Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 結局のところ僕はトレンドマイクロ社という会社の誠意を信じられなかったのだ ウィルスバスタークラウド | トップページ | 現実から逃避する日々 リフォームへの道① 工務店選び 中野区(有)春光建設 »

2013年3月17日 (日)

始まりはいつも小さなことから 水回りリフォームするよ

未来を、一寸先は闇、と捉えるか、無限の可能性と捉えるか。まあ要するに、見方を変えれば希望にも絶望にもなる。ということですな。概ね、私は後者と捉えがちなうつ病質な、というよりうつ病そのものの人間であり、辛うじて生きているのは、睡眠薬のおかげです。

部下やお客様には、自信を持って未来の可能性を肯定的に語っておりますが、なに実情はそんな情けないものです。

のっけから暗い話で申し訳ない。暗いのを、せめて物理的にでも明るくしたい、と思ったわけではありませんが、廊下のダウンライト、これまで電灯色の蛍光灯を使っておりました。が、これがね。点灯直後は暗いんですよ。なんでこんなに廊下が暗いの、ってくらい暗い。うぷぷ。いや駄洒落じゃなくてね。うん。いつの間にか十分な明るさにはなるんですが、とにかく夜、ウチに付いたときに暗い。

で。以前、こんな商品を使いました。PanasonicLED電球EVERLEDS LDA7L-A1です。が、この40Wクラス、450ルーメンてのはね、当時のLED電球としては明るかったけれども、廊下のダウンライトにするには、十分ではなかったんです。まあ、トイレの電灯としては十分以上の明るさですが、洗面所の天井照明には暗い。将来に期待する、ってことで。

20130225_204437_p1050071あれから2年。LED電球も、思ったほど画期的に明るくなったわけではありませんが、徐々に明るい製品が出てきました。そろそろ替え時かなあ、ってなわけで、 LDA11LG、明るさ640ルーメン、電球50W クラスってものを買うことにしました。どうなんでしょうねえ。40W クラスと50W クラス、そう違うもんですかね。とりあえず、1個だけ試し買い。この辺り、アマゾンで買うのが気楽です。試そうと思った翌日に、1個だけでも届きます。

でね。試してみると、おお。明るい。廊下の電球型蛍光灯の、一番明るくなった状態と比べて、なんら遜色ない。確かに40W白熱灯の明るさを越えています。無論60W白熱灯には及ばない、それは当たり前です。50Wクラスってんですから。でも、これならもう全部置き換えられるね、ってんで廊下もう1個、洗面所1個とも取り換えました。

おお。やっぱり明るい。それにすぐ明るくなる。これは、やはり微妙に嬉しいんです。歳を取りますとな、暗いと物が見え辛くなる。ましてもともとうつ病質で落ち込みやすいのに、家の中が暗いとますます落ち込んでしまいます。明るいのは、ありがたいですなあ。と。2年間待った甲斐がありました。

20130225_204425_p1050070ついでに、洗面所の鏡についているボール型電球、これもなんとかならんかなあ。とね。思いましたよ。ボール型LED電球、これはですなあ、ボール型と言いつつも、根本のところが微妙にボールではない、ケース形状をしております。ボール型のイメージを一番持っておるのは、東芝 E-CORE LDG9Lですかね。んー。でも東芝のLED電球は買ったことがないなあ。あ、リビングの天井照明が東芝でした。んが。明るさには満足しておりますが、電球色にしたときの色味が、今ひとつ気に入っておらんのです。なんつうんでしょうか、微妙に不自然感がある。まあ、これは慣れが大きいとは思うんですが。まあ、こんなもんは流れだしなあ、やっぱ、Panasonicかなあ。というわけで、LDG9LG。こちらは40W 型となっておりますが、天井灯と違って、ガラス面に2個並ぶので、まあ十分でしょう。ちなみに東芝なら60W クラスも選べます。広い範囲を照らすなら、こちらでしょうか。使ってないからわからんです。

20130225_205243_p1050076ま、ともかく。明るい明るい。十分以上に洗面所も明るくなりました。

で。だ。お風呂、ここ。ここねえ。問題なのは、ウチのマンションが既に築18年になろうか、としていることなんですよ。こういう密閉型照明器具を使っておるのですがね、当然、中は白熱灯です。ここを置き換えたいんですが、一般にLED電球は白熱灯に比べて、長さが長い。電球の中に回路や放熱器を組み込んであるから、どうしても長くなりがちです。この箱の中に収まるのか、と。

