Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« VPL-HW15 その②インストールの準備ってことで | トップページ | うめえぜ カレーうどん 埼玉県狭山市「手打ちうどん 如水」 »

2010年3月 5日 (金)

VPL-HW15のその③ で、ようやく画が出る

P1010213 スクリーンはこちら。キクチの110inchの16:9のビーズスクリーンです。まあこれは初代プロジェクタを導入した時代の物ですんで、13年くらい経ってますか。ところどころ蚊が張り付いたシミが見えます。無理してシミを取ろうとするとビーズが剥がれ落ちるというので、そのままです。へへ。まあ気にしなきゃいいや。多少端の方に薪癖が付いてるけど、気にしなきゃいいや。

なにしろ適当です。

で、投影すると。VPL-VW10の投影距離と同じ位置、つまり照明の下にまで移動してプロジェクタを置いて投影してみました。んが、どうもズームにずいぶん余地があるぞ、と。購入前に投影距離とかしっかり確かめてないもんで、すごいいい加減です。なにしろレール付きの金具なもんで、多少の距離は調整できると思ってました。ですがね。どうもこのズーミングの雰囲気からすると、設置したままの位置でもいいんじゃないか、ってなことを思いました。

当然試しました。ら、問題なく壁際まで一番下げた位置でピントが合いました。あら素敵。映写の時に一々前にプロジェクタを移動させなくてもいいんだ。ここんとこはかなりありがたい仕様です。要するに400QJを使ってた方が、その金具と設置した場所を使ってもそのまま映せるし、VW10を使ってた方がその金具と設置した場所でも問題なく映せる。こゆ継続性ってやっぱ大事なんですよ。

400QJからVW10の時はそれがなかったから苦労させられました。まあその反省を生かして、今こういう製品を作っているというわけですから、ありがたい話ではありませんか。うん、SONY、なかなかいいぞ。レールは無駄になりましたけどね。いいです。またいつか必要になるかもしれませんし。懸垂だってできるし。

でだ。そこから画を出して調整します。ただ、いきなり画が出るわけじゃないです。この辺りTVと違って面倒くさい。おまけに昔と違って説明書を読むのを面倒くさがっていますから、なおさら面倒くさい。

P1010327 まず、このリモコンなんですけどね、一般的な製品じゃないせいか、日本語表記がない。よく意味のわからん表記があります。自分の求める機能と表記が一致してくれません。説明書を見ればいいんですけど、やっぱり面倒くさい。

とりあえずスクリーンを降ろして電源を入れる、わけですがね。ここでまず一つめの設定があります。天吊りってのは、通常のプロジェクタの設置の状態からすると天地が逆になってます。当然、画もひっくり返っているわけですな。そこで、この画を電気的に反転させて映して貰うように設定せにゃならんわけです。で、メニューを出して、設定を探すんですけど、メニュー自体がひっくり返って表示されてるからとても見づらい。おまけに表示の文字の意味がよくわからんので、メニューのどこに設定が入っているのかがわからん。

実のところ、こういうことは問題でもなんでもない。単に説明書を読むのを面倒くさがっているからいかんのです。わかっております。しょうがないので、説明書を読むことにしました。ああ、なるほどね。ここに設定があったのか。まあそれだけのことです。

P1010329 ここからがやっと調整です。投影っつうことですから、ピントちゅうもんがある。当初だいたいのところで合わせてますが、それは適当です。正確に合わさにゃ見られたもんじゃないですからな。テストパターンを出すわけですな。こういう感じのパターンが映るんで、そのラインがピシッと合うように、フォーカス(ピント)リングを手動で回すわけです。が、ひとつ問題が。

スクリーンとレンズとの距離は、5mくらいありますかね、そこまで広くはないか。まあ結構な距離がある。このね、年寄りの目ではそんだけ離れたラインのピントがピシッと合ってるかどうか、よく見えんのです。だけど実際に映画を見るときにはスクリーンにもう少し近づいて見るわけで、やはりピントが合ってないと困る。

そゆ時には、双眼鏡を使うと宜しいです。まあ、双眼鏡がどこのご家庭にもある物かどうかは、多少の疑問がないわけでもないですがね。ないときは、奥様にお願いしてですね、近くで見ていただき、ピントが合うか合わないかを二人して調整する、と。ちなみにウチの奥様は、「ピントが合ってるかどうかよくわからない」と宣いましたので、双眼鏡が頼りでした。

上位機種のHW85ならこんな苦労はしないはずです。オートのはずです。しょうがない、金がないヤツはその分苦労しろ、です。

さて、ピントがあったらゆがみを調整します。これまた手動でレンズをシフトさせ、上下左右の位置を確定し、台形歪みが出ている場合には、メニューの中にある「Vキーストーン」という項目で調整します。ただ、この言葉、正直わからんかった。普通に台形歪み補正、とかじゃダメなんですかね。マニュアルの索引にも台形歪みという言葉すら載ってないので、探すのに苦労しましたよ。最近の用語知らんから悪いのかもしれないですけどね。

