Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« KUOTA KEBEL2012 各論①電動ULTEGRA Di2 6770  | トップページ | 巨大TVの卒業にはそれなりの準備がいるんだよ Panasonic TH-P65VT3の②? »

2012年3月28日 (水)

ああ、確かにPanasonic 65インチプラズマTV 3D VIERA TH-P65VT3は勢いで買った

20120325_093638_p1030827わかってますよ。無茶だってんでしょ。わかってます。

いや、我ながらね。どんだけお大尽なんだ、とか思わないわけではないです。現実問題として、支払いのことを考えると、胃が痛い。なら買うなよ、ってことですわね。そりゃまあ当然の発想です。しかしね、当たり前の発想しかできない人間には、当たり前のことしかできない。うん。敢えて、そこを当たり前でない発想をすることによって、ビジネスチャンスは生まれてくるんです。うん。

ビジネスじゃないですけどね。ただの散財。

しかし。まあ。なんともはや。

いやいや呆れます。大体ね、私の趣味の中にAVという一項目が並んでいるわけですが、これは本当に好きなのかなあ、と疑うことが多々あるんですね。まあ、普通のご家庭でプロジェクターやらスクリーンやらがある家がどんだけあるというんだ、と。AVアンプもスピーカーも、更新こそしてませんが、そこそこのものです。世間様からは十分マニアックと言われるような類のものです。

だがしかし。ある時点で気づいてしまった。マニアックになるための感性が、私にはない。趣味にふけるだけの時間もない。昔は、ヲタクと呼ばれても過言ではないほど好きだったアニメもほとんど付いて行けなくなってます。そりゃまあそうだわ。いくらなんでも50越えたおっさんが学園ものなんかに感情移入できるかいって話ですよ。いい悪いの話ではない。おっさんだって、若かりし頃には、「パイルダーオォン!」って叫んでたクチですからね。しかし、この年になると、あれだけの巨大ロボが歩くときの衝撃が搭乗者に与える影響はは、とか、あの質量を持った腕や脚で格闘すると構造的に、とか、もう考えずにはいられないんですよ。ああ、もうダメだ。俺は純粋さを失った。ああ。

いや、まあそこはいいだろう。感性の問題ね。うん。つまり、いいと言われる機械で音楽を聴いても違いがわからん。どのTV見てもそんなに違いは気にならない。もともと良くない目も耳もすっかり衰えた。何を買ってもそんなに変わらん。

実際のところは、それほど酷くはありませんがね。国産品信仰じゃないですけど、ディスカウントショップに並ぶ中国製無名メーカーの液晶TVなんか、まだまだ酷いとしかいいようのないものも多いです。画も悪いし音も悪い。操作性もあからさまに酷い。誰がだまされて買うんだってなものは、やっぱりありますよ。まあ、そういうレベルの製品ではなくて、パナソニックとかシャープとかソニーとか東芝とか、場合によっちゃLG電子やサムスン。ハイアールはまだそこまで至ってない感が強いんですがね、とにかくそこらへんの製品であれば、もう違いなんかわからんです。正直。見比べれば、こっちがいいとかあっちがいいとか思いますけど、単体で見ていると、慣れます。すぐに。

で、あるのに。なぜ買うのか。ね。うん。

モノには値段と言うものがある。更に言うと、買ってもいい値段と言うものがあるでしょう。いや、正確に言うと、それぞれの個人が、あるものを手に入れるのにいくらまでなら出してもいいか、という感覚がある。これはねえ、もう人それぞれですよ。

一台数千万円のお車。当然、こんなもんに乗ってるのは、ビリオネラと呼ばれるような方に違いない。と思いきや、意外と一般サラリーマンが乗っていたりもする。当然のことながら、生活の全てを切り詰めて、お買い求めになる。

中古の、一日数十秒も誤差の出る、かつ毎日手で巻いてやらねばならなく、またひどく重い腕時計に数十万円払う。

自宅で飲めば数千円で買えるお酒、わざわざ数万円も、場合によっちゃ数十万円出してお飲みになるシャンパン。

20120326_094619_p1010851たかが自転車に40万も払うバカ。いろいろありまさぁあね。

趣味でない人には、バカじゃねえの、で済まされますが、それこそが酔狂の本質ってもんですからね。いくらなら払っていい、払いたいってのは人それぞれとしか言いようがない。他人が文句つける筋合いではない。はずですよな。うん。

とにかく、じゃあテレビにいくらまでなら出してもいい?ってことでね。昔ってTVって高かったじゃないですかァ。大学生のときに買った14インチTV、確か10万円くらいしました。結婚したときに買った29インチTV、あれはいくらだったのかなあ。巨大だ、と思ったんですがね。今のマンションを買って引っ越したとき、バブルの名残期ですよ。パイオニアの43インチリアプロジェクションTVを買いました。あれがね、確か40万円くらいしたんですね。この頃はまだブラウン管の時代ですよ。4:3ブラウン管の最大サイズは、確か37インチ。三菱製だったような。アレは高嶺の花でしたなあ。

