Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« スバル フォレスター2.0i-S EyeSightに買い替えることにした顛末 | トップページ | フォレスターの③ ドアミラー連動格納スイッチ »

2013年10月13日 (日)

フォレスターに回帰すると同時にパイオニアに回帰した サイバーナビ AVIC-ZH0009CS ②

20131007_164225_pa070034で。フォレスターを買いましょう、と。なると、まあ値段の交渉とか設定オプションとか、いろいろありますわね。昔は結構こだわりました。エアロパーツを着けてみたり、内装オプションパーツを買ったり。これがまた高いんですわ。ちょこちょこっと、カッティングシートみたいなのをはるだけで8万円とかね。シフトレバーの先っちょを替えるだけで数万円。

若い頃は、そういう、人とちょっと違うところに意味を見いだしたりしたんですけどねえ。この頃はそういうの、どうでもよくなっちゃって。例えばオプションパーツで50万円ぶっこんでも、中古車として売るときは、査定なんか全くないですもんね。別に中古で売ることを前提に車を買うわけじゃないですが、50万ぶっこんだオプションパーツが、全く評価されないのは寂しいですわ。もう、どうでもいいわ、と。

ただね。ナビは必要です。あれやこれやはともかく、もはやナビが必需品であることは否定できますまい。

車を買ったことのある方には自明の説明ではありますが、カーナビの付け方には3種類あります。①自動車メーカーが始めから着けてくるもの、②ディーラーが着けてくれるもの、③自動車用品屋さんなどで買って着けてもらうもの、です。自分で着けるという達人もいらっしゃいますが、その辺りは自分の能力を見極めることが重要です。私にはない選択肢であります。

で、フィッティングというか、見た目的に車にマッチするのも、①②③の順になります。ところが性能的には、③②①の順になるんですよ、これが。こういう電子機器っつうのは日進月歩、毎年進化していくじゃないですか。となると、自動車メーカーが着けたものは、設計時に発売されていた物がベースになりますよな。とすると、車の発売時期によっては3年前くらいのナビが着いてきたりするんです。

それでも、フィッティングとか、お値段とか、手間とか考えると、メーカーオプションを選ぶという選択肢も十分にあるわけです。で、今までは、そうですな、面倒くさいのが嫌なのと後付け感が嫌なのとで、ずっとメーカーオプションを選んでいたんです。旧型っちゅうても、今使ってるのよりはマシだろう、とね。どんなもんでも1年経ったら型落ちやあ。とね。割り切ってきました。

ところが、最新のナビ、どうもここんとこ凄くなっているぞ、と。これはちょっとメーカーオプションにこだわるのもどうなんかな、と。特に、アレです。パイオニアから去年出たサイバーナビで、ヘッドマウントディスプレイのアレ。アレ、なんか凄えです。実際に使えるかどうかわからんけども、凄え未来感があります。欲しい。と、どうもその時に刷り込みをされたらしいです。

で。車を買い換えるに当たって、ナビと言えばサイバーナビ、ヘッドマウントディスプレイのアレだろう。もう、そういう前提から入ってしまっていました。で、一応、ディラー通いをしつつ、ナビの情報も探っておったのですな。そうすると、ディーラーで着けられるナビは、どうも先代の物になるらしい、しかも先代のパイオニアのナビは検索が遅く、あまり評判が宜しくない、ということが判ってきました。

20130922_084157_p9220002となると、今回は思い切って社外品で。この春に発売になったばかりの最新型サイバーナビ、買っちゃうぞーってね。思ったわけです。

ところが既にお気づきの方もいらっしゃると思いますが、このナビ、肝心のヘッドマウントディスプレイが着いてないモデルです。んー。これはですねえ。目のせいです。私は以前、視力矯正手術をしたせいで、左右の眼の質が変わってしまっております。右目は完全に遠視。3m以内のものには焦点がありません。左目は完全な近視。1m以上のものはぼやけて見えます。

