Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« Winndows7は買ってないよと | トップページ | プリンタ EPSON EP-802A »

2009年11月 1日 (日)

デジタルカメラ Panasonic LUMIX DMC-GH1Kのその後

ふと気がつくと祝!30万アクセス!ちゅうことでですな、30万アクセスを踏んだ方にはひとつプレゼントでも、みたいなことを考えておったのですが、考えてみると私もここで何一つ儲けているわけではないんでね。まあお互い様っちゅうか。書いてうれしい、読んでうれしいみたなことになればいいわけです。書いてうれしいんかな、よくわからんけど書いているんだから楽しみなんでしょう。

P1010503 で。今回も検証シリーズです。Panasonic コンパクト一眼GH-1です。
良かった点と悪かった点、つかやっぱり根本的なカメラとしての良さ悪さみたいなことはよくわからんです。写りがいいとか悪いとか、そんなことをうんぬんできるような腕はない。うむ、断言しよう。それ以外の話をしますぜ。

昔ねえ。一眼レフの入門機使ってたんですけど、なんにもわかってなかったんだなあ。今もだけど。いやしかし、ソクラテス言うところの無知の知、わかってないことがわかっただけでも成長したんではないかと。うん、そう。無駄に話を引き延ばしてるの。ごめんなさいね。

さて。で、もう写真マニアな方は、こっから先は頼むから読まないでほしいわけです。コンパクトデジカメしか使ったことない、って方限定の文章ですからね。自分より素人を探して偉そぶる。これ基本です。何の基本かは知らんけど。

デジタルになって便利なのは、写りをすぐに確かめられること、ですな。失敗しててもすぐにわかる。もう少し明るくしたいとか気が付いたらすぐ直せる。ここですよ。もちろんコンパクトデジカメだってそれくらいはできる。ただ、シャッターを切った後、再生して確かめなきゃならない。ね。できるんだけど、面倒くさい。でしょ。

ところがですね。一眼レフってファインダーをのぞいて、のぞきながら露出をいじるとその効果が見てる画面に現れるわけです。まあGH1は正確には一眼レフではないですけど、それはさておき。

露出って何だとか、ホワイトバランスがどうだとか、そゆ専門的なことを言い出すとボロボロになるんで、そちらはどっかの偉い人のサイトでご覧くださいの。何しろわたしは雑誌で言うと初心者向き雑誌「デジキャパ!」が読みやすくていいなあ、なんてレベルですんでねえ。

デジキャパ買う時、んな軟弱なもんを自分用に買うにはなんつうかプライドが許さん、みたいな思いがあるわけですけどね、そこは奥さん用に買うとかの言い訳をつけて買ってます。奥さんがほとんど読んでないらしいってのは、置いといてください。

まあいいや。「デジキャパ」の話じゃないですな。でな。ライブビューって機能の付いた一眼って、撮る前にどんな画が出るのか、それらしくモニタに出るんです。これが実に素人にはありがたい機能なんです。露出がどうたら言われても素人にはなかなかに画のできあがりとは結び付かない。その点、例えば露出を一段上げると画が明るくなるなあとか、そゆことが見てわかるってのは実に便利。つうか楽しい。楽しいから積極的に機能を使う。使うことでまた機能がわかる。

たぶんコンパクトデジカメでもそれなりの調整もできるだろうし、それを使ってそれなりの写真が撮れるらしい。ただ、カメラの特性やら機能やらを把握してないと難しい。素人さんには、そういう機能を使おうと思うと、意外と一眼のほうがわかりやすいってことなんでしょうかな。

それから。コンパクトデジカメって、ファインダーってのぞき穴がないですな。背面に液晶モニタがあって、そこを見ながら、顔の前にカメラを置いて少し前に突き出すようにして写真を撮る、こういうスタイルになってます。最近の子どもたちだと、逆にこういうスタイルの撮影の仕方が当たり前なんでしょう。

これはこれで別にいいんですけど。問題点として、手ぶれしやすいってことがあります。そのための手ぶれ防止機能なんですけどね。ただやっぱりある程度の重さのあるカメラだと、腕を前に突き出して撮るこのスタイル、ちょっとキツイ。ファインダーをのぞく姿勢をつくることで、腕と顔とでカメラが固定されるって利点はあるんですよ。結構持ってて気持ちがいい、っつうか。加えて、明るいところでもファインダーだとよく見えるってこともありますね。結構ファインダーの付いたカメラっていいですよ。まあGH1に限らない話ですけど。

意外とファインダーのぞいて撮るスタイルっていいもんだよ、と。

で、ですな。GH1のある意味一番の売りの機能は、動画撮影でしょう。実はこれ、前回買ったばかりの時はあまり評価してなかった機能です。で、結論を先に言うと、これ以外に良いよ、ってことです。

単純に動画を撮りたいってことなら、専用のビデオカメラがよい、です。SONYのあれとかね、軽いしコンパクトだし、専用だけに操作性もよい。音もたぶん専用ビデオカメラのほうがいいでしょう。
ただですね。日常のこまごまとしたことを、例えばお散歩のときとか、例えば猫の昼寝の様子とか、ふと気がついたときに動画を残しておきたいと思ったら、デジカメでそのまま動画がとれるってのは、かなり気が楽です。デジカメと別にビデオカメラを用意しなくていいってのは、意外とっつか、とても楽ちんです。

ところで、最近のビデオカメラはよく知らんですよ。わたしが一番最近に買ったのはソニーのHDVカメラなんですが、バッテリって意外ともたなかったです。もちろん大容量の電池を買えばいいってのはありますけど、大容量電池って巨大でね、本体がきれいでかっこいいのに、そこから無骨なバッテリが突き出している、みたいな。結局運用にはインフォリチウムMサイズバッテリを何個か予備を携帯して使ってました。

Mサイズバッテリで、断続的に使う場合は1日持ち歩くのに3個のバッテリは必要でした。まあ別に気にならないっちゃならない、そういうもんだと思ってましたからね。ところがですね。最近のデジカメってほんと電池が持つんですよ。そう簡単になくならない。一日持ちまわしていてもゲージが一個減るくらい。

これってたぶん省エネ性能が上がってることもあるんでしょうけど、テープ時代と比べて駆動部が減ってるってこと大きいんでしょう。きっと今時のビデオカメラも昔のものと比べたら、かなり電池が持つようになっているんじゃないかと想像します。が、想像です。はっきりしてるのはGH1の電池、結構もつよ、ってことですな。

おまけにDVカメラと違って、テープを入れなくてイイ。わたしが使ってるのは32GB のメモリですけど、こいつをいっぱいにするってのは相当ため込まないと難しいでしょう。普通は使い切る前にPCに移動しそうなもんです。ということは、ビデオカメラとして考えると、バッテリの心配とテープの心配をしなくてよくなったってことで、これはまたずいぶんな進歩だなあと、改めて思うわけですよ。

自分撮りとか撮影中のズーミングがし難いとか、やっぱりありますけどね。重いのは、慣れた。つか力任せでできます。そうすると、なかなか便利なもんです。

そんなこんなもあって、GH1、いつもテーブルの上に置きっぱなしです。思い立ったときにHD動画が撮れる、なかなかいいです。猫動画増殖中です。

« Winndows7は買ってないよと | トップページ | プリンタ EPSON EP-802A »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
実は私、田舎者ですが一応プロとしてコマーシャル関係のカメラマンをしております。
もちろん今はほぼ100パーセントデジタルで仕事をしています。
そして秋の運動会用にやっと重い腰を上げてHDのビデオカメラ(パナソニック)も買いました。
ビデオとカメラ、どんどん近づいてきていますね。
でもビデオカメラでのスチール写真は・・残念ながらイマイチであくまでも緊急用でしかないかなって感じでなのが残念です。
ソニーやキャノンならもっと綺麗だったんのかも知れませんが、何も調べず(なんせ運動会の前日にあわてて電気屋に行ったものですから・・)買いました。唯一パナ機のみファインダーがついていたのと、3CMOSであること、カタログ数値上のローライトでの撮影能力が決めてでした。動画性能にはほぼ満足しています。
ただこのビデオカメラ、軽くなって小型なのは良いですが、そろそろ形を変えてもらわないと水平に構えるだけでも手首がだるくて疲れます。
一方のデジタル一眼レフ、残念ながら私のカメラには動画撮影機能はありませんが、この画質で動画が撮れたらどれだけ良いだろうと以前から思っていました。でもこの形のカメラで普通のビデオカメラのように動きながら動画を撮るのはやはり無理があります。
風景写真を撮る感覚でカメラを固定して、動く風景写真なんかが良いんでしょうね。
滝や川なんか写真ではスローシャッターでしかその動きを表現できませんし、桜の花吹雪も写真より動画のほうがいい感じが出そうです。
それも安物の暗いズームレンズなど使わずに、明るい高性能な短焦点レンズだと、抜けのよい(クリヤーな感じ)画像が得られます。
ビデオレンズの最も悪いところはボケが汚いところですが、写真用レンズは、特に短焦点だとピントが合っていないところは柔らかく、そして美しくボケてくれます。
仕事用とは言いませんが、遊びに行くときに2台持たずにすむ理想の一体型のカメラ、できたらすぐにでも欲しいです。

moonbさんですよね。確か。カタカナmoonになってたのでどなたかと
思いましたです。はい。
カメラマンさんですか。それはそれは。わたしはご覧の通り雑学派、
広く浅くなんですよ。映像にも興味があるが、細部を見分ける能力が
低い。音楽、正確にはオーディオにも実は興味があるが、あまり
音感がよくない。自転車は大好きなんだけど、実は運動能力はかなり
低い。アウトドアは好きなんだけど、山岳やるほどのめり込めない。
要するに半可通。

んなもんですからね。プロフェッショナルな方の専門性とか、そゆ
方向性に進んだ方の持つ、とんがった能力とか、素直に尊敬します。
やはり専門に扱う方のコメントは、違いますわあ。とてもかなわない。
と、勝負、全然する気もなく、はじめから逃げてる感の強く漂う
ブログです。わはは。

今後もよろしくです。

先のコメント、短焦点ではなく単焦点(ズームではないことです)の間違いでした。もちろん長焦点レンズを念頭に単焦点と打ったつもりが、短焦点と意味不明の文章になっておりお恥ずかしい限りです。
短焦点とは、広角レンズの意味になってあまりボケません。
専門分野なのに酷いコメントです。

zoujirushiさんは、広く浅くといわれますが、決して浅くなく細かく製品名などチェックされておられるあたり、いつも感心しています。
何事にもこだわりを持つこと、大事ですね。
それにしてもアクセスが30万、すごいですね。

商品がリンクしてあって、アフェリエイトしていたら・・・

すみません、浅はかで・・

どもです。30万アクセスすげえっす。ありがたいッス。でも少なくとも
自分で何万かアクセスしてるッス。ようやく最近自分のIPでアクセス
した場合だけカウントしないって方法覚えたモンで。何ね、実はナル
システィックに、自分の書いたモン時々読み返して感心してたりする。
馬鹿ですねえ。

ま、30万アクセスありがたいですよなあ。でも多分アフリとかの色気
出してたらそうはならんのです。多分ね。売ろうとか思うと、まあどう
しても書けないことも出てくるでしょうし。あ、それに確定申告せにゃ
ならん、ってドンだけ儲けるつもりなんだってことはおいといて。

しかしmoonbさん以外にはほとんどレスがない。まあ要するにあちこち
いろんなもんをかじってるんで、検索ロボに引っかかってるみたいです。
アクセスログ見ると、滞在時間数十秒って方が実に多い。まあ実態は
そんなもんです。はは。がっくし。

またのお越し、お待ちしております。貴重な励ましありがとです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Winndows7は買ってないよと | トップページ | プリンタ EPSON EP-802A »