でね。アナログハイビジョンなんてものが秋葉原の駅前に展示されていたりしましてねえ、150万とか200万とか。言ってた時代です。あ、この話、前にもしたわ。ちょっと覚えています。でも、読んでくれてる人がいるかどうかは、また別問題だしなあ。とにかく。1インチ1万円。ってのがハイビジョンの普及のラインってな話が昔ありましてね。43インチで40万なら安い。つまりTVには40万までだったら出していい、という脳ができたようなのです。バブル末期に脳に焼きついたらしいです。

で。先代の液晶プロジェクションTV グランドベガも42万くらいで。60インチで42万。安い。と思ったわけです。いや、このあたりの感覚は、ほんとに自分でもわからんです。先日買ったリモコンは、4000円しない。ネットショップのあちこちをあたっても、その価格差は500円あるかないか、です。ところが、その数百円、場合によっては数十円の違い、送料510円が必要か否かで2週間以上悩むのに、42万で安いと思ってしまう、この脳の仕組みは理解できない。

でね。先日某ヤマダ電機の展示を見てましたらね。パナソニックのプラズマTV65インチで41万。65インチ。41万。更に20%ポイント還元。実質約34万円。安い。と無条件で感じてしまったわけです。

いやね。言い訳をするなら、前回まで記事をアップしてるブツ、KUOTA KEBELがあるから、本来はそんな買い物をしてる場合ではないんです。いや、そうなんですけど。逆にKEBELが半年経っても届かない。ああ、もうね。こんな待っても待っても来ないなら、安いTVでも買ってしまえ、とくたびれきった脳が叫びを上げていたのです。

大体が、この頃疲れてます。まあ、いつもですけどね。生きる気力さえ、時々失います。うちの奥さんは、そういう精神状態をよく知ってますんで、買っていいよ、とね。それで生きていけるなら、買っていいよ、とね。いい人だあ。いい人ですね。ありがたい。よし、KEBELが届くまでの間、新しいTVでも見て、気を紛らわせよう。うん。

はい。1月29日に発注。で、お届けは。えーっと最短で。はい、まあ会社があるから、来週の日曜日くらいでいいかなあ。週半ばは困るなあ。はい。最短でですね。4月1日です。

え?

20120325_072410_p1030820タイの洪水のせいで、工場が止まっているんです。そこかあ。そこに来るのかあ。そう来たかあ。やられちまったぜ。ちくしょうめ。待つのが二つに増えただけだ。それが1月のことでありました。3月に入って、それまで使っていたTVは処分してしまいましたんでね、しばらくの間、リビングはこんな状態でありました。

« KUOTA KEBEL2012 各論①電動ULTEGRA Di2 6770  | トップページ | 巨大TVの卒業にはそれなりの準備がいるんだよ Panasonic TH-P65VT3の②? »

AV」カテゴリの記事

コメント

RSSを登録して、いつも拝読しております。
液晶ではなくプラズマをお買い上げになるというところが素晴らしいと思います。
あたたかくなってきたので、そろそろキャンプの計画がおありかと思いましたが、いかがでしょう。

なぜにプラズマか、その辺りの経緯は次回に。少しでもひっぱらんと、資本を集中投下している意味がない。のでですね。

キャンプですな。もうすぐキャンプです。G.W.ですなあ。G.W.はいつものキャンプ場のいつものサイトを確保しております。心配性なぶん、段取りが早いことだけが取り柄であります。まあしかし、そろそろ新しいものをそろえる必要も気力も切れかかっております。ひたすらに、のんびりする予定であります。

またよろしくです。

始めてコメントを出します。自転車ネタのサイトからこのブログに出会い、お気に入りに入っています。
記事の内容(ぼやき節?)がとてもすきです。私もよく衝動買いをしてしまいますが、上には上がいる(笑い)と、安心しています。
プラズマテレビネタの続きを楽しみにしています。

このところ酷い散財が続いておりますので、まだしばらくはネタがあります。しかし。問題は。猫。こいつがいると、物理的に書くことができない。精神的に、猫をかまっている方が幸せなので、書けん。しかし、それでもやはり書くことは好きのようです。なんとか猫と折り合いを付けて書いていきます。励まし、ありがとうごぜます。またよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KUOTA KEBEL2012 各論①電動ULTEGRA Di2 6770  | トップページ | 巨大TVの卒業にはそれなりの準備がいるんだよ Panasonic TH-P65VT3の②? »