Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ルンバi7+は生活を変える のかどうかは家による① | トップページ | ルンバi7+ 最高という気分になっているので誉めておく »

2019年3月28日 (木)

ルンバi7+は生活を変える のかどうかは家による②

Img_3208
というわけで、ルンバを起動しましょう。

基本的には、お掃除するだけなら、ルンバはスタートボタンを押すだけで動き始め、あとは何もする必要がありません。操作はね?操作は、よ?

 

ただ今度のルンバはスマート家電、AIですよ、ロボですよ。まあ前もそうだったけど、つまり進化したロボ。鉄人28号がジャイアントロボになったくらいの進化。鉄腕アトムほどではないです。これがわかるひとは同年代おじさん(おばさん)。

 

で。まあメーカーホームページを見ていただいた方がいいんですけど、まずスマート家電なんでね。Wi-Fiで、外からも家の中でも、ルンバを起動して掃除をさせることができます。その都度のお掃除レポートも、アプリに出てきます。

 

動き方として、ルンバ780は、一見ランダムに見える走行パターンで縦横無尽に走り回っていましたが、かなり無駄が多い動きです。ランダムじゃないらしいんですけどね。すごいあちこち動いて徹底的に掃除する、みたいな感じです。ところが今度のi7は、部屋自体を掃除しながら、カメラやセンサーで得た情報から部屋や家具の配置を、マップとして作っていきます。掃除をすればするほど、このマップの精度が上がるため、端から順に掃除をしていくような、無駄のない走行パターンを作ることができます。

 

あ。カメラで周りを認識している分、真っ暗なところはちょっと苦手なようですが、例えばベッドの下とか、タンスの下とか、そういうところの精度がどうかまでは、まだわかんねえです。

 

もちろん単純に折り返していくだけでなく、ごみが多いところを繰り返し掃除したり、家具の移動にも対応したりします。廊下の真ん中を通ってクランクを通り抜ける様子なんか見てると、さすがロボ!的な感動を覚えます。すげえ。

 

Img_3224
マップが完成していると、家の中のそれぞれの部屋に名前を付けて、アプリでどこを掃除するかという指定もできるようになるらしい、です。リビングと寝室だけ、とかね。まだそこまで行ってない。実は、このマッピングを始めるためには、アプリ上でスマートマップという機能をオンにしなければなりません。ただ動作しているだけでも、掃除終了後にはどこを掃除したというレポートがマップとして出てくるんですが、それは単なる記録。マップデータとしては積み重ねないようです。セキュリティ上の問題ですかね。地図データがクラウド上に保存されるらしいので、人によっては自分の家のデータを見られてしまうのが嫌、という方もいるでしょう。ですからデフォルトではこの機能が切られているわけです。仕方ないですかね。

 

このマッピングと走行パターンのおかげで、掃除の時間もかなり短縮されます。そもそもルンバ780は無駄というか、かなり余裕を見た走行パターンをするせいで、掃除に時間がかかります。更に、掃除に時間がかかるということは、そんだけバッテリーも喰う、ということです。ルンバ780の場合、18畳程度(たぶん団地間)のリビングだけの掃除に2時間はかかっていました。ところが、i7の場合は、それに加えて、廊下、キッチン、寝室、仕事部屋を全部掃除して、ほぼ1時間で終わります。掃除面積が倍になって、時間が1/2になった。ということですね。

 

動作音なんですが、6年くらい使ったルンバ780に比べると、圧倒的に静かです。といってもブラーバちゃんほどでは、当然ない。吸引して掃除するマシンですからねえ。それなりには音がします。でも、テレビを見ていてもそんなに気になる音ではない、って程度には静か。個人差はあるでしょうけど、普通の掃除機みたいに、ぎゅいいいいいんんって感じの音はしないです。あ。ラグとかの毛足の長いものの上に行くと、たぶんブーストモードに入るので、音がうるさくなるはずです。

 

ところが一気にうるさくなるのは、お掃除終了後、クリーンベースに戻った時です。毎回クリーンベースに戻ると、ルンバ本体にあるごみをクリーンベースが吸い出して、クリーンベース内のダストボックスに集めます。この時の吸出し音はけっこうな爆音です。と言っても、それまで静かなので目立つだけなんですが、実際にはハイパワーの掃除機を動かした程度の音ですかね。うるさいのが10秒程度。我慢の範疇でしょう。がまんできます。

