Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 冬ツーリングで千葉を目指す Heatec電熱ベストとKIJIMAグリップヒーターGH07 | トップページ | 年末なので大掃除しなきゃなの iRobot社 ブラーバジェット240 »

2016年12月19日 (月)

指先が冷たいと泣きそうになるの シマノ エクストリーム ウインターグローブ タッチパネル対応 ブラック/レッド

20161105_142141 夏と冬と。どっちが好きかってえと、圧倒的に冬です。だあってねえ。ここんとこの夏ときたら、外に出たら死ぬる。死にまする。気温が体温越えたら動いちゃダメですよ。だって体内で作られた熱が放出できないってことなんですよ。もうね、そりゃだめだわ。

 実際は、放熱は単なる熱の移動ではなくて、汗が蒸発するときに熱を奪ってくれるので、なんとか生きていけますけどね。でもね。もうね、だから夏に外でお仕事してる人って、ほんとに凄い。ってか、それは人体の不思議よね、ってことです。鍛えるって凄いなあ、と。

 しかし、たまにしか鍛えない高齢のおっさんの身体は、耐熱性能が低い。夏の昼間にロードバイク乗るってのは、命を賭けるようなもんです。オートバイもやだわ。とにかくエアコン効いてなきゃいや。だけど、エアコン効いてるウチ遊びはあまり好きではない。

 その点、冬はいいね。そりゃ寒いですよ。けど、関東近辺の寒さなんてたかがしれてます。一番寒い時でもマイナス5度いかないでしょう。0度以上10度未満。この程度ならねえ、防寒対策をしっかりして、飯をしっかり食って、しっかり身体を動かせば平気です。三しっかりですよ。しっかりさんですよ、と。はい。余計な話をしています。

 ただやはり対策はしなければなりません、ということでね。どこが一番冷えるかってと、末端なんです。手、足。若い頃は毛細血管も元気だったから、体幹から流れる熱い血潮が指先まで温めてくれました。が。これがねえ、歳を取るとそうもいかんです。血の巡りが悪くなる。昔は冷え性なんてモノの存在が信じられなかったものですが、今は確信しておりますよ。

 そこでだ。冬場のロードバイク。まず足のことから。ロードバイク用のシューズは、夏の暑さ対策としてとても風通しが良くなっています。逆を言うと、冬は超寒い靴です。そこで、シューズカバーというモノを使うのですが、これをすると、風は通らなくなります。若い人ならそれで十分。しかし、年寄りは血管が詰まってますので、風が通らないだけでは不十分です。加温です。加温が必要なのです。以前はバッテリーで温めるシューズカバーを使ったこともありますが、持続時間が短くて、ロングライドには実用的ではない、というのが、私の結論でした。バッテリも専用ですから、バッテリが切れると、重いだけの靴カバーになります。

 で、一番いいのが、白元さんのアレ。足に入れる携帯用カイロ。これなら一つで4時間以上、保温してくれる上に、予備を持ってもたいした荷物ではありません。もうこれしかない。という感じですね。ちなみに、靴に入れるときは足の裏側ではなくて、甲の側に入れる方がペダルを踏み込んだときの感覚を邪魔しません。

 さて。で、問題は手なんですよ。手はね、足より暖まりやすく冷えやすい。ような気がします。つまりね、手を出しっ放しにしてると、あっという間に冷え切ってしまいますが、身体を動かせば、足よりもずっと手先の方が温かくなる。時には掌にびっしょりと汗をかくほどです。これが問題です。

 ロードバイクのライドに出るときは、まあ短時間、12時間なら問題はないんです。気温にそれほど差が出ない。しかし100kmも走ろうかと思うと、5時間や6時間はすぐに経ってしまう。ということは。ですよ。朝の7時に走り出して、休憩を入れて2時過ぎくらいに帰ってくる。時には帰り道で行きつけの自転車屋さんに寄ったりすると、帰りは真っ暗になります。これをですね。温度の変化を追いますと、こうなります。(頭の中でイメージして下さい。)

 えっと。イメージでは共通理解ができないんで、文章で伝えます。朝6時、気温3度。朝7時気温6度、朝10時気温9度、お昼気温14度、帰り道気温7度、というような、たとえばの話ですけどね。つまり朝と昼とで10度違うのは珍しくないわけです。運動中に10度違うと、そうとう暑い寒いの感覚も変わってきますわね。朝の気温に合わせた服装、手袋だとお昼には汗だくになる可能性がある。そういう難しさがあるわけですね。

