Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ハルヒル試走と群馬飯と | トップページ | ハルヒル2017は素敵です② ゴールした後 »

2017年5月22日 (月)

ハルヒル2017は素敵です① いきなりレース本番

というわけで、ハルヒル2017初参加であります。あ、2017はもう二度とないけどさ。いやだから、ハルヒル初参加ですよ。とにかくとっても楽しかったので、ハルヒルにまつわるダラダラ話は後に回して、当日の話から。

 朝は3時半に起きます。ハルヒルは乗鞍や美ヶ原のようにスタート地点近くに宿があるわけでないので、高崎駅前辺りか榛名湖辺りに宿を取ることになります。となると、朝、スタート地点までの約16kmを移動しにゃならんので、その時間を計算します。榛名湖だと下り、高崎駅だとほぼ平坦の移動です。楽なのは榛名湖ですが、アップをすると考えると高崎駅。というわけで、3時半起きで、前日買い込んだ朝食を食べます。

20170521_055628_p1010598 問題は。問題はトイレ。会場地点のトイレはいつも混みます。なんとか宿で済ませる。しょうようはしょうがない。ですけどね。とにかく、レースで一番気を遣うのがそこだったりします。心配性なんですよね。ともかく、今回もなんとか用を足し終わりました。着替えをして、駐車場に向かい、奥様と別れます。奥様は高崎駅前からピストンで出ている会場行きのバスに乗り、会場で待ち合わせ、更にそこから応援バスに乗り込みます。奥様と会えるのは会場と、それからは応援場所の榛名神社になります。ちなみに応援バスは榛名湖まで行きますが、そこまで行くと帰りが遅くなるというので、榛名神社応援です。

 ハルヒルの応援バスは、榛名湖発だと選手が下りた後の13時以降になるそうです。榛名神社発の場合は1010分。

 ということで、奥様はバスに乗り込み、私は自走して会場に向かいます。高崎駅付近から選手の皆さんがぞろぞろいるようなイメージをしてましたが、宿泊先が分散してるせいか、ほとんど走ってる人に出会いません。朝の4時はもう明るいので、フロントライトも要りませんね。バックライトは用心のため点けています。会場までは、涼しい風の中をのんびり走って450分。気持ちよいサイクリングです。

20170521_055717_p1020079 乗鞍の場合はスタート地点のすぐ脇に待機場所がありますが、ハルヒルは乗鞍を上回る7600人の参加で、スタート地点でそんなに待てないので、榛名湖体育館のグラウンドが待機場所になります。そこから300人程度ずつ、アナウンスに従って移動します。グラウンドには多数の仮設トイレが並んでいます。トイレに入るために並ぶことは並びますが、乗鞍のような絶望的な状況ではありません。アナウンスがこまめに情報を提供してくれるので、広いグラウンドで待っているのは苦になりません。あ、ただ土のグラウンドなので、雨だったら大変でしょうね。まあ、その辺りはハルヒルなら何か考えてくれそうな気がします。

 私のスタートは後から数えて2番目か3番目のグループなので、最初のエキスパートクラスがゴールした時点でもまだのんびり待ってます。アナウンスでゴールタイムが38分とかいう声が聞こえましてね、我々遅いグループからしたら信じられないタイムで、苦笑いするしかない。

 ハルヒルのスタート順は男女混合のタイム順です。エントリーは年代別性別でエントリーするのですが、出走は走力が近い人たちと走ることになるわけです。合理的です。ただ、初出場の私は過去の履歴がなく、自己申告のタイムをどの程度にすればいいかわからず、困りました。とりあえず過去の美ヶ原と同じ程度にして申告しましたが、距離が短いことを計算しておらず、かなり遅いグループに入ってしまったようです。

 ただまあ考えようでしてね。遅いグループの中にいるということは、どんどん前に出て行くことでモチベーションを維持できるわけです。実力より前のグループで出ると、どんどん抜かれていくわけで、モチベーションの維持が大変。そう思うことにしました。結果的には、これは正解。私の性格に合ってます。もちろん、もっともっと速い人は、少しでも障害の少ない状況で走る方がタイムを上げやすいはずです。

20170521_075809_p1020097 スタート地点はあくまでもスタートするだけで、まだ計測は始まりません。計測は自転車に付けたチップがセンサーを踏むと始まります。最初の団子状態で無理矢理前に行く必要がありませんから、これも安全対策として優れています。

