Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« AVアンプにラジオが付いたからってAVレシーバーと言うんだそうだが、そこまでラジオの存在感がない Pioneer SC-LX901の話② | トップページ | バルミューダファンってわけじゃないんだけど BALMUDA The Range »

2017年12月 3日 (日)

Pioneer AVレシーバー SC-LX901に未来を感じる

 混乱の極みからようやく立ち上がりました。

 前回、ケーブルつないで音場セッティングまでやった、という話でしたわね。当然、その後、ソースをつないで映像や音がちゃんと出るかってことを試したんですが。うまくいかなかったんですよ。ハードウェア的な接続はしたんですが、アンプのソフト内での入出力設定が、よくわからん。なんでわからんかってえと、これが今時の流行なんですかねえ。簡易マニュアルはあるものの、アドバンスドマニュアルってんですか、要するにちゃんとしたマニュアルはPDFのダウンロード版になってるんです。

20171203_174837_554 面倒くさかったので、適当に設定したら、はい、やっぱり上手く動きません。とりあえずTVは映ります。Videoも映ってますが、TVの入力設定が今までと違うためか、今までできていたTVVIERA)とBDレコーダー(DIGA)の連携がうまくいきません。更にAmazonFireTVがどの入力系統を選んでも映らない。加えて、出力系ではプロジェクターに映像信号が行ってない。映らない。もう夜の10時を回ってましたしね。もういいやあ、ってなったんです。

 とりあえずTVの音をLX901から出力してみると、これはいいんじゃないでしょうか。ぼかぁAVマニアじゃなくて、AV機器ファンに過ぎないので、音の善し悪しは判らんですし、ましてもともとのソースがTVの音声なんで、いいも悪いもないはずです。が。いいんです。繋がりがいい、というかまとまってるというか。

 もともとテレビのスピーカーは相当劣悪ですから、音がこもってよく聞こえない。体調がいいときはいいんですが、酒を飲んで耳が遠くなると、とたんに何を言ってるか判らない。音量の問題ではなくて、音の明晰さの問題です。ですから、酒を飲みながらTVを観るときは、いつもAudioシステムに出力させていたんです。このAVアンプVSA-AX10も相当にいいアンプ(のはず)ですから、質的に落ちるわけではないはず。が。しかし。LX901のほうが明らかに柔らかく、明らかに明瞭に聞こえる。優しい気持ちいい音が出ます。これって、つまりセッティングの問題じゃないか、と思います。

 VSA-AX10も音場セッティングの機能はありましたが、この15年で、その辺りのデジタルな処理の能力は飛躍的に向上しているはず。そこの違いじゃないかと、素人なりに推察します。知らんけど。まあ、とにかくいいんだから、いい。そういうことにしてください。

20171203_175837_000 問題は、まだTV以外が観られんことですわね。しょうがない。アドバンスドマニュアルをダウンロードして、作業は翌日に繰り越しです。

 さて翌日。もう一度セッティングの見直しです。やはりキモとなるのはHDMIケーブルの接続です。HDMI端子は1本で映像も音声も、機器コントロールの信号も送られてますから、どの端子にどの機材をつなぐかで、動作が変わるんです。例えばメインの出力端子にはARCって書いてありましてねAudioReturnChannelってんですって。これは1本でテレビ側に映像を送りつつ、テレビの音声をアンプ側に送ることもできるったら言う、だからそれがどういう意味があるんだっ、ってことから考えなきゃならない機能が付いてます。ちなみにこの機能はTV側にも付いてないと対応しないです。だから、なによ。ですがね。

 ともかく。アドバンスドマニュアルを見ながら、もう一度設定を確かめていきます。ああ、このケーブル、ひょっとしたら余分かも、ってのが2本ありました。この端子はここじゃないね、ってのも1カ所ありました。てへ。

 それからプロジェクター側への出力。実は昨日、プロジェクターに画が出るかどうかも試したんですが、全く出ず。疲れた脳で、原因はやっぱりケーブルかなあと諦めかけてたんですけどもね。この点は、LX901の出力設定で、メインとサブ両方に出力するって設定を選ばなきゃならないってことがわかりましたんで、まずそれを確かめます。

 これで一通り、できたはずです。はず。まあできてないかも。できてないを前提に、進めましょう。

 で。TVのスイッチをon、っと。あれ。AVレシーバー、電源入った? 入った。ほうほう、連動するのか。音声っと。あれ。音声の表示、これ見たことないぞ。ひょっとしてアンプ側のボリュームか? ボリュームだ。アンプ側の。連動するのか。ほうほう。ってことは、これまでテレビ点けてアンプから音を出そうとしたときに、テレビon、アンプon、アンプのセレクタをテレビに、ってしてた一連の動作が要らないんだ。おおっ。

 よし。BDレコーダー側に切り替えるか。これまで通り、TVDIGAとの連携メニューを呼び出しとDIGAが、おし、立ち上がった。うん。あ。アンプのセレクタが切り替わってる。音がちゃんとDIGAの音になってる。おお。

 よし。じゃあAmazonFireTVだ。えっと、どこから選べばいいんだろう。とりあえずAmazonFireTVのホームボタンを押して。と。おお。テレビに画が出た。となると、ほらやっぱりアンプのセレクターがSTRBOXに切り替わってる。

 ちょっと待てよ。じゃあもう一回テレビに戻して。あ、ちゃんと戻る。ってことは。ってことはですよ。基本、アンプのコントロールも含めて、テレビのリモコンだけあれば一通りの基本的な操作ができるってことじゃねえですか。AmazonFireTVのリモコンもいるけど。これすげくね?すげくね?マジやばくね?ハンパなくね?

 失礼いたしました。さて。でもまだ問題は残ってますからね。一番の問題。てか目的。AmazonFireTVのストリーミング放送をプロジェクターで見ることができるようにする。てか、シアターシステムで観られるようにする。これだ。昨日、画が出なかったしね。

 で。プロジェクターのスイッチオン。ランプが点くまで、しばし待ちます。昨日はここでなにも出なかったんだよなー。お、点いた。画が出てんじゃーん。出てんじゃーん。すげくね?これすげくね(以下略

20171125_164546_146 スクリーンを下ろして、照明を消して映像をチェックします。ちゃんとHD画質で落ちているのか。ちょうどAmazonPrimeVideoに「ジェイソン・ボーン」が出てたので、これでチェックしましょう。おお、いいね。うん、いいじゃん。いいねえ。うん。あれ。あれれ。ちょっと待て。これ、諧調が粗くなってるぞ。暗い部分が多い画面で、諧調が飛んでる。あれれ。マジか。それってヤバくね?(さっきの「ヤバくね」の反対の意味)

 ふむ。他の映像を観てみるか。こないだ見かけていたスターシップトゥルーパーズのCGアニメ版。これで、っと。ほう。ほうほう。うん。おや。こちらだと問題がないぞ。ふーん。暗い画面がダメみたいです。明るい画面では気になるものはない。サーバー側の転送速度の問題か、お家の中のWi-Fiの速度の問題か。あるいはケーブルの問題か。こんだけだと何とも言えません。

20171203_174753_941 一応、HDMIケーブルの信号が弱いせいではないか、ってのを検証するために、間にHDMIブースターを噛ませてみましたが、状況は変わらず。Wi-Fiの速度を計ってみましたら、一応は30Mbps 程度は出ている。アンプの出力設定は、特にいじれるところもないし、プロジェクターの方は特に変えてもいない。となると、次はケーブル自体の問題を疑うしかないか。ケーブル替えるのはおお仕事です。とりあえず後回し、です。

 ネットワークと言えば、SC-LX901にはネットワーク機能がありまして、お家のMusicサーバーにアクセスして音楽ファイルを流したり、Bluetooth機器の音楽ファイルを聞いたりとかもできるみたいですが、興味ねえです。音楽わかんねえです。インターネットラジオも聴けます。けども、普通にAMFMラジオも聴けます。聴かねえですけど。

20171203_174708_322 ちなみにSC-LX901のコントロール部の表示画面ですが、とってもあっさり。普段は入力ソースとボリュームしか表示されてません。サラウンドモードなどは画面を切り替えて表示します。基本、オートで聴いてくれよってことなんですかね。ちょっと見た目が寂しいです。まあでも、ささいな不満です。

 15年ぶりのAVセンターの買い換えでしたが、思った以上に使い勝手が向上してて、いい買い物をしたと思います。お安く買えたしね。ただ、今でさえ接続やら設定やらにこれだけ悩みますから、次の15年先に、こんなもんは買わないでしょうなあ。てか生きてるのかなあ、ってことですね。

しかし。問題は、プロジェクターですよなあ。絵こそ出るようになったものの、諧調が飛んじゃうんじゃ、集中できない。原因がわかればなあ。ここら辺が専門的な知識も技術もない半可通の悲しいところです。

« AVアンプにラジオが付いたからってAVレシーバーと言うんだそうだが、そこまでラジオの存在感がない Pioneer SC-LX901の話② | トップページ | バルミューダファンってわけじゃないんだけど BALMUDA The Range »

AV」カテゴリの記事

コメント

初めまして。「SC-LX901」で検索して来ました。

 LX901ですが、実機のインプレを5.1chのショボい構成でインプレしているセンセイ方や、カタログ記事をコピペ加工して紹介し本当に使っているのかいな?と思うような記事が多く、詳しいユーザーレビューが以外と少なかったりしますので、ときどき検索している次第です。

 こちらは、今年1月にSC-LX81が突然、前触れもなく逝ってしまい、SC-LX901の展示処分品(保証付)を税込20万で購入し、一週間くらいかけて7.1ch構成からサブウーファ1台と天井(付近)に4個のスピーカーを無理矢理増設し7.2.4構成で楽しんでます。

 率直に言って、Dolby ATOMOS収録のコンテンツがこれほど素晴らしいモノなのかと目からウロコ状態でレンタルBDを借りる際は、パッケージ裏側の「Dolby ATOMOS」または「ドルビーアトモス」表記をチェックしてから借りて鑑賞していますが、120インチスクリーンとHDプロジェクターで鑑賞していると映画館以上の音響で作品を楽しむことができます。

 ちなみに、ウチでもBDレコーダーのHDMI出力をLX901経由でHDプロジェクターに出力していますが、LX901のHDMI出力をMAINとSUBに設定している場合、HDMI端子はどちらか双方のモニターと信号をやり取りして無難に映るほうに勝手に設定されます(要は性能の悪いほうに引きずられる)から、性能の悪いモニターのHDMI端子を外して、プロジェクターのみをアンプのHDMI出力1に接続すると大丈夫なハズです。

 先日、55インチの激安4Kモニターを、さらに激安で購入し、LX901の4Kアップスケーリング機能の性能の良さに驚いてますが、LX901のHDMI-SUB出力に別のモニターを接続すると4Kアップスケーリング機能が働かなくなりましたので、zoujirushi様もHDMI接続の見直しを試してみてはいかがでしょうか?

たかけんさん、どもです。

HDMI関係、かなり怪しいです。が。とりあえず映っているので放置。(;'∀')
よく見ると65inプラズマTVでも映りが怪しい。となるともともとの圧縮の問題なんじゃないかと疑っています。まだ忙しいのでPJを動かす暇もなく、当面まだまだ、検証が先送りされそうですが、またご助言いただけるとありがたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AVアンプにラジオが付いたからってAVレシーバーと言うんだそうだが、そこまでラジオの存在感がない Pioneer SC-LX901の話② | トップページ | バルミューダファンってわけじゃないんだけど BALMUDA The Range »