Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 黙祷 そして行動 | トップページ | 液晶TV 壁掛け金具 LCD-ACE-300S メーカー不明 »

2011年4月 3日 (日)

節電のために東芝 REGZA22A2Kを買う

再開、であります。

正直ね、いろいろな思いがあります。ありますよ、そりゃ。ないわけがない。阪神大震災の時、ちょうどねインフルエンザで高熱を出してしごとをやすんでいたんです。40度近い熱が出ましてね、午前10時頃にようやく起き出してきました。で。テレビを点けて、あの町の光景を見たんです。なんだ、これは、と。

忘れ得ない光景でした。あれから10年。ああ。

いろいろな思いがあります。耐えがたい思いがあります。しかしね、それでも人は進みます。進まにゃならんのです。それが生きていくということであります。いつまでもただ苦しんでいるだけでは、人は生きていけないのです。少しずつ、進みましょう。少しずつ。

で、ですな。まあこういうテレビを使っております。これはですな、プロジェクションTVです。これの問題点ですが、ランプを使った投影ですんで、やはりそれなりの電気を使う、ということでありますな。それゆえの良さもあるわけですが、このご時世、関東地方においては節電はもはや人の生きる道でありましょう。

というわけで、我が家もとにかく電気を消しまくっているわけですが、かといってね、テレビはね、いるでしょう。こんなご時世ですからね、逆に情報収集も必要なわけです。

というわけで、でもないですが、まあ電気を消したウチの中にいても辛気くさいんで、ちょっと近所のヤマダ電機にでかけましたら、店の中の伝統も半分くらい消えていて、辛気くさいことこの上ない。そんな中、店の中を歩いていましたら、小さなテレビも並んでおります。普段ならそんな小さなテレビなど見ないんですが、やはり節電意識が身に付いてしまったのか、見てしまったわけです。とね。これがお安いんですよ、実に。

液晶TVなんてものは高級品だと、おっちゃんなんかは思ってる部分がどうしようもなくある。しかしね。いつの間にか世界は変化していたわけです。ちょっと前にブラウン管の小さTVがやたらと安くなっていた、そのレベルに近いまで値段が下がっているではないですか。たまたま見た19インチの東芝の液晶TV REGZA19A2が29,000円。安い。いや、こういう状況で育った若い方ならそうは思わんのかもしれんです。しかしね。おっちゃんには革命的でした。

P1020690 この瞬間ね、節電のためにTVを買う、という選択枝もありなんではないか、そう思ったわけです。エコ換え、ではないですよ。エネルギーの絶対値としては、買い増しはむしろ無駄かもしれません。しかしね。買い物をする、ということは経済を回す、ということでもあります。ものが売れなきゃ日本経済も成り立たんでしょう。で、あれば、買おう。と、そう思ったわけです。

ついでに、このテレビをリビングではなく寝室におけば、冬の寒いとき、広いリビングを暖房しなくてもすむ、夏場の暑いとき、狭い寝室だけを冷房すればよい、そんな考えも湧いてきました。更なる節電効果がある、と思うんです
な。

ということで、29,000円のREGZA 19A2Kお買い上げです。というわけではない。なんぼなんでもそこまで考えなしではないです。まあ、考えなしですけどね。とりあえず帰って、この価格が安いのかどうか、ネットで調べてみることにしました。結論から言うと、最安値ではないです。もっと安いところはあります。アマゾンももっと安い。しかしですな、修理が必要となるかもしれないものは、アマゾンで買うのは怖い。

とにかくですな、ネットで調べた結果、ヤマダ電機の19A2Kは最安値ではないにしろ、そこそこ安いし、何より近所にあるお店なので安心、とか思ったわけですよ。買おう。しかしね。更に言う。しかしですね。本当にREGZAでいいのか、あるいは19A2Kでいいのか、と考えるわけです。寝室に置くなら、ウチの場合壁掛けを選択せざるを得ません。壁掛けとなるとベッドからはそこそこ距離がある。19インチでいいのか、更に、言うとA2というシリーズにはHDMI端子はあるのでHDDレコーダーはつなげるものの、はやりのUSBHDDをポンとつないで録画できるという機能はありません。これでいいのか、と。

