Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« KEBEL総論と各論②アルテグラ ブレーキシステムとシマノサドル PRO コンドル | トップページ | シマノSPDペダル PD-A600にちょっと拘る »

2012年4月15日 (日)

Panasonic 65インチプラズマTV 3D VIERA TH-P65VT3のことを少しは語ろうの③

つうことでVIERA生活1ヶ月。も経ってないですけど。まあ、生活実感的なことの諸々を。

まずお伝えせねばならないのは、SONYの液晶リアプロ、結構スゴイじゃん。というかスゴかったんじゃん、ということであります。要するになんだ、プラズマ、別にたいしたことねえよ、的な話であります。41万も払うってのに、それってどうなんだって話ですけどね。

ええ?41万も払うの?誰が?ええ?私?払うの?

胃が痛い…。どうなんでしょうね、こういうお金の使い方は。まあ、世の中がこんなんでね、ボーナスだってどうなるんかわからん世の中なのに、ボーナス払いを当てにして41万も払うことにするってどうなん?

自転車はね、いいの。あれは1年前からお小遣いを計画的に貯めていた結果、まあそれなりの貯金があったから。それにしてもTVは、衝動買いだからなあ。夏のボーナス払いまで貯金するとしても、つまりはそこまでお小遣いは強制的に使えないわけだし、なおかつ、それじゃあ足りないことは目に見えているから、ああ、つまりやっぱりどうなるかわからないボーナスを当てにするしかないじゃん、ってことだよねえ。ああ。どうにもならんな。陰々滅々としてきました。

まあ、いい。そんなことを延々言い続けていても解決にはならんですからな。前向きに行きましょう。前向きに行けないのが、私の性格ですけどな。

20120325_163051_p1030846でもね。白猫がいると、元気が出ますよ。というか落ち込んでいる暇がないというか。自転車に乗ったり、ブログ書いたりする暇も無くなってくるんですけどね。とりあえずリビングでTV見てると、猫も落ち着いて座っています。

で、TVを見る。大きいですな。22inchレグザから65inchに戻る、というか前は60inchだったので、対角で5inch、約11cmほど以前のTVより大きいです。加えて、縁があるので、さらにでかい。はずなんですけどね。まあ、大きさにはすぐ慣れます。

ところで、このTV、タイトルにもあるように、プラズマであります。液晶ではない。なぜに。プラズマ、液晶のそれぞれメリットデメリットがあるんで、比較した結果、ということになりますが。どうもねえ、この辺りは、PanasonicやSONYといったメーカーの言うところを鵜呑みにはできんところがあるんですけどね。

あくまでも一般論的なことを申し上げます。プラズマは大画面で作るとコストが相対的に下がります。プラズマで小さい22inchのようなサイズのTVを作ろうとすると、やたらと高くつく。逆に、液晶は大きなパネルを作るのはコスト的に合わない。単純に、65inchのPanasonicプラズマとSONY液晶を比べると、値段が10万以上20万近く、プラズマの方が安かったですな。

画面の明るさということでいうと、液晶TVは液晶パネルの後ろから、LEDのライトを当てて画面を光らせますので、LEDライトの効率さえ上げれば、いくらでも画面は明るくなります。対して、プラズマは画素自体が発光しますから、そんなには明るくできません。いや、明るくすることはできるんでしょうが、そうなると消費電力も莫大になります。逆に、液晶は裏側から前面にライトが当たっている関係で、画面の黒い部分、陰となるべき部分でさえ、うっすらと発光してしまいます。いわゆる黒浮きですな。しっとりとした映画などを見たい場合は、この黒浮きが邪魔になります。

とは言っても、それは理屈。実際プラズマの黒の部分が、漆黒の黒かというとそんなこたあない。液晶TVだって日々進化しておりますので、私ごときでは大差はないと言ってもいいです。だいたい、そんな黒浮きが問題になるほど暗い部屋で見ること自体、普通のご家庭ではありませんから、あまり気にしすぎる必要もないと思います。

それよりもね。むしろ明るいリビングで見るぶんには、プラズマは暗い、と感じることもあるのですよ。ここらへんがリアプロ KDS-60A2500、なかなかに優れてたんじゃねえの、って感じではあります。

いやもちろんプラズマVIERA、十二分にキレイなんですけどね。うーん。ああ。そうだ、これと並行して、REGZA22inch使ってますよね。よね、って言われても困るでしょうが、使ってるんですよ。これのせいかもしれません。22inchと画面が小さい。精細感が高いわけです。加えて明るい。液晶TVですしね。これがレファレンスとなって、相対的にVIERAが暗いと感じたり、画素が荒いと感じたりするのかもしれませんな。

単体で見ていると、おお、って思うことがあるくらいキレイ、というか精細感があります。2Dなのに、時々これって3D?みたいな臨場感を感じるくらいです。

操作系ということで言えば、長年SONYを使ってきたせいか、今ひとつVIERAの操作系が使いにくいです。まあ、単純に機能が多い、ってこともあるんでしょうね。なにしろ年寄りなもんで、説明書を読むのが面倒で。とは言え、説明書自体は、昔のSONYの説明書に比べたら、圧倒的に少ないです。というか今は説明書も紙ベースではなくデータベースになっておるんですな。この辺りもおっさんには面倒くさいと感じるのかもしれません。

