Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ホテル選びは慎重に? ザ・リッツカールトン・ランカウイ ビーチヴィラ マレーシアに行くよ③ | トップページ | クアラルンプールはどこに泊まろう マレーシアに行くよ④ »

2019年10月 8日 (火)

有機EL時代の幕開けだ 人生は晩年に入りかけてるけどな Panasonic VIERA HT-65GZ2000

大きな買い物が続いています。家電は買い替えの時期に来てますからなあ。しかし、そういう買い替えの時期だから買う、ということもお給料をいただけておるので何とかなるわけで、これがまもなく定年を迎えると、そんな買い替えも思うようにいかなくなるでしょうし、ああこれが人生最後の車かなあ(フォレスター)とか人生最後の洗濯乾燥機かなあとか、人生最後の海外旅行かなあ、人生最後の大型テレビかなあ、などという寂寥感の中にいることはお伝えしておきます。

 

ぼくはボトルに半分残ったウィスキーを見て、「もう半分しか残ってない」という絶望感に捕らわれるタイプです。

 

Img_6419 今回のテレビ買い替えは、まだ壊れていないプラズマTVブラビアからの買い替えで、必要度としてはそんなに高くないです。このプラズマTV VIERA TH-P65VT3。パナソニックのプラズマTVの最終機で2012年製。そろそろ買い替え検討時期になりますが、この機種以降のVIERAは液晶になってしまいました。

 

液晶も悪くないんですが、素子が自分で発光するプラズマに比べると、色のクリアさ、黒沈みの良さはプラズマの方が優れていると思います。有機ELテレビがようやく手の届く値段に降りてきて、かつ4Kチューナーが内蔵されたこのタイミング、密かにお小遣いを貯めていたテレビ買い替え貯金もなんとかなりそうです。

 

プラズマテレビの次機種を検討するために店頭に何度も足を運びましたが、プラズマに比べて白っぽく見える画質に納得いかず、例えば40万も出せば70インチ超の大型TVが買えるのが判っていても手を出す気になりませんですた。いや、十分奇麗なので、ふらっとすることはありましたけどね。でも、実際に有機ELテレビのデモ画面を見ると、圧倒的なわけです。

 

いやまあ。電気店の店頭に置かれたTV画面が美しいのを、そのまま受け取っちゃいけません。あれはそもそも明るい店頭でもよく見えるように設定を変えて、ぎらぎらするほど明るくしています。更に4Kテレビのデモ画面に移されている映像は、有機ELテレビがもっとも魅力的に見えるように、黒い部分といろんな色を様々にコントラストをはっきりさせて、いかにも美しく作っているはずです。こんな美しい映像ソースがどこにあるのよ、と。実際にデモ画面からチャンネルを切り替えて、地上デジタル放送にすると、その落差にがっかりします。こんなもんかあ。

 

Img_6435-2 しかしそろそろ買い替え時期だしなあ。と、店頭やらニュースサイトをチェックしておりましたが、PanasonicVIERAの新型が発表になりまして、しかも通常の上位機種の上にいわばプレミア機種の設定がされたモデルが出る。これは興味津々です。

 

ま、しかし。もう23年後かな。買い替えは。と思っていたのですよ。ところがこのタイミングでブルーレイレコーダーが壊れた。たぶん基盤。今更修理してもしょうがない。3万とか5万とかかけて修理するなら新しいのを買う。そういう状況の中でヤマダ電機に行って、ついでに新しいTVを見てるタイミングでね。勢いでね。なんというかね。セット買いしちゃったわけです。Panasonic VIERA HT-65GZ2000。店頭価格57万円くらい。だった気がする。まあいろいろ交渉してですね、税抜き51万円くらいにはなりました。DIGAとのセット買いしてるので、だんだん値段がわかんなくなっていますけど。しかも到着したのが10月に入ってからなので、消費税10%になっちゃいましたけど。

 

なんか、4Kチューナー内蔵、プレミア画質、みたいな惹句にみんな心惹かれちゃったみたいで、納期がずいぶんかかりました。Sonyならなー。もう少しお安くて納期も短かったのになー。この辺りは画質を比べてというより、操作性が変わることを嫌いました。Sonyの操作体系を覚えなおさなきゃならないのが面倒で。BRAVIAもいい、です。

