Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« キングジム ポメラ DM20 その後 | トップページ | パールイズミ メッシュ UVアームカバー »

2010年7月11日 (日)

ロードバイク用ボトル CAMELBAK ポディウムチルジャケットボトル 再び

つうことでね。小さなことからコツコツと。ですよ。大きなネタを書こうとするから時間もかかるし、モノもそれなりのものにしようと頑張っちゃう。人間、無理をしちゃいかん。そこで、小さなことからコツコツと。

いやね、考えてみると、使ったもののことだけ書く、なんですけどね。使ってから書いてはいるんですけど、ネタ探しに追われる日々を送っていると、そうそうネタを寝かしておけない。使い込みが浅いうちに、ついつい書いてしまう。まあ、それも必要ではあると思うんですよ。商品としての鮮度があるうちに記事にする。ネットで評価記事を見たいなあと思ってる方々には、ないよりは未熟でもあった方がいい、かもしんない。信頼度の低い情報があってもどうすんの、って議論もありますけどね。

で、話を戻しますとな。何ヶ月か、あるいは1年とか使ってきて見えてくるものがあるわけです。で、昨日もポメラの記事を再度上げたわけなんですけど。他にもいろいろとね。買った当時はいいと思ったけど、いつの間にか使わなくなってきたのはなぜ、とかあるわけです。そういう、評価の視点が変わってきたものについては、やっぱりもう一度ふれたいなあ、と思うようになってるわけです。

そこで今回もキャメルバックのポディウムチルジャケットボトル。前回は、なかなかいいですよぉ、と書きました。実は、今回もなかなかいいですよぉ、の第二弾。

P1010347 ところで、ロード乗りのみなさんなら、こんなものお使いになる方もいるでしょう。ツールボックス。最近ちょっと流行ってました。空いているボトルゲージを使って、ちょっとしたツールやお金を入れられる便利小物です。私は短いタイプと長いタイプ、二つ持ってます。んが。結局、今は使ってません。ショートタイプは、わりあいと使い心地よかったんですけどね。止めました。

あ、ロングタイプはね、止めた方がいいです。大して高いもんでもないんで、買っちゃってもダメージはそんなに大きくないですけどね。深すぎて使いにくいんですよ。下の方に入ったものを取り出すのはかなり面倒ですし、しかも、がたつきを押さえるために内部にクッション材を使ったものは、容量が一回り小さくなってます。細いし深いしで、使いにくいことこの上ない。止めた方がいい、と思いますな。

じゃあ、ショートタイプを使えばいいわけなんですけどね。そうもいかない。ボトルゲージ2個ともボトルのために使いたい。そゆときどうすんだよって。そこにつきるんですよね。冬場だけツールボックスを使うって選択肢は、ないです。持ち物のパッケージングって考えるの結構めんどうです。あれをここに入れ、これをこちらに、なんてチョコチョコ変えてたら忘れ物の元です。ってことで、ツールボックスは止めました。

で、ボトル二本使いですけどね。ポラールとキャメルバック、使ってました。ポラールは、今でも雑誌を見ると「圧倒的な保冷力で」とか書いてあったりしますけど。適当なことを言ってます。全然保冷しません。氷をざくざく入れても、夏の炎天下30分程度しかもちません。初夏のさわやかな陽気でも、1時間程度のものです。

ところが、同時に使ってるキャメルバクのポディウムチルジャケットボトル。同じ時間でも氷が残ってます。炎天下でさえなければ3時間近く冷たいままです。これは断熱材の違いでしょうね。ポラールのほうは二重構造の内側にアルミホイルを入れて外部の熱を反射する、とか言ってます。反射しますかねえ。そりゃまあ反射するんでしょうけど、それによって保冷されているかってと疑問です。だって、現実に保冷をメインの用途とするクーラーボックスなんかで、そういう構造をしてるものがない。二重構造の内側は真空がベスト、そうでなければ空気を断熱材として、対流による熱の伝搬がおきないように、発泡性のスチレンかなんかを充填する。そゆもんでしょう。まあ素人なんで、適当なことを言っとりますが。

で、ポディウムチルジャケットボトルの内側は発砲ポリスチレンのシートのようなものが入っています。まあたいしたもんではないです。冷やした500mlペットボトルにかぶせるジャケットみたいなものが100円ショップで売ってますけど、そんな程度のもんでしょう。しかし。これがポラールのアルミよりはるかに確実に効くわけです。

P1010687 前回もご紹介したように、飲みやすい飲み口、押しやすいボディ、それで比較的優れた保冷性能、とくれば、もうポラールを使う意味がない。てなことで今回追加お買い上げです。
ただ一点、私の使い方でちょっと困っているのは、二本使いにしてですね。一本は予め冷凍庫で中身を完全に凍らせていくんですな。走ってるうちに解けるようにと。これがちょっと気温が低いと、二本目が飲みたいときに解けていない。これがね。ちょっと問題っちゃ問題なんですよ。贅沢ですかね。

« キングジム ポメラ DM20 その後 | トップページ | パールイズミ メッシュ UVアームカバー »

自転車」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。