20120415_084156_p1030893_2実は、こんなもんも繋いでいます。USB HDDですな。録画用です。BUFFALOのHD-LBU3 1.5TB。選択基準はコストパフォーマンスだけです。TVに繋ぐUSB-HDDなんてどれも大して変わりゃしませんて。こいつは1.5TBで1万円を切るお買い得品。箱には対応製品とは書いてませんが、なんの問題もなく使えます。

しっかし、今どきのTVはUSBのHDDを繋ぐだけで裏番組が録画できたりするんですな。これって、昔IOデータが出してたRec-POT S HVR-HD250Sとかと、発想が似てますなあ。いや、あれはチューナーが入ってないから、SONYのClipOnとかのほうが使い方は似てる。とか言われても、最近の若い人は、なんの話じゃろとお思いなさるんですかいのう。

懐かしい人だけ、分かってもらえばいいです。すまん。

ところが、発想は似てるんですが、やっぱりどうも使い勝手が良くない。TV上で取得する番組表ってあるでしょう?世間的には、Panasonicの番組表の横に出る広告が邪魔だ、という評判ですが、確かに消費者側からしたら、あれはいらんですな。しかし、無料のサービスというのはない、という商業的な面から言うと、仕方のない部分でしょう。この番組表自体は、使い勝手は悪くないです。使い勝手、というか見やすさですな。

20120415_072704_p1030884_320120415_072635_p1030882_2そんなこんなで、操作系はまだ慣れないですけど、わかりにくくもない。にもかかわらず、なんか使いづらい。なんでだろう、と思ってたんですね。ようやく原因が分かりました。リモコンです。先日買った学習リモコンは、SONY製品です。SONYの操作体系には扱いやすいリモコンなんですが、VIERAの操作体系には今ひとつマッチングしてない。しょうがないことなんですが。学習リモコンだけにボタンが多く、一つの操作をするのに、ボタンを探さなきゃならない。VIERAで操作をするときに使うボタンを押すための持ち方をすると、リモコンの重量バランスが悪い。結果、このTV、使いづらいなあ、と感じていたんです。機能性を高めるための学習リモコンが操作性を悪くしている。まさに本末転倒。こないだ買ったばかりなんだけどなあ。使い勝手を悪くするなら、使えない。しょうがない。サブリモコンの位置に後退させます。残念ですなあ。

まあねえ、SONYも巨額の赤字を計上しTV事業も縮小化、いやいやPanasonicのTV事業だってこれからどうなるかわからんです。というか、この夏の電力需給だって分からんわけでしょう?プラズマみたいな電気喰い、使ってられるんですかね。いや。電器屋さんに掲示していた年間消費電力の210KWhを、機器の消費電力210Wと勘違いし安心して買ってしまった、ということは秘密にしておいてください。衝動買いだしなあ。

« KEBEL総論と各論②アルテグラ ブレーキシステムとシマノサドル PRO コンドル | トップページ | シマノSPDペダル PD-A600にちょっと拘る »

AV」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております(主に自転車関連のブツの購入の際に参考にさせていただいております)。

私も、地上デジタル化を機にVIERA(42inch)を購入しました。
「黒のプラズマ」ですが、実際のところは素人には違いが分からないというのはありますが、
大画面で見るスポーツ系の番組は楽しいものがあります。
いよいよ「自転車レース」が多くなってくる時期ですが、7月辺りは新しいTVが大活躍するのではないでしょうか。

>胃が痛い
のは落車の影響ではないようですが、お体にはお気をつけて。

どもです。

この頃、優しい方が少しづつ増えてきて、コメントいただけるのはありがたいなあと。コメント×0.1円で旅を続けるのです。某旅番組みたいなことをいうとりますが、1円も入りません。報酬は、コメントだけであります。

怪我は、実は相変わらずなのです。まあ、肩がうまく回らなくても自転車には乗れます。不幸中の幸いです。これが野球なら致命的。ただし野球ではここまでひどい骨折は、そうはないでしょうが。知り合いで、バレーボールの最中に鉄柱に激突して鎖骨を折った方がいましたが、まあそういう方は特例でしょう。でもやはり、アタックは打てなくなっておりました。自転車は乗れるだけ幸せであります。

またよろしくです。

大画面ってイイですよね。
自分も薄型大画面に魅了された人間です。
2006年に52型AQUOSを買い
2009年に60型LED AQUOS
そして今年に80型 big AQUOSを注文しましたよ
27日の金曜日に納品されます。
面積比で60型の2倍近くあるそうです。
プロジェクターじゃなくテレビで大画面したいですし

どもです。なかなかの散財家っぷり、感服いたします。まず80インチが入る家ってのが、凄いですな。ウチはもう限界です。65インチでさえ箱をばらさないと玄関を通りません。エレベーターも乗りません。というか面積も倍なら。、お値段も倍。それはちとキツい。

でもですね。ほんとに凄いのはIMAX。あれこそ大画面。3Dなんか問題にならない臨場感、だと思うんですがねえ。IMAX、マイナーですな。映画館としても3Dのほうがコストかからないですしね。

やっぱ、究極はコスト。そこですな。さすがにビル・ゲイツも個人でIMAXは、もってないですよね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KEBEL総論と各論②アルテグラ ブレーキシステムとシマノサドル PRO コンドル | トップページ | シマノSPDペダル PD-A600にちょっと拘る »