 

さて。納品ですが。前機種のVIERAはメルカリに放出します。昔はこういう手段がなかったので、ヤフオクに出してましたが、当時は面倒くさかった。梱包材がないと運送を引き受けないってのがあったので、巨大な梱包材をずっととっておいたりする必要があり、とても邪魔臭かったものです。今は大型メルカリ便で、うちの中まで引き取りに来てくれます。あんまり古いものじゃ値も付かないかもしれませんが、6年落ちの65インチならそこそこ値が付きます。ありがたいありがたい。

 

で。納品ですが。さくっと持ってきてサクッと設置。これが通販で箱ごと置いて行かれると、泣きそうになりますよ。重いし、ゴミは出るし。通販で買う場合は設置までサービスに含まれているところを使いましょう。接続も業者がやってくれますが、そもそも簡単なものです。アンテナ線を繋ぎ、HDMIケーブルをつなぎ、電源を繋ぐ。これだけですからね。昔は映像ケーブルだの音声ケーブルだのと、ケーブルが多かった頃は大変でのう。

 

今回のVIERAではプラズマVIERAで有線だったLAN接続も無線になりすっきりしました。無線ルーター壊れたら、あれもこれも繋ぎなおすの、大変よねえ。ま、ともかく。さあ使おう。

 

正直ね。あまり期待してないです。だってプラズマVIERA、買い替えることにしたのはしたけど、画質自体はとてもいいなあと思ってましたからね。この点ではそんなに変わらないよねえ。そもそも地上デジタルにしろ、BSにしろ、ソースが同じじゃん。デモブルーレイディスク寄越せよ。4K放送の4Kソースは、うちのマンションの共同パラボラアンテナじゃ映るかどうかわかんない。まあ普通よねえ。

 

Img_6440 業者さんが去った後、じゃあってTVを観てみます。うん? なんか奇麗じゃないかい?

おいおいだまわれちゃいかんよ。これはアレだ。店頭表示用ってか、素人さんが見て分かり易く綺麗って言わせるための派手目の画像設定よ。ダイナミックモードにしてるのよ。ギラギラよ。判ってんのよ、おじちゃんこれでもAVマニアのはしくれとしてね、リアプロジェクターから液晶プロジェクターから、いろいろ見てきてるのよ。舐めてんじゃないわよ。調整よ調整。

 

メニューから画質、っと。リモコンが微妙に変わっているなあ。6年も経つんだから当然といえば当然なんだけど、微妙ってところが微妙。前の癖が残ってしまうので。とはいえVIERA同士なので操作体系が同じで、自分のしたい操作の検討が付きやすい。まあそれもPanasonicにした理由の一つであります。あ、画質ね。画質、っと。ダイナミックになってるはずだから、えと。あ、ダイナミックモードじゃない。リビングモードじゃん。えー、これ明るすぎだろ。シネマモードはちょっと暗いか。まあここで、昔だったら細かく各項目をいじるんだけど、もういいや。リビングモードの輝度を半分くらいに落とそう。それだけでいいや。あとはおいおいやる。

 

こういうのアドバイスしてくれるそうなハイアマチュアは、何人かTwitterにはいらっしゃるんだけども、写真で見てもらうわけにもいかないしなあ。まあ、いいや。いずれね。

 

それにしても発色がいい。明るさを多少落としても、それぞれの色が美しいし、よく言われる「黒が締まっている」ってやつ。明るい部分と暗い部分のコントラストがはっきりしているから、映像がシャープに見える。

 

で、今見てるやつ、ソースは何だっけ。とんかつとかじゃねえよ。映像のソースだよ。ブルドッグとかじゃねえから。えーっと。ネットフリックスか。いや、なんか奇麗じゃん。この、青い部分の透明感とか空気感というか、これ確か2K画像のはずだよねえ。なんか今までと桁が違わくねえか。4Kじゃねえのか。いや待て待て。テレビ観よう。とりあえず普通のBS観よう。

 

