Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 新しい季節が始まるのだ 初心者のためのロードバイク選び | トップページ | 花粉症の季節だからね できることは何でもするよ NAROO MASK F5s »

2017年2月26日 (日)

非常にコアな話ではあるが カセットフー BO EX専用 キャリングケース CB-AH-41用

20170204_081234_p1010243 本来、ここは商品紹介ブログ、に分類されるのではないかと思うが、本来そうであろうとなかろうと、実態としてはぐだぐだ文章を書き連ねたいという欲求が先行するのであって、実のところ題材は何でもいいのである。

 身も蓋もなく言えばそういうことです。たぶん昔からここを読んでいる方はお気づきのことでしょう。最近、自転車関連のことを書くことが多いので、自転車ブログと思って来られている方には、大変申し訳ございません。この丁寧語、あってんのか?

 さて。タイトル通り、コアな話であります。

 カセットガスコンロ。知ってますか。知ってますよね。うーん、初めて出会ったのはいつ頃だったのかなあ。しばらく考えてましたが、思い出せないくらい昔。と言っても、自分で使うようになったのは大人になってからだと思います。子供の頃は、卓上コンロを使うときは、ガス管から長いゴムホースを引っ張って卓上に置き、鍋をしておったような気がします。

 学生の頃かしら。いや、そもそも学生の頃は料理なんかしなかったし。いや待てよ、自分ではしなかったけど、大学の寮でジンギスカンとかやってなかったっけ。と思い出そうとしても、あれがカセットガスだったかどうか、わからんですねえ。焼酎を丼で飲まされたことは覚えてますがね。

 でだ。大人になってリビングで鍋でも焼き肉でもしようと思ったときに、さすがにその頃には長いゴムホースを台所から引っ張ってくるようなことは、なかったような気がします。で、カセットガスコンロ。カセットフーですよ。これね、このタイプのガスコンロ、といえばカセットフー。そう覚えてます。

 シャワートイレのことをウォシュレットと呼び、救急絆創膏のことをバンドエイドと呼び、使い捨てカイロのことをホッカイロと呼んでしまうようなもんです。ちなみに、うちの奥さんはバンドエイド的なモノ全てをサビオと呼んでしまいます。

 でだ。カセットフー。当時は決して安くはなかったですよ。45,000円くらいもしたんじゃないですか。若かりし頃の安月給でこのお値段のガスコンロ。ねえ、リビングで鍋ができる焼き肉ができる生活が豊かになるぅ、みたな。どれがいいのかなどれがいいのかな、と。そりゃあもう必死になって選んだもんですけどね。まあ正直言ってどれもこれも変わりゃせんのですが、そこは若さ故。一つ一つ家財道具が増えていく喜びってんですかね、あったわけです。

 実は、キャンプを始めたばかりの頃は、キャンプ用コンロを買う余裕がなかったので、しばらくはカセットコンロを持って行ってました。いや、コンパクトでいいですよ。荷物を減らしたい今でも、むしろカセットコンロに戻そうかなあと思うくらい。ただ問題は、カセットフーは屋内使用前提だったので、いかんせん風に弱い。アルミ箔の脂は寝坊しガードなどを使ったりもしたんですけどね。まあそれでも風に弱い。

20170225_100847_p1010254 そこで買ったのがカセットフー強化型モビルスーツ。的な。カセットフーBo(ボー)という製品です。これは風に強いが売り物でしてね。言わばシャア専用ザク。赤い彗星。連邦の汎用モビルスーツなんか一撃ですよ。うん。

 ところがですね、この後、キャンプも本格的になりまして、言わばコロニー落とし後の一年戦争のような状態ですよ。グフは出てくるはドムは出てくるは、最終的にはビグ・ザムなんてものがですねえ。ね、コアな話でしょう? 

 まあいい。とにかくシャア専用ザク的なカセットフーBoの出番がなくなったわけです。キャンプでの出番がなくなったとは言え、おうちで鍋、というときには出番がある。そのときのために、長い眠りについたわけです。

 が。そこで困るのが保管の方法。結構ね、カセットフーってガチャガチャするじゃないですか。そのまま棚の中に放り込んだり、ビニールにくるんだりすると、中でガチャガチャになったりします。これは困る。邪魔くさい。ねえ、きっとジオン軍も困ったと思うんですよ。破壊されたわけでもないシャア専用ザクをどうするか。とりあえずコンテナ、じゃないですけど、買ったときに入ってた段ボール箱に入れて、棚の中に保管してたんですけどね。さすがに10年も経つと、段ボールもぼろぼろになってきます。困ったけどしょうがない。とりあえず保管を続けました。

 ところがですね。最近になってキャンプの軽量化を図ったときに、このカセットフーBo、再び外で使いたいな、と思うようになりました。いわば、ガンダム鉄血のオルフェンズ的な。掘り起こされたガンダムフレーム、的な。ああ、すみません既についてきてくれる人はかなり限られてしまっています。コアだから。コアファイター。あああああ。

