Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ポラールとキャメルバックを使い続けて懺悔する | トップページ | あぶくまフォレスターズビレッジkobittoに泊まってみた »

2010年8月16日 (月)

コールマン コンフォートマスター コンパクトローコット

食う寝る遊ぶ。お元気ですかぁ。

何のことかわからんかたは、わからんでいいです。おっちゃんには懐かしい台詞なんですよ。ね。

P1010783 しかし。キャンプでは食う寝る遊ぶ、が大切です。いかにして快適な食う寝る遊ぶを確保するか、ですな。寝床っつう意味では、以前こんなものを紹介しました。なかなか快適です、と。

ところがですな。歌は世につれ世は歌につれ。いや、違うな。祇園精舎の鐘の音、諸行無常の理を現す。だな。うん、つまり物事は移り変わっていくのですよ。経年劣化、というものがあるわけです。うん、そう人間もね、って。こら。

そうじゃなくて、快適だったコット、三年ほど使う中で、徐々に劣化していたらしい。です。壊れた訳じゃないんですよ。見た目はまだまだ普通に使えます。ところがな。布地が徐々に延びてきていたらしいんです。張っただけではわからんのですが、寝てみるとずいぶん沈み込むようになっていました。特に体の重心、腰の部分あたりが沈み込みます。

これがどういう影響をもたらすかと言いますとね、体が固定されるんです。体が固定されるということは、寝返りが打てない。寝返りって大切です。褥瘡(じょくそう)、なんて恐ろしいもんも寝返りが打てなくて、血行が滞ってしまうためらしいですが、そこまでいかなくても、同じ姿勢を強制的に続けるってことで、体が凝ります。つっか痛い。もう全身が痛い。

実はゴールデンウィークのキャンプの第一日目、夜中に体が痛くて目が覚めました。その後はね、実は地面に毛布を敷いて寝てました。もちろん地べたは堅いので、体が痛い。でもそのほうがまだマシってくらいでね。こりゃもうダメだ、と。このコットはもう使えないなと。そゆことになったわけです。

昔使ったインフレータブルマットに戻ろうかとかとか、考えたんですけどね、夏場の快適さを考えるとコットは捨てがたい。ですな。使いやすいんで同じものを買い直すという手もあったんですが、買い直すとなるとアレはちょっと重い。かさばる。ほかのメーカーの製品と比べて、決して重すぎるわけでもないし、かさばるわけでもない。そうは言っても、やはり大きいことには変わりはありませんがな。

P1010781 そこで、今回は同じコールマンのコンパクトローコットを購入することにしました。収納サイズも重さもほぼ半分。持ち運びも楽ですし、なにより車の中に納めるのが楽。

みなさんもそうでしょうけど、ねえ。車の中パンパンでしょ。大きなテントがほしいとか便利な鍋がほしいとか、ちょっとずつ荷物を増やしていった結果、車の中はパンパンですよ。ものを減らす為にものを買うってのは、矛盾だなあとは思いますけどね。

まあ、今回はものを減らす為に買うわけではないんで。あくまでも買い換えの時に、できるなら小さいものをってなことでね。勘弁してくださいの。

さて、コンパクトローコット、メリットは収納時のコンパクトさと軽さとですが、デメリットもあります。イージースリムコットに比べて組立が面倒ってことですな。スリムコットは①袋から出して、②脚を広げる。以上。

P1010724これに対してコンパクトローコットは、①袋から出して、②パーツ(シート地、サイドバー、脚)を広げる、③シートのサイドにバーを通す、④広げた脚にはめ込む、という手順が必要です。けっこう面倒。

しかも、この③の作業がかなり力任せです。布地にテンションをかけるため、かなりキツキツに作られてるんですね。実は、最初に買ったとき、このキツキツさが半端じゃなかった。汗だくになって全力で押し込んでも、どうしても押し込めない。こりゃあ絶対、生地の方が短いと判断せざるを得ない、そういうもんでした。

P1010723 こういうときは、カスタマセンターです。早速電話しました。キャンプに行くまで一週間しかなかったので、ちょっと焦りましたが、カスタマセンターは速攻対応、往復4日間で交換対応してくれました。まあ商品に血管があったわけですので、交換は当たり前ですが、誠実さが感じられると感謝の思いがわきますな。

ま、ともかく、交換品は少し力を入れると押し込めます。ただ、女の人には厳しいんじゃない?ってレベルではあります。脚のセッティングはそれほど難しくはありません。はめるだけです。

