Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 節電のために東芝 REGZA22A2Kを買う | トップページ | 埼玉県坂戸市 天然温泉 ふるさとの湯 »

2011年4月 9日 (土)

液晶TV 壁掛け金具 LCD-ACE-300S メーカー不明

ということで。まだまだ先の見えない日々であります。桜の花も満開となりましたが、公園は静かなもんです。ああ、もともと私は花も見ないで飲んだくれて、カラオケやら一気飲みやらした挙げ句、ゴミを散らかしていく花見とやらは、とんと理解ができません。小さな子を連れた若い夫婦がお弁当を広げている風景は、それは心温まるものでありますがな。しかし、庶民のささやかな楽しみというならば、それはそれでありかと思います。ただやはり、節度というものを持っていただきたい、とまあ、エラそうに講釈をたれてみたりします。

さて。先日購入した液晶TVですが、いずれは寝室に持ち込んで壁掛けTV化したい。そのためには壁掛け用の金具が必要です。実はTVを買うときに、きちんと純正品の値段も調べておりました。東芝の純正品、おおよそ5,000円ほどなんですが、これが見るからに実に大したことのない代物でしてな、ほんとうにただの鉄板曲げて箱状に加工しただけの金具です。上下に角度を多少変えられるだけの、金具が5,000円。うーん。どうなんかなあ。10,000円ほど出すと、上下左右に首を振れる金具も買えますが、うーん、これもなあ。

いくらTVが安くても金具がこんなに高いんじゃなあ、とか思いました。で。こういうときは互換品を探します。純正と同じ規格で他者が作ったもの、これを互換品と言います。

もちろん純正の方が安心です。ここが微妙な話です。例えばですね、互換品というとプリンタのインクなんかがメジャーです。ただ、ああいうものは互換製品を使うと、プリンタメーカーの保証は受けられなくなります。最近のプリンタはともかく、ちょっと前までプリンタというのは実によくインク詰まりを起こすものでした。そうしたときに、互換品を使っていると文句の言いようがない。

あるいはデジカメやビデオカメラ用のバッテリパック、こういうものにも互換品があります。しかし、これもなあ。まだ使ったことがないです。特にリチウムイオン電池というのは扱いを間違えると爆発することもあるらしい、と聞いたことがあります。大事な記録を扱うのに、少しでもリスクを減らせるなら、やはり純正、と思うんですな。

P1020697 で、今回の金具。金具となると、本当に互換性があるのかどうか、純正ならきちんと使えるのはわかってるけど、たぶん中国製だろう互換製品は、使えるかどうかだれが保証してくれるんだ、って話です。いや、違う、使える、とは言ってくれるんですよ。例えば、今回の金具LCD-ACE-300S、これを扱ってる楽天ショップは返品可能を謳ってますし、きちんと対応表も載せている。ただ。ただですよ。メーカー自体が保証する、というのと、そこらへん安心度が違う。特に初めて使うショップは、不安でしょ。返品可能、とか言われても、ひょっとして騙されるかも、とか思うじゃないですか。

うん。そうなんですな。困った。

まあ、私はエイヤって、飛び降りたわけですけどね。まあ4,000円くらいだったんで、とりあえずいいや、ってなもんです。

P1020696 で。付けてみました。おお、付くぞ。この位置、サイズ、見たことがある。ああ、そうだ。思い出したぞ。以前PCのモニタに付けるアームを買ったとき、VESA規格ってのを聞いたことがある。

液晶モニタにアームや壁面取り付け用金具を付けるためのねじ穴の位置、これって各メーカーが好きにしてるわけではなく、VESAという業界団体が統一しているらしいです。うん、それで、金具をモニタに付けるねじ穴の位置、サイズが揃ってるのか。となれば、もちろん全ての液晶TVがVESA規格に準拠してるというわけでもないでしょうから確認は必要ですが、とにかくVESA規格のものが使える。ということになります。

Epson004_2 これはありがたい。実は、今回純正品を買わなかった理由がもう一つあります。それは金具を壁面に付けるねじ穴の位置です。TVの方ではないです。壁の方です。ウチの寝室の壁は石膏ボードです。ご存じと思いますが、ネジは効きません。石膏ボードにネジ止めしても簡単に抜けてしまいます。壁掛けTVではなく、ただのTVの残骸になる可能性が高いです。