まあ、ウチにあるやつを使って試せばいいだけなんですがね。あー、試したっけなあ。なんとか入ったような思い出がうっすらと。ただ、その時、ダメだなあと思ったのは、今回買ったLED電球もそうなんですが、白熱灯に比べて光の指向性が強い。ので、ウチの場合、手元が暗くなってしまったんです。もともと電球に正対する面を明るくするものなので、電球に対して横方向になる、浴室で言うと床面方向には、あまり明りが行かない。これじゃダメだなあ。と、思った覚えが、うっすらと。

20130317_184605_p1050131今は、全方向に明るいという製品も出てきていますが、それはそれで、やっぱり試してみないと入るかどうか、わからない。それにですね。実は。LED電球って、お風呂場とか街灯とかへの使用は推奨されておりません。密閉器具対応、と謳われていてもですね。なぜならば、さっきも申し上げましたように、LED電球って要するに、LED素子と回路を組み合わせたものなんですな。電子機器といってもいい器具としては、やはり湿気は敵なんです。

無論、今のシステムバスに付いているものは、その辺りを十分に考慮されているものでありましょう。が、18年前のお風呂の器具の密閉性が、さあ対応できるのか。などと考えておりました。

で。どうしたもんかなあ。と。そこで。序破急、の「破」。

と言ってもエヴァンゲリオンの話ではないですよ。しつこいようですが、ウチは築18年近くになるマンションです。築3年くらいで、全室フローリング化&和室の洋室化&ホームシアター化を行いましたが、当然水回りはいじってません。となるとですねえ。水回りがもうずいぶんと老朽化してきているんです。トイレも、当時としては最新型のウォシュレットを付けましたが、便器自体が18年前のものですから、いや汚いって話じゃないです。お掃除は奥さんがちゃんとしてくれているからキレイなもんですが、古ぼけてきているのは間違いないです。それに最近のものに比べると、汚れも落としにくい。

お風呂に戻りますとね。浴槽の中にも、もう変色がこびりついているんです。これはクレンザーでこすってもとれません。お風呂のお湯をはるライン辺りで、化学変化を起こしています。カビ取りキラーも、CM程にはきれいにカビをとってくれませんよねえ。

振り返ると、台所。ああ、後付けで着けた浄水器の水洗周りから、ごくごく微量ですが、漏水しています。食洗機もずいぶんと古ぼけてきたなあ。と。思っていた矢先に、台所のシロッコファンが止まりました。というか、スイッチを押しても、回らない。と奥さんが言うんです。確かに。ダメかなあ。と思いつつ、まあこの辺りのお掃除当番は私なので、内部構造はだいたい分かります。回路系ではないだろう、と。恐らくはモーター。18年も使っているんだから、モーターもへたるよなあ。とは言え、焼き切れたわけではないだろうから、これはひょっとしてモーターの内部抵抗が大きくなって、回転できないんじゃないか、と推察しました。でね。ちょいとシロッコファンに勢いを付けてやったんです。要するに、手回しをしたわけです。なんつうか、昔のバイクのエンジンの押しがけみたいな要領です。

これって、昔、小さなモーターで遊んでいた頃、ヘタれて動かなくなったモーターを手回ししたら動き出した、って辺りの記憶から来ている発想です。遊んでおくもんですなあ。いろんな経験をしておくもんですなあ。

回りました。はい。いったん回り始めると、順調に動き出します。すげえ。俺ってすげえぜ。だろ。と奥さんに威張りました。

が。ですね。根本的な問題は解決していません。モーターが直ったわけではないのです。で、この状態では直す=交換する、ということです。こと、ここに至って、決意したのであります。

20130317_184815_p1050136水回り、要するに台所、お風呂、トイレの全面リフォームに入ることにしました。さて、ここから長いようでで短い、しかし怒濤の旅が始まるのであります。ね、冒頭述べましたように、人生、何があるかわからんもんなんですよ、と。

LED電球の話がずいぶんと大きな話になってしまいました。次回からしばらくリフォームの話に入らせていただくことになろうかと思います。

あ。でもね。とりあえず自転車もちゃんと乗ってます。この歳にして、心拍180まで上げて、、ぜえはあしながら山を登っておるんですよ。なんのオチにもなっておりませんが。

« 結局のところ僕はトレンドマイクロ社という会社の誠意を信じられなかったのだ ウィルスバスタークラウド | トップページ | 現実から逃避する日々 リフォームへの道① 工務店選び 中野区(有)春光建設 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。