Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 埼玉県入間市 豊岡第一病院は居心地がよい へへ | トップページ | 入院のお伴 その2 サーキュレーター ZEPEAL DKS-20 »

2011年8月 8日 (月)

入院のお伴 その1 SONY ポータブルDVDプレイヤー DVP-FX730

入院Ca3i0057 のお伴ってことでね、ちょっと小さなネタをこまごまと上げていきますよ。まずはこれ、ポータブルDVDプレーヤー、SONY DVP-FX730。でもね。ポータブルDVDプレーヤーって、立ち位置微妙、って気がします。

それは第一には、今さらDVD?って思うんですな。BDって上位規格(正確には上位、ではないです)があるのに、DVDに限定されちゃうプレイヤーって、どうなん、って思うわけです。

第二に、こんなちっさい画面で何を見るの、ってことですな。映画って、やっぱり大画面でしょう、と。ちっさい画面って見るの疲れるよね、って思います。

加えて、ポータブルDVDプレイヤーで、画面がすっごいキレイって見た覚えがない。ノートPCで見たほうがまだキレイだな、って思ってました。ポータブルDVDプレーヤーを一番よく見るのは、電気屋さんよりTUTAYAのレンタルビデオ屋さん。初めて聞くような得体のしれんメーカー製品が1万円くらいで並んでいます。まず確実に中国製です。

中国製であることが悪いわけではない、今や日本メーカーの多くが中国で生産していますから、ある意味、どちらも中国製ですわな。しかし、日本メーカーの名前で出すものと、中国オリジナルブランドでは、正直勝負にならん。5年先はわからんですけど、少なくとも今のところは、中国製品=安かろう悪かろう、或いはコピーブランド、ですわね。実際TUTAYAの店頭で見るポータブルDVDプレイヤーの画質ときたら、惨憺たるものです。なぜ敢えて見せるか、見ても買うやつがいるのか、ってくらいひどい。いや、だからこそ見せるんでしょうな。イメージだけで売ったらクレームが来るけど、安かろう悪かろうを承知で買うなら文句も言わん。確かに、9インチのモニター付きのDVDプレイヤーが1万円を切っているってのは、相当に安い。それはそれで一つの価値です。

しかし、わたしはいらない。ネット上の評判を見ても、スペックを見て買ったものの操作性がひどいとか、説明書の日本語がわけわかんないとか、あるいは説明書に書いてある動作をしない、とか、問題ありありです。ない場合もある。いわば博打のような買い物ですな。わたしはそういうの苦手です。機械として、製品としての魅力、美しさがないものは持ちたくない、です。

断舎利じゃないですけどね、もう人生も折り返し点を過ぎて、無駄なものを持っている余裕なんかない。と、偉そうなことを言うと、100倍ほど、お前の買い物自体が無駄だろうという叱責が飛んできそうです。まあいい。とにかく、結果として満足しない買い物はするかもしれませんが、少なくとも買う前には妥協しない。ということにしておいてください。

Ca3i0059 ところがです。問題はここからです。ではね、日本製のポータブルDVDプレイヤーのモニタが美しいか、ってえと、中国得体のしれんブランドよりはマシって程度でしてね。なんでせめてノートPC程度に美しい液晶モニタを使えんの、って思うわけです。DVDって規格が持っている画素数(720×480=約35万画素)の問題とかあるんですが、それにしてもなあ、この眠たい画はなんなの、ってね。だって、もっと大きな画面のTVで見たら、もっとくっきり鮮やかに見えるわけじゃないですか。なんでなの、とか思いますよね。専用なんだからもっとなんとかしようよ」、とね。うん、思うんです。

でね。そうなるとポータブルDVDプレイヤーなんか買うこと自体がどうなんだ、ってことになってくるわけですが、そこはそれ。需要と供給、違うな、目的にあった必要性ってのが存在するわけですね。旅行のお伴、とかね。まあ大人の旅行なら必要ないですけど、っていうかせっかくの旅行なのに移動中にDVDとか見てたら、デート中に携帯でゲームしてるようなもんでね、それはそれで楽しいかもしれんけど、目的を見失ってるわなあ、と。でも、子供がいたらね。必要でしょう。高速での渋滞時とかね、子供にアニメ見せとけば楽しんでくれる、とかね。で、まあ今回で言うと、入院のお伴ですわ。もう完全にそのためだけに、今回購入しました。SONY 7インチポータブルDVDプレイヤー DVP-FX730。

