Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 冬山ならハードシェルだろう やっぱり。ファイントラック エバーブレス アルマ | トップページ | 男は交通事故に遭うと飯を作る タニタ キッチンタイマー TD-398-OR とTD-390-WH »

2013年2月10日 (日)

FLOORTEX チェアマット ポリカーボネート製15,750円とPVC製4,800円 その2枚を買った顛末について

20130114_111858_p1040896うーんとね。まず一般的な話から入りますとね。家の中でキャスター付きのイスに座って何かするなら、普通は床にマットを敷きます。ウチのような安いフローリングでなくても、高価な絨毯であろうが、一枚板の檜であろうが、70kgくらいの重さのイスがグリグリ同じ場所で動けば、当然床は傷つきます。会社なら硬質の床材を使ってるからいいでしょうが、素足で過ごすこともある家庭にPタイルなんてねえ。くつろげないことこの上ない。

そこで我が家のようなお洒落なフローリングにしたりするわけですが、実はこのフローリング、一見、板のように見えますが板ではない。まあ合板という意味では板には違いないんですが、一枚板のような厚みを想像すると、とんでもない。だいたい一枚板なんてのは防音性、遮音性、断熱性を求められるマンションの床には向いてないんです。てなわけで、フローリング床材の天然木、と書いてあるのは、単に様々な機能を持たせた合板の一番上に、1mmもないような、てかないんですけど、極々薄く削いだ板がシール状に張られているだけの物です。試しにちょこっと尖った物で引っ掻いてご覧なさい。すぐ、表面の木目とは違う素材が現われます。もちろん、いったん傷つけた物の修復は不可能ですので、自己責任でお願いしたいと存じます。

まあ、そう言った意味でも、少しでも床を保護するためにワックスを掛けたりするわけですんで、こんなこたあフローリングのお家に住んでる方なら常識です。

だから、マットを敷く。と、話は戻るわけですが。まあ、マットなんて何でもいいっちゃいいんです。素足で過ごす方なら、冬場の冷えを考えて、カーペットのような物でも良いんですが、掃除が面倒だったり、キャスターを動かし難かったりします。ホームセンターで売ってるフローリングマットを好きな長さに切ってもらって強いたっていい。あれならフローリング模様とわりと近い物を選べたりします。

実際、そうやっていたわけです。んが。そういう使い方をするときのアレの問題点なんですがね。端っこが微妙にまくれ上がるんです。通常は、床材として接着剤なり両面テープなりで固定して使うもんですから、まあしょうがない。安いし。ってんで、あまり気にせず使ってきました。ところがですね。ここにきて、それがかなり大きな問題としてクローズアップされたわけですよ。と、いいますのは。

ルンバです。ルンバ君。どうもアレが苦手らしい。あの微妙なまくれ上がった部分を、更にたくし上げるように巻き込んでしまうもんで、掃除がスムーズにいかない。ルンバが止まるほどではないんですが、ガアガアやってるのが気になる。わけですねえ。

そこで、しょうがないから、ルンバで掃除する度にフロアマットをいったん片付けてました。しかしねえ。これはどう考えてもおかしい。仕事を楽にするために買った道具のために仕事が増える、本末転倒ではありませんか。もうちょっとなんとかならんか。そう考えて、チェアマットなるものをいろいろと検索かけておったのです。

20130120_092214_p1040935てとね。まあ、これが似たような物がいろいろあるわあるわ。ただ、こうなってくると何を基準に選んでいいのかわかりません。「国産品で安心」。うん。まあ、そうだな。そうか?こないだ見たホームセンターのキャットフードコーナーに「フランス製だから安心」って書いてあったぞ。だいたい、国産品だからいいってんなら、国産品に粗悪品が存在しないっちゅうことではないですか。ありえん。でしょ。そういう売り方をすること自体、どうなんだ、と思ってしまうひねくれ者なんですよ。

近年、日本を敵国視している某巨大国家製品にしても、まあかなり怪しい物が多いですが、かといって日本製品とてその某巨大国家で製造されていたりする。うーん。どの国製か、というより、ある意味ブランド、というかちゃんとしたと思われる会社で作られた物をかうしかないかな、と。ただ、いっておきますが、当然そのブランド分の値段は上乗せされるんですよ。全く同じ工場で作られていて、ブランド名が付くか付かないかだけということも多々ある。らしいですが。まあ、信頼を買う、ということで、そこに金を払ってみるか、とね。思ったわけです。

てなことを考えてあちこち見ていると、FLOORTEXという会社が目に付きました。うーん、まあね、このブランドのロゴデザインがスッキリとしている。こういうデザインセンスを持っている会社なら、そこそこ信頼できそうな「気が」する。まあ、説明を読んでも、一応もっともらしいことを書いています。カウネットやディノスといった大手が扱っている物だというのも、ある意味、保証でしょうなあ。

ただ、お高い。ポリカーボネイト(PC)製で、89cm×119cm×2mm、重さ2kg。15,750円。しかしねえ、このお高さがいかにも良さそうではありませんか。安いもんはダメですよ。値段なり。うん。大手も扱うイギリス製(流通をドイツでやってるので、ドイツ製、と書いてあるサイトもあります)ですが、まあ、イギリスだから信用できるということはないにせよ、某巨大国家製を謳われるより安心なのは確かです。すまんね。