P1020691悩んでいるウチに面倒くさくなってきた、という思いがあったことは否めません。とりあえず、サイズです。22インチにしました。壁掛けする事を前提に、かつリビングのテーブルにおいて使う程度の小ささ、大きさ、ということで少し大きくしました。そうなるとお値段36,000円くらいになります。これはちょっと微妙な値段です。昨今の液晶TV事情を見ると、32インチ程度が一番の売れ筋らしいです。売れ筋は、数がでるから安いです。下手すれば、このお値段で32インチが買えます。しかし間違ってはいけません。今回の目的は、限られた予算でできるだけ大きなリビングTVを買おう、というのではないんです。節電と、それが終わったときに寝室の壁掛けTVがほしい、ということなんであります。

であれば、ここは我慢して22インチを選びます。その上、そういう目的であれば録画機能はいりません。夫婦で録画したビデオを見るなら、60インチTVか110インチプロジェクタで見ればいいんです。録画機能はいりません。繰り返します。繰り返さないと、やっぱりあった方がいいんじゃない、とか自分自身が語りだすからです。いらんのです。シンプルに、お安く、小さく、です。

さて、使ってみての感想ですが、例によってここはあっさりと行きます。全くなんのためレビューなんだか。とはいえね、言っちゃあなんだが、所詮は家電TVです。画質や音質を競う高級機ではありません。期待しすぎることはできません。

しかし、結論的にはかなりいい、です。基本半可通なんで、画質の本質的な部分では、AV評論的なことは言えんので適当ですが、画作りの演出的な部分がすごくうまい、と感じます。鮮鋭感、精細感、色味、色温度、実際はどうか知らんのですが、きれいと感じる画作りが非常にうまい。たぶん、これは私の感覚の老化が進んでいることも影響してると思います。つまり、目も耳も鈍くなってきているので、はっきりくっきりとした、わかりやすい綺麗さの演出をしている、ということではないかと。

まあ、それは感性の鋭い方にとっては、どぎついかもしれません。人工的かもしれません。しかし、年をとるとそういうわかりやすさも悪くない。そう思うのです。画質調整なんてめんどくさくてやってられないよ、そういう方には十分な綺麗さです。明るさはちょっと落としましたけどね。

わかりやすさ、ということでいうと、録画機能が付いていないことで、リモコンもシンプルです。かつてのアナログTVほどではないですが、このシンプルさもなかなかです。電源入れてチャンネル選んで音量を決める。ならこれで十分です。

以外といいのが、立ち上がりの早さ、です。これは絶対的なものではないんで、ご注意ください。同世代のほかのメーカーのものと比較したわけではないです。今使ってる液プロやブルーレイレコーダーと比較しての話です。立ち上がりに5秒10秒かかるのが当たり前だった機種を使っていた身としては、2~3秒で立ち上がるTVというのは、実に新鮮。朝の忙しい時なんかには、気分的に気持ちがいいです。これもシンプル機能ゆえか、などと憶測するわけです。

サイズ的にも、リビングのテーブルの上に置いておいてもそれほどじゃまにならない。まあ、これはテーブルの大きさによるので、普通の4人家族の、いわゆる食卓なら邪魔でしょうな。ご飯を置く場所がなくなります。まあ、うちは二人しかいないんで、平気です。

問題点、といえるような問題点は今のところでていません。が、あえて言えば、節電中で照明を落としたリビングで、テーブルの上に置いた小さなTVをのぞき込むように見る風情が、なんとはなしにびんぼ臭いんですが、まあねえ。今はゴージャスを望む時期ではないんで、しょうがないでしょう。TVを見られるだけでもよしとしましょう。ありがたいですなあ。

« 黙祷 そして行動 | トップページ | 液晶TV 壁掛け金具 LCD-ACE-300S メーカー不明 »

AV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黙祷 そして行動 | トップページ | 液晶TV 壁掛け金具 LCD-ACE-300S メーカー不明 »