ただし、石膏ボードのパネルの裏には、パネルを支える木の支柱が入っています。ここにネジを打ち込むわけです。問題は、パネル裏の支柱をどうやって探すか、ですが、まあここは壁裏センサーを使うしかないでしょうな。プロなら壁をたたいて音で聞き分けるところですが、こちとら素人です。文明の利器に頼りましょう。ということで、数年前に別件で購入していたBlack&Decker社製のこれ。今回のテーマではないですし、現行製品でもないんで、あまり語りませんが、ちゃんと壁裏の柱を探してくれます。

で。その結果、どうやら液晶TVを付けたい辺りには、縦の支柱はあるけれども、横の支柱がない。しかも支柱の太さはせいぜい3~4cmほどしかない、っぽい。ということがわかりました。となると、金具のねじ穴も四角の頂点に並んでいたり、横並びになっていたりしたんでは、ネジが効かない、ということになります。そこで、できれば縦並びの者がないかなあ、と探していたら、LCD-ACE-300Sがあった、というわけです。

それでも、このねじ穴も縦一列ではなく、多少ジグザグに並んでいるので、ネジを真っ直ぐ打ち込んだとき、柱にちゃんと食い込むか、という疑念は残りましたがな、この辺りは見えないんだからやってみるしかない。少し斜めに、柱の中心部めがけてネジを打ち込みます。ネジが外側に向いて食い込んでいくと、空回りしますんで、二度ほど位置を変えて打ち込み直しました。

Epson003 で、問題発覚。この金具は、3つのパートに分かれます。①壁面に付けるレール上の金具(ウォールプレートa)、②レールにはめて、液晶を支えるアームとなる部分(アームパーツb)、③液晶TVに付ける金具(モニターブラケットc)。この①に②がスライドして入れるんですが、ネジを斜めに打ち込むと、レール上にネジがはみ出て、②が入らなくなります。しかし、まっすぐ打ち込むと、壁裏柱に食い込まない可能性大。ウチの場合ですね。仕方ないんで、アームパーツcをゴムハンマーで叩いて、無理矢理はめ込みました。まあ、いいや。とりあえず。

ああ、前にもなんかどっかの記事で語りましたが、電動ドリルないとツライです。石膏ボードを貫いて、背面の木の支柱にガッチリ食い込ませるネジは、結構長いですし、それに固い。まあそれがユルユルだと液晶TVを支えるのに十分な強度があるかっちゅうと怖いところなんで、しょうがないですが、4つのネジしっかり止めると、12Vの電動ドリル、最強パワーにして、更にねじ穴潰さないようにしっかりとドライバを押しつけながら作業しますんで、電動ドリルでもけっこう大変です。手回しのドライバではとてもできません。まあ、これは家ごとの構造もあると思うんで、絶対ではないです。

P1020703P1020711で、TVを付けた感じはこんな感じ。なんかに似てる。あ、病院だ。寝室でT Vが壁に付いてるってシチュエーションがそう思わせるみたいです。奥さんも、見るなりそう言ってました。壁面TVと言っても、壁にくっつくわけではありません。アーム分、多少飛び出た感じにはなりますが、これは液晶TVの裏面にアンテナケーブルなどが付く構造上やむを得ないところかな、と思います。第一、横から手が入れられないと、TVの付け外し自体が、かなり面倒なことになりそうです。今は、サイドから手を突っ込んで固定用のネジを回します。

というわけで、今回の結論。どこともわからないメーカーではありましたが、LCD-ACE-300S、使えます。かなりガッチリしていますし、上下左右の振り角もちゃんとあって、なかなか良いです。純正を取り付けたことがあるわけではないので、純正との比較はできませんが、お値段で言うと半額以下。悪くないんじゃないでしょうか。

ちなみに日本のPCサプライメーカー、サンワサプライからは2,000円ほどで買える取り付け金具CR-LA301 も出ています。首振りはできませんけど、構造も取り付け外しも簡単そうで、こちらもなかなか良さそうです。純正の5,000円を買うなら、こちらかな、と思います。

« 節電のために東芝 REGZA22A2Kを買う | トップページ | 埼玉県坂戸市 天然温泉 ふるさとの湯 »

AV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 節電のために東芝 REGZA22A2Kを買う | トップページ | 埼玉県坂戸市 天然温泉 ふるさとの湯 »