Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« KUOTA KEBEL2012電動アルテグラのネタは引っ張りますよの② | トップページ | KUOTA KEBEL2012電動アルテグラDi2③まだ見せない代わりにTOPEAK フラッシュスタンド スリム »

2012年3月 9日 (金)

猫トンネル SPORT PET キャットトンネルスパイラル最強

KEBELの話はちょいと置いて。なんでかっつうと、週末となると雨になるせいで、ろくに乗れんからです。ちょいとお茶を濁します。

というわけで。金銭感覚というものは、わからんですねえ。って話。

40万の自転車を衝動的と言っていいくらいの判断力で買ってしまう私ですがね。普段は実につつましいもんです。まずもって友達付き合いが少ない。親戚付き合いも少ない。したがって交際費が少ない。まあね、部下と呑みに行くときくらいは金を出しますがね。昭和の昔と違って、そうそう部下に誘われるわけじゃないし、こちらも我慢して付き合わせようとか思わない。

若い者と呑みにいく、という文化を、我々自身が若者だった頃に鬱陶しいと思っていた世代ですから、自分がおっさんになったときに、そういうことをしたいと思いません。だいたい、若者と呑みに行ったって、いいことなんか何もない。わけではないんでしょうけどね。ノミニケーションってやつですか。

しかしねえ。ああ、ちょっと話がぶれますが、無礼講ってやつほど怖い飲み会はない。大人になると、つくづくそう思い知ります。ねえ。上司が「今日は無礼講だから、好きなようにやれ」と言ったんで、上司の目の前で本人の悪口を言った。上司もニヤニヤして聞いている。んで。3ヵ月後の異動の発表で、思い切り地方に飛ばされた、なんてのが典型的なパターンですよな。

しかしね。逆に上司の立場に立ったとき、これはこれで、実は私は苦手なんです。まず部下がエライ場合。エライというか人ができているというか。この場合はですね、概ね上司が話し始めると、その人生譚を傾聴してくれるわけですよ。その上司という職に相応しい生き方をしてるならいいんですけどね。私なんざ、このブログを読んでる方ならご存知のように、脳が餓鬼のまま役職だけは付いてきたという、ろくでもないおっさんなんでね。傾聴されると、こそばゆくてしょうがない。

世の中の話なんか、もっともらしく語っておりますがね、人類が生まれて数万年だか数百万年だか、明治維新以降に限っても100年以上の年月があるわけです。そんだけの間に、人の苦悩も成長も、ある意味語りつくされておるだろう。こんなおっさんが今更語ることにどれほどの意味もないぜ、とか思っちゃうんです。自分で体験しなきゃわからんよ。とね。教わっても無駄。自分で学んだことだけが残る。痛い思いをしなきゃわからんのよ、とね。

そんなひねくれたおっさんなんで、若者が襟を正して話を聞こうなんてされるのが、鬱陶しくて仕方がない。かといってですよ。こっちがですな、くだけた話をする。ね。若者うけのしそうな話を振って笑いを取る。飲み会が終わった後、まずまず笑いが取れていたとしましょう。そこで考えるんです。

若者諸君が気を遣って笑ってくれたのかなあ、とね。その段階で落ち込みますよな。いやいや、もう気を遣うような気配もなく呑んだくれて大騒ぎになっていたとします。そこで、また考えるわけです。なにゆえに、このいい歳したおっさんが、場を盛り上げるためにバカをやってるんだ、と。更には、いろいろとうけを狙って部下いじりをした。ね。それってひょっとしてパワハラ?いや、相手が女性なら、それってセクハラなの?とかね。考えてしまうと、また落ち込む。

とどのつまり、性格の問題なんでしょうが、金を払って、いずれにせよ落ち込むはめになるんです。これなら、若者が呑みに行くなんて話を振ってきたときには、これでも足しにして楽しんできてね、っと飲み代を渡して、自分は猫相手に家呑みをしていたほうがよほど幸せってもんです。同じ金を払っても落ち込まなくて済みますからな。

なんの話でしたっけ。金銭感覚か。無駄遣いはしませんよ、って話です。

いや。キャンプとか山とかの用品は、確かに買う。しかしあれはね。奥さんが買っているんであって、私ではない。ということにしておいてください。少なくとも家計簿的には、私の小遣い帳から支出するわけではないので。夫婦二人と猫一匹が幸せに生きていくために使うお金は、それは家計として計上していいでしょう。ね、そうでしょう。

