Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« IKEAでダイニングテーブルを買った話 | トップページ | 嬬恋キャベツヒルクライム2019は良い »

2019年8月28日 (水)

型落ち寸前の日立洗濯乾燥機BD-SX110Cを買うのはお得だと思う


Img_5710 ふと気が付くと10年。洗濯機を買い換えました。

 

10年ひと昔。速いですねえ。もう10年経ったのか。以前使っていたのは、こちら。BD-V2100R。初めて買ったドラム式洗濯乾燥機。不満はない。というか、うちにはよかったです。洗浄力の強い縦型、節水と乾燥に向いたドラム。小さな子供のいないうちでは、それほどの洗浄力は求めてません。普段使っている分には十分汚れは落ちます。

 

その前に使っていた縦型に比べると洗濯時間はかかりますが、一日に1回転しかしないなら、別に気にならない。2回、3回と回さなきゃならないなら、洗濯時間の長さは問題ですな。でもうちは気にならない。敢えて不満と言えば、9㎏洗濯できるのに乾燥できるのは6㎏だけってことで。9㎏いっぱいまで洗濯物を入れると乾燥機できない。そこはね。まあ電気で乾燥させているので、仕方ないかなと思います。そういう意味では、この洗濯機にはほぼ不満がない。

 

とはいえ、洗濯機にも寿命があります。何年か前に故障したときに、もう部品がなくなりますって言われたんですが。10年ですからね。そりゃそうだわ。もういつ壊れてもおかしくないし、壊れたら買い替えするしかない。10年を区切りに、壊れる前に買い替えしちゃおうかな、と。

 

で。買い替えの条件。もちろんドラム型洗濯乾燥機。今、縦型に変える意味はない。で。日立。これは日立の売りであるビッグドラム風アイロン。これは10年使ってきて、絶対的な信頼を置いています。ガスで乾かすコインランドリーの乾燥機とそん色ない仕上がり、というか本当にしわができにくい。まあ、ぼくの着る仕事用のシャツはクリーニングに出しているので、ノンアイロンシャツならアイロンをかけずに着ることができますよ、なんて必要はないんですけど。もろもろしわがないない仕上がりってありがたい。世の中の売れ筋的には、Panasonicなんですけどね。

 

Panasonicの洗濯乾燥機、最近の売りは洗剤や柔軟剤の自動投入機能です。これはいいなあ。BD-V2100は洗濯物を入れた後、洗濯機が回転して洗濯物の量を計測し、必要な洗剤量を表示します。これ、ちょっと待つんですよ。その待ってる時間がちょっとめんどくさいのと、間違って洗剤を投入しないことがあったりするんですよ。自動投入いいなあ。

 

最近のトレントはIoT家電ですが、これにはあまり興味がない。エアコンなら外にいるときに部屋の温度をモニターしたり、帰宅前にエアコン入れたりってのはわかる。しかし洗濯機をIoT化するメリットがわからない。だって、洗濯物を洗濯籠から移すのはぼくですよ。洗濯物を取り出して畳むのもぼくですよ。スイッチ入れるのをIoT化してどうすんのかな。朝、洗濯物を洗濯機に入れて、昼に会社からスイッチ入れるのかな。会社で洗濯物の汚れをチェックする必要あるのかな。

 

タイマーでいいじゃん。まあ、洗濯機の動作をスマホのアプリで設定できるらしいですけどね。そこまでの必要性が見えない。

 

Img_5720 で。日立の洗濯機を見てましたら、日立のドラム型にはデザインの違う2つのラインがあります。デザインの違いは、少し横幅の広いBD-Nシリーズ、少し奥行きのあるBD-Sシリーズです。8月時点でNシリーズ最上位機種にはIoTの機能が付いてる。Sシリーズ最上位機種には洗剤・柔軟剤の自動投入機能が付いてる。こりゃ、我が家的にはSシリーズだわ、と。ちなみに、9月に発売される新型のBD-SX110ELには洗剤の自動投入とIoT、両方ついてNシリーズとSシリーズを統合するみたいです。ただ、当然そうなると現行機より値段が上がるでしょうし、しかも使わない機能が付いて値段が上がる、ということになります。なら、現行機種を勝った方がお得。

 

なんでもかんでも最新型がいいってわけではありません。逆に10年前のBD-Vと現行BD-Sでは多少洗濯容量が増えたほかは、たいして機能が変わってるわけではないんです。まして、今回のような追加機能があってのモデルチェンジでは、追加される機能が必要かどうか、見極めなきゃならんですね。

 

まあ、日立さんとすれば、これでPanasonicと同等の機能+風アイロンってことで優位に立ちたいんでしょうが、うちは安く洗濯機を買う方が大事です。というわけで、我が家的にはまもなく旧機種になるBD-SX110Cをご購入です。発売当初30万を超えていたお値段ですが、現在は17万円程度で購入できます。新型買ったらまた30万ですよ。冷蔵庫なんかも、こんな値動きですよね。

 

ま、ともかく。BD-SX110Cですが。洗濯機とか冷蔵庫とかを購入するときに大事なのは、サイズ。あるあるですけど、たぶん入るだろうと思って買ったら、入り口を通らなかった、とか。まあその点、今回はドラム型からドラム型への買い替えなので、何の不安もないです。みなさんがお買い求めになる際には、十分にご確認ください。

