Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 再開したフォレスターズビレッジこびっとで至福の時を過ごす②レストランターシャと薪割り斧 | トップページ | ツール・ド・美ヶ原 GEKISAKA!2016まであと少し ロードバイクとオートバイ »

2016年6月 9日 (木)

MT-07にナビを付ける② BluetoothインカムSENA SMH-20S

20160515_153321 結論から言いますと、ナビを付けたはいいけれど、ナビが必要となるような走り方はしておりません。まあ、それでも使っておりますのでね。その辺りのことを少し。

 例によって雑感から入るわけですが、実はですねえ。私はどうも集団に合わせることがとても苦手でありまして。いやいや人付き合いが下手とか、そういうんではないです。仕事でも個人的にも人見知りは一切しないです。むしろ社交的。にもかかわらず、社交的な場が大の苦手。この辺りが私のストレスの一因となっていることは明らかです。

 でね。ロードバイクでもオートバイでも、その他のスポーツでも同好の士と交流するというのがとっても苦手。なんですよ。一人で黙々と取り組むのが好き。ランもスイムも筋トレも、そう。黙々と。だもんで、ロードバイクのチーム練習とか、23人ならともかく、510人なんて練習会は全然無理。むーりー。

 なんか和気藹々って雰囲気が苦手なんですよ。性格が悪いんスかね。あー、友達も少ねえっすよ。はい。

 その辺りは私の性格に問題があるとは思うんですけどね。チームで動いてる皆さんにも一抹の課題があると思うんですね。ロードバイクで言うと10人以上でトレイン組んで、サイクリングロードを、歩行者さんとかランナーさんとかのことも気にせずぶっ飛んでいく輩とか。あるいは横並びに3台くらい並べて、道路をふさいじゃう輩。ヒルクライムの林道にもいますよ。弱虫ペダルよろしく、「うおおお」とか叫びつつ、集団でコーナーに飛び込んでくるヴァカ。自動車来たら死にますよ。たまたま相手ドライバーが優秀で、減速して事故を避けてくれているだけで。

 こういうのって、チームになると気が大きくなるってか。そういうのがロードバイクの品格を貶めてるんだと自覚して欲しいです。また、そんな気がなくても、集団自体が無言の圧力になっているってのは、強く自覚した方がいいなあと思います。

 そういう意味では、おじさんのオートバイ集団もタチが悪い。コンビニ前にでっかいバイクを何台も止めて、黒いイカツいジャンパーを着たおじさん集団。タバコふかしながら談笑されてますが、中身はともかく外見はイージーライダーリスペクトなんですから、怖いですよ。おじさんおばさんが高校生気分に戻って騒がすのは、楽しいかもしれませんが、やはりそこはわきまえたいです。

 とはいえ、その程度はまだ実害が少ないといえますが。狭い林道を10台くらいのバイクを連ねるのはどうなんスか。ツーリングとしては、生活道路でもあり、作業道路でもあるわけですから、ちょっと配慮がない気がします。1車線しかない林道のコーナーで車体を傾けて入ってくる。対抗するランナーにしろ自転車乗りにしろ、死にそうな思いをします。そんでいて、ランナーなり自転車乗りなりが必死に制動をかけてコントロールし、衝突を避けているのに、自分の運転技量が上で衝突を回避したつもりになる。ヴァカですか。と。上手い人はそもそも衝突しそうになる走り方を選択しないです。事故しないのが、究極の上手さです。

 もちろん自動車のソロドライバーであってもブラインドカーブに突っ込んでくる人はいるので、個人の資質の問題とも言えるでしょうが、ソロでは品よく走る方が、集団だと気持ちが大きくなるってのはやっぱりあります。

 ソロでしか走らない、リターンライダーが何を言っておるのか、という感じですけどね。ロードバイク乗りでもあり、オートバイ乗りでもあり、ドライバーでもあるソロのおじさんとしては、自分の趣味を中心に見ないで、それぞれのことを考えつつ行動したいなあと思います。つまりはロードバイクもオートバイも大人の趣味として認められるためには、世の中との折り合いが大切と思いますよ、ということであります。

 さて。まあこういう人間なので、インカムをインカムとして使うことはまずないような気がします。実際、インカムで会話したことないです。ふむ。なのでインカムとしていいのかどうかは一切判りません。1.5kmの通話距離があるとかないとか、全然知りません。わかりません。ごめんなさいごめんなさい。知ってました。知ってたんですよぅ。

20160417_204921 でも買いました。いくつか求める機能があったからです。第一は、ナビの音声を聞くことができるということ、第二は電話を受けかけできること、第三はFMが聞ける、ということ。であります。ナビの音声についての必要性は、前回述べました。一般的な理由と言えます。んが。後の二つははなはだ個人的。電話が受けかけできることの重要性は、人それぞれですね。まあそれはよしとして。FMですけどね。私はそもそも音楽を楽しむことが下手です。

