Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« フォレスターX-BREAKに乗って ①装備品関係 | トップページ | フォレスターX-Breakにのって  不満もあるのよ不満も »

2018年9月17日 (月)

フォレスターX-BREAKに乗って ②アイサイトVer.3.0の安全性能とか

ということで、車に乗ります。

 

ドアを開けた感じ、閉める感触は、重厚感が増したように思います。走り出しても、その感覚は続き、重いボディを高くなった出力でぶうんと運ぶ印象があります。ただ、これって比較の問題でもあり、直前まで、4代目を下取りした後の代車として軽自動車に乗っていたってことも影響してるはずです。そりゃまあ軽に比べれば圧倒的なパワー感、静粛性です。

 

今回からフォレスターにはターボ車設定がなくなったんですが、私はもともとターボ車が苦手です。ずっと前にレガシィのツインターボに乗ってたんですけどね。そりゃあ踏み込んだ時の加速ときたら、背中を蹴っ飛ばされるよう、というたとえがありますけど、まさにそれ。高速の料金所を出て加速を始めた時に、うわって慌てるようなパワーが出ました。ターボが効き始めると出力が一気に上がる。この夏に九州旅行をしていた時にレンタルしていた車がターボのレヴォーグだったんですね。やっぱりこれも踏み込んだ時に、一瞬のタイムラグがあり、ぐわんとパワーが出る。これが苦手でしてねえ。自然吸気で排気量を上げてトルクとパワーを持ち上げる、今回の設定の方が好きです。

 

今回フォレスターは9月に発売された、モーターを補助的に使うバージョンもあるんですが、私の中では選択肢に入らなかったですね。まあそのあたりは好みというか、ライフスタイルの選択でもありますんで、お好きなものを。と。ただこの自然吸気の2.5Lエンジン。うん。素直でいいと思います。4代目よりどっしり走る感じですな。

 

じゃあそのどっしり感がコーナーでどうなるか。ってえと、コーナーでどうなるか言えるほどコーナーを責める走りなんかしない。この一言で済ませてもいいんですがね。私がカーブを曲がるって言ったら高速道路の進入路くらいのもんですよ。でね。そこんところで車体の剛性感を見ることが多いんですが、さすがにこのクラスの車では、シャシーや足回りに不安を感じることはないです。4代目もそれは同じでしたが、5代目になって更に安定感がました気がします。レヴォーグやXVのような低重心の車ではないので、地面に張り付いて旋回するような気持ちよさはないですが、姿勢が変わらず安定して回っていく感じですね。

 

Img_9556 さて、ETCレーンから高速道路に入りましょう。今回導入したのはETC2.0という新しい規格。ユーザー側には何がどう変わったのかよくわかりませんが、将来的にはいろいろと。きっとね。例えば、インターチェンジ近くの道の駅に行くためにいったん高速を降りて、再入場しても料金は変わりません、てなことをやってるところがあったりしますよね。これってETC2.0じゃなきゃできないらしいです。そこまでして道の駅に行く機会がどれだけあるか、ってのはありますけどね。今のところETC1.0から2.0にわざわざ買い替えるメリットは感じませんが、新規導入なら2.0を買っておいた方が後悔しないかも、という程度です。普通に使う分には、今までのものと何にも変わりません。

 

さて、高速道路に入ります。合流路って、ドキドキします、かね。奥さんはドキドキするらしいです。横から車が来てないかなあって。死角ってありますもんね。ミラーで確認した一瞬、死角に入っていて、進路変更をしようとした瞬間、横を車がぐわん、と追い抜いて行ったとか。びびりますからね。そこでオプションのアイサイトセイフティプラス。後側方警戒支援システム。硬い名前だ。まあともかく、後ろから車が迫ってきてたら、サイドミラーの内側にあるLEDが点灯または点滅して、他者の存在をアピールします。

 

Img_9452 高速道路で、常に前後左右に車がいるような状態では、しょっちゅうついたり消えたりするんで、慣れてしまいますが、快適に流しているような場合、ぼーっとレーンチェンジをしそうになったりしたときには、目の端でオレンジの光が点滅し、気が付く、ということかな、たぶん。あくまでも補助的なものですが、ひょっとしたら助けられることがあるかも的な機能です。

 

で。本線に入ります。さて。いよいよアイサイトVer.3.0の出番です。これが欲しくて、新型を買ったようなもんですからな。試しますよ。トータルのパッケージとして、ツーリングアシストって名前がついてます。0120/hの間で、アクセル、ブレーキ、ステアリングをコントロール、と。

 

まず自動ブレーキですが、自動ブレーキって言っちゃいかんのかな。50/h以下で動作し、衝突回避または軽減と言ってますが、まあここは公に謳う部分なので、かなり安全マージンを取った言い方をしてます。必ず止まれます、って言いきっちゃうと、事故回避ができなかったときに責任を問われますからね。現行モデルでの停止実験はやってないんですが、5年前の4代目フォレスターでも、30/hで停止を謳っていたものが、40/h近くまで対応できていましたから、たぶん、今度のフォレスターではそれ以上でしょう。とはいっても、その速度域で試すのは怖すぎます。これね、ブレーキを踏んじゃダメなんですよ。ブレーキを踏んだら人間がコントロールしてると判断するので、自動ブレーキは聞かなくなります。50/hで実験用の風船であっても突っ込んでいくってのは、恐怖以外の何物でもない。やめましょう。信じましょう。

 

