Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 敗北を認めて前に進もう ツール・ド・美ヶ原2016 | トップページ | ようやく旅の準備が始まった タイ »

2016年7月 8日 (金)

トラベロコというサイトで調べて タイに行こうとなったわけだが

実は。10年ぶりに海外旅行をします。

 今年の夏は、タイ。タイ王国。初タイです。なぜにタイ。うーん、海外旅行は韓国以来で、久々にハワイでも、と思ったんですけどね。ちょっとね。飽きた。のかな。いや、ハワイリピーターの方からすると数えるほどしか行ってないんですけど、オアフ島、マウイ島、ハワイ島、カウアイ島と一通り回って、もう一度同じところに行くのもなあ、ってね。

 ハワイはいつも個人手配で行ってたので、当時調べて行って見たいところはだいたい行った。今から新しいところを掘り起こして、DeepHawaiiってのも気力がない。となると、ヨーロッパか、ヨーロッパ。でもね、ヨーロッパでやりたい旅行をするとなると10日は欲しいよなあ、とかになり。10日も猫を置いていくの、イヤだなあと思い。1週間くらいで収まる場所で、アメリカ文化圏でないところ、というか異国情緒たっぷり。

 ネパールのヒマラヤの麓とかも考えたんですが、この頃、怠惰になっておりますのでヒマラヤトレッキングの旅よりもっとのんびりしたいなあ、などと考えたままゴロゴロしておりました。やっぱ日本いいなあ、快適だなあ。とね。

2016070700010004dime0001view で、DIMEという雑誌を眺めておりましたら、グランピング、という言葉が目に付きました。豪華なキャンプ、ということらしいですよ。テントのくせにエアコン、ベッド、シャワー付。レストランで食事もできる。焚き火もしつつホテルの快適性を、というぐうたらなおっさんにはぴったりのキャンプスタイル。ほうほう。

 と、見ておりましたら国内の施設の他にタイのグランピングサイトが出ておりました。ほうほう。素敵だねえ。キャンプもできるし。タイにまでわざわざ行ってキャンプって面白いじゃん。と。そうだ、タイに行こう。

 タイかあ。タイねえ。微笑みの国タイ。そうなんですかね。ちょっと前の観光記なんかでは、よく日本人がバンコクの安宿あたりでたむろってる、ってか自分探しの旅に出たダメ人間の掃きだめ、みたいな記事を読んだことがアリ。もちろんそうだと言っているわけではなく、あくまでもそうだと言ってる記事を読んだだけでアリ。行ったことがないので判りません。まあ、いつまでもタイもかつての開発途上国ではないでしょうけど、まあこれまで行ったことのない国ですよねえ。

 よし。タイに行こう。

 で。グランピングサイトを調べました。これは、きっと昔なら挫折してたと思いますが、今はインターネットのヤフーというモノで(略で。調べてみますと、カオヤイという場所にあるらしい。カオヤイ国立公園内。いいじゃん。行きましょう。カオヤイのララムクハ テンテッドリゾート カオヤイ。よし、JTBでツアーを探そう。こんなところ、個人手配で行くの、怖いしね。JTBのお姉さん、だいたい丁寧に教えてくれますから、下手に個人手配で行くよりよほど早い。もう旅の苦労を楽しみたいなんて、そんなお年頃ではありません。

 そうしますとね。タイと言えばバンコク。タイと言えばプーケット。タイと言えばチェンマイ。タイと言えばサムイ島。うん、そういうメジャーはツアーがあるんですよ。でもカオヤイのグランピングはない。そりゃなあ、そうだろうなあ。そうそう日本人が退去していくところではないよなあ。グランピングしたければ、星野リゾートに行くよ、って話だもんねえ。

 はい、個人手配します。えええ。タイに個人手配?バックパッカーでもないのに?英語も通じないのに。てか英語も完全に忘れてるのに。

 でね。カオヤイへの行き方をざっと調べてみたんですがね。おいおい、これどうやって行くんだ的なところにあります。バンコクから200kmくらいあるんですかね。列車か車か。しかし列車っても日本で乗るようなわけにはいかないことはすぐに判ります。車ってもねえ、タクシーで200kmっていくらタイでもそれなりのお値段になるでしょうし、かといってタイでレンタカー借りて走る根性はない。

 んー。んー。どうしましょうかねえ。これは、きっと昔なら挫折してたと思いますが、今はインターネットのヤフーというモノで(略

 そうしますと、現地でコーディネーター的なことをやっている方を集めて紹介するサイトを見つけました。トラベロコ、というサービスです。タイに限らず、世界中の日本人が、現地でちょっとしたコーディネートをやってくれるというサービス、その方を紹介するサイトですね。後は紹介された方に連絡をして、サービスとサービスの対価として支払う代金を交渉して、お互いが納得したら、契約の開始であります。

 ちなみに、代金はトラベロコに支払いますが、決裁は旅行後になりますので、お金だけ持っていかれるということはないシステムになっています。トラベロコ自体を信用するかどうか、って問題はありますけど、それを言い始めると、ネットショップ全てが同じようなもんです。難しい問題です。

 で。タイ、バンコク辺りにお住まいの方のリストを見る。やはりバンコクは日本人が多いので、いろんな方がいます。リタイヤ後の生活を送っている方、商社にお勤めの方、お勤めの方の奥様、現地の会社で働いている方などのちょっとした副業となっているようです。まあ、確かにたいしたお金にはならないでしょうが、趣味と実益と考えると楽しいかもしれません。人の役に立つのが好き、って人は、必ずいますもんねえ。

 でも、トラベロコはそれを保障しているわけではないので、どんな人と出会うかは、ある意味賭です。選定の段階で、登録されている情報を読むのが大切だろう、と思います。さて。と、見るとですねえ。実にいろんな方がいらっしゃる。おっさんとしては嬉しくなるような若いお姉様とか、おいおい既に視点が違うだろう、と。キャバで指名するお姉ちゃん選んでんじゃねえぞ、と。はい。その通りでございます。そういう邪なハートは必ず悪いモノを呼び寄せます。きっとね。

 とりあえず、年頃、自分と同じような世代、かつ男。既にお仕事を持っている人。信頼する条件の前提であります。で。お一人とコンタクトを取りました。メールでのやりとりをしてアドバイスをいただいています。とりあえず、コンサルティング料として1万円、あとは現地でのさまざまなコーディネートに応じて、代金を支払うつもりであります。

 で。早速、飛行機のこととか、旅程のこととか、ホテルのことなどを相談しました。当初はカオヤイに行けばいいとだけ思っていましたが、カオヤイに行く途中でバンコクには止まらざるを得ません。となると、1日目バンコク、2日目カオヤイ-3日目-4日目バンコク、となりますか。

 しかしねえ、この先何度タイに行くことがあるでしょう。それに、海外旅行だって何度行けるというのでしょう。どうせなら、もう少し脚を伸ばしましょう。ということでタイの南の島にも行くことにしました。有名なのはプーケットですが、余り有名すぎるのもなあ。かといってマイナーすぎるのもなあ、という、わりとどうでもいい理由で、サムイ島を選択。とりあえず、5日目と6日目はサムイ島。

 さて、ホテルを選びましょう。

 が、これがねえ。バンコクもサムイ島も半端ねえ数のホテルがありまして。何をどうやって選べばいいのか、って感じです。となると、コーディネーターの出番であります。さてと。

« 敗北を認めて前に進もう ツール・ド・美ヶ原2016 | トップページ | ようやく旅の準備が始まった タイ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 敗北を認めて前に進もう ツール・ド・美ヶ原2016 | トップページ | ようやく旅の準備が始まった タイ »