Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 関東屈指の激坂 子の権現を上って思う | トップページ | 非常にコアな話ではあるが カセットフー BO EX専用 キャリングケース CB-AH-41用 »

2017年2月19日 (日)

新しい季節が始まるのだ 初心者のためのロードバイク選び

のだ、って書くと、「バカボンのパパなーのだ」と言いたくなる年齢層はいる、と思います。

しばらく前に、自転車に飽きた、という記事を書きました。いろいろと挫折をしてしまいまして、自分を追い込むモチベーションがなくなりました。もうこのまま置いていけばいいんじゃないの、とかも思ったりしたんですけどねえ。魂が、そこまで老いるのは早い、と囁くのですよ。ふむ。

20161205_114447_p1000988 DE ROSA NUOVO CLSSICOで走っていますとな、いろいろと新しい発見があります。速くなくてもいいんだなあ、とか。止まって写真を撮ってもいいんだなあ、とか。ご飯を食べるのが動機でもいいんだなあ、とか。Twitterでなんとなくつながってる人たちのつぶやきに刺激されて、いろいろな発見があります。

 そうはいっても社交性がない、というか、社交性を仕事で使い果たしてしまうおっちゃん世代。相変わらずこれからも一人で走って行くんでしょう。それはそれで良しとして、うん、新しいバイクも欲しいかな、と。つまり、クロモリのDE ROSA NUOVO CLSSICOの楽しみもあれば、ヒルクライムレースの楽しみもまたあってもいいかな、と思えるようになってきたんですね。

 となると、カーボンバイク。ヒルクライムを想定したカーボンバイクが欲しい。ということであります。さて。何を買いましょう。一度ヒルクライムレースから降りた人間ですから、言わば初めてのヒルクライムバイク選び、ではないかと。無理がありますね。はい、グーグル対策でヒットしやすいタイトルにしてみました。引っかかった人ごめんなさい。ここはかなり適当なブログです。

P1010627 ロードバイクを買うのは今回で5台目です。初めてロードバイクを買う、という方からすると多い方でしょうが、趣味として考えると多すぎる数でもないみたいですな。最初のバイクはピナレロのFP3と言うモデル。これを買ったときはまだピナレロかピロナレかよくわかんないくらいの素人でした。2009年の2月ですから、もう8年になるんですなあ。そりゃ歳も取るわ。

 そしてKUOTAKEBELBMCTeamMachineSLR01、今乗っているDE ROSA。手元にあるのはDE ROSAだけですけどね。いろいろあったんスよ。いろいろ。その分、身体には傷跡と麻痺が残っていたりしますけどねえ。まあ怖い。

20120311_111552_p1010811 でね。次何を選ぼうか、って話。ですけどね。ここらへん、これからどのバイクを買おうかって方にも参考になるかもしれません。ならないかもしれません。そりゃまあ仕方ないね。うん。

 バイクを選ぶときに考えるのは、性能、値段、デザイン。この辺りですかね。そして優先順位もたぶんそんな感じ。でね。個人的にはバイク選びに大事なのは、この逆の順だってことです。まずデザインありき、次いでそれが買える値段かってこと、最後にインプレッションなどで出ている性能。一言で言うと、買える値段の中で一番かっこいいと思う自転車を買え。ということです。

 自転車による性能差がない、ということではないですよ。てか、あっても私にゃあわからんのですが。でも、私なんかよりロードバイク経験が圧倒的に多い自転車業界の方が書くインプレッション記事には意味があるんだと思います。直進性がどうの、とか剛性感がとか、クイックなハンドリングとか。でもね、その一方で、世界のロードバイク乗りのトップオブザトップ、ツールドフランスに出てる選手の方は、あちこち移籍をして、いろんなメーカーのバイクに乗っている。しかも必ずしもトップグレードに乗っているわけではない。

 選手の能力差を埋めるくらい圧倒的な性能差があるバイクがあれば、そりゃ勝ちたいチームは全部そのメーカー、そのバイク、そのパーツを選びますよね、ってことです。えーとマシンドーピングの話じゃねえですよ? うん。それはともかく。癖というか色というか味わいというか、そういうモノはあると思います。

P4270010 値段で言うと、カーボンバイクのピナレロFP330万くらい、ケベルが50万くらい、SLR0180万くらい、NUOVO CLSSICOは素材が違いますが50万くらいです。ピナレロFP3SLR01では値段が倍以上違いますが、倍速くなったわけでも、倍上れるようになったわけでもありません。私が買った頃、KUOTAのフレームは硬いとよく言われましたが、100km走った後の疲れ方が若干違うかなあ、と言う程度のことで、しかもそれすらも加齢とかの体調の変化を考えれば、誤差の範囲です。

 ダウンヒルではFP3のシマノ105のブレーキシステムでは柔らかさを感じることがありましたが、それもなあ。アルテグラDi2のケベルと乗り比べての話でしたし、単体で不安を感じるほどのことはありません。乗り始めたばかりの素人が何かと比較できるわけもなし、それ以前に自分の技術も経験もなかった。

