Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« タイに行った⑰ サムイ島の一日(2)  | トップページ | タイに行った⑲ タイで釈放 また逢う日まで »

2016年8月25日 (木)

タイに行った⑱ サムイ島で捕まる

 最終日であります。最終日、バンコクを立つのは夜の11時。サムイ島を立つのは、さかのぼること午後4時。いずれにしても、相当にゆとりのある日程であります。もっと早く出てもいいんですが、時差を考えると、中途半端に早く出ると成田に真夜中につくことになり、結局困る、ということですか。ならサムイ島でゆっくりする日程を組みましょう、ということで、そういう日程になっております。MUFGツアーデスクのお姉さんがセッティングしてくれた日程です。

20160805_112034_20160805_112034 ふむ。しかし。そうなるとホテルのチェックアウトが12時。サムイ空港に直で向かうと、中途半端に時間が余ります。どうしたもんかね。もちろん、レイトチェックアウト、という手もあります。あるにはあるんですが、165,000円のホテルのレイトチェックアウトっていくらくらいかなあ、と思うと、無理しなくていいやあ、という思いが込み上げてまいります。ねえ。ほんとのお金持ちではない人が無理して高いホテルに泊まると、そういうことになります。

 代わりに少し早く出て、チャウエンビーチで飯を食おう、と。最後にサムイの美味い物を食おう、と。となると、ミトラサムイだろう、と。ほかにいくらでもあるんでしょうが、探して回る余裕はない。確実に美味かったところで食っておきたい。そういうことです。

 問題は、チェックアウト後のスーツケースをどうするか。これが、シラヴァディがチャウエンビーチにあるなら問題はないです。ホテルのフロントに預かっておいてもらえばいい。飯を食って、ホテルに取りに戻ります。しかし、シラヴァディからチャウエンビーチだと、行って帰ってくることになり、時間的にも金銭的にも無駄が大きすぎますな。

 で。困ったときはインターネット。そうしますと、昨日行ったフェスティバルってショッピングモールのツーリストデスクで預かってくれるサービスがあるらしいよ、ってことがわかりました。となると、まずフェスティバルに行き、荷物を預け、ミトラサムイで飯を食い、戻ってフェスティバルで買い物をしつつお茶でも飲んで時間をつぶせばいいじゃんか、ということです。

 俺ちゃん、ないす!

20160806_072504_20160806_072504 20160806_105639_20160806_1056391 高級ホテルの贅沢な朝食ブッフェも今日で最後。食って食って食いまくるぞー。てなことはない。食って苦しくなるよりは、楽しく程よく食べたほうがいい思いができるってもんです。朝ごはんを食って、またプールに入り、だらだらした後で、ホテルのフロントに荷物をピックアップしてもらうように電話をします。

 予約をしていたはずですが、ピックアップに来るのが妙に遅い、と思ったら、時計の時間がいつのまにかバンコク時間でなくシンガポール時間になっておりました。1時間、間違えました。時差というのは、ことほど左様にいろいろな問題を引き起こすのであります。しかし、結果的にホテルを1時間早く出ることになり、そのあと余裕を持って過ごすことができました。結果おーらいであります。前向きに考えることが大切であります。

 で。ですねえ。フェスティバルに行きます。ネットの情報と現地の案内で、ツーリストデスクは二階にあるらしい、ということがわかりました、スーツケース引きずってたどり着きましたら、係員がいない。表示がしてありましてね、今休憩だから用があったら1階のインフォメーションデスクに来てね、って感じで。近くで、飯をくってるお姉ちゃんたちがいましたが、ランチタイムならダメだよなあ、って。あきらめて1階のインフォメーションに。暑くて汗ダラダラです。さっき通ったところにあるインフォメーションデスクで聞くと、今日はツーリストデスクは休みだと言います。お店開いてるのに、デスクが休みって、さすがタイ。ここで預かってくれないかって粘りましたが、ダメでした。これもタイ。

 ああ、スーツケースをどうしましょ。そこで作戦変更。チャウエンビーチにはもう一つ、ロータスという古いショッピングセンターがあります。ここでも預かりはやっている。そこに行けば何とかなる。で。フェスティバルからミトラレストランまでは歩いて5分程度。ここは頑張ってミトラサムイまで歩く。ミトラサムイで飯を食って、タクシーでロータスまで戻る。ロータスで買い物ちょっとして、お茶して時間つぶす。よし、これで行こう。

 俺ちゃん、えらい!

