Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« タイに行った⑯ サムイ島の一日(1)ミトラサムイで飯を食う | トップページ | タイに行った⑱ サムイ島で捕まる »

2016年8月24日 (水)

タイに行った⑰ サムイ島の一日(2) 

20160805_105756_p_20160805_105756 サムイ島チャウエンビーチのショッピングモール、フェスティバル。新しいショッピングモールです。で。何しに寄ったかってえと、晩御飯をね。なんとかしようと。

 シラヴァディの夜のブッフェを二日食わなくてもいいだろう、と。1380バーツで、バーベキューという手もありますし、もちろん自分でメニューを決めることもできますが、ちょっとそこまでがっつり食うのもしんどいな、ってのがあります。

 旅の楽しみの一つは食うことであるわけですが、外食が続くと疲れませんか。三食がっつり食うってのが、少食の夫婦には厳しい。三食のどっかを軽くしないと。ってことで、サムイ島最後の夜ですが、もうがっつりレストランはいいかね、ってことで。スーパーかコンビニに売ってる、普通のタイの人が食べるお惣菜をちょこっと買ってきて食べましょう、と、いうことにしました。ついでに何かお土産も買えるといいかな、と。

20160805_124329_20160805_1243291 でも、意外とお惣菜が少ない。たぶん西友のほうがもっとあります。みんなわざわざフェスティバルで買わなくても、近くの路上の屋台で済ませちゃうのかしらね。値段的にもそっちのほうが安いです。ただ、安全面ではスーパーのお惣菜のほうが安心ですね。

 そういえば。安全面と言えば、タイも水道の水が飲めない国です。つか、日本みたいにぐびぐび飲める国のほうがきっと少ないんですよね。ぐぐってみましょう。なんと世界中で水道水が飲めるのは15か国、しかない。ぐびぐびいけるのはさらに少ない。

 タイの水はホテルでも濁りが見えることがあります。手を洗うぐらいならいいですけど、歯を磨くのもちょっと躊躇いますな。まあ、今回歯を磨くのに水道水を使ってましたが、おなかを壊してないので、たぶん歯を磨くくらいなら大丈夫、かもしれませんけど、違うかもしれないので、自分で試してください。


20160805_085052_dsc_0351 屋台の飯が危ないってのは、水、それから油ですね。野菜を洗う水自体が衛生的でない可能性がありますし、もちろん調理に使う水もそうです。火が通っているものならそれほど心配しなくてもいいのかもしれませんが、化学物質までは煮沸ではとれない。加えて油。コストを下げるために油を使いまわすのは常道です。酸化しまくった古い油を使いまわしているそうで、某国のように、下水から再生した油を使うようなことまではないというものの、悪くなった油で体調を崩すことも多いそうです。

 タイに住んでるアキさんやはなさんでも、屋台では絶対に食わないって言ってましたしね。チャレンジャーな方は、何度かおなかを壊しながら、耐性を付けていただきたい。ただ、おなか下したまま帰国しようとすると、防疫のところでひっかかる可能性大であります。お気を付けください。

20160805_191658_20160805_19165820160805_154640_20160805_1546401 さてと。何の話だっけ。あ、スーパーで弁当買ったって話ですね。ガパオ買いました。えっと、ひき肉とパクチーを炒め合わせて、目玉焼き乗っけたライスです。キッシュみたいなものも買いました。中にホウレンソウが入ってると思ったら、緑は同じですが、味が違いました。何の葉っぱかわかりません。あとは持って行ったカップめんとか。ウエルカムフルーツのロンガンとか。適当な夕食にしましょう。

 と。いうことで、ホテルに帰ります。フェスティバルは大きなモールなので、タクシー乗り場のようなところがあります。が、怪しい。例によって客引きと交渉します。来るときはホテルのバスで選択肢がなかったんですが、帰りは交渉して値段を決めます。空港からホテルまでで600バーツだったことをベースに、400バーツで交渉。例によって、何度かそんな安いんじゃ行けない、いや、だったらいいよ、てなやり取りがあり。結局400バーツで。交渉してても、自分のこれは無茶ブリなんじゃないかとか、あるいは吹っかけられているんじゃないか、とかそういう思いは去来いたしますが、悩んでもしょうがない。100バーツの違いは300円。気にするだけ損です。