 持ち歩きに、ぼろぼろの段ボール、更に困った、という話ですよ。で。実は、このタイミングで、カセットフーBoの新シリーズ、なんと工具箱のようなケースに入ったカセットフーが売り出されました。イワタニ カセットフー ウインドブレイクこんろ 風まる ブローケース入り CB-KZ-1-A。これいいじゃん。これいいね。置き場所に困らない。いいなあ。イワタニサイトで希望小売価格8,400円、販売価格5,480円。でもなあ。ケースに入ってるだけで、今までのモノが使えないわけじゃないからなあ。いいなあ。とね。思ってたわけです。いいなあ。

 あるときね。ふとこう考えました。工具箱みたいなケース、適当なのを買って入れればいいじゃん。ってね。まああるかどうかはわからんですけども、探してみましょうよ。と。と。っとぉおおおおおお。なんと。

20170225_100920_p1010256 イワタニからこのカセットフーBoのケースだけが売ってるではありませんか。カセットフー BO EX専用 キャリングケース CB-AH-41用。おいおい、これ使えないか。と思って説明を見ましたらね。対応製品が書いてある。専用品だ、と。う。ちょっと希望が遠のいた。専用品ってことは、他のものだと入らない可能性が高いってわけだよね。対応してるの、何かなあ。CB-AH41CB-AH35。あー。そうねえ。うちのカセットフーBo。もう10年は経ってるよねえ。無理よねえ。

 と思いつつ、一応ぼろぼろの外箱の型番見ました。するとね。するとねええええ。CB-AH41。ええ。これ使えるの。2,480円のケース。使えるはずよねえ、型番一致してるんだから。で、ぽちっと。まあ失敗しても2,480円。仕方ないかな。とりあえず買え。買おう。

 そして届いたのがこちら。赤いケース。風まるは黒いケースですが、こちらは赤いケース。とりあえず納めてみる。うむ?うむむ。おおおおお。ぴったり。全く余計な隙間もない。すげえ。10年以上前の製品だよね。んん?モデルチェンジしてないの?って思って、サイトに戻ってみましたらね、どうやら旧製品を対応させるためのケースを発売したみたいなんですよ。

20170225_101001_p1010258れってすげえな。と思いました。既に新製品が発売になった後に、旧製品のサポート機能追加を行う。普通はね、新製品を買わせたいから、そんなことはしません。旧製品をそのまま使い続けるってことは、新製品が売れないってことですもんね。これはねえ。自分の会社で使う製品を大事にしてないとできないことですよ。こういう会社の製品は信用できる。つうか、こういう会社は信用できる。

 どことは言いませんけどね、某GPSの販売代理店なんか、売った後ソフトのバージョンアップも地図の更新も一切しやがりません。マニュアルなくしても売ってくれないですしね。もうね、4台くらい買って登録してるヘビーユーザーにその扱いですからね。挙げ句の果てに、販売元の会社に買収されてしまいましたがね、ざまあみやがれと思ってる人はたくさんいますよね。そういう方は仲間ですよ仲間。

20170225_101053_p1010259 失礼しました。

 で。とにかく私が申し上げたいのはイワタニ万歳。赤いケース、まさに赤い彗星。ジークジオン。イワタニはまさにジオン公国、あ、ダメだ滅んじゃう…。

 滅ぼしませんよ。イワタニ。ささやかながら応援し続けます。ガス、イワタニの買いますよ。

« 新しい季節が始まるのだ 初心者のためのロードバイク選び | トップページ | 花粉症の季節だからね できることは何でもするよ NAROO MASK F5s »

コメント

こんにちは
おお!流石おれたちのイワタニ!

そう言えば、私の実家のカセットコンロも岩谷製でして、
かれこれ40年以上も現役です。
たまに実家に帰れば鍋もやるし、6年前の東北の震災時も
「コレで湯を沸かしたんだよ」と父が自慢しています。

昔、家族でドライブに行く際にも、このコンロを積んで、
どこかの芝生にゴザを敷き、焼き肉とかしたものでした。
母「火気厳禁でも、ホースノンだから良いでしょ?」
管理人さん「ああ、ホースノンなら大丈夫ですよ」と、
そんな会話が、今でも頭に残っております。

カセットフーと言う呼び方は、逆に新鮮です。
単に「ガス」とか、ガスコンロとか、あとガス缶の事も
「ガスボンベ」とか、テキトーな呼び名で通していたです。

そんな私も数年前に、カセットガス・ジュニアバーナーを購入。
よく見てビックリ!「なんじゃこりぁ」な国製だったので。
「日本製で安心♪」なんてレビュー書いちゃったぢゃねーか!
慌てて消しましたけれど。

おや、安いなー、と思うと、中国製とかもあるのですね。
いや、逆に考えるんだ。イワタニが保障してくれる品質なのだ。
そうですよ。うん。

とりあえず、イワタニ万歳!

どもです。イワタニすげえぜイワタニ、的な感じです。

火を使うものだけに安全性は最重要、さらに安定供給、安心品質。まじめな企業さんだなあと思います。日本の魂、的な。誠実さを感じます。こういうモノ作りは応援したいですな。

またよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい季節が始まるのだ 初心者のためのロードバイク選び | トップページ | 花粉症の季節だからね できることは何でもするよ NAROO MASK F5s »