20120318_100231_p1010826 よく電動変速システムの優位性が言われますが、これもなあ。乗る人の感性によるんじゃないですかね。私は電動アルテグラを使ったケベルの次に、SLR01を買ったわけですが、全く迷わず電動でないDuraAceを選びました。それ以降、電動変速システムがイヤでケベルに乗らなくなったと言っても過言ではないです。

 変速性能ではないんです。好みです。2年くらいケベルの電動システムを使いましたが、どうしてもシフトアップダウンを感覚的につかめなかった。楽なのは確かなんです。だから、好き嫌いさえなければ、変速性能的には電動のほうがいいかもしれない。しかし好き嫌いを加味した性能を言えば、私的にはケーブルで変速するシステムの方が高性能なんです。感覚のずれがないから変速ロスが少ない。だから乗っていて楽しい。乗りたくなる。それって究極の性能ですよな。

 つまりです。特に我々のような素人さんの趣味においては、乗りたくなる自転車ってのが最高の性能なんじゃないでしょうかね。

 ケベルとSLR01を比べたとき、じゃあSLR01のほうが絶対的にいいか、何しろ値段が30万円も違う。と、これもまた違う。SLR01の方が乗っていて疲れたんです。ジオメトリってご存じですかね。自転車フレームの書くパーツの長さによる構成です。パーツの長さが変われば角度も変わります。角度が変われば、フレームの性質も変わる。ロングライド向けとかヒルクライム向けとか、いろいろ書いてあります。書いてありますけどねえ。書いてあることがそのまま自分に有効なわけではないってことです。SLR01の方がヒルクライム向けジオメトリであったはずですけど、乗りやすさはケベルの方が上。

 ところがここがややこしいんですが、SLR01のほうが姿勢がキツい。じゃあダメか、ってえと、実はSLR01のほうが、ヒルクライムも平地もタイムが良い。じゃあSLR01のほうがいいじゃん、って思うけど、それってプラセボじゃねえの、80万もするバイクだぜえ、みたいな気もする。つまり、絶対的ではないんですよ。あくまでも感覚の話で。

20150628_065427_20150628_065427 だったら。だったらですよ。やっぱりね。乗りたいって思うようなバイクに乗るのが一番なんです。ある人はそれが色だったり配色デザインだったり、ある人はフレームデザインだったりします。ある人は値段ってこともあるかもしれません。200万円もするような記念モデルなんかは、その値段がするってこと自体が買いたいと思わせる価値だったりします。それも、趣味なんだからありなんじゃねえの、って思います。

 趣味のモノだから、値段ありきや性能ありきではもったいないです。値段や性能も含めて、それが好きかどうか。誰がなんと言おうと、これが好きってもんを選べばいいんです。

 逆を言うとね、値段が安いとか高いとか、パーツがどうだとか、デザインがどうだとか。人の乗ってる自転車にケチをつけるほど野暮なこたあねえな、ってことですよ。

 でだ。そんで次に乗るバイク、何にしたかって話ですがね。じゃあまた今度ってことで。お許しください。

« 関東屈指の激坂 子の権現を上って思う | トップページ | 非常にコアな話ではあるが カセットフー BO EX専用 キャリングケース CB-AH-41用 »

コメント

おもしろいですねぇ。相変わらず読ませますね。

どもです。どなたか存じませんが、その一言が支えです。最近は楽なTwitterに流れがちですが、長文書きたさは本能です。またよろしくです。

初めてコメントさせていただきます
長きに渡り尽きない話題の提供、ありがたく読ませていただいております。
当方50歳になったところです。
自転車、キャンプ、山、モーターサイクル、車等との付き合い方、共感するものがあります。

新しい興味対象の発掘と盛り上がり時期を経て、冷静になってゆく、その辺りの描写を
書ききっている方はそうお目にかかれず、拝読していて感心しきりです。

私も自分に合った、趣味、モノとの付き合い方を上手く構築して行きたいところです。

いつも大変楽しく拝見させていただいています。
乗りたくなる自転車が最高の性能。この言葉、ツボにはまりました。
私は所詮アマチュアで趣味の人。ならば、性能ドウノコウノよりもまずは乗りたくなる自転車。
なんだか吹っ切れました。
自転車以外のネタも大変楽しいです。
そして、新車は一体何になったのか?うー、次回待ち遠しいです。

どもです。

励ましていただいて有り難いです。ほんとに。もうねコメントいただけると、飛びあがってますんですよ。お返事遅くてごめんなさいですの。

でも喜んでます。

次の自転車、入荷待ちです。でもね、でもね、何乗っても、私ごときでは変わりゃせんのです、実は。(^-^;
またよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関東屈指の激坂 子の権現を上って思う | トップページ | 非常にコアな話ではあるが カセットフー BO EX専用 キャリングケース CB-AH-41用 »