肝心の寝心地ですが、快適です。脚が多い(10本)分、横方向へのテンションがかかる部分が多いので、体を支える感も強く、まあこれはたぶんに期待を含んだ想像ですが、ヘタリも少ないのではないかと。まあ三年経たないとわからないですがね。

それに以外とらくちんなのが乗り降りですね。うーん、これは今まで使っていたコットが、沈み込むタイプのソファと同じように、体が沈み込んだせいで、立ち上がりにくかったってことがあるかもしれません。まあそれを差し引いても、ちょいと体をずらせば降りられる、床との高低差が16cm程度なので、コットの周りにおいてあるものを取るのも楽ってのがあります。ヘッデンとか水筒とか、時計とか。夜中に手を伸ばして探すのがすごく楽です。

もちろん、その分、乗るときには低い位置まで腰を下ろさなきゃならないわけですけどね。スリムコットの場合、コットの下に荷物をおくことができるってメリットがありますけど、コンパクトローコットではそれはできない。うちの場合はまだ奥さんがスリムコットを使っているので、奥さんのコットの下に荷物を置いたりしてまして、これは便利です。

あと、問題点としては、お値段ですねえ。イージースリムコットに比べて、約4,000円高いわけで、しかもチャチい。すぐに壊れたらイヤですよねえ。まあ、そのあたりは使いながら検証するしかないです。できればそういう検証はどなかたやっていただいてから購入したかったわけですが。

どなたかねえ、そういう検証をするブログ、やってくんないですか。それ見た後で買いますから。

« ポラールとキャメルバックを使い続けて懺悔する | トップページ | あぶくまフォレスターズビレッジkobittoに泊まってみた »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

私がちゃんとキャンプをやろうと思って最初に買ったのが、実はコットです。知人に連れて行かれた、小学生以来のテント泊が、カラダが痛くて眠れなかったからですが。

購入したのは、CAMPTIMEのRoll-A-Cot。米国出張の折にREIで展示品を安く貰い受けてきました。
http://outdoorgoods.org/?pid=5246519

濡れ物が置ける、メッシュなので風通しがよい、組み立てに力が不要というメリットは妻も喜んで、こいつのおかげで、以降のキャンプグッズの購入許可がおりやすくなるほどでした。昨年、子供たちがこいつの傍で花火などしたため、焼け焦げが出来ていますが、張り替えて使うこともできるので、生涯使うことになりそうです。

REI、いいですねえ。ってそこに反応するんかいって感じですな。
一応会員のはずです。年会費とかどうなってたかな。まだネットとかない頃、カタログ取り寄せて、ファクスでアメリカまでオーダーしたりしてました。ちょっと前には、グランベリーモールにも日本店があったりして、時々行ってました。今やモンベルになってしまいましたが。いや、モンベルも好きなんですけど。すみません、話がずれてます。

Roll-A-Cot、いいですね。軽くて設営が楽ってのが。気になる沈み込み、ヘタリ感、そのあたりの使用感もきっとおすすめなんでしょうなあ。どっか展示してあると嬉しいんですけどなあ。REIのサイトでも$122で買えそうなんで、チャレンジって手もありますが。ただ海外から買うと、アフターはないと思った方がいいですもんな。うむむ

初めまして。
私もこのコットを買ったのですが、
シートの張りが弱く骨盤がフレームと接触してしまい 現在使っておりません。

もしかしたら、同製品でも個体差があるのかもしれませんね。

それとも コンフォートマスターだとちゃんと作られているのかな?


真反対のレビューだったので ついコメントしちゃいました。
いつも見てるので また次のレビュー楽しみに待ってます~

どもです。なかなかお返事できず申し訳ない。

私のコット遍歴ですがね、結局イージースリムコットの、記事を押し込むのに疲れ、スノーピークに流れましたが、結局、どんどん巨大化していくキャンプ道具に疲れ、それら全てをなげうって、はい。キャンプはコテージ泊、ということにしてしまいました。まあ、年寄りですからねえ。のんびり過ごせればいいんです。道具に振り回されちゃ、本末転倒ってもんでさぁ。ってことで。

道具論を書いている人間にあるまじき発言であります。またよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポラールとキャメルバックを使い続けて懺悔する | トップページ | あぶくまフォレスターズビレッジkobittoに泊まってみた »