Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« エアコン買うたったー 富士通ゼネラル ノクリアAS-X63G2 | トップページ | ツール・ド・美ヶ原2017 負けたけど負けない »

2017年6月25日 (日)

美ヶ原への道2017 といいつつ美ヶ原の話は一切ない

この週末は美ヶ原ヒルクライムに行っているはず。いやもう帰ってきたかも。帰ってきていないとすれば、何かがあった!的な。的な!

 いやそれは勘弁して下さい。ちゃんと帰ってきましょう。遠足は家に着くまでが遠足です。ヒルクライムレースは家に着くまでがヒルクライムレースです。ということで。ヒルクライムレースの報告は来週になると思われますので、とりあえず雑記的な感じで、よろ。←わかい。ねえねえ若い?

20160710_172747_p7100002 さて。と。まず靴。新しい靴を買いました。いやね実は去年から三足くらい買っている。シマノの靴ばかりなんですけど。まず最初が、昨年のシマノSDP-SLの最高峰SH-R321。これ2足買いました。2足。2足だぜ。すげえ気に入ってたんだぜ。違う。

 気に入らなかったんで買い直しました。最初に買ったのが普通サイズ。これがですね、このモデル、ベルクロストラップが異常に短いんですよ。足を入れてベルクロを停めようとすると、ベルクロ部分が5mm程度しかくっつかねえ。冗談じゃねえ。シマノの靴は足に合ってるから買い続けてるんですけどね。留められねえんじゃ話になんねえ。これはさあ、脚が幅広なのにノーマルモデルを買った私が悪いのね。ってことで素直に諦めて、この靴をヤフオクの八掛けくらいで売っ払い、幅広モデルを買い直しましたら、てやんでぃこっちも短えじゃねえかふざけんなよ。とっとと売ってしまえ。ってことになり、新しい靴を探しておりました。他のGIROとかのお洒落なメーカーさんに移行しようかとも思ったんですが、イタリアなんぞのお洒落さんは足の形も細い。合わない可能性が高いです。

20170322_205850_p1010328 ってことで、古い靴のままぐだぐだしておりましたら、こちら2017年新モデルSH-RC900というモデル。これが出ました。ただねお値段も相当あがりまして定価ベースで48,600円。これさあ、豚に真珠的な感じよねえ。まあいいや。SH-R321は熱成形で足の形に合わせるタイプでしたが、SH-RC900は足を包むようにアウターがあり、それをBOAというスチールワイヤーで全体を締めるシステム。これなら熱成形で形を合わせなくても、足を包むという発想で、足に合わせられるんでしょう。

 BOAってすごくよくできたシステムでね。バックルというかダイヤルを押し込んで回すとワイヤーが締まり、ダイヤルを引っ張ると、ワイヤーのロックが外れる。履くのも簡単ですが、特に脱ぐときにワンタッチ。この良さはオートバイ用のシューズで痛感しましたんで、こりゃ買いだな、と。 下位モデルにRC700というモデルがあり、こちらは定価ベースで25,000円。これでも本当は十分だと思いましたが、つま先に近いところの締め具がBOAでなくてベルクロです。どうせなら全体BOARC900にしちゃえ、と。ただね。この部分はBOAである必要性はいまいち低いかもです。実用性という面で、です。足全体を包むような締め方をして効果的なのは甲の部分に近い方です。つま先に近い部分は、ある程度、きゅっと占められれば十分です。ただね。見た目が、全体BOAの方がかっこいい。と言っても所詮シマノデザインだろう、と言われる辺りが哀しいです。

20170422_084417_p1020062 履き比べたわけでないんでわかんないですけど、RC900のほうがRC700よりダイレクト感がある、つまり硬いはずです。が、単体で履いていると別に気にならんです。まあこういうもんだろうという程度で。システムとしてありがたいなあ、と思うのは、靴のかかと部分を交換可能にしてあることですか。高い靴ですからね。少しでも長く使える工夫は嬉しいです。

 あとはやはりBOAシステムが使いやすい。履くときも脱ぐときも簡単に締めたり緩めたりができます。私のような不精者向きのシステムであります。これを使うとお洒落な紐靴なんか買う気になんねえス。おじちゃんなので、お洒落よりも実用であります。高いけどね。とりあえずこの高い靴のおかげでパフォーマンスが上がったという気はしませんが、快適に履いてますので、そういう意味でははらった金の価値はあります。楽天で37,000円くらいで買ってます。

 いつもは多少高くてもお世話になってるショップで買うんですけどね。さすがに二回も失敗したら、今度は交換可能設定のある通販で少しでも安く買いたい、と。お許しください。

20160117_172219_p1060669 で。足が整ったら、頭だな。去年買ったシマノ扱いのrh+というヘルメット。最近はこういう丸っぽいヘルメットが流行ですな。後ろがつんつんしてるヘルメットは、空力性能が良さそうに見えますが、実はそうでもなかった、ってかヘルメットの空力性能がパフォーマンスに影響するような走りなんざ、おっちゃんにできるもんかよ。という問題はあります。まあそれはともかく。それまで使っていたMETから買い換えたわけですけどね、ひとつ問題がありました。このヘルメットね、あごひもが異常に短いんですよ。

 なんか靴といいヘルメットといい、本来的な性能とかスタイリングとかの問題以前のとこでひっかかってないか。シマノ。それでもね、伸ばしきればぎりぎり顔が入ったので使っていたんですけどね。だってさ。それなりのお値段がするもんじゃないですか。使わなきゃねえ。でもなあ。あごひも、食い込むよなあ。と1年間思い続けていたんですよ。

_000_5 でだ。買い換えたかった。デザインの問題でなく、あごに食い込むという甚だ不快な状況を何とかしたかった。そりゃあそうだわ。不快ですもんね。で。今回買ったのがこちら。KASKPRONE。実はこちらは2014年のツール・ド・フランスでチームスカイがモデルらしい。ですが。今まで目に留まらなかったんですよ。今回、たまたま雑誌で見たモデルが気になりました。ってとね。これ標準モデルで18色もの設定がある。加えて特別モデルなんかがあるもんだから、そりゃもう大変。自転車の色に合わせたい、なんて思うことも少なくないと思いますが、こんだけ色があると、どっかで揃えられるだろ、的な感じはあります。あ、黄色っぽいのとかオレンジっぽいのはないかな。ま、とにかく。

 私の場合、赤黒の組み合わせが好きなので、このカラーリングを見たとき、いいなあと。買いました。はい。そして、あごひもですが。なんと。ちゃんとゆとりがある。ある。当たり前ですけど。頭大きいの、私がいけないのかもしれないけど、それでも頭の大きな私に被れるヘルメットを作ってくれたカスク、えらい。まあ当たり前ですけど。

 使用感。ヘルメットの場合、頭の形に合うか合わないかって問題が大きいですね。できれば実際に被って合わせた方がいいでしょう。ただね。こういうものって最大公約数的な作り方をしていて、かなりの部分が調整できるようにしてあります。自転車用ヘルメットはこれで6個目のはずですけど、一番最初にいろいろかぶり比べて、一番頭の形に合う、と思ったヘルメットは、やっぱり1年くらいで使わなくなりました。デザインがいまいち気に入らなかったんですよ。

 ロードバイクってデザイン、大事です。モチベーションにつながります。デザインは好みがありますけどね、だから絶対これがいいってものもないわけですけど、だからこそ自分が気に入るものを買うことが大事です。

_000_4 今回はウエアも新調してます。これもね。モチベーションのものです。ウエアも性能とかいろいろ書いてありますけどね。正直それほど変わりゃしねえ。いや、変わるんだけど、商品説明に書いてあることがそのまま自分にとって同じ価値を持つわけじゃない、ってかな。「優れた熱放散性がある」って言っても、他社製品と比べたときにどう違うなんてわかんないですし。フィッティングもそうです。まず人それぞれの身体のサイズと、ウエアメーカーのサイジングが違うんだから、絶対的ベストなウエアもないわけで。

 となるとね。気に入ったデザインのものを着るってことが一番大事かなあ、と。最近のお気に入りは、カステリというサソリマークのメーカーです。あまり理由はないです。サソリマークがかっこよかった、辺りが導入の理由ですかね。ただ冬物は欧米サイズなので、袖と裾が余りがちです。

 以前はパールイズミ一辺倒でした。パールイズミは、言わばジャージ界のMIZUNOみたいな感じで。性能的には何の問題もない、というかむしろ優れてます。サイズ感は日本人向けでぴったりが選べますし、日常的な耐久性みたいなことで言っても抜群です。お洒落メーカーのものは洗濯など多少気を遣わないとあっという間にぼろぼろになることがあります。練習着には最適、と言ってもいいんですが、慣れてくるとその実直さに物足りない部分が出てくるんですね。

 キャラクターもののジャージですとか、洋物メーカーとか、あまり人と被らないものを選ぶ方も多いです。まあ、お好みです。ネット通販なんかに出ている極端に安いチームジャージは、お勧めしませんな。上下で1万円を切るようなものは間違いなく中国パチモンです。中国パチモンは未だ信頼性が低すぎます。当たり外れがあるので、当たればいいんですけどね。お気に入りのものを着たいのに、そこで博打をうたなくてもいいか、と思います。

 ってことで、今年は頭からつま先まで、モチベーションの塊となっている、のだろうと思うようにしているわけであります。

 あ、大事な話。ハルヒルで73kg近くあった体重は、現在69kg。モチベーションのなせる技であります。自転車乗りとしては60kg台前半に落としたいところですが、67kgを切ると、スーツがぴったりフィットで着られなくなるのです。それはそれで仕事のモチベーションが下がりますのよ

« エアコン買うたったー 富士通ゼネラル ノクリアAS-X63G2 | トップページ | ツール・ド・美ヶ原2017 負けたけど負けない »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エアコン買うたったー 富士通ゼネラル ノクリアAS-X63G2 | トップページ | ツール・ド・美ヶ原2017 負けたけど負けない »