Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ラバーゼ ステンレス製水切りカゴ スリム  実は身体もスリムになったんだぜえ | トップページ | プジョー ペッパーミル エリスセンス はかっちょいいけど重いぞ 覚悟しろ »

2013年7月28日 (日)

プロクソン ミニルーターセットMM100 No.28525-S  はこんなことをするための道具ではない たぶん

余計なものなどないよねぇ~。

昔、チャゲ&飛鳥のファンだったんです。が、チャゲアスも私も若かった。今なら分かる。余計なものはたくさんあります。人生が残り少なくなってきたら、それらをどうそぎ落としていくか、いかにシンプルに生きるか、そゆことでね。

余計なものを切り捨てようね、という話。何が余計が、つうと電動工具類、です。モノ好きには工具ってのは、とても魅惑的。です。対して使いもしないのに、つい見入ってしまいます。まあ、ネジザウルスとか、そうそう使うもんではないですけれど、これがないとどうしようもない場面が、一生に一度あれば、それはそれで存在する価値がある、とも思います。

で。うちにある電動工具なんですが、昔、一時木工に凝った時期がありまして、電動ジグソー、電動インパクトドライバ、電動サンダー、電動丸鋸、電動ドリル、なんてものがあったりします。当然、半田ごてもありますが、旨く使えません。てへ。

モノ作りは楽しいけれども、マンション暮らしでは限度があります。加工場のスペースをどうやって確保するか、って問題があります。ベランダでやるのも手なんですが、電動工具を使うとなると、特に夏場はご近所様に多大なるご迷惑をお掛けすることになります。しかし、塗装工程ともなると、室内というわけにも行きませんしなあ。

というわけで、工作とは徐々に疎遠となっていたので、新しい工具を買うことは諦めていました。自転車用工具で我慢しておったのです。が。ちょいと欲しいものが一つ。小型のルーターです。でもね。使う用途がない。いくらなんでも用途のないものを買うわけにはいきません。

20130728_075523_p1050260さてと。キッチンをリフォームしましたよ。と。なかなか使い勝手が良いところもあり、思うように行っていないところもあり。それが既成の引き出しの仕切り板です。ここは、どんな仕切り板を作っても、恐らくは正解というものがないでしょう。ウチがよく使う調味料類と、よそさまがお使いになる調味料類は違う。違う以上は、仕切りの大きさも異なる。

で。ウチのキッチン、TOTOのリシェルですが、実はこれはオリジナルの状態ではありません。

つうのは。ポケットの形状であります。手前にポケットが三つに分かれてあります。実は、このうちの真ん中のポケットは、一番手前のポケットのように仕切り板が横に入っておりました。

20130403_075615_p4030035このポケット部分は、もうこれで決まりなんですね。仕切り板を外したり、オプションで別のポケットが売っていたりするわけではない。ですが、この真ん中のポケット、ウチの場合は、これがあからさまに邪魔なんです。ちなみに、この写真は3つあるうちの一番小さなポケット。今回はこれには手を着けてません。が、手を着ける前の状態が、これしか残ってなかったので…。すんません。

真ん中の大きなポケット、これも同じようにしきりがあるんですが、邪魔でしょうがない。仕切りがあるせいで、大きな調味料類が入りきらない。念のためにオプションで入れ替えの出来るポケットを販売していないかと、TOTOに問い合わせましたが、ない。当然でしょうなあ。3Dプリンタでも使わなきゃ、そんな少量生産に対応できるはずもない。

どうしようか、と悩んではみたものの、交換することができない以上、諦めるしかない。使い方を合わせるしかない。

と、思ったんですけどね。ふと閃きました。これ、プラスティックだよなあ。加工できないかなあ。今ある電動工具でなんとかならんかなあ、と思って試し始めたんですが、ポケットの幅が狭いので、通常の工具は刃が当たる位置以前に、工具が入らない。

20130403_074745_p4030032そこで浮かんだのが、マイクロルーターと呼ばれる趣味工芸用の、このルーター。プロクソンという、ホームセンターなら結構扱っているメジャーな製品です。これに直径が3㎝ほどの丸鋸刃を付けて、削れば行くんじゃないの、と。よし、マイクロルーター買うぞ、と。

頭の中ではマイクロルーターが唸りを上げ、ギュンギュンと仕切り板をきれいに切っていく光景が浮かんでいます。ね。これなら可能。これなら簡単。あれやこれや苦労する代わりに金使って解決しちゃえばいいんだよ、と。姑息とも余裕ともとれる思考がよぎります。ああ、なんて頭がいいんだ。俺様は。

物事、そううまく行かないって。まずね。プロクソンのルーターにもいろいろありますが、安いものはパワーも弱いし、連続運転時間も短い。電動工具はそういうもんです。高いものを買っておくに越したことはない。とは言え、マイクロルーターにパワーがありすぎるのもどうなんだ、ってのはあります。扱いづらくなります。で、交換用の刃。とりあえず、プラスティックなんか、なんでも切れるだろう、荒い砥石状の円盤、これでいくかな。