Img_9554 アクセルのコントロール、これはつまりクルーズコントロールなんですが、昔のクルーズコントロールとはわけが違う。昔のクルーズコントロールってのは、例えば高速で80/hに速度設定をしたら、道路状況や混雑状況にかかわらず、ひたすらに80/hを維持しようとするという、けっこう邪魔臭いものでした。だってカーブでも、前に車がいてもそのまま突っ込もうとするんですから。よほど高速が空いているときでもないと使い物にならなかった。こんなもん使えるのはアメリカくらいだろう、なんて言ってました。

 

今のアイサイトのクルーズコントロールは、まず設定速度があります。合わせて、走行中の前の車の速度に追従するという機能があるんですね。例えば80/hに設定をしてあると、前に車がなければそのまま走り続けるし、前に車がいれば、080/hまでの間の速度で上下して、前の車について行く。もし前の車がもっと早く走っていて、それについて行きたければ、設定速度を上げる、と。そういう動きになります。この設定速度が、今までは114/hが上限だったのが、新東名の最高速度が上がったのに対応して、120/hまで設定できるようになっていますが、まあそれはたいした進化じゃありません。進化したのは、速度が落ちた時の対応です。

 

Img_0585 今までのアイサイトだと、渋滞時にいったん完全に停止してしまうと、この自動追従モードが解除されていたんです。のろのろ、停止、のろのろ、停止。このパターンって一番かったるいじゃないですか。一番かったるいところで、自分でブレーキとアクセルを踏んでなきゃいけないことになってたんです。ところが新しいアイサイトVer.3.0だと、完全に停止しても追従モードがそのままなんです。停止すると、数秒後に自動で電動パーキングブレーキが動作して、完全停止します。前の車が動き出したら、軽くアクセルを踏むとパーキングブレーキが解除されて、前の車について行きます。

 

酷い渋滞の時だと、こうなりますよね。前の車が止まる。ブレーキを踏む。停止が長引く。脚を離したくなってギアをPに入れてパーキングブレーキをかける。前車が動き出す、慌ててギアを入れパーキングブレーキを解除し、前に追いつき、またブレーキを踏み、さて今度はこのままにしておこうと思うと、3分経っても動かない。疲れてギアを戻して(ループ)、これが酷い時には何時間も続くわけです。家族はみんな寝てるし、そういえばそろそろトイレにも行きたいし、疲れたし。ああああああ。壊れそうですよね。

 

ところが。新しいアイサイトVer.3.0だと、前の車が減速し始めてからも自分は何もしなくてもいい。前の車が動いたことを確認したら、アクセルをポンと踏めば、ついて行き、そしてまた勝手に止まる。これだけです。適当にお茶を飲んだり、姿勢を変えてもいいし、なんだったら止まってる間はTVを観てたっていい。止まってる間だけね。これ、疲労感がすっごい違います。

 

とはいっても。とはいってもですよ。似たようなことなら、4代目フォレスターの後期型ならできてたよ、ってことはあります。こないだ、九州旅行に行った時のレヴォーグも電動パーキングブレーキでしたから、パーキングブレーキを引くって動作はいりません。が、です。渋滞時には速度の自動追従機能だけでは十分ではないんです。

 

そこで、ステアリング制御です。新型フォレスターは区間線認識、つまりセンターラインを認識して、車の位置を車線の中央に維持します。車線が見えないところでは、前車を認識してついて行きます。つまり、渋滞中にも左右に寄っていくこともなく、きっちり前の車について行くんです。やるやらんは別にしてですよ、渋滞中にサンドイッチとあったかいコーヒーを両手に持って、飲み食いすることだって問題なく可能です。やるやらんは別にして。

 

Img_9564 じゃあもう自動運転じゃん。そうなんですけど、そうでもない。この運転支援モード、0120/hの間で動作しますんで、普通に巡行しているときも問題なく動作します。が。運転支援なので、ハンドルに適度な入力がないと、警告が鳴ります。ハンドルに荷重をかけないで、軽く支えているだけだと14秒くらいで警告が鳴り、その後、どんどん間隔が短くなっていきます。ハンドルに手を添えているとはいえ、最終的にどうなるかまでは試せないので、やっていませんが、やらないほうがいいでしょう。

 

また、片側2車線の道路で、走行車線を走っているときには、任せっぱなしではちょっと危ない。というのは、ICSAなどでの合流があるからです。合流してくる車があることは、警戒支援システムが警告してくれるかもしれませんが、よける機能はついてません。3車線道路であれば、2車線ある走行車線のうちの右側、道路の中央車線を走るのがお勧めです。

 

確かに運転は楽になりますけど、自動運転というのとは少し違う。感覚としてはそうですね。今の車ってよくできてますから、ステアリングに軽く手を添えていれば、直進する。その安定性が拡大している感じです。左右にふらつくことがなくなる、という感じ。自動運転と言えば、やはり高速道路のゲートをくぐることから分岐を適切に選んでいくこと、PAで空いている場所を見つけて駐車し、目的のICで降りて、信号で止まり。やっぱりそういうことを考えると、まだまだって気がします。

 

とはいえね。盆暮れ正月ゴールデンウィーク、あのうんざりするような渋滞の列に飛び込んでいかなきゃならんとしたら、この運転支援システム、大いに役立ちそうです。あとは、車の中にトイレがあれば完璧なんでしょうけどね。いやあ、あっても車の中でトイレを使いたくないわ。

« フォレスターX-BREAKに乗って ①装備品関係 | トップページ | フォレスターX-Breakにのって  不満もあるのよ不満も »

乗り物」カテゴリの記事

コメント

トイレのリフォームの検索から貴殿のブログを拝見し、ファンになっている51歳です。
車も、気になっている新型フォレスターの素直なレビューに惹きつけられております。

ふぅぅぅめんどい(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フォレスターX-BREAKに乗って ①装備品関係 | トップページ | フォレスターX-Breakにのって  不満もあるのよ不満も »