ヘッドマウントディスプレイを店頭で試したところ、文字も地図も全部二重に見えてしまいます。眩惑されるだけであります。こりゃ厳しいわ、と思ったところで、ディーラーさんの追い打ち。ヘッドマウントディスプレイは、アイサイトに干渉するので、装着不可だそうであります。これでヘッドマウントディスプレイの夢は断たれました。断たれましたが、一度すり込まれたパイオニアのサイバーナビ、というのはもう消せない。他のメーカーの何がいいかを調べるのは面倒になっておりました。

で、ヘッドマウントディスプレイのないAVIC-ZH0009CSに行ったわけです。これより安いAVIC-ZH0009(無印)というものもあります。こちらは通信機能とフロントカメラが除かれたバージョンです。これだとかなりお安くなります

20131007_164309_pa070039AVIC-ZH0009CSのカメラは何をするかと言いますと、まず走行中に前面を撮りまして、その実画像に合わせて、ルートを表示してくれる。交差点などを見た目通りに案内してくれる、という機能であります。

通信機能は、このカメラで、日本国中に設定した渋滞ポイントの写真を撮影しましてね、その時点で、この通信ユニットを持ったサイバーナビ同士で共有し、渋滞情報の共有を計るという、はなはだ未来的な機能、まさにネットで繋がった、素ん晴らしい世界。

んー。はっきり言う。私は、この機能が付いたAVIC-ZH0009CSを買いました。しかし、この二つの機能は、現時点ではまずオモチャ以上の物ではあり得ないはずであります。そんなこたあ買う前から判ってます。見た瞬間に判ったわ。一つめ、カメラで案内する機能ですが、走行中にナビを見つめながら走ったらあきまへん。チラ見して、音声案内などで次の交差点が確認できればよろしい。随伴者が見ればよろしい。うん、たぶん酔います。オモチャであります。現時点ではね。

20131013_091329_pa130023通信機能による画像データの共有。これもねえ。情報共有できるデータベースがあまりにも狭すぎます。町中の固定カメラなどの情報を共有できるくらいのことができれば、文字通りすげえことになりますが、まだ夢です。どうでしょうね。私の住んでいる都市圏外れの田舎町に、同じものを付けた人がどれだけいる。私の好きな山の中の道を、同じナビを着けた車がどれだけいる。いるわけはない。となると、オモチャですなあ。現時点ではね。実際、近所のアウトレットモールの入り口の渋滞情報、画像では数時間前のもの。そんな混雑情報いらんわ。ってなことです。

AVIC-ZH0009CSやめとけ。無駄だから。AVIC-ZH0009(無印)にしとけ。そう思って一時はこちらに心傾いたんですが、某カカクコムでの評判を見ますとですな。別の情報がありました。通信ユニットは、画像データだけをやりとりしているわけではなく、検索機能の向上に役立っている、ということであります。ただ、実際使ってみると、音声認識能力がそれほど高いわけではなく、「あいまい検索」以前の問題で、まだ上手く使えていません。

もちろん、通信ユニットがあると、地図や本体のバージョンアップの際に、データをディスクなどから取り込むことなしに、単体でデータを落とすことが可能であります。ありますが、これはあまり現実的ではないです。通信ユニットの通信速度はそうそう速い物ではありませんので、これでダウンロードしてデータが大きい場合、目的地に着いたはいいがダウンロードが終わってないがゆえにエンジン切れないぞ、みたいな情けない状態になります。従って、大容量のインストールはUSBメモリ又はCD-R経由にしておけ、と教訓を垂れておきます。

そう思いつつ、実際にアップデートしてみたら、ダウンロードよりむしろインストール自体に時間がかかったという自縄自縛。まあなんだ。でもやはり、大きな更新はUSBメモリでやります。だって、理屈上はそうなんだし、やってみるまでインストールに時間がかかるかどうか、わからんじゃないですか。最善の策をとって、かつ遅いなら、そりゃあもう宿命というか、マーフィの法則発動ということでお許しいただきたい。

« スバル フォレスター2.0i-S EyeSightに買い替えることにした顛末 | トップページ | フォレスターの③ ドアミラー連動格納スイッチ »

乗り物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スバル フォレスター2.0i-S EyeSightに買い替えることにした顛末 | トップページ | フォレスターの③ ドアミラー連動格納スイッチ »