ま、とりあえずは何とかなりました。

しかし、マニア的厳密に言えば何ともなってないと思います。へへ。まあ、要するに適当なんですよ。老眼なんてそんなもんです。どうせ耳だって遠くなってるに決まってる。かな。まあ、とにかくあまり気にならないなら気にならないでいいじゃないですか。幸せってそういうもん。ね。

P1010313 いつまでも映画を見ないで、画ばかり見ていてもしょうがない。映画を見ましょうよ。映画を。とりあえずWOWOWで録り溜めた映画が何本かありますんで、それを見ることにします。当然、夜です。昼間はいくら遮光カーテンをしてても光の漏れるのが気になりますからな。夜です。夜がいいんです。ただ普通のご家庭のホームシアターの場合、明かり対策は夜がいいですけど、音漏れ対策は昼がいいですよなあ。ウチもせっかくサブウーファーまで置いてあるのに、部屋が震えるような低音なんて出したことがない。んなもん出したら、ご近所に怒鳴り込まれて私が震え上がります、てなことを申しましてですな。おあとがよろしいようで。

いや、どうでもいい。んでねえ。そろそろまとめましょう。

やはり大画面はいい。と。目の前全体が映像世界ってのは、やはりそれだけで引き込まれます。加えて、プロジェクタの実力ですが、さすがにVW10の頃とはひと味もふた味も違います。よくわからんけど。なにしろ2年くらいプロジェクタ使ってないから、正直忘れた。でもね。正確な比較はもとよりできないけど、こんなに鮮やかなの? こんなにキレイなの? って感じですな。明るすぎるくらい明るい。データで比べると同じ1000ルーメン、なんですかね。確か。ただ感覚的にはこちらのほうが断然明るい。少し部屋に明かりを残しておいても、画面があまり白っぽくならない感じ。もちろん、部屋の明かりを全て落とした方がキレイですが、この辺りはくつろぎ感との兼ね合いもあるので、普通のリビングの場合、完全に暗くするのが絶対にいい、とは言えないです。

購入する前に実際に一度は見ておきたい、とか思いますけどね。ヨドバシカメラの視聴室とかにも置いてあったりすることがありますけど、全然違います。周りが明るすぎるのか、全然実力が発揮できてなかったんだなあってな感想です。やはり視聴するなら環境のある程度整ったところで見た方がいいですな。

真に剛毅なAVファンにはきっと別な選択肢があります。しかしですよ。普通のAVファンの家庭人の選択肢としては悪くない。つうかすげえぜVPL-HW15ってくらいのもんです。ケーブルとかのお値段も素晴らしいし、専用金具とかまで買うと+10万円のコースとなりますが、20万のプロジェクタ、今やすげえぜ、ということでまとめさせていただいて宜しいでしょうか。

« VPL-HW15 その②インストールの準備ってことで | トップページ | うめえぜ カレーうどん 埼玉県狭山市「手打ちうどん 如水」 »

AV」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにお邪魔しています。
キャンプ用のテーブルかイスの写真の時だったか、室内の写真にYAMAHAのサブウーファーが写っているのを見て、ホームシアターされているのかなって思っていました。
実は私も一時期はまったことがあり、似てるなあ・・と思って読ませていただきました。
プロジェクターは国産最後の三管(三菱LVP-2001)をいまだに使っています。
時間がなくてあまり見なくなってしまいましたが、もう10年たったんですね。
AVアンプやスピーカーも当時そろえたままで買い替えできていません。
接触不良か、故障なのか最近センターから音が出なくなってることに気付きました。
そして何よりも悲しいのは、そんなに高価なスピーカーではないにしろ、ネットをはずしておいたら、娘(小2)が連れてきた3歳くらいのお友達に、メインとセンターSPのコーン部分をかわゆい指でベコべコにされたことです。
部品見積もりだけで10万くらいとか・・・
これって親に弁償しろっていえないですよね。
泣き寝入りするしかなさそうです。

どもです。
死にそうに多忙な日々が続いておりました。睡眠導入剤の量が増えるっちゅうもんです。

私も昔は結構シアター作りに夢中になったんですな。で、まあ結論から言うとカメラと同じで、よくわからん、です。絵とか音とか違いを観分ける能力が低い。んで、お金をつぎ込むのがばからしくなって、最近はご無沙汰してましたが。最新PJ、安いくせにけっこう凄いですぜえ。

スピーカーは、私もかなり年期が行ってきたので、ちょとコワイ。ダメになったらそれこそ修理代が10万とかしそうです。つうか部品まだあればいいですけど。もう15年くらいになりますから。かといって、壊れてもやっぱりmoonbさんと同じで、買い換えられないような気が。今更スピーカーに何十万もつぎ込む根性がないです。

なんつかバブルの残り香で買っちゃったような、そんなもんです。

またよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« VPL-HW15 その②インストールの準備ってことで | トップページ | うめえぜ カレーうどん 埼玉県狭山市「手打ちうどん 如水」 »