今回の購入先は、ヨドバシドットコム、12,800円の10%ポイント還元、期間限定、というか新製品発売のための在庫整理ですな。ポイント還元を考えると、おおよそ1万円。TUTAYAの7インチ6800円や9インチ9800円と、それほど変わらないお値段で、世界のSONYブランドDVDプレイヤーが買えます。型落ちですけど。

型落ちですけど、スペック見るとほとんど新型FX750と変わらんのですよ。画素数(480×234)が増えてるわけでもなし、BDが再生できるわけでもなし、むしろ再生可能時間が減っている。見えないところの改良もあるんでしょうけどね、その程度ならいいやあって。どうせ入院中にしか見ないだろうって。思って。だって7000円も違うんですよ。最近はねえ、年をとったせいか、最新型ってのにこだわりがなくなってしまいましてね。だって1年たったら同じだもん、とか、洗濯機買ったときに言いましたっけ。まあ、いいや。でね。やっとレビューっちゅうより、ただのコメントですけどね。どうかって話ね。

画質。やっぱりたいしたことないです。今回、緊急購入お値段重視だったんで、9インチのほうは比較してみてないんですけど、7インチモデルは画素数が少ないこともあって、画素が目立ちます。まあ、それは病院のベッドの上で、50cmくらいの距離で見ているからですが、じゃあってんで、何メートルも離れて見られるほど画面は大きくない。荒い、ですな。しかし、色合いは悪くない。得体のしれない中国ブランドのように、ボヤボヤした白っぽい画面ではないです。

Ca3i0058 質感。これはいい。さすが日本ブランド。SONY。機械としての美しさをそれなりに持っています。まあ、高級感とまではいかないですけどね、ちゃちくない。スイッチ類もかっちりと動きます。色もきれいです。ちゅうか赤。ルビーレッド。これはですね、旅行とか入院とかに持ってくなら、赤がいい。なぜかっちゅうと、目立つからです。狭い所にごちゃごちゃと物を置くような場面では、黒ボディのものが集まると、わけがわからなくなります。そういうのはキャンプや山行の荷物をまとめるときに覚えました。この色はこれ、というのが一目でわかることが大事です。

音質、はわからんなあ。ずっとヘッドホンで聞いてるから、ヘッドホンの音質によるでしょう。本体のスピーカーは、まあ、こんなもんに期待すること自体が間違ってます。

バッテリ持続時間。公称5時間、映画二本分、ですが、これは微妙。5時間は無理じゃないかな。一応説明書にも、5時間というのは最低輝度で使った場合だって、どっかに書いてあった気がします。4時間持てばいいほうじゃないかな。実はわたしは、あまり長く集中して一つのビデオを見続けることができないんですよ。30分くらいで飽きちゃう。となると、必然的に電源を切ったり入れたりすることが増えます。そんな使い方をしていると、映画1本見終わる頃には、バッテリレベル3段階のうち1段階くらいの表示になっています。もう少し行けるかもしれませんが、2本は無理、って感じになっちゃうんですね。まあ、これは私の使い方が悪いせいで、メーカーの言ってることが間違っているわけではないです。

トータルで、買っていい製品かどうか、ちゅうとですなあ。やっぱり必要度に応じる、としか言えないです。買っていけない製品ではないです。んが。やっぱりこんな小さな画面で映画やテレビを見る、外に持ち出すってシチュエーションがなければ無用のものですし。飛行機に乗るときに持っていくか、ちゅうと、これも重さ(840g)を考えると、止めるだろうな、と。2時間くらいのフライトなら雑誌で十分だし、12時間くらいのフライトなら、どのみちバッテリがなくなる。やっぱり止めるかな。となると、さて退院後はどんな状況で使うかってのは、実に微妙でありますが、入院中の無聊を慰めてくれたことには間違いないんで。えーっとですね、鎖骨と肋骨を折って2週間くらい入院することがあったら、あってもいいかもです。以上っ。

« 埼玉県入間市 豊岡第一病院は居心地がよい へへ | トップページ | 入院のお伴 その2 サーキュレーター ZEPEAL DKS-20 »

AV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 埼玉県入間市 豊岡第一病院は居心地がよい へへ | トップページ | 入院のお伴 その2 サーキュレーター ZEPEAL DKS-20 »