 自転車屋さんにおいてある手袋だって5度対応と15度対応では全然厚みが違います。5度対応の手袋で日中走るのは無理。汗だくになる。かといって15度対応の手袋では、あっという間に凍えて走る気力も失せる、ということになるので、ジャージのポケットに予備の手袋突っ込んで出かけることになるんですが、特に5度対応の手袋ってかなりかさばるんですよ。

 更に言うと、私は0度対応の手袋で気温5度の条件で走っていても、指先が凍えるのでオーバーグローブを使ってます。んで、となると日中の暖かい時間帯は、背中のポケットが手袋でぱんぱん。加えて、ウィンドブレーカーなど突っ込んでいた日にゃ、もう大変なことになります。

20161208_192532_p1010009 そこで、今回購入したのがこれ。シマノ エクストリーム ウインターグローブ タッチパネル対応 ブラック/レッド。長えな。とにかく。0度から-10度までの対応。これまで使ってたパールイズミの手袋は0度対応だったので、それより更に温かい。しかしね、そこまで温かいとなると、オーバーグローブがなくてもいいとしても、昼間の暖かい時間帯が大変なことになるんではないの。そこです。問題は。

 このシマノのエクストリームウィンターグローブは二層構造、つまりインナーとアウターになっています。実はこれだけなら昨年までのモデルにもありました。今年のモデルはちょっと違います。昨年のモデル、インナーグローブがいかにもインナーって感じで、単体では使えないものでした。見た目からして、手袋を裏返したような、縫い目が表に来るような感じで、単体使用しているとほつれてきそうな感じです。ちょっと買うのをためらってしまいます。

20161217_130713 ところが今年のモデルでは、インナーグローブが普通の薄手のグローブのようになっている。こうなるとインナーグローブだけでも使用できますし、アウターだけでもできる。もちろん組み合わせると寒さ対策最強、ということになるんですね。実は去年の冬にシマノのバイヤーさんが自転車屋さんに来たときに話を聞いていたのです。待ちかねておりました。

 で。実際に使用してみます。使用したのは気温3度くらいのナイトライド。お日さまの恩恵は全くありません。この気温だと、これまではオーバーグローブ必須でした。今回は敢えて使ってません。1時間ほどの使用ですが、指先からじんわりと寒さが伝わってくる感じはあります。が。冷たくはありません。身体が温まってきたときにちょうど良くなる感じです。日中にアウター、インナー単体で使ったことはまだありませんが、当然温度調節はできるでしょう。

というわけで、朝3度、日中16度のロングライド。日に照らされるところでは汗をかき、山の中の北斜面では凍えます。が、現実的には気温に会わせて脱いだり履いたりは、やっぱりしません。めんどくさいんですよ。でもまあ、いざというときには調整できるってのは、気が楽です。

あ。めんどくさいってんで言えば、ふつうに付け外しするときも、やっぱり少しめんどくさい。二枚一気に脱ぐことはできますが、装着するときにはインナーグローブをつけて、アウターを着けるという手間がかかります。二枚重ねて、というわけにはいきません。

20161217_130631 スマホ対応になっていますが、あまり敏感ではないです。もともと手袋が二重になっているので、細かい操作には向いていません。また二重になっている分、指先に余裕を作っているのか、少し長めです。そのせいで、感圧式のガーミン800をタッチしても、圧が足らないのか反応は弱いです。いやもしかしたら、私の指が短いだけかもしれませんな。個人差があります。はい。

 とはいえ、そういうものを操作するときは手袋を外せばいいわけですし、手袋としての機能面で十分に満足しています。後は耐久性と入手性ですね。耐久性はわかりません。しばらく使ってみましょう。入手性と言うことでは、このグローブもシーズンもののご多分に漏れず、シマノはシーズン前に精算した分以上の在庫を持っていません。私が買ったのは12月の頭でしたが、もうほとんどのお店では在庫がはけてしまっています。特にMサイズが残っている店は少ないので、欲しい方は急いだ方がいいと思います。

 お値段的にもパールの半額、とまではいかなくても2/3程度の値段で買えるシマノ エクストリーム ウインターグローブ タッチパネル対応 ブラック/レッド、長えな、はなかなかの優れものではないか、と考えている次第であります。ま、しかしこういうものは使い込んでみないと何とも言えない部分はありますな。

« 冬ツーリングで千葉を目指す Heatec電熱ベストとKIJIMAグリップヒーターGH07 | トップページ | 年末なので大掃除しなきゃなの iRobot社 ブラーバジェット240 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬ツーリングで千葉を目指す Heatec電熱ベストとKIJIMAグリップヒーターGH07 | トップページ | 年末なので大掃除しなきゃなの iRobot社 ブラーバジェット240 »