけど、そんなん聞きたないわ、って方も多いんで止めときます。まあでも、世間様的には、GH1を一眼レフって言ってもなんの問題もない。マニアな皆さんは、穏やかにほほえみながら、静かに「そうだね。」と呟くような同意をしてやってくださいな。

で、とにかく、一眼レフとは違うかもしれないけど、レンズを交換できるシステムと自由度の高い設定システム、相当いろんな楽しみができるらしい。らしい、です。まだあんまり使えてないので、よくわからん。だって仕事が空いた日は自転車乗るのに忙しいんだ。そんなゆっくり写真なんか撮ってられるかよって話ですよ。じゃあなんで買うんだよ、って話ですな。

だって夏休みに旅行行くんだもん。遠くには行けないけど、キャンプに行くんだもん。キャンプに行ったら、動画だって撮りたいんだもん、とまあ、こういう駄々っ子的欲望の発露の結果であります。

まあしかし、そんなことを言っててもカメラの評価らしきものが何もないってのは情けないので、これまであちこちで言われてることではありますが、確認の意味を込めてここで申し述べます、ね。

P1000049 ちなみにデータ保存用としてはSiliconPowerのClass6のSDHCカード32GBてのを使ってます。安くなりましたなあ、の7000円。とりあえず問題なく使えてます。純正の32GBだとまだ2万円くらいしますかね。取説には純正を使うようにって書いてますけど、データカードについては大きなお世話だって思いました。

さてと、気になる点、でしたな。

① 本体は軽いけど、レンズが重い。バランスが悪いと感じる。更に、全体として重いカメラになってしまってる。少なくとも売り文句の「軽い・小さい」の「軽い」はやめてくれ。

② 動画撮影の時、ズームしてもピントが合い続けるのはほんと。ゆっくり目だけど。ただし民生用のビデオカメラと違って、手動でズームリングを回していく。これが結構重いから、絵がぶれる。片手で保持してズームとかって無理。結局カットで撮っていくのが現実的かも。

③ ビデオカメラとして使おうと思ったとき、少なくとも民生用のビデオカメラだと片手保持が基本。いや、最近のものの話ね。で、歩きながら撮るだとか自分撮りとかそゆこともできる。でもGH1だと両手保持が基本だから、そゆこと無理。つか重すぎ。理想を言うと三脚に固定して使いたい。

④ 同じように、最近のビデオカメラだととてもコンパクトだから、撮影していることが目立たない。旅行撮りの場合これ結構重要で、街の風景と自分たちをさりげなく撮りたいって場合、GH1だと目立ちすぎる。しかもカメラ型だから、これに向かってしゃべりながら動いてたりすると、普通の人は、なにやってんのって思うんじゃないかと不安。

⑤ ビデオカメラとして考えると、やっぱり最近のHDビデオカメラってとっても優秀かつコンパクト。ちょっとしたバッグの中に簡単に入る。旅行の時に持ち歩くことを考えるとすごく嬉しい。その点GH1はでかい。入る鞄だって相当にでかく重くなる。持ち歩くの無理、みたいな。

まあ、カメラとしての基本性能はともかく、ビデオとして運用していくことを考えると、少なくとも素人さんにはきつめかもしれない、と思うですな。

メインのビデオカメラをもち、それとは別に写真を撮るためにGH1を使いつつ、必要に応じて補完的にGH1をビデオカメラとして使う。そゆところを考えています。まあカメラとしての評価は、通人の皆様、お願いしますね。つうことで。

« 自転車用ヘルメット MET インフェルノウルトラライト | トップページ | ロードバイク用ボトル CAMELBAK ポディウムチルジャケットボトル »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

GH1Kを買おうか迷ってます。
TZ7で結構動画、写真も奇麗に撮れますし、
軽い、コンパクト。
そしてズームがレバーでできる。

でももう少しいい動画、写真となるとGH1K
でも大きいし、重いそしてズームはちょっと大変。

でFZ38もいいな~なんて思ってますがどうですか?

画質のこととか。カメラとしての本質的なことをわたしに聞こうと思わないあなたはエライ。正解です。カメラ好きもほんとに半可通で。露出のことだの構図取りだの、もうね久しぶりに一眼使うと、完全に忘れてまして、まあほんとにイロハから見直しですよ。初めてカメラ持ったような感じ。しかも自転車ばかり乗っていて、カメラ使う暇がない・・・。

さてとズームですけどね。実際やってみると使わなくてもいいやあってな感じです。使いにくいってのも大きいですけど、画作りでやっぱりズームって出番が少ない。多用するようなもんじゃないですからね。で。ズームの使いづらさはそれほど気にならんです。

まあ、それも含めても一回記事上げます。たぶん近々にですけど。

でFZ38ね。それいいですよ。無駄がない。すごく実用的な選択肢だと思います。GH1Kとか、やっぱり高いです。でね。レンズを交換するって人なら、こっちのがいい。でも実際素人さんがいきなり一眼使って、レンズに10万とか出す人ってどのくらいいるかな。望遠ズーム一本で十分って人も少なくないはずです。となるとFZ38のほうが遙かに実用的かなと。

まあ、機械としての可能性だとかおもしろみだとかに価値を見いだすならGH1、普段使いの実用性ならFZ38、とかって思うんですけど、違いますかね。どうでしょ。

素早い返事ありがとうございます。

昔々若い時には一眼レフを買うことが夢で買いましたが、難しくほとんどオートで撮影してました。
その後はコンパクトばかりでしかもオートで撮影。

動画も撮れるデジカメが出来旅行も楽しくなりましたが撮影しかけるともう少しいい映像や写真にしたいと思ったりしますが、でも大きく重いしな~。

今日改めてGH1Kをカメラ屋さんで触ってきましたが、同じようにいいな~、でもな~でした。

一度時間があれば私のブログも見てください。
http://blogs.yahoo.co.jp/ito747


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車用ヘルメット MET インフェルノウルトラライト | トップページ | ロードバイク用ボトル CAMELBAK ポディウムチルジャケットボトル »