20120309_191608_p1030778しかし、一匹のほうは、意外とお金を食いますよ。一個98円とか118円の猫缶、猫パックを一日3~4個。食費だけで500円。仔猫のうちは活動量が多いから、まあよく食う。それなりの活動量を確保するために遊んでやってるってのも、当然あるんでしょうが。しかし、猫は飽きやすい。一つのおもちゃに夢中になっていても、数日もすれば全く興味を示さなくなる。パタッと飽きますな。すっげえお気に入りで消耗するから、予備を買っておこう、と考えて買ったものの多くが、デッドストック品となります。

無駄とまでは言わないです。何週間かすると、また思い出したように遊んだりしますから、無駄にはならない。かもしれない。しかし、餌は、たとえ猫用といえども賞味期限がありますから、半年も飽きられると、捨てるしかなくなります。困ったもんだ。っていうか、買いだめするな、と思うんですけどね。でも、ほら、また地震とかあったらストックないとマズイですよ。あるいは週末買い物にいけないことだってあるわけだし。と思って、ストックは常に1か月分くらい買ってしまいます。

しかし、飽きやすい猫に合わせて、新しいおもちゃを買うと、これはもう。猫1匹当たり月2万円近くはかかるんじゃないですかねえ。もちろん飽きられて無駄になった猫缶とかも含んでの話ですがね。健康診断なども入れると、そりゃあもう。貧乏人は猫を飼うな、ということか。まあキツい言い方ですけど、ある面それは正しい。と思います。猫といえども命を預かるんですから、それなりの環境を保証してやれることは、飼い主の責任でしょう。じゃあ、野良として放置したほうがいいのか、なんてえことを考え出すと、迷宮の中に入りますんで、ご注意ください。

20120303_133213_p1030741ということで。おもちゃ。最近のお気に入りはこちら。通称猫トンネル。最近と言っても、ここ1ヶ月以上これで遊んでいるので、流行と言うよりは、やはりお気に入り。と言っていいんじゃないでしょうか。

猫タワー、これはですね。特に気に入るとかいらないとかではなく、普通にそこで生活する場所としての認識しかないようです。まあ、柱で爪とぎするくらい。猫トンネルは、かなり強力な遊び場所です。隠れ場として、わくわくするらしいですな。周りがカサカサ音がする素材でできている、これもときめきの要素です。猫が中に入っているときに、周りを触ってやると、中からアタックをかけてきます。それはもう激しく攻撃するんですが、意外とこの素材、強い。猫の爪の先は切ってはいますが、それでも激しくキックしてても敗れたことがないです。

20120303_133109_p1030734加えて、これポップアップ型なんですよ。フレームとして中に鋼線が入っていて、折りたたむこともできるし、手を広げるとポンっと広がる。まあ、こんなもんを携帯することもないんで、ポップアップすることによる携帯性の利点、なんてものは存在しません。っが。この鋼線の弾力。これがですね。実はかなりのお楽しみゾーン。ソラはこのボックス状の天井に飛び乗ります。当然つぶれるんですが、それが面白いようです。飛び乗る、つぶれる、降りるとまた膨らむ。つぶれるときにある程度衝撃を吸収するようで、手足を伸ばしきったまま飛び乗っていたりします。バカですねえ。バカ可愛いですねえ。

最近は、ベッドの上での猫釣り遊びより、ひたすらこのトンネルの中を駆け回っています。20120309_191656_p1030780

ああ、もう一つの利点としては、とても軽いので、遊ぶときは部屋の真ん中、邪魔になるときは部屋の隅に、ぽんと投げておくことも簡単です。まあ、お客様が来るなら、たたむことも可能ですしね。うち、客は来ないですけど。

当然のことながら、はい。ストックは買ってあります。バカですねえ。

« KUOTA KEBEL2012電動アルテグラのネタは引っ張りますよの② | トップページ | KUOTA KEBEL2012電動アルテグラDi2③まだ見せない代わりにTOPEAK フラッシュスタンド スリム »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KUOTA KEBEL2012電動アルテグラのネタは引っ張りますよの② | トップページ | KUOTA KEBEL2012電動アルテグラDi2③まだ見せない代わりにTOPEAK フラッシュスタンド スリム »