 が。ソロでひたすら走っていると、飽きることもあるわけです。そこでラジオ。ラジオもねえ。苦手なチャンネルがあるんですが、それはさておき。とりあえず聞きたい、と思って機材を探すと、これがですね、以外とFMが聞けるインカムって少ないんですよ。やっぱりインカムとしては無駄、に近い機能ですもんね。通話がメインであって、通話をしないでFMを聞くってのは、ちょっと矛盾してるっぽい。

20160417_205028 なのでFMが聞けるインカムというのは、実は少ない。ということで候補としたのがSENASMH-20Sというインカム。だいたい32000円くらい。SENAの一番いいやつ。対してサインハウスという日本メーカーのB+COMという機種。これがおそらくこの世界ではメジャー。ただ4万円くらいもする上にFMがないので、その時点で却下であります。

 ところが。SENAは海外(韓国)メーカーなので、正直説明書がとっても判りづらい。てか付属してこない。カスタマ登録をして、説明書をダウンロードして、初めて細々としたことが判ります。こういう多機能製品だから、そこはコストダウンしないで欲しいところなんですけどねえ。と、普段、説明書を読まないおっさんが言う。

 つまり、結構セッティングが難しい。あ、いや。うーん。どうかな。自分規準なんでわかんないスけど。でも、説明書がない段階でインストールしようとして挫折しました。例えば、マイク。標準でブームマイクが付いているのですが、フルフェイスヘルメットの場合は、アーム部分が邪魔になります。で、付属のケーブルマイクというものに取り替えるのですが、これがなかなか外れない。がちっと固まってます。力をどっちからどの方向に入れるかで、パカッと外れるのですが、そこの説明がないので、いったいこれは外れるものかどうなのか、という確証がないまま格闘します。まあ外れるんですけどね。

20160609_102104 操作方法もです。コンパクトな筐体にすっげえ機能を詰め込んでますから、操作がとっても難しい。いや、単純なんですけど。うーん。あのね、操作系がプッシュできるダイヤルともう一つの通話ボタン。これだけなんです。これだけに、いろいろな機能をさせるわけですから、組み合わせが大変。しかも、テレビやスマホと違って、出力系は音声だけなわけです。目で見て操作を確認する、ということができない。

 例えば、電源を入れるにはダイヤルボタンと通話ボタンの同時押し。FMを聞くには通話ボタンの長押し2秒。電話を受けるには、通話ボタン押し。覚えられたのはこんだけ。つまり、こんだけしか機能を使ってない。いいの。それでいいの。その機能が欲しかったの。うん。でもFMのチューニング変更は覚えたいと思ってます。

 ま、そんだけの機能を使うだけなら、とっても操作はシンプル。使い勝手はとても良い。ただし、ちょいと不満足な点。SENAWEBサイトには「インカム通話中、FMラジオ、スマホからの音源(A2DP)がフェードした背景音として耳元に届きます。」とあります。ここ。私の場合はFMを聞きながら、スマホからの音源(ナビ音声)を聞きたかったのですが、これ、仕様的に無理らしいです。車のナビと同じように、FMを聞いていてもナビ音声が優先されると思ってましたが、違いますね。

 要するにBluetooth接続のインカム音声、20S本体機能の音声、Bluetooth経由の外部入力音声と3つのパターンがあり、FMやナビに対して最優先されるインカム音声が割り込むことができる、ということのようです。FMとナビとではFMが優先されてしまい、ナビ音声は聞こえなくなります。これは想定外。ちょっと残念。ナビの方が重要なんですけどねえ。まあ外部入力が常にナビってわけではないので、仕方ないのかなあ。

 ナビとして使っている外部入力が2系統、つまりナビであるiPhoneMusicプレイヤーを用意した場合、どうなるんスかね。そこまだやってないんでわかんないス。だれか教えて欲しいス。

20160609_102035 ちなみに、電話は使いやすいです。まあ走行中の電話はお勧めできませんが、それを言えばインカムで会話することもどうなの、ということになり、そもそもの存在意義を否定されます。iPhoneとの組み合わせですと、SIRIの音声入力をオンにしてアドレス帳に登録している相手の名前を呼べば、まあ「田中さんの携帯に電話する」とかですね、相手に電話がかかり、普通に話ができ、相手が切れば接続も切れる、と。こちらの音声は問題なく届きますし、相手の音声もよく聞こえます。電話の操作に意識がとられることもなく快適な会話ができるので、十分に実用的です。

さらに言うと、インカムとしては都合15台のインカムと同時通話できるらしいですが、そんなこと知らんです。どうせ一生その機能を使うことはないと思います。機能は十分、使い方は簡単、後はAMラジオがあればね、と孤独なリターンライダーは思います。

« 再開したフォレスターズビレッジこびっとで至福の時を過ごす②レストランターシャと薪割り斧 | トップページ | ツール・ド・美ヶ原 GEKISAKA!2016まであと少し ロードバイクとオートバイ »

モーターサイクル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再開したフォレスターズビレッジこびっとで至福の時を過ごす②レストランターシャと薪割り斧 | トップページ | ツール・ド・美ヶ原 GEKISAKA!2016まであと少し ロードバイクとオートバイ »