Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« MET インフェルノウルトラライトその後 | トップページ | アイウェア RUDY PROJECT RYDON ホワイトフレーム インパクトX調光クリア »

2009年9月23日 (水)

スノーピーク ワンアクションテーブル竹

テーブルは大事です。ええ、大事ですとも。

ところがですね。実は夫婦二人でいく秋キャンプとか冬キャンプ、あまりテーブルは使わんのです。ただの物置と化すことも往々にしてあり。なんでかっちうと、つまりなんだな、テーブルで飯を食うことが少ないからです。

夏以外は、基本的に山の夜は寒いもんと相場が決まっております。そゆところが好きなんだから、寒いことにはなんの不満もない。寒いと火がありがたくてねえ。焚き火。と炭火。これですな。

テーブルで飯を食っていると、飯があっという間に冷える。外ってのは寒いもんですなあ。チビダッジパンみたいなの使っていても、表面からどんどん冷えていきます。スープものが比較的マシかとも思うんですけどね、夕食の時間ってくつろぎタイムじゃないですか。ゆったりしたい。ゆったりしてるとあっという間に飯が冷え、冷たい肉や飯や汁をかっこむことになる。やだねえ。

ってことで、できるだけ温かい状態のものを喰いたいとなると、焚き火台の周りで煮たり焼いたりしつつ喰う、これが一番。となるとテーブルはあまり使わないのです。

しかしですねえ。焚き火台で飯が食えない日もある。キャンプってのはお天気次第ですからね。雨が降ることも風が吹くこともある。そゆときはタープを締めて、中で飯を食わざるを得ないですな。

家の中にいると雨が降っているときにときに濡れないってのはごくごく当たり前のことで、気にもしないですけど、キャンプだと濡れないってことがほんとに有り難いと実感します。布きれ一枚が雨風を遮ってくれる、タープって有り難いなあ、おうちってすごいなあと、有り難さってのを思い出させてくれますよな。

さてと。でね。タープの中で飯を食うとき、当然テーブルを使うわけですけど、これまではコールマンのアルミロールテーブルを使ってました。たぶん10年近く使ったんじゃないかな。その前にロゴスの、テーブルトップがシナベニヤの折りたたみを使ってましたんですがね、これが結構重くて。うんざりしてコールマンに換えたって経緯があります。

コールマンのアルミロールテーブルのいいところってのは、軽量コンパクト、これにつきますね。見た目が若干貧弱な感じがありますけど、これはクロスを掛ければよろしい。お好きなクロスを使うことで雰囲気もぐっとよくなります。立ち上がるときにテーブルに手をつくと、反対側が持ち上がって食器とか倒したりしますけど、手を付かなきゃいいだけのことです。テーブルの下に足を入れようとすると、膝が脚の斜交いにぶつかったりしますけど、まあそこまで深くも入れなくてもいいじゃん、みたいなことでね。それなりに満足してない部分もあるけど、工夫して使えばいいだけのことですよ、ってことです。

P1000291 で、今回買い換えたのがこちら、スノーピークのワンアクションテーブル竹。

え、なんで?重いやん?ってね。重いです。10kgあります。一番最初に使ってたロゴスのテーブルより脚がしっかりしてる分重そうな気がする。高いし。20%ポイント還元セールで買ったけど27,800円もするし。ワンタッチアクションって言うだけあって、収納と設営はすごく楽。な分、収納サイズはそれなりに嵩張ります。軽量コンパクトの反対側じゃん、ってことですな。

実は、このテーブル、ある一点の特徴のためだけに買いました。
●サイズ : 720×920×660mm
ここです。

テーブルを使う状況ってのは、つまりは飯を食うことです。あるいは酒を飲むことです。要はくつろぐことです。くつろぎの雰囲気作りとしては、さっきも言いましたテーブルクロスなんかいいですなあ。ウチの奥さんは、私が言うのもなんですけど、わたしなんぞよりよほどセンスがいいので、実に雰囲気のあるクロスを選んでくれました。アウトドアで飯を食うぞ、みたいな。

で、まあ雨の夜にランタンの光の中でゆったりといすに腰掛けて、バーボンの水割りをたしなむ、と。ふむ、雨もまたよし、とか呟くわけですよ。んで、バーボンの入ったアクリル製のグラスをテーブルに置いて、とこの辺りで違和感に気づく。

なんか。肘の位置が高い。

よくよく思い出すと、さっき飯を食ったとき、肉の皿の位置が、みぞおちの高さくらいのところになかったか、と。なんか喰いづらいぞ、と。

キャンプ用のテーブルの高さって、実はほとんどが70cmなんですよ。家庭用のテーブルの高さと同じ高さです。これってテーブル自体の高さというより、いすの座面との高低差が問題になってくると思うんですけどね。キャンプ用のいすって、座面が布を貼ってあるだけなので、家庭用のダイニングチェアより沈み込むことが多いのではないかと思います。つかウチが使ってるチェアの場合、少し深めに沈み込んでるのかもしれません。レストランのテーブルとかも70cmを基準にしていることが多いようですので、特段に高いわけではないと思います。