 

さて。日立から日立への買い替え。これはね。年寄りにはいいです。とてもいいです。まず操作体系が同じ。だから説明書を読まなくても、それぞれのスイッチの働きがわかる。動作音が同じ。スタートの確認や終了音。これが同じだから馴染めます。更にお手入れも多少の違いはあれ、基本的な考え方が同じなので、すぐわかる。日立がいいとかPanasonicがいいとかではなく、同じメーカーは楽。

 

Img_5721 今回の目玉。新機能は洗剤と柔軟剤の自動投入機能ですが。洗濯機の上部に洗剤と柔軟剤を入れるタンクがあります。ここに入れとく。あとはスイッチで、自動投入を選んでおくだけです。ただ、撥水透湿素材のスポーツウエアなどでは柔軟剤を嫌う場合があります。そういう時は柔軟剤の投入ボタンを押してoffにすれば、OKです。

 

基本的な操作は、電源ボタンを入れる。洗濯コースを選ぶ。開始ボタンを押す。これだけです。あの、ちょっと面倒な洗剤を図って入れる必要がありません。適当に洗濯物を洗濯機に放り込んでスイッチを押すだけ。そんだけって感覚です。これはすごい気楽。

 

奥さんに言わせると、これからの時代に自動投入がない洗濯機の存在意味がわからない、というくらい。ひと手間が省けるだけで家事が圧倒的に気楽になるんです。これはルンバI7にも通じます。ルンバのお掃除が終わった時にごみを捨てればいいだけでしょう、とか、分割して掃除すればいいだけでしょう、とかの「だけ」があるかないか。それで家事の敷居が圧倒的に低くなる。

 

まあ実は正確に言うと、あと2つ操作があるんですけど。ひとつはAI洗濯とかいうボタンを押しておくこと。もう一つは洗濯機につないでる水栓を開けること。

 

Img_5723 AI洗濯ってのは、なんかよくわからんですけど、いろんなセンサーが洗濯物の質や量、汚れを計測して洗濯の仕方を最適化する、ってんですけどね。これ、ボタンいるかな。だってさ。そんなんいちいちボタンを押さなくても、やれよってことです。まあ一回ボタンを押しておくと、後は設定を記憶するみたいですけど。あ、この写真AIランプが点いてない。ほんとはAIスイッチの上に、LEDでAIって点きます。

それと「標準コース」以外を選ぶとAI洗濯機能は効かないとか。意味がわからん。

 

いやまあそれを言うと、AI洗濯を選んだからと言って、何かが劇的に変わるわけじゃないんですよ。見てると、途中で洗濯時間が短縮されたり、乾燥時間が伸びたりしてるのかな。それってAIなのか。まあいいけど。それにしてもバックグラウンドで動いていればいい機能ですよね。たぶん、メーカーとしてもバックグラウンドで動けばいいんだけど、動いてますよすごいですよ、と言いたいのでボタンを付けた、のではないかと想像してます。

 

水栓を開ける。これ、みんなどうしてた? 今までの洗濯機の場合、ずっと水栓は開けっ放しでした。今回、設置の業者さんが言うには、水栓を開けっ放しにしておくとパッキンが劣化して水漏れすることがあるから、使うときに開け閉めしてくださいって。まあ原理は判るし納得はする。けど、今までもそうだったの? というより今までそうだったから、どっかでパッキンが劣化して水漏れがあり、クレームがあったので、開け閉めをするように表示をするようになったんじゃないかなあ。と思ってるんですけどね。前からそうだったのかどうか、分からないので、まあいいです。

 

今まで全自動洗濯機をいろいろ使ってきて、水栓開放で問題があったことないから、まあいいやって思ってるんですけど。奥さんはちゃんと開け閉めしてます。ぼくはつい忘れてスタートボタンを押し、いつまでたっても洗濯が始まらず、イラっとしたところでエラーメッセージが出るってのが2回あったので、うーん。めんどくさい。皆さん、どうされます。

 

肝心の洗濯機能、乾燥機能には全く不満がありません。相変わらず風アイロンは、薄いシャツなどでもしわができにくいです。タオルなどふんわり乾燥します。価格コムなどには、排水口から下水の臭いがする、というコメントもありましたが、今のところ気になりませんね。排水口カバーのおかげでしょうか。

 

敢えて不満点を言えば、日立から日立への買い替えということで、新鮮さがありません。まあしゃーないですね。しゃーない。使いやすさというか、今までと同じ使い勝手ゆえの問題ですから。センタ機器を買い換えるなら洗剤と柔軟剤の自動投入はマスト。もうそう言い切ってしまいましょう。あとは、そうですねえ。これは言ってもいいものかどうか迷いますが。

 

洗濯機のアクリル窓が黒くて、中で洗濯物が回っているのがよく見えなくて、つまんない。これ、そういう需要、あると思うんですけどねえ。どうですか。

« IKEAでダイニングテーブルを買った話 | トップページ | 嬬恋キャベツヒルクライム2019は良い »

生活家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IKEAでダイニングテーブルを買った話 | トップページ | 嬬恋キャベツヒルクライム2019は良い »