Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« トステム 二重窓 インプラス | トップページ | G.W.キャンプ① キャンプに行って観光地お値段を考えた »

2010年4月25日 (日)

オスプレー ザック ストラトス36

自転車ブーム、と言ってもいいのではないかと思いますよ。特に中高年の。ブーム。中高年のブームと言えばもうひとつ。山。ね。中高年の登山中の遭難事故が増えている、とかそゆ記事も見たりとか見なかったりとか。まあ、報道が増えているから事実が増えているなんて思うとえらい間違いをします。報道ってのも商売ですから、客の目を引く記事を載せて購買意欲を誘うってのも、実によくありますんでね。あまりアテにはなりません。

ニュース性が低くなると全然報道しないですからね。報道価値があるかどうかは売れるかどうか、みたいですぜ。いや、報道人個人個人は頑張ってる人もいるんでしょうけど。まあそれはどんな仕事でも同じですけどね。

いやいや。脱線しちまったですな。

でな。山ブーム。ウチもね、いい加減熟年夫婦なんで、山ブームです。もともとキャンプ好きの山好きですから、山歩きの道具なんかは結構揃ってます。あ、あくまでも低山逍遥、ハイキングレベルです。そういや一時ボルダリングに凝った時期もあったんですけど、いかんせん体が硬すぎたのと、手の皮が軟弱すぎたので挫折しました。えへ。かじるだけならいろいろかじってます。

P1010409 最近はザックも買ってなかったんですが、奥さんが新しいのを買ったのをきっかけに、こういうの買ってみました。オスプレー ストラトス36。

ザックの善し悪しってのは、体に合う合わないってのが大きいと思うので、一概に語れるものではないですけどね。

今回ザックを選ぶに当たって重視したのは容量と暑さ対策です。若い頃ほどではないですけど、けっこう暑がりなんで背中に熱がこもるのはイヤなんです。とは言っても背負う以上は背中に熱がこもるのはしょうがない、と思ってたんですけどね。奥さんのザック選びにつきあっていたら、最近のモデルは進化してるんですな。これとかグレゴリーとか、ドイターとか、背中にフレームを入れてメッシュ生地を張り、ザックの背面が背中に直接当たらないようになっているものが出ています。

このタイプのザックは背中部分がアーチ状になっているので、見た目より荷物が入らないのは欠点ですが、見た目の分だけ重くなるって訳ではないので、必要な容量のものを選べばいいだけです。

P1010408 実際どうなんでしょうかなあ、と思ったんですが。これ、いい。背中に熱がこもる感じが全くないです。まあそりゃあ暑いときには背中だって当然汗をかきます。これにしたからって汗をかかなくなる訳じゃあありません。ただ風が抜ける感じがあります。んで、そこんとこだけ異常に熱が上がる感じがない。むしろ冬場は寒くてイヤかもとか思うくらいです。ただ、背中が空く分、少し重心が後ろに行くようで、あまり重い荷物を入れるのには向いていない気がします。

この背中の部分には荷物をぶち込むこともできますんで、ちょっと脱いだウィンドブレーカーを挟んだりすることももちろんできます。もともとはハイドレーションシステムを入れたりするようですけど。

それ以外にこのモデルの気に入ったところは、荷物の入れ方ですな。雨蓋付きのトップローディングタイプなんですが、実はフロント側に大きく開くジッパーがあって、パネルローディングと同じような使い方もできます。あまり荷物の詰め方が上手い方ではないので、こゆ融通の利くところはありがたい。

細かい点ではヒップベルト、ショルダーベルトに付いてる小物入れ、これ結構便利で重宝してます。昔のザックにこんな洒落た工夫はなかったですからなあ。自分で小さな小物入れを買ってきて付けたりしてたもんです。それに比べるとずいぶんとスッキリしました。

P1010413 ちなみに奥さんのモデルはストラトス24。こちらも容量の割には大柄ですが、デザイン的にはスッキリとして素敵です。ちなみに今回の我が家的山歩きブームは奥さん発祥です。やっぱり女性は年をとると山に登りたくなるんでしょうか。つうくらい、日曜日の朝の電車の中は、山行きスタイルの年配女性オンパレードなんですな。まあ若い女性は虫だの汗だのトイレだのに悩まされるくらいなら、公園のお散歩の方が良いと思われるのも仕方ありませんけどな。

我が家的には奥さんアウトドア度が更に前進したのは、大歓迎であります。今度のキャンプにも、どっかハイキングの予定を入れなきゃいけませんな。楽しみ楽しみ。そのうち自転車にも一緒に乗ってくれませんかなあ。

« トステム 二重窓 インプラス | トップページ | G.W.キャンプ① キャンプに行って観光地お値段を考えた »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トステム 二重窓 インプラス | トップページ | G.W.キャンプ① キャンプに行って観光地お値段を考えた »