Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 雨でも走るしかないときにグレーチングはロード乗りの天敵となる | トップページ | iPad⑧をより便利にするスタイラスペン …より便利になっているのか? »

2012年8月 2日 (木)

乗鞍ねえ 無理かもよ

20120716_183623_p1040047ってなことで、いきなりの泣き言でありますが、マウンテンサイクリングin乗鞍、通称乗鞍ヒルクライム出場、ピンチであります。そんなことがあるのか、ということが起きてしまいました。はい。

昨年の夏に、こんなことがありました。実のところ、補償問題はまだ解決しておりません。弁護士を立てての調停中であります。自転車同士の事故は、自賠責も任意保険もないから、面倒なことこの上ありません。

でもね。そんなことにグダグダ悩んでいるくらいなら、もう弁護士に任せちゃいましょうよ。と。その分、自分の仕事をしっかりしようよ、と。思うわけです。ね。肩が痛いなんていつまでも言ってないで、よーし、おじさんチャレンジしちゃうぞ、とマウンテンサイクリングin乗鞍に出場を決めたのが、3月。あれから、ほぼ毎週。ヒルクライムトレーニングを積んできました。

仕事も多少無理をして調整しました。当然、宿もとっています。スタート地点からわずか数百メートルの好立地。ただし、雨が降ろうとキャンセルは認めませんよ、と断り付きですが、なに構うもんですか。絶対出るんだもの。何がなんでも、完走してやる。2時間は切る。そう目標を立てて、このくそ暑くなってきた夏も、練習に取り組んできたんです。

ただね、おっさんですからね。走ったことないですからね、レースではリアのカセットスプロケットを11-28Tに換えることにしてました。自転車乗りでない方のために言うと、急な坂でも上れる軽いギアに換えた、ってことです。ある意味、保険です。軽いギアを使うことになっても、完走することを目指したい、みたいな。ね。自転車屋さんとも、レース前のメンテナンス日程の調整を済ませました。

でだ。7月21日。22日。忙しくて忘れておりましたが、事故から一年が経っておりました。ああ、あれから一年か、と。しみじみと奥さんと語りながら、第三のビール(黒)を味わっておったのです。今年は、リベンジする。もう一度やってやるんだ、とね。後ろじゃない。前を、山の頂を見つめて走ってやる、とね。

そうだったんです。

8月1日(水)。午後5時15分。節電対策の「ノー残業デー」です。いつもより早く会社を出ました。会社から駅までは自転車で通勤しています。いわゆるシティサイクルです。Panasonicとはまた別の自転車。確かブリジストン。外装6段変速。でね。ちゃんと自転車は左側、車道を走ります。右側を走るとか、携帯を見るとか、信号を無視するとか、ヘッドフォンをして走るとか、そんなんは言語道断。ロード乗りならば、法規を守れ、と範を示す。つもりで走ります。

信号が黄色になりました。左側歩道には、これから横断しようとする若いママ友たちが、半年くらいの子を自転車に乗せて待っています。まあまあ。暑いのに、若いのにがんばってるねえ、そんなことを考えながら、信号が変わるのを待っていたんです。

次の瞬間。後ろで爆発音のような大きな音がしました。そして。暗転。気がつくと交差点の真ん中に転がっていました。体が動きません。駆け寄ってくる50代の女性、40代の男性、「頭を動かすな」という声。空が見えます。ああ。あれか。またあれか。首から下の感覚、指の感覚、動くかどうかを確かめていきます。呼吸は大丈夫です。おそらくアドレナリンが大量に出ているせいで、あまり痛みはありません。が、この呼吸ならば肋骨は逝ってない。左肩に痛みがあります。しかし、その下が動くし、感覚もおかしくないので、たぶん折れていないでしょう。左脚に力が入らない。ただ、これも関節を動かしても痛みに変化がないので、恐らくは筋肉を強打したことによる強い打撲と思われます。首、頭には痛みがありません。おそらく頸椎には問題もなさそうです。