 計測地点を越えるころには、周りの人のペースも安定してきて、自分より速い遅いが判るようになってきます。やはり概ね私より遅い人が多いようなので、少しずつ前に出て行きます。最初の10kmくらい、榛名神社までは10%を越える坂はほとんど出ないので、シッティングメインで回していきます。難しいことはあまり考えてません。いや、いろいろ勉強したんですがあ。記憶力悪いので、覚えてません。基本はシッティングの方がパワーを維持しやすいこと、斜面に応じて力を出しやすいよういつもより前乗りすること、あとは呼吸ですね。しっかり吐ききって呼吸すること。この3つくらいです。覚えてられるのは。だから速くなんねえんですよ。

 ま。ともかく。それも実力のうち。少しずつ少しずつ同じグループの選手を抜いていき、調子こきます。気分いいです。抜かれると、遅いって言われるような気がして凹むです。後ろからスタート、性に合ってます。ただ、遅い人は経験値が少ないことやパワーがないため斜行したり、突然止まったりすることがあるので、危なそうと思う人のそばには寄らないようにします。追い抜くときは、抜きます、と声をかけるか、敢えて呼吸の時に声を出したりして、存在を知らせるようにしてます。

20170521_082711_p1020098 それにしても。新緑が気持ちいい。この日の最高気温は31度の予報ですが、湿度がそれほどでないので、日陰になるととても気持ちがいい。7600人も走っていると、常に周りに人がいる状態になります。それもまたお祭り気分のライダーには、よろしい。

 更に、途中に何カ所も補給の場所があるんですが。これがね、ハルヒルの運営すごい、と思うのは、前半街中を走っているとき。小さな地域公民館があるんですが、こういうところがトイレ場所、補給場所として提供されているんです。更に、山の中に入ると補給所があり、水、ポカリ、それにミニ羊羹まで提供されます。いや、正直1時間くらいのヒルクライムで補給がいるかどうかわかりません。てか、私は使いません。でも、その心遣い、嬉しいじゃありませんか。

 ハードな坂が続くときは呼吸が限界に来てます。今回も最大心拍185くらい。この状態で走りながら飲み物を飲むと、その間呼吸が止まるので、死にそうになります。くらん、とします。160くらいまでなら、なんとかなりますが、それも自分のタイミングで飲み物は入れたい。ってわけで、補給所での補給は取らないようになりました。受け取るの、けっこう難しいですし。ただ、アレ取ると、レース気分が盛り上がる、というのもあるので、それはそれでアリです。

20170521_084737_p1010639 榛名神社の手前から10%を越える坂が増えてきます。押して歩く人も増えてますが、ここで足を使い切ってるようだと、この後が更に厳しい。神社を過ぎるとガーミンの表示が14%、15%なんてのがずっと続きます。試走のときは、ここら辺で車に寄せられてびびって歩いてしまいましたが、その代わり車がいないレースはとても気楽。坂はキツいけど車にひかれないからねー、と上っていきます。気楽ですけどキツいですよ?

 途中にも応援がいて、あと3km!とか叫んでくれるんですけどね。微妙に距離が違う。確か3kmって叫んだ人のところで、残り2.4kmとかだったと思う。こういうのは親切でもあまり信じちゃいけません。逆に心折られたりしますからね。親切だけ受け取っておきましょう。

 榛名湖手前の上りのピークが計測終了地点です。ここはほんとに最後の最後まで上りなので、最後の100m追い込もうとか、そゆことはもうできません。ああ、あくまでも個人の感想です。とにかく。もがくもなにも、脳も筋肉もほぼ酸素を使い切ってます。気力でいけるもんじゃない。へろへろとラインを越えます。しばらくして、手元時計を見ると、6602秒。時計を止めるのしばらく思い出せなかったので、たぶん65分台でしょう。

 目標予想タイムは70分。前回の試走では80分は越えていたはずですんで、満足です。1時間切れなかった、とか考えないわけじゃないですけどね。あまりそういう切り方に意味はない気がします。キリ番ゲットぉ、じゃないんですから。残念ばかり言ってると、つまんない。

20170521_090910_p1020100 空が青くて風が気持ちよくて、身体の中を血が駆け巡って、息が肺を激しく動かす。タイムは目標だけど、結果はオマケです。楽しければいい。楽しい。それでいいや。

 また走ろうと思う。それがいい。

« ハルヒル試走と群馬飯と | トップページ | ハルヒル2017は素敵です② ゴールした後 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハルヒル試走と群馬飯と | トップページ | ハルヒル2017は素敵です② ゴールした後 »