Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« あぶくまフォレスターズビレッジkobittoに泊まってみた | トップページ | KMC ミッシングリンク 10Sチェーン用 »

2010年8月19日 (木)

福島でB級を喰うこととか

とは言えね、前回お伝えしましたように、こびっとさんのある付近は不便きわまりない。いい意味でね。うん。たいていの場合、「いい意味でね」と付けておくと、悪口を言ったことにならないという、魔法の言葉。悪用しちゃいけませんぜ。

さてと。うん、だからあまり外で食事もしてないし、台風の影響もあって風が強かったので、ガスコンロも最低限しか使ってないので、あまりウチ飯も凝ったモノは喰ってませんの。

P1010776P1010777_2 とりあえず、キャンプ場に行く途中、浪江町には「浪江やきそば」という名物があります。名物、かあ。まあねえ、焼きそばと言えば富士宮やきそばとか横手焼きそばとか、我が近所川越にも太麺焼きそばとか、まあいろいろありますよ。お祭りと言えば焼きそば、というかね。B級グルメとか最近ではガツ飯とか、まあそんな感じのモノ。

それなりに工夫は凝らしてるし、それぞれ旨いし。別に文句はない。けどねえ。町おこしのためのB級グルメ名物作りばかりしてると、やっぱり飽きられると思うんですよ。ただこちら、浪江焼きそばはそれなりの歴史があるようです。浪江の焼きそばの元祖を謳ってます。焼きそばなのになぜに縄のれん、と思いましたが、中にはいると確かに縄のれん。くたびれた小汚い居酒屋です。いや、いい意味でね。こういうお店でガラスのコップに熱燗注いでもらって、するめつまみに飲むってのは、実に好きです。なんかニヤニヤしてしまいますな。

P1010779 極太麺がウリらしく、茹で上げとつくるのに40分かかる、みたいなことがメニューに書いてありました。まあ40分はかかりませんけど、確かに時間はかかります。30分くらい。あんま変わんないか。

麺は確かに極太麺。うどんの細め、稲庭うどんより太いかなあという感じ。ソースは、うん、ソースなのかなあ。あまりスパイシーではないのですよ。市販の甘めのソースをスープで溶いて使うような、ぬるっと多めのソースが絡んでます。旨いですよ。青のりとかキャベツとか紅ショウガとか、欲しいと思います。味的なものではなく、色合いが寂しいって意味でね。だから、そういうものに代わる何か色合いがあると、もっと美味しそうに見えるんですがね。

まあ、そこらへんがあまり工夫されすぎない、昔からある浪江焼きそばらしいっちゃらしい。それでいいのか。

P1010876P1010872 こちらは岳温泉にある「成駒」。いや、東北と言ったらもうそれこそソースカツ丼。とか思って、こないだ仙台出身の部下と話してたら、なんすか、それ、って言われちゃいましたよ。しかし、福島と言ったらソースカツ丼でしょう。個人的には、会津若松市の白孔雀食堂最強(いろんな意味で)と思ってますが、まあ「めでたいや」だって悪くない。で、岳温泉のソースカツ丼の名店と言えば「成駒」なんですな。そしてこちらがソースカツ丼。甘辛ソースがしっかりとカツとご飯に絡んで食が進みます。しかし、個人的な好みで言えば、カツが立派すぎです。カツカレーもそうなんですが、カツは薄めが好みです。衣のパン粉は細かめが好みです。B級食ってなそんなもんです。

P1010880 B級外食はもう一軒。常磐道上り四倉PAにある食堂「よつくら亭」。常磐道に限らず東北道などでも、東京から離れるにつれ3車線あった道路が2車線になり、やがて1車線対面通行になります。SAもPAも、どんどん小さくなっていき、PAなんぞは最終的にはトイレと自販機だけになったりします。まあ利用者が少ないってことだから仕方ないですな。

ところが常磐道富岡ICに一番近い上りPA、四倉PAには東京に近いPAなみに食堂やお店があります。もっとも平日来たときには寂しいもんでしたが、お盆の日曜日は大繁盛していました。そりゃそうだろう。

そんでですな、ここのよつくら食堂の面白いところは、扱う食事の種類です。どうも地元のP1010881P1010882魚を食べさせるコンセプトらしく、要するに市場食堂のノリなんですな。今回、食べたのは、奥さんが北寄丼、私が魚天丼です。お客さんが多かったこともあって、調理場の中は、それこそ魚市場のように元気のいいおっちゃんとおばちゃんたちが調理していました。お値段も市場食堂並みですし、メニューもPAを越えています。すごく旨いってわけではないけど、そこらのSAのキレイなレストランで喰うより面白い、と言っておきます。要するにB級食、なんですけどね。いや、いい意味でね。

つうことで、今回の福島はB級食の旅でありました。いい意味でね。もういいか。

« あぶくまフォレスターズビレッジkobittoに泊まってみた | トップページ | KMC ミッシングリンク 10Sチェーン用 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
白孔雀食堂を調べてみたら、もの凄い写真が出てきて驚きました。
会津若松には、煮込みソースカツ丼を提供するお店もあるそうです。
http://www.shoepress.com/b-grumet/b-grumet05.html
浪江焼きそばも最近注目されていますね。
福島もですが、東北はB級グルメが熱い! ですね。

白孔雀はねえ。ありえないですよ。カツ丼もさることながら、店が凄い。あんだけ客が入ってるんだから、新しいビルくらい建てられるんじゃねえの、とか思いますけどね。まあ、あそこは店のインパクト自体が味、みたいなところがありますから。敢えてあの店で、ってのがコンセプトかもしんないです。

以前、行ったときには、小さなテーブルがいくつか並ぶ横に小上がり風の座敷があり、そこにコタツが置いてありましてな、おばあちゃん二人くらいがコタツの上のミカンを食ってました。ご健在でいらっしゃるのかな。生活空間の横で凄いソースカツ丼を食う、その非日常的な世界が強烈でしたよ。ぜひ一度行かれてみてください。ちなみにお店のトイレも強烈な印象がありましたぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あぶくまフォレスターズビレッジkobittoに泊まってみた | トップページ | KMC ミッシングリンク 10Sチェーン用 »