少し、周りを見回しました。交差点の対角に赤い乗用車。飛び散ったガラス、交差点の中央に荷台が潰れた軽自動車。更に向こうに青いトラック。おそらくは30代の男性がぼんやりと歩き回っています。

周りにいた女性や男性が「大丈夫ですか」、「お名前は」と声をかけてくれます。「大丈夫です。救急車をお願いします」、と応えます。恐らくは重大な怪我はしていませんが、医者じゃないんですから、わかりゃしません。こんだけの事故ならば、救急車に乗った方がいいに決まっている。と、あの日のことがフラッシュバックします。

何が起きたかは、周りの人の説明を聞いて、だいたい分かりました。居眠り運転の自動車が、私の自転車の斜め後ろに止まっていた軽トラックにぶつかった後、進路を変えて私をはねとばしたようです。

ああ。そうか。また事故に遭ったんだ。気温37℃のアスファルトの上に横たわったまま、ぼんやり考えてました。いろんな人が声をかけてくれました。たぶん畑で作業をいていたじいちゃんが、「飲めるか」ってペットボトルのお茶を差し出してくれました。別に喉なんか渇いてませんでしたが、嬉しかったので、いただきました。おばちゃんが、「頭を上げた方が楽なの?」、と言って自分のカバンを枕にしてくれました。どこかの誰かが、「すごい汗だ」、と言いながら汗を拭いてくれました。

ありがとう。ありがとうございました。本当に本当に。ありがとうございました。

救急車が来て、前と同じように会社の上司と奥さんに電話を入れました。「また」って思われちゃうよなあ、と笑うしかない状況であります。搬送先の病院ではレントゲンの結果、やはり折れている場所や重大な損傷はないという診断でしたので、安心しました。とは言え、痛みが来るのはこれからだよなあ、でもなあ。打撲だからなあ。二週間。休めばなんとか。10日もあればなんとか、と考えていました。が。医者に一蹴されました。「何言ってるの。1ヶ月はまともに動けないよ、そんだけ筋肉を傷つけてたら。」

でもね。打撲だから。徹底的にアイシングすれば、なんとかなるんじゃないの。ってな甘い考えで、その夜は寝ないで(実際は時々起きて)アイシングをし続けました。あ、言っときますが、アイシングはやりすぎると凍傷になりますからね。何がなんでも冷やせばいい、ってもんじゃないです。

と、いうわけでアイシングを続けた次の日、行き付けの整形外科に診てもらいます。一晩経つと、案の定、事故直後は痛まなかったあちこちから痛みが出てきました。ドクターのカルテにはたくさんの傷病名が書き込まれていきます。

一応、念のために聞きました。「えーっと、山歩きとか自転車とかは無理ですかね。」
即座に、「1ヶ月、それ以上はかかるとみておいた方がいいでしょうね。」

打てば響くようなお言葉です。とりあえず、会社には2週間の休みの届けを出しました。まあねえ。あの状況のあの事故で、よく生きてたなあってな状況ではあったんです。自転車はぐしゃぐしゃだそうです。真後ろからぶつかったんで、衝撃のほとんどは自転車が受けました。私は吹き飛ばされただけです。

横断歩道を渡っていた、若いママたちも無事だったようです。はねとばされた軽トラックの方向とタイミングでは、何人もの死傷者が出ていたはずです。軽トラックの運転手さんは、どうなったんでしょう。最低でも頸椎は痛めているでしょう。回復可能な怪我であればいいんですが。警察で、加害自動車の運転手さんと会えたところをみると、亡くなったわけでもなさそうです。まだ逮捕されてませんでしたから。

20120802_172404_p1040057運が良かった。運が悪いけど運が良かった。ああ、でも、また、だなあ。乗鞍、無理なんだあ。うん。生きているだけ良かったんだよ。たとえ今、まともに歩けなくても。これは治るからね。手術台の上にいるわけでもないしね。うん。でも、乗鞍、無理かなあ。お医者さんはそう言ってるね。2人とも。