 で。ミトラサムイまで歩きましたがよ。歩道、整備悪くてよ。結構たいへんなのよ。暑くてな。なんでこんなことをしてるんだろう、的な感情が頭をよぎりますな。ただ二度目で場所もわかってるし、まあね。ちょっとの辛抱です。

 そして再びのミトラサムイ。昨日のお姉ちゃんがまた来たの的な表情をしたのがわかりましたが、美味しいんだからまた来たよ、的な友好的な顔を作ります。当然、ビール。しかし。時間がビールタイムでなかったので、ビールはもらえませんでした。まあ、しょうがないね。飯を食おうよ、と。

20160806_123234_20160806_12323420160806_123238_20160806_12323820160806_123139_20160806_123139 当然、海老。ただし昨日と違うソース。カレーソースです。それからカニのチャーハン。青パパイヤのサラダ、ソムタム。

 やっぱり海老は美味い。チャーハンは普通。普通に美味い。中華のチャーハンと違い、油は少ないので物足りないかもしれません。ソムタムは奥さんお気に入り。日本じゃ青パパイヤはなかなか買えません。ウチで作りたくても作れない。そういえば、昔、バリ島でも青パパイヤのサラダは食いましたね。しゃきしゃきして、少し甘みがある。そこに辛いたれ。ふむ、スーツケース引っ張って歩いてきた甲斐があります。

 最後に、英語で対応してくれた店員のお姉ちゃんにチップを渡して帰ります。また来るねえ、とは言えないですけどね。さて、タクシーを拾って、ロータスに向かいましょう。

20160806_140332_20160806_140332 ロータスはちょっとくたびれた感がある地元のショッピングセンター。受付のおばちゃんところにいくと、特に何も言われず、指でそこに置くようにと合図をされて、荷札を受け取って、はいおしまい。ちなみに、帰りにもレシートを確認するようなことはありませんでした。ロータスの中にはカフェやレストラン、ファストフードも充実してますので、時間をつぶすのには十分です。

 さて。そろそろサムイ空港に向かいましょうかね。いよいよ、サムイ島を立つよ。

 でだ。タイのタクシー事情は何でもあり。ということにつきますな。ロータスの出口のタクシーを頼むと。持ってきたのはピックアップトラックでしたわ。さすがに驚きました。2ドア4シートではありますが、狭いことおびただしい。面白いっちゃ面白いですがね。

 そしてサムイ空港。サムイ空港は国内線ですが、ここからバンコク経由で出国する人もおり。そうした人は、ここで出国の手続きをします。チェックインも保安検査も、空港自体が狭いので、あれやこれや悩んだり迷ったりする場所はありません。international的な表示だけ見つければ、あとは人の流れで進みます。それが終わると、出発の待合室に行くわけなんですけどね。

20160806_160547_20160806_16054720160806_160633_20160806_1606331 あのですね、サムイ空港って、実はバンコクエアウェイズの私設空港なんだそうな。タイ国際航空はサムイ空港を間借りしてる立場です。そのせいか、タイ国際航空の利用客の肩身が狭いんですよ。バンコクエアウェイズの待合室はエアコンのきいた屋内、タイ国際航空の待合室はオープンエアーで汗だく。ひでえ。差別だ。

 待合室にはバンコクエアウェイズの乗客だけが使えるフリードリンクと軽食のスタンドバーが。タイ国際航空の乗客は、こっそりとバンコクエアウェイズの乗客の振りをして、軽食を貰っています。たぶん。ああ、情けない。そうこうしてるうちに、係員のお姉さんが、うちの名前を書いたボードをもって待合室を回り始めました。ん。なんか。なんかありましたか?

 

« タイに行った⑰ サムイ島の一日(2)  | トップページ | タイに行った⑲ タイで釈放 また逢う日まで »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

一年ほど前から、自転車関連でこのブログにたどり着きました。ロードバイクのみならず、登山、キャンプ、モーターサイクル、車と、かなり趣味が重なる上、出没範囲も割りと近いようで、親近感があります。遡って全ての文章を拝読させていただきました。いつもながら軽妙洒脱、毎回楽しみにしております。
タイへ行った編、いよいよ大詰めですね。私も公私に渡り海外旅行が多く、次に起こるであろうハプニングにドキドキしています。次回が楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイに行った⑰ サムイ島の一日(2)  | トップページ | タイに行った⑲ タイで釈放 また逢う日まで »