Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 有機EL時代の幕開けだ 人生は晩年に入りかけてるけどな Panasonic VIERA HT-65GZ2000 | トップページ | めったに海外に行かないと航空券をとるのも大変って話②LCCかあ »

2019年10月14日 (月)

クアラルンプールはどこに泊まろう マレーシアに行くよ④

さて。ホテル選びも順調に進んでいますが。順調か。順調なのか。

 

飛行機とかホテルとかどんどんとってるのはいいんですけどね、支払いがーっ。来年の夏の旅行だから来年の夏のボーナスで、とか思ってるとですね。そうはいかん。飛行機なんかはもう確定しちゃってるチケットだから、すぐにクレジットカードで引き落とされます。ホテルはどうなんだろう。うん、これも前払いだわ。えっと航空券とホテル代でいくらするんだ。全部前払いだよな。ヤバい。これ、この夏のボーナスの残りじゃ全然足りなくなってきてるぞ。

 

まあ、いずれは払うものだから、とりあえず貯金から払うしかないよね。いずれは払うものだから。ところがこの感覚のヤバいところは、冬になってボーナスが出た時に、あら今回は買うものがないじゃん、って感覚になり、本来貯金に戻すべきだったお金を戻さず使うことですよ。知ってますよ。あ、胃が痛くなってきた。しょうがねえよなあ。あちこち海外行ってる皆さんだって、なんとかかんとか工面して、貯金はたいていく人だって多いわけだし。しょうがない。

 

しかし、クアラルンプールもペナン島もあんまり無茶はできないわ。しかし、いいホテルには泊まる。冥途の土産なので。あああ。支払いが終わるまで胃が痛い。支払えば忘れる。あ、しかしアレとアレの支払いもあるぞ。だいぶ貯金減るな

 

さて。で。ホテル選びをするときに、今はネットで検索をかけると、Booking.comだのExpediaだの、海外のホテルが簡単に選べるシステムができて、そりゃあ助かる。その反面、情報が多すぎて悩み放題に悩むってことはあります。

 

20191014-4 3年前にタイに行ったときは、Agodaという会社を使いました。日本語での説明が分かり易かったのとか、比較しやすいとかアジア圏に強いという評判があるとか。そのあたりですかね。ところがこういうホテルと頼むサイト自体の信頼性はどうなのよ、ここで頼んで大丈夫なの、ってありますよね。そこで「Agoda」、「評判」ってグーグルで検索をしますと、まあ大変。「二度と頼まない」、「行ったら予約されてなかった」、「返金されない」、なんてのがぞろぞろ出てくるわけですよ。

 

怖いよぅ。行ったけど部屋がなかったらどうしよう、とか思うじゃないですか。まあ結論を言うと、タイの3か所はなんの問題もなかったです。商売に限らず、どんなことでもミスはあり得ますけど、こういう商売で生きていこうと思ったら、そんな小銭を騙すようなことをしても何のメリットもない。クレームをつける人は、たとえ自分にミスがあってもクレームをつけるし、システム的にどうしようもないことにもクレームをつける。Booking.comExpediaも同じだろうと思います。

 

ただ出てくるホテルや部屋、値段などは微妙に違うので、それぞれを比較すると、情報が合わさってホテルの評価とか相場というか総合的なイメージが作りやすいです。ランカウイ島のリッツカールトンをとろうとしていた時、Agodaだと値段はドル建てです。Booking.comだとマレーシアリンギットMYR建て、Expediaは円表示です。まあ分かり易いのは円建てです。Agodaだと安く感じますが、Agodaは税サービス料が入っていない値段が表示されているので、実際はあまり変わりません。

 

それよりもキャンセル無料というホテル側にデメリットのある設定の場合は高くなりますし、すぐにお金を払ってしまう場合は安くなります。例えばクアラルンプールのマンダリンオリエンタルホテルのデラックスシティビュー最安値$140の部屋はキャンセル料がかかります。キャンセル無料の場合は$155という感じですね。これに朝食を付けると$177になります。約4000円くらい違ってくるわけです。

 

それに加えて、ホテルは窓から見える景観で値段が変わります。ハワイの場合が有名ですけど、街しか見えないシティビューが一番安くて、海がちょっと見えるオーシャンビューが高い。そして窓一杯に海が広がるオーシャンフロントビューが最も高い。シティビューの倍くらいの値段設定になったりします。シティビューが$150だとしたら$100ずつ上がる感じですかね。知らんけど。部屋自体の作りが変わってきたりもするので、一概には言えないけど、とにかくオーシャンフロントは高い値段設定で一番いい部屋と広さを設定しますよね。

 

なにを選ぶか、でいくら払うかが決まる。うん。ホテルなんてね、夜寝るだけだからシティビューで十分よ。というか窓なんかいらんから。という人もいます。これってビジネスホテル的な発想でね。それはそれでありですよ。目的が安全に、清潔に寝るだけならば。

 

ところがリゾートホテルの場合は、滞在自体を楽しむってのが目的の一つでもあります。まあ本当のお金持ちは知らんけど、ぼくら庶民はいっときの贅沢を楽しみたいわけじゃないですか、なんつうかお金持ちの気分を味わいたいわけですよ。だから、とんでもなく広いロビー、高品質のソファー、大きな生花のフラワーアレンジメント、物腰の穏やかなドアマン。ねえ。タクシーで乗り付けて、チェックインする。気分はどっかの映画の富裕層ですよ。いくら爪に火を灯すように溜めてきた貯金をはたいたとしても、その瞬間は富裕層ですよ。セレブリティですよ。ね。

 

となると部屋もね。部屋に入った瞬間に、うぉおおおおおおおって思いながらも、落ち着いた表情を作って、「ああ、いい部屋だね」とか呟きたいわけです。その時に「これでも悪くないか」、「これでもいいよね、夜寝るだけだものね」じゃあ寂しいわけですよ。いやもう、ちょっと思い付きで旅に出て、ホテルに電話で予約を入れて止まったホテルならね、「まあまあじゃん」でいいんですよ。いやでも、ほんとにほんとに爪に火を灯してきたわけですよ。「いい部屋だね」とつぶやきたいじゃないですか。

 

実際にはさらに「記念写真、記念写真」となって庶民のインスタ映え感満載になるわけですが、そこは許していただきたい。ともかく。来年の夏の旅行をひたすらにひたすらに楽しみにして、計画を立てるならば、「いいホテル」の「いい部屋」に投資するのは決して間違ってません。てか、それが正解。正解なの。もう生きてる間、二度とマレーシアに行くことはないんだから。がんばっていい部屋をとるべきなの。もやし炒めを食って過ごしても、あと数十ドルを余分に払おう。ごめん、ピーマンとエリンギを入れることも許してくれ。豚バラは国産をあきらめるから。カナダ産にするから。

 

でね。そういう流れで、ランカウイ島のホテルはリッツカールトン112.5万円になったわけだけども、さすがにその流れを全行程に組み込むことