Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 冬キャンプ雑感② 持っていくもののことをあれやこれや考えた | トップページ | テープディスペンサー ニチバン メンディングテープハンドカッター »

2010年2月 8日 (月)

MAX ステープラー バイモ11

ご無沙汰してます。やっぱりですね、正月休みとかお盆休みとか、そんなことでもないとなかなか時間もとれなくて。というより、気力がない。まあいつものグチなんですけど。よく部下に、ため息つくと幸せが逃げていくんだよなんてもっともらしく言ったりするんですけどね、一番ため息ついてるのは私だったりします。いかんですねえ。

P1040142_2このご時世、忙しいってだけでも感謝しなきゃですな。さて、お休みも終わったんで、買い物も一段落しておりますが、まあ最近使ったもので結構お気に入りのものをひとつ紹介させてくださいな。細かいもんですけどね。文房具です。文房具も最近はあまり買ってないですが、地味に進歩してるもの、けっこうありますな。ステープラーのマックス バイモ11とか。結構いい。

ホッチキス、ではない。ステープラー。ホッチキスというのは、昔、イトーキがアメリカから輸入していた頃の会社名だそうで。今もホチキス社はあるのかは知りません。ちなみに山梨県ではジョイントという製品名で昔売っていたそうで、今でもジョイントと呼ぶ、とか、「秘密の県民ショー」でやってましたな。ビックリ。

さて。まあ呼び名はともかく基本、ステープラーはフラットクリンチでしょう。てか、昔ながらの、金具の裏側が山なりになるあれ、あのタイプを使い続ける意味ってあるのかな、と思うんですけどね。まあステープラーなんてそうそう壊れるものじゃないから、ずっと昔に買ったもの使い続けてる、とかね。たまに使うだけだから、違いがわかんないとかね。まあそゆことなんだろうとか思ってますよ。

でも。あの山なりね、事務をする人ならもうわかってるだろうけど、冊子を作ったりしたとき、冊子を止める針の部分だけページが盛り上がる。5部とかならいいけど50部とか作ると、置く場所にも困るくらい、留め具の部分が盛り上がる。そこでフラットクリンチタイプ。まあこれでも金具の厚み分は盛り上がるんですよ。ただ、だいぶマシです。でもって、金具が指先に引っかかったりしにくい。かといって、山なり止めに比べて取れやすいとかもないですしね。デメリットがない。敢えて言えば、ステープラー本体価格がわずかに高いことですかね。

しかし、フラットクリンチも、初発の頃より10年以上経ってますよね。たぶん20年くらい。お値段も昔はかなり高級っぽいものでしたけど、今時のものは高いというほどのものでもない。敢えてフラットクリンチでないものを売ってる意味がわからん。というわけで、フラットクリンチを買うべきです。しかし、昔はフラットクリンチってのは、高級機に点いていた特別な機能だったせいか、フラットクリンチのステープラーはちょっとばかり高級感がある、ような感じがするもんでした。しかしながら、最近では普及機までその機能が降りてきたせいで、ステープラー本体も少々お安い感じのする造りになってしまったのは、少々残念です。

P1040141 で、このバイモ11もプラスチックの外観の処理が若干安っぽい。これなら昔から売ってるこのタイプ、HD-10DF の方がなんとなく素敵です。まあお値段も少々お高いです。針の入れ方もフロントローディング方式、微妙に高級機の雰囲気が漂ってます。

が。バイモ11にはこれまでの小型ステープラーにはない性能があります。実はバイモ11、これまで使ってきた、というか、いわゆる小型ステープラーの定番針の10号を捨てたんです。事務所の机の中に転がってる№10のあの箱、あれがね、もう使えません。代わりに№11の針を使います。この針は巾は変わらないものの、長さが10号より長い。そのため、これまでの小型ステープラーでは20枚程度しか留められなかったものが倍の40枚まで一気に留められるようになりました。

本体の大きさ、留めるときの力はこれまでのものとほとんど変わりません。その上で40枚まで一気に留められる。これは意外と便利です。まあわたしも日常的には2,3枚程度を留めることがほとんどなんですが、たまに30枚とかの冊子を作ることがある。そう言うときに一々中型ステープラーを探さなくてもよい。これは助かります。

問題点としては、あちこちのデスクの中に転がってる10号針をどうするかってことですけど、当面は、まあ使い切るまで今までのものも使う、ってなことで解決すりゃいいかなあと。でも、意外とあちこちに針が転がってるんですよな。

まあ、ご家庭では敢えて買い換える必要のないものではあります。

« 冬キャンプ雑感② 持っていくもののことをあれやこれや考えた | トップページ | テープディスペンサー ニチバン メンディングテープハンドカッター »

生活雑貨」カテゴリの記事

コメント

HD-10のベーシックホッチキスでもない、プラスチックのHD-10D?を
入社以来15年も使っています。わざわざ山なりをリムーバー側でぐいぐい
押さえこんだりしてフラットを作ったりしていましたが。
このフラットクリンチ全盛の時代にアホらしくなり、最近PLUSの
フラットかるヒットなるものを買いました。しかしあの2段階の
(フラットにするために時間差で叩く)感触が気持ち悪いし軽い力で
とじられることをウリにしているのもあって、拍子抜け。
なんだかねぇ。とじごたえがないっつか。。。まぁいいか。慣れるでしょう。

11号も使ってみたいです。とじごたえはどうですか(笑)
100均の粗悪針じゃなければ30枚ぐらいは10号でも頑張ってくれますよね。

まぁコピー機のステープラーが壊れた時ぐらいしか使わないのですけど、
しかし、文具も色々進化してるなぁと関心します。

ステープラーのリムーバーも探すと色んな種類があって興味深いですよ。

とじごたえってどんな応えだ、って思わず笑ってしまいましたぞ。綴じ応えに価値を見いだすあたりマニアックですな。素敵です。

コピー機のホチキスは知らんです。すんません。ウチの会社は金がないモンで。そゆ文明の利器には縁がない。せいぜい私物でコクヨのリムーバーを買って使うくらいです。最近のコピー機ってすごいらしいですけどねえ。いいの、その葡萄は酸っぱいに違いないの。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬キャンプ雑感② 持っていくもののことをあれやこれや考えた | トップページ | テープディスペンサー ニチバン メンディングテープハンドカッター »