Img_6447 録画してた「自転車旅ユーロヴェロ70000キロ」これでいいか。って。おいおう、きれいじゃん。きれいだけど4Kじゃないよね。プラズマVIERAもきれいだったけど、なんか写真がそのまま、細部まで潰れないで大きくなったみたいにきれい。まあほら、ヨーロッパの街並み綺麗だから。空気感もきれいだし、ねえ。建物も美しいしねえ。地上波見るべ、地上波。

 

これ、きれいじゃん。あのCMとかできれいな女の子の肌を見せる系のCM、あれがとてつもなく綺麗に見える。アイドルすげえじゃん。いや、こういうCMとかに出る女優さんの映像はデジタル処理されてますから、現実物ではないですよ。いやそれはそうだけど、きれいに見えちゃう。肌の抜け感とかすごい。ドット感がないってのもあるかもしれない。地上デジタルの普通のバラエティ見ても、雑な映像が拡大された感が薄い。これって、GZ2000のアップコンバートがとんでもなく効いているってことじゃないか。

 

試しにYouTubeも観てみたんですが、けやき坂の「不協和音」みたいに画質のいい奴はやっぱりとことんきれいに映ります。うちの奥さんは、奥さん属特性としてハードウエアに全く興味がないんですが、朝起きぬけに見たZIP!がとんでもなく綺麗だったって興奮してました。

 

逆にがっかりモードなのは、4K放送ですね。4K放送はまだ本来の4K画質で放送しているもの自体が少ないのか、はっとするような映像で作られた番組は、まだ観てないです。何しろ昔の映画を4K化したものばっかり流してる印象があります。いくら4K画質で送っているって言ったって、元画質が低いんだからしょうがないじゃん、って気はします。4Kで作った番組をダウンコンバートして地上波でも流してもらえれば、両方の画質を見比べられるんですけどねえ。

 

音質や操作方法など、まだ飲み込めてないことも多いのですが、まずはご一報まで。かしこ。

« ホテル選びは慎重に? ザ・リッツカールトン・ランカウイ ビーチヴィラ マレーシアに行くよ③ | トップページ | クアラルンプールはどこに泊まろう マレーシアに行くよ④ »

AV」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。「家キネマ。」のウチキネマーです。
忙しさにかまけてなかなか情報集めを怠っていたら
テレビを買ったという、ぞうじさんの少し前のさえずッターを見かけまして…。
「なんですとぉ!」とブログを拝見した次第です。
4K UHD有機ELのテレビで65インチとは、なんともうらやましい限りです。
でかいし!きれいし!うらやましいし!

私のテレビはいまだに「シワ」入りの液晶ですよ。
少ーしずつですが、だんだんとシワが酷くなっていってます。
最終液晶パネルがブっ壊れるか、妻の我慢の限界がきたら買い換えますが、
妻の限界はかなり粘り強いのでたぶん壊れるまでになりそうです。
その頃には価格も落ち着いていることを勝手に期待していますが…
その前にまた新しい企画が出来たりして。

VIERA HT-65GZ2000ってイネーブルドがスピーカー付いているのですね。
アトモス再生ができるのでしょうか。
ていうか、イネーブルドスピーカーが2つに、ミッドレンジが6つ、ツイーターが3つにウーハーが4つって
テレビにしては随分スピーカーユニットが多いですね。
薄型テレビにしては、ノーマルでもそれなりに音が楽しめるのではないでしょうか。

どもです。ウチキネマーさんという同好の士かつハイアマチュアを発見できて、Twitterすげえありがたい。いろいろご助言いただけて、ありがたい限り。ハードウエア好きなのに目も耳も、検証する意欲も薄いお年寄りとなりかけているので、ほんとです。

音も確かによくて、というかマシで。そこはもうしようがないですけど、テレビとしてはずいぶんマシです。65インチサイズのTVの音声として十分に聴くことができる。そんな感じです。映画を見るにはどうにもですが。しかし普通にtvを見るときに使えるのはありがたい。節電できます。そんな話だけでブログ書いてます。(⌒-⌒; )

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホテル選びは慎重に? ザ・リッツカールトン・ランカウイ ビーチヴィラ マレーシアに行くよ③ | トップページ | クアラルンプールはどこに泊まろう マレーシアに行くよ④ »