Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 広島からしまなみ海道を渡って四国を巡る② 島宿あこうで腹がぱんぱんになる話 | トップページ | 広島からしまなみ海道を渡って四国を巡る④ はっさく大福は至高である »

2017年8月19日 (土)

広島からしまなみ海道を渡って四国を巡る③ 瀬戸内の海が男を鍛え上げるのだ 尾道

尾道。尾道と言えば尾道三部作。尾美君がああ。あの茫洋とした表情が好きでねえ。おじちゃんには最近のイケメンばかりが主人公の映画は、どうもねえ。ああ、それは女子でも同じでね。そんな美男美女ばかりの現場があるもんか、ってドラマは、観ていて小っ恥ずかしくなっちまって、まともに観られないんですよ、と。

 ま、それはともかく。

 今回、尾道はメインテーマではないです。これがサイクリング目的であれば、しまなみ海道の入り口としてもう少し突っ込んだことも言えるんですがね。ゆえに下調べが甘い。故に楽しみ方がよくわかってません。とりあえず、アレ、すなわち尾道ラーメンは食っておかねばなりますまい。

20170809_140450_p1010924 ということで検索検索ぅ。尾道ラーメンという分野の先駆的立場にいたお店、朱華園。尾道の繁華街のハズレにあり、お店の駐車場はありません。街中にコインパーキングがありますんで、そちらを利用することになります。

 さすがに夏休み中と言うこともあり、ちょっとした行列ができています。行列ができる店に入りたいわけではありませんが、こちらが尾道ラーメンの元祖というならば、いうならばあ。そりゃあ入ってみるしかないですね。並びます。

 えーっとですね。尾道ラーメンです。これからはなはだ不当な発言をいたします。朱華園のラーメンは美味しいですが、尾道ラーメンとしてみれば普通です。ああっ。なんて非道な発言でしょう。いや美味しいんです。普通に。普通に美味しいんです。これは困った。

20170809_142649_p1010926 朱華園さんが尾道ラーメンの元祖というか、一つのスタンダードを作り、それはこれ以前になかったラーメンなわけです。それゆえに尾道で中華そばとして提供していた朱華園さんのラーメンを観光客が尾道ラーメンと言い出した。ちなみに朱華園の中華そばは鶏ガラベースに背脂を控えめに浮かせたものです。世間的にはいりこやあごなどの魚介出汁を加えたものが、尾道ラーメンのイメージですが、これはお土産物屋さんが「尾道ラーメン」として売り出したものだそうですよ。

 ふむ。でね。美味しい朱華園さんですが、元祖と言うだけに、ここをベースに、あるいはインスパイアされて、関東でも尾道ラーメンを提供するお店は少なくありません。ゆえに、朱華園さんのより特徴的だったり、旨みが強かったりするわけですよ。後出しじゃんけんな訳ですから。

 ですから、朱華園さんの中華そばを食するときには、その行列をもってすんごく美味なラーメンであると期待するのは間違ってます。ちゃんと作った普通に美味しい地域のラーメンです、と。行列は不要です。そう言いつつも、自分が並んでしまっておりますからなあ。人というのは矛盾したものです。

 さて。尾道ラーメンを食しましたらば、尾道観光をいたしましょう。ここはやはり尾道三部作のロケ現場となったあたりの家並みを散歩する。尾道三部作と言っても、最近のお若い方にはおわかりに並んじゃろうのう。ふぉっふぉっふぉ。

20170809_151504_p1010938 朱華園からそれほど遠くないところに、千光寺山ロープウエイがあります。山の上に建つ千光寺、更にはその門前町が斜面に沿ってあります。こちらは映画「転校生」などの尾道三部作のロケ現場となったところですが、映画を知らなくても、この山には上ったほうがいいですぞ。ロープウエイで上って、歩いて下りてくるのがよろしい。山上の千光寺にお参りをして歩いて下ってきますとね、眼下に尾道の町と瀬戸内の海と島々が広がります。これから行くしまなみ海道への期待が膨らんでくると言うものです。

 さて。観光はこの程度で。今日の宿に向かいます。今日の宿は尾道国際ホテル。ほう、立派なホテルやなあ。

20170809_160746_p1010949 あのですね。日本の旅館、まあ民宿もそうなんですけど、夜のご飯がセットになってくるところが多いですわね。昨日の島宿あこうもそうです。てかそれを食いに行った訳なんですが。ところがですよ、そういう立派な食事は一日ならいいですが、毎日続くととても食い切れないし、飽きる。もっと淡泊な食事がしたいなあって選択ができないのは辛い、と。

 これ最近の外国人旅行者を受け入れるときにも大切なことですよね。いくら日本の風情を味わう食事ったって、毎日が旅館の夕食ってのはキツい。やはり宿泊はホテルで。夕食はいろんな選択肢があるという、そういう形がよろしい。というわけで、二日目はホテルです。国際ホテルですからね。いっちょまえのホテルのはずです。

20170809_161413_p1010950 えーっと、うんここビジネスホテルだね。ああしかもクイーンサイズのダブルベッド。まあダブルベッドはいいんだけどさ。小さいよね、二人で寝るにはね。まあね。しかたないね。自分で選択したんだもんね。きっともう少し広い部屋で広いベッドの宿もあるんだろうけど、予算の都合でここにしたのよね。うん。ビジネスホテルとしては上等よ。うん。