んー。でもね。人体の不思議。ひょっとしたら、ひょっとしたらよ。20日くらいで治らないかなあ、と一年前の傷がまだ痛むおっさんは、当てのない夢を見るのです。

« 雨でも走るしかないときにグレーチングはロード乗りの天敵となる | トップページ | iPad⑧をより便利にするスタイラスペン …より便利になっているのか? »

自転車」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも楽しみにブログを拝見しております。
さまざまなインプレッションに物欲を刺激され、ホイールやSPD-SL購入の際は大いに参考にさせていただきました。

事故に遭われたということで非常にお気の毒なことです。
入院や手術の必要がなかったというのは不幸中の幸いでしたね。
とはいうものの、傷が癒えるまでは安心できませんね。
車に当たったわけですから、打ち所が悪ければ・・・ですよね。

乗鞍を目標に練習してきた訳ですから、スタートラインに立つこともできないというのは痛恨でしょうね。
一読者としては、驚異の回復力でレースに参加した感想をブログで見たいものですが、過度の期待というものですよね。
まあレースは他にもありますし、来年もあるわけですから、無理せずお大事になさってください。

また楽しいブログを期待しています。

ご無沙汰しておりますって言っても ブログにはちょくちょくお邪魔してましたので そんな感じはしないのですが。
とりあえず、キーボードを叩いていらっしゃるようなので 安心しました。
無理は禁物です、来年もっと強くなってリベンジというのもよろしいかと思います。
今は体を大事にしてくださいませ。
一日も早い回復を願っております。

平日休みの私にとっても乗鞍は憧れでありますが、こればかりは叶いそうにないので 「定峰の○倍が乗鞍の参考タイムか…」と考えながら これからも奥武蔵通いになりそうです。

どもです。
>>かがわさん
なんとかですね。出場だけはできないものかと、アイシングをしたり、アミノ酸たくさんとったり、ひたすら寝たりとあがいております。ちなみに、ロードバイクは、ヒルクライム用に調整依頼のため自転車屋さんに預けました。せめてスタートラインに立ちたいと思います。

>>Kaniyaさん
ご無沙汰してます。実はそろそろお伺いして、グラスの新調をお願いしようと思っていました。そのうちそーっと訪れます。

またよろしくです。

ブログを読みびっくりいたしました。お気の毒としか言いようがありません。
もらい事故だけは気をつけようもありませんし・・・
たぶん同年代だと思いますが、もう若くないです。私も体のあちらこちらに、金属疲労が出ています。
無理は禁物です。ご自愛ください。

どもです。

すんません。ちょっと無理します。漢(おとこ)は無理してナンボです。見栄はって生きてナンボです。
とはいえ、他人様に迷惑をかけるような見栄ははりたくないので、山を歩き始めて無理だと思ったら、はい、下山します。

今、去年の右肩と、こないだの左肩がバランスよく痛んでおります。・・・
明日、晴れるといいなあ。

帰ってきたら、報告します。またよろしくです。

ブログ読んでびっくりしています。昨年事故に遭われて、まだまだ後遺症が残って
いるのに、また突然の事故で、本人が気を付けていても、いつ何が起こるかわからない
のですね。お身体大切に充分休養して下さい。
空ちゃんがあくびしている姿に癒されますね。

どもです。

とりあえず山から無事に帰ってきました。全身の筋肉痛でのたうち回ってますけど。ソラも元気です。fujinamiさんちにいたときと同じで、今もやっぱり自分の毛で作った毛玉で遊ぶのが大好きです。

去年の夏、だだた逝ってから1年、たくが逝ってから10ヶ月。苦しかったですし、今でも時々、ぼろぼろ泣いてるおっさんですが、ソラがいてくれるので、生きてることが嬉しいです。事故で死ななくて、よかったです。へへ。無茶はしてますけど。

また、よろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨でも走るしかないときにグレーチングはロード乗りの天敵となる | トップページ | iPad⑧をより便利にするスタイラスペン …より便利になっているのか? »