 今回のタクシーは三菱のランサーエボリューション。しかも、ドライバーの隣には奥さんと思しき人まで乗ってます。なんだかねえ。ときどき、こういう家族付きのタクシー、あるらしいですよ。まあ、味わい深いわねえ。気後れしちゃダメです。こういうもんだと思って、味わったほうが面白いです。

 さて。あちこち回ると疲れちゃいますからね。何しろ今日はだらだらする日なので、街で飯食ったら、ホテルに帰ってだらだらしなきゃ。だらだら。で。ホテルではビーチで。と思いましたが、暑い。いや、暑いからビーチに行くわけですけども、ヴィラには立派なプールがついてます。ビーチには涼しくなってからいけばいいか、それまではプールでだらだらしましょう。ということにします。

 午前中と同じで、iPadで読書をしながら半分寝て、潜って、起きて。あ、順番が違う。寝たまま潜ったら、死ぬな。ともかく。夕暮れ近くまで、だらだらします。涼しくなってきたので、ビーチに行きましょう。行きましょう。

20160805_181225_20160805_181225120160805_181229_20160805_181229 もう5時。ビーチには誰もいません。バーでビールを頼もうかと思ったら、バーも閉まってます。そうか、そうだよな。ディナーの準備とかきっとあるよな、と思いつつ。まあいいや、だらだら。曇り空ですが、気温は高いので、水着だけで過ごすのにちょうどいい。暗くなるまで、だらだらと。暗くなったら、インフィニティプールにあるプールバーに行きましょう、と。うん。スーパーで買った飯を食ってね。うん、まあ何をするわけでもないからいいんだよ、と。

 と。雨。スコールです。タイで2度目のスコール。7日間いましたが、スコールを見たのは2度だけ。8月の頭と言えば、雨季の真っただ中のはずなんですが、雨に降られたり、雨に足止めされたりすることは一度もなかったです。とは言え、雨季とはそのようなものだ、という理解は極めて怪しい。日本の異常気象と同じで、タイの気象も少し変わっているのかもしれませんがね。まあ、恵まれました。

20160805_201051_20160805_201051 ガパオライスもキッシュも美味しゅうございました。さて。ちょっと荷物整理をして、明日の準備をしておいて。雨もやんだし、飲んだくれてきましょうかな。ということで、真っ暗なプールサイドのバーに行きます。プールがライトアップされてればいいんですけど、真っ暗です。海岸の岩場がライトアップされてますが、プールは暗い。でも、タイ人のバーテンのお兄ちゃんが注文受けて、奥さんのカクテル作ってくれます。モヒート、頼んでましたかな。でも、奥さん曰く、モヒートじゃない、と。それはわからん。我々が日本で飲んでるモヒートが本物かどうか、わからんし。その点、私はバーボン飲んでますから、いつもとおんなじです。珍しいバーボンがあるわけではないので、いつものジャックダニエル。いつもの味。いつものかなあ。って、いつもそこまで確信があってジャックダニエル飲んでるわけではない。まあ、いいやね。とりあえずね。

 ときどきプールに足を浸したりしてね。バーテンのお兄ちゃんが泳げばみたいなことを言ってますけどね。真っ暗なんだよぅ。飲んでるし。怪我したくないよう。怪我してるしね。

 だらだらと飲んでます。タイで両替したお金も、残り2000バーツを切ってます。タクシー代を考えたら、こんなものかしらね。まあ、いい夜ですよ、と。さて、明日は帰りますよ、っと。

« タイに行った⑯ サムイ島の一日(1)ミトラサムイで飯を食う | トップページ | タイに行った⑱ サムイ島で捕まる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイに行った⑯ サムイ島の一日(1)ミトラサムイで飯を食う | トップページ | タイに行った⑱ サムイ島で捕まる »