でだ。清水の舞台から飛び降りるつもりで、古いねえ、買いました。これがね。すごい。一枚板の状態で送られてくるんですよ。つまり119cm×89cmサイズの段ボールの板状で送られてきます。で。出してみる。さすがに板状で来るだけのことはあります。硬いです。2㎜もあるポリカーボネートですから、たわみはしても、丸まる感じは一切ないですな。敢えて、ある程度以上の力を加えると、割れる。か折れる。という感触。やりませんよ。言っときますが。

思ったより透明性は低いです。半透明のすりガラスっぽい感覚ですな。ああ、風呂場のすりガラス、みたいな感じです。床に置くと、目立たない、ということは一切なく、ちゃんと存在感を主張しています。さらに言えば、高級感があるわけでもない。

机の下に置く。うん、まあそうするしかないね。椅子を置く。うん、まあそうだわね。で、キャスターを動かす。うん。まあ動くね。当たり前ね。

さてと。どうしたもんかな。この評価。いいも悪いもない。いや、悪くはないけど、ではいいのかってえと、何をもってよしとできるのか、と。いうことであります。まあ、しかし、15,750円もするものであるから、これはいいものに違いない。そうであるに違いありません。

ところで、別の話になるんですが、同じFLORTEXが出しているチェアマットにエコノミーというのがあるんです。PVC(ポリ塩化ビフェニール)製で4,800円。これはなんなんだろうなあ。ああ、もちろん素材が違う。PCとPVC。PVCだと、そうですね、化学製品特有のにおいがある場合があります。しかし、実際問題として、どう違うんだろう。と。

20130129_210540_p1040983実は、ウチ、チェアマット2枚必要なんですよね。奥さんの、リビングデスクと私の仕事部屋デスク。15,750円、買ってみましたけどね、何がどういいのか悪いのかわからん状態で、同じものを買うほどは金はないです。というか。この際ですから、4,800円のほうを買ってみて、比べりゃいいじゃん。ブログのネタになるし。ここ。ポイントです。みなさん。凄くないですか。一円にもならんブログのネタにするために、まあ敢えて言えば皆様の人柱となろうという、この犠牲心、いわばノブレス・オブリージュ。やむを得ない買い物です。

ちなみに猫は何かの犠牲になった挙げ句の包帯姿でなく、避妊手術をした後です。もうすっかり元気。全力で跳び回っております。

20130129_210632_p1040984まあとにかく。猫も私も貴族ではないわな。まあいい。とりあえず、買いました。同じような梱包で届きます。わずかにPVCのほうが柔らかい。重さはPVCのほうが1㎏ほど重い3㎏。臭い。PVC特有の臭いはどうか。うーん。気にならないです。鼻のいいウチの奥さんにもわからない、と言われました。

ルンバ君も問題なく動きます。乗った感じも、違いが判らんですな。結論的には、4800円のほうでいいんじゃねーの、ってことですな。皆様にお勧めするのは、PVC4800円のほうです。

ただね。わからんとはいっても、そこは個人差があります。PVCのほうが化学的に不安定、とまでは言いませんけど、ポリカーボネートよりは臭いの強い素材であることには違いありませんから、化学物質過敏アレルギーなどをお持ちの方ならば、ポリカーボネート製を選んでおいたほうが無難かもしれません。

あとは、10年くらい置いた後、どうなるか。って問題もあると思います。フローリングの上に載ったワックスとの相性、あるいは素材自体の経年劣化、とはいえね。ホームセンターで買った安いフローリングシートですら、なんも気にせず20年くらい使いましたからね。まあ10年持てば、さてその先どんだけ生きるんだって世界に入ります。気にするほどのことでもないですかね。とりあえず、先のことはわからんので、やっぱり4,800円のほうでどうでしょうね。

« 冬山ならハードシェルだろう やっぱり。ファイントラック エバーブレス アルマ | トップページ | 男は交通事故に遭うと飯を作る タニタ キッチンタイマー TD-398-OR とTD-390-WH »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

PCとPVCとの比較。非常に参考になります。素晴らしい。
私は、PVC製を購入しました。ニトリで。

デスクを置いてある場所の床はフローリング。
そのフローリングの上にはカーペットを敷いています。
ところが、椅子周りのカーペットが端の方にあり、椅子が
このカーペットから落ちてしまうことがある。一旦、落ちる
とキャスターがカーペットの端を巻き込んでしまう。

困った末に。チェアマットの導入を検討。PCとPVCとを比較
したこの頁に辿り着き、考えた。マットがデスクの足の間に
収まるようカットしい。PVCにしよう。

PVCを買ってきて、場所に合うようカット。椅子をコロコロ。
これでキャスターがカーペットの端を巻き込むことが回避で
きる。アレッ。カーペットの上のPVCは固定されにくく動く。

かくして、カーペットとPVCの間に、カーペットの色と同系色
のアサヒペン製『滑り止め防止マット』を挟み込み。

これで、目的達成。

というわけで、PCとPVCとの比較。大変に感謝です。


どもです。お役に立って何よりです。基本、あんまり役に立たないブログですので。ものごとは多様な見方ができる、ということの一面を表しているのだなあ、と穏やかに楽しんでいただければ幸いであります。

またよろしくです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 冬山ならハードシェルだろう やっぱり。ファイントラック エバーブレス アルマ | トップページ | 男は交通事故に遭うと飯を作る タニタ キッチンタイマー TD-398-OR とTD-390-WH »