が。もしくつろぎを主体にしたいなら、このテーブル高では高すぎる、と思うわけです。後5cm低くしたい、とそう思ったとき、実はキャンプテーブルの場合、選択肢がほとんどありません。オガワテントのアルミイージーロールテーブルが100×57×65cmと高さ的には希望を満たしているのですけど、テーブルトップ面積が少々狭い。あとはスノピのワンアクションテーブル竹、になってしまうわけです。

さあ、もう二択なんですよ。小川の場合、値段は半額、重さも1/2以下、ただしサイズ的にはちょっと小さめ。この小さめを良しとできるなら、間違いなくこっちです。売ってる店はほとんどないので、つか見たことないので、通販で買うしかありませんけど。

2週間迷いましてね。結局、スノピにしました。うーん、なんでかなあ。重いんだけどねえ。車だからまあいいやってのもあったし、過剰なガッシリ感って好きってのも確かにあるっちゃあるし。ささやかな買い物で無駄に贅沢してる気を味わいたかったってのもあるかもしれないし。ちょっとだけテーブル面積広いし、手をついてもぐらつきがなさそうだし。いつものWILD-1で20%還元セール始まってたし。まあ、きっとまた10年使うもんだから、欲しいもん買っとけってことですよ。

P1000293 しかし10年経って歳を更にとったら、重くてイヤになるかもなあとか思います。
とりあえず、今回は猫の急病のためキャンプに行けなかったので、せめておうちでキャンプ気分を味わおうとこんなふうなことをしてみました。ぐてんと深くいすに腰掛けて、ビールグラスをテーブルに置く。なかなかいい感じの高さです。うん、満足満足。

あとテーブル面積が欲しいなら、ワンアクションテーブル竹(ロング)って選択肢があります。テーブルのデザインってか見た目のバランス的にはこっちのほうが素敵です。でも車に積み込むの大変そうなので、わたしは諦めました。

というわけで、今お使いのテーブル、どうも高くて使いづらいよとお悩みの方、ちょっと低いテーブルの世界にいらっしゃいませんか。ただやっぱりもう少し軽いもんつくってくれりゃあいいのに、って思っているのは秘密です。

« MET インフェルノウルトラライトその後 | トップページ | アイウェア RUDY PROJECT RYDON ホワイトフレーム インパクトX調光クリア »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

毎度お邪魔しています。
シルバーウイークのキャンプレポートを楽しみにしていたのですが、残念でしたね。
テーブル・・悩みますね。
私は大きなテーブルが好きですが、といってメラミンやアルミのロールは好きになれず、板や竹は重そうで避けていました。
収納性を取るか大きさを取るかで散々悩み、サウスフィールドのD-X テーブル ブルーストーン なるものを買いました。
高さは調整できるので私もイスとの兼ね合いで低くして使っています。
2回持っていきましたが、今回はミニマム装備に挑戦したくて中型のアルミロールを復活させ、ツーバーナーも置いてカセットコンロ(イワタニ、フーボー)と折りたたみのメーカー不明シングルバーナー、コットをやめて良質のエアベッド(嫁と娘)に、私はシルバーマット2枚重ね(背中が痛くて2度とやりません!)・・といった具合です。
それでもステージア(M35)に大型ルーフボックスと荷台の後方視界が始めて確保できるだけの量でした。(二列目シートは倒さず娘の就寝に確保)
ところが今回お隣のキャンパーさんは、偶然にも同じ車に乗っておられたのにルーフボックスはなしで、ほぼ同じテントにタープ、ツーバーナーまでお持ちでした。おまけにこちらは大人二人に子供一人、お隣は子供二人です。
まだまだ工夫が足りないと反省仕切りのキャンプでした。

今回は巷で人気(?)の南乗鞍に始めて行ってきました。
きっとzoujirusiさん好みのキャンプ場だと思います。広大な敷地のお陰でお隣さんとは適度に距離があり、少々の話し声など全く気にならず耳栓も不要です。ただ8月にクマが目撃され一抹の不安はありましたが・。
お隣の岐阜県とはいえ距離は270キロもあるのですが、関西はおろか、東京や茨城からもこられていて標準語で会話する人が多かったのが印象的でした。
ん?、ということはいつの日かzoujirusiさんにお会いするのも夢ではない?・・・そんなことを思った次第です。

長くてすみませんデス。

どもです。最近ミニマム装備って気になりますよな。ソロテントとかかっちょいい。つか若造の頃だったらこんなん背負って旅に出たいす。でもダメ。たぶんもう薄い銀マットとか耐えられない。moonbさんみたく体がメキメキいいそうです。

しかしウチなんかかなり重装備化してるのは確かだけど、車には二人しか乗らないんで、なんとかなる。家族持ちの方で重装備の方、すげえなあとか思いますよ。後方視界なんてぜんぜんない車で来られてたりしますよね。ありゃあすごいわ。

南乗鞍、昔行ったことがある気がします。MUJIですよね。確かオープン当初だった。会員カードの写真がエラく若い。最近は中央道方面は混むことが多いんで敬遠してましたが、東北道方面も1000円高速のおかげでずいぶん混むようになり、どちらに行けば人が少ないんでしょうという状態です。またいつか乗鞍も行ってみたいもんです。

この記事へのコメントは終了しました。

« MET インフェルノウルトラライトその後 | トップページ | アイウェア RUDY PROJECT RYDON ホワイトフレーム インパクトX調光クリア »