20130403_075554_p4030034いきゃあしねえ。さすがTOTO。プラスティックの棚板も堅牢なこと。切り始めてわかりましたが、板の厚みが5㎜はある。砥石の刃でも切れなくはないですが、まあ切れないこと切れないこと。何より工具を入れるスペースが狭いので、作業する角度が非常に限られます。電動丸鋸で板を切るような、チィーンと丸鋸が進んでいく光景を思い浮かべていたんですが、とんでもない。せいぜい一度に進めるのは3㎝程度。それ以上進もうとすると、工具の角度が変わるせいで、プラスティックが刃を噛んでしまうのです。

こうなるとモーターに負荷がかかりすぎて、あっという間に保護機能が働き、モーターが止まります。モーターが冷めるまで1時間くらいはほったらかしておく必要があります。しかも、この荒砥の刃は、その性質上、脆い。どんどこどんどこ、作業中に割れていきます。心の方も折れそうです。とは言え、一度刃を入れてしまった棚板は傷だらけで、そのまま使えるような代物ではなくなっています。

20130403_080041_p4030036やるしかない。後には引けないのです。1㎝ずつでも削っていけば、いつかはなくなる。そう信じて進めるしかないのです。が。荒砥の刃じゃらちがあかない。そこで再びホームセンターに行って、工具売場を眺めます。ってと、直径35㎜の金属製鋸刃があるじゃありませんか。どのみち、これだって消耗するに違いない、と思って何枚かセットになっているものを探します。が。なぜか、なぜか、35㎜3枚セット、のような商品が存在しないのです。35㎜単体もない。35㎜、25㎜、15㎜の3枚セットなのです。これは。どうしたものか。しかしカタログを見ても、これしかない。35㎜が欲しいのであれば、これを買うしかないのです。

板厚が5㎜。25㎜直径の丸鋸でも行けそうでしょ。ダメなんです。芯の分があるので、25㎜では刃の高さがギリギリで、ちょいと斜めにあてると貫通しない。もうね、すっかり諦めて、3枚セットを買いましたよ。で。これならどんどん切れちゃうぞー、って。

そんなに甘くないって。TOTOのリシェル、剛健だぜえ。硬いこと堅いこと。棚板削るのに1週間がかり、毎日1時間ずつ、ずっと削っていました。斜めに刃を入れて3㎝、対角から斜めに刃を入れて3㎝。これで9平方センチメートル、時には1㎝×1㎝。少しずつ鋸刃上に削っていく作業を延々と続けました。

ときどきルーターのパワーに負けて、手が滑り、削らなくていい箱の部分に、チィンと刃が当たります。もういいや。どうせ誰も見ないんだし。と思ってひたすら削る。永遠に終わらないような気がしてきましたが、何事にも終わりは来る。

20130728_075512_p1050259仕上げは汚いけど、実用上は問題なし。これでよし。力任せに引きちぎった部分もありますが、良しとしましょう。仕上げには、やすりをかけますがね。ちょっとだけしか変わりません。やすりもかけづらい狭さであります。ともかくリシェル、カスタマイズ完了です。人力では、無理ですね。電動ルーター様様であります。

プロクソン マイクロルーター、リシェルの棚板を削りたい方にはお勧めです。

嘘です。こんな使い方には誰も勧めません。やはり本来の工作工芸用としてお使いになるのがよろしいかと。その後ですか。ええ、ええ。当然、引出の中で冬眠中であります。眠りから覚めることがあるのか、プロクソン。それは、誰にも分からないことであります。

« ラバーゼ ステンレス製水切りカゴ スリム  実は身体もスリムになったんだぜえ | トップページ | プジョー ペッパーミル エリスセンス はかっちょいいけど重いぞ 覚悟しろ »

ツール」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
熱で溶かすという方法はなかったですか?
半田ごての先を交換してプラスチックの切断などに使えたような・・
で、仕上げは各種ヤスリを駆使するという方法が頭に浮かびました。
僕も道具として興味があり、全く使用する予定もないのにルーター買おうかと思った事が何度かあります。
道具って、眺めているだけでも魅力的ですね。

どもです。お久しぶりです。

実は、熱というのは一番最初に考えました。半田ごてでなんとからんかなあと。厚みを見て挫折しました。こんだけのものを、この角度で融かすとなるとどんだけの時間と臭いが発生するのかと。発泡スチレンの工作器具も見ましたが、さすがに5mmもあるプラスチックを融かせる熱量はない、と判断しました。挙げ句の悪あがきであります。

すっげえ辛かったです。近々、山を歩きます。帰ってこられたら、山の道具もアップします。この暑さでは、キャンプは厳しいですな。川の増水も怖いし。とは言え、山も落雷やら崩落やらがありますから。家の中にいるのが一番と言うことになりかねませんな。

それもなあ。人生、残り時間が限られております。できることはやっておいたほうがいい。そう思っております。またよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラバーゼ ステンレス製水切りカゴ スリム  実は身体もスリムになったんだぜえ | トップページ | プジョー ペッパーミル エリスセンス はかっちょいいけど重いぞ 覚悟しろ »