 

今時点でわかんないのは、メンテナンス性ですな。ルンバ780。に限らず、普通の掃除機でもそうですが、接地面の転がりをよくする小さなローラーの芯棒部分。ここに埃とか糸くずとか、巻き付きませんか。

 

Img_3241うちは素敵な白猫と、素敵な三毛猫がいるんですが。そりゃあもう手触りがふわふわとして気持ちよくて、きれいで、ですねえ。ぬいぐるみの猫って5年も置いとくと埃だらけになるのに、うちの白猫と三毛猫はいつもきれいなんですよぅ。

 

シャンプーとかしませんよ。短毛種の猫は自分で毛づくろいをするので、シャンプーしなくてもきれいなんです。でね。毛づくろいだけではなくてですね。ぬいぐるみと違って、どんどん毛が生え替わっていくの。つまりね。毎日毎日、毛が抜けていくの。もうね、掃除しても掃除しても、毛が舞っているの。それも当然毎日出る埃や糸くずと絡み合って。大変なの。

 

でだ。ローラーの芯棒にこの毛が、ふわふわの綿毛のような毛が巻き付いて、何か月か放置しておくと、完全にフェルト化します。もうびっくりするくらいしっかりとしたフェルトになるんですよ。こないだルンバのメンテナンスをしたときに、ローラーを分解した芯棒のところ、5㎜くらいの厚さのドーナツ型のフェルトが入っていて、これ、こういうクッションのための素材だっけってしばらく考えました。違うね。猫フェルトだね。

 

実はそこだけでなく、ルンバ本体内部の風が抜ける場所にはかなり毛が入り込んでいます。内部掃除が簡単にできる構造ではないので、外側からドライバーや千枚通しのようなものを突っ込んで毛をとるんですが。どうしてもとれていない部分があります。そこらへん。今度のルンバで少し改善されているといいんですけどねえ。たぶん無理。猫の毛の力をなめるな。

 

ただ、そんな汚れ放題の我が家の床面がきれいなのImg_3368 は、ルンバちゃんとブラーバちゃんのおかげです。2人(台)がいなければとてもこの状態は維持できない。逆を言うと、ルンバちゃんの手助けがない棚の上だとか机の上だとかは埃がたまり放題です。空気清浄機もがんばってるはずなんですがねえ。埃のないうちに住みたいですねえ。人がいる限り無理な相談です。

 

でだ。じゃあってことで、今度のルンバi7ちゃんを皆に勧められるか。てのは、やっぱり生活スタイルによるとしか言えないんですよ。うちはマンションなので、洗面所以外は全部フラットな構造です。子供もいないので、細かなものは比較的少ない。ないわけではないです。机の上が汚くなっているだけの話ですが。家具にしても、ルンバやブラーバが掃除できることを前提に選んでいます。ソファもルンバが入れる高さに買い換えました。ベッドの下にものを収納するのもやめました。

 

それでも掃除するためにはごみ箱やリモコン箱をテーブルの上に置きなおしたり、カーテンを巻き上げたりする必要があります。加湿器の裏に埃がたまっている場合は、加湿器を動かします。できるだけ、ルンバが掃除しやすい状況を作っていますが、それでも掃除を始める前に5分やそこらの手間はかかります。手間がかかってもできればいいけど、とても割に合わん、というご家庭もあるでしょう。小さい子供が二人もいて、おもちゃをまき散らかしていたり、大きなおじさんが靴下を脱ぎ散らかしていたりしたら、それはやっぱり片付けるところから大変です。ワンフロアが小さくて、階段で上り下りするというご家庭にも、家全体を掃除できるi7は無駄に高い。使うなら各フロアにe5を置く、というのもありかもしれません。しかし我が家の場合は、圧倒的に掃除が楽になったのは確かです。

 

どの家でも使えるお掃除ロボ、鉄腕アトム級になるにはまだまだ時間がかかります。

« ルンバi7+は生活を変える のかどうかは家による① | トップページ | ルンバi7+ 最高という気分になっているので誉めておく »

生活家電」カテゴリの記事

コメント

ちょうどルンバの購入を検討していてこのブログに辿り着きました。大変参考になる記事でした。このルンバについて、何か他の気づきなどあればまた記事にしていただけると助かります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルンバi7+は生活を変える のかどうかは家による① | トップページ | ルンバi7+ 最高という気分になっているので誉めておく »