 ビジネスホテル的なサービスとして、近くのスーパー銭湯での無料入浴券が付きます。ビジネスホテルの狭いユニットバスよりそっちに行く方がいいね。

20170809_172734_p1010951 ここで豆情報。私が普段行く「ふるさとの湯」だとか「花和楽の湯」とかですがね。それぞれに客層があり、ふるさとの湯でしたらば近所のじいちゃんやおっちゃんが常連としており、花和楽の湯でしたら230代の若いお父さんが家族サービスで、的な感じがアリ。どちらにしてもおっちゃんがほっとするのはですね、みんなオジサンなんですよ。体型が。肉付きがよろしい。そうですね、進撃の巨人というコミックがありますが、そこに出てくる裸の巨人。手足が細くて腹が膨らんだ貧弱な体型をしている。こういうオジサンがいっぱいいるわけです。そうしますとね、おじちゃん安心するですね。ああ、俺は衰えてきたけれどもなんだ世の中見ればみんなそうじゃないか、じいちゃんがビヤ樽になっているのも当然だし、若いお父さんも裸になると腹が出てたるんでるじゃないか、と。

 ところがですよ。この尾道のスーパー銭湯ぽっぽの湯。こちらね、みんな異様に身体がいい。まずおじちゃんたち。腹は出てるんですが弛んでない。腕が太く僧帽筋もがっちりとして、ごっつい。若いお兄ちゃんたちの集団もいたんですが、かれらがまた何者?ってくらい引き締まってる。格闘技とは違うし、自転車乗りともまた違う。ジムで鍛えたような身体ではない広い広背筋、締まったウェスト、呉だったら自衛官かな、とも思いますけどね。尾道だったらなんだろう。漁師さんかな。いやしかし。

 というわけで、尾道の男たちはいい身体をしている。サンプリングbyぽっぽの湯。ぜひみなさん、ぽっぽの湯に行って鍛え上げた男たちの身体を堪能していただきたい。

 さて。晩ご飯です。実はですね。尾道国際ホテルは値段重視で選んだので、駅から少し離れてます。ホテルの近隣は、店もあまりなく寂しいところです。どうしたもんかねえ。晩ご飯。とりあえず外に出ましょう。スーパーでお弁当買ってもいいかなどという甚だ消極的な発想もアリ。ごちそうにちょっと飽きた感があり。ですが。ホテルを出ますと、よくよく見ると、ホテルの周りにはお好み焼きの店だけで3店。定食屋さんやら焼き肉屋さんやら。それなりに揃ってます。

20170809_192432_p1010954 食べログに出る店ではないかもしれませんが、今回は食べログにこだわらない旅。というわけでもないんですけど、まあなんかそんな感じになってます。ですから、とりあえず、ホテルのすぐ脇のお好み焼き屋さん、「鉄板焼き まり」に入ることにします。中に入ると、おばちゃんと、たぶんおばちゃんの息子さんがやってる感じのお店。カウンターの片隅で、お子さんらしき小学生がゲームに興じてます。お客さんの入りはそこそこ。ここもまた地元の店です。

 ここでは尾道焼きをオーダーします。尾道焼きは具材に砂ずりが入る、と。ふむふむ。更に、まりのスペシャルな焼き方として、卵半熟というのがあるそうな。それを頼みます。薄皮にキャベツを載せて、更に砂ずりやらイカフライを割ったものなどを乗せて、更に生地を追加して、ふんわりと返します。ここは呉の「たんぽぽ」と違うところですね。

20170809_194105_p101095820170809_194130_p1010959 そして卵なんですがね。概ね焼き上がったところに、ソースを塗る。その上に溶いた卵をかけるんです。焼き上がった生地の熱で半熟状態になっていく、というあんばいです。これは珍しい。尾道だからやる、ということではないらしいですな。「まり」スペシャルらしいです。ソースの味が勝っているのでこうしたからどう味が変わった、ということはないんですがね。普通の焼き方もできるので、二枚食べ比べると違いがあるかもしれません。でも、なんてかな、提供のしかたというか演出としても面白い、と感じますわね。

20170809_193549_p1010956 もう一つ、「いか焼き」という食い物がありました。イカを焼いたものではないです。まず、珍味でよくあるイカフライ、お好み焼きの具材にも使いますが、こいつを鉄板の上に並べます。ここに水をかけて、蓋をし、蒸し焼きにします。イカフライがふっくらと焼き上がったところにソースを塗って、青のりをかけて食う。と。まさにB級の極み食です。ビールによく合うカロリーです。ウチでも簡単にできますので、ぜひお試し下さい。私はカロリーが怖いのでやりません。

 ということで二日目の尾道、終了であります。クイーンサイズのダブルベッド、あんじょう狭くて、寝返り打つのも気を遣いましたことをお伝えしておきます。

« 広島からしまなみ海道を渡って四国を巡る② 島宿あこうで腹がぱんぱんになる話 | トップページ | 広島からしまなみ海道を渡って四国を巡る④ はっさく大福は至高である »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広島からしまなみ海道を渡って四国を巡る② 島宿あこうで腹がぱんぱんになる話 | トップページ | 広島からしまなみ海道を渡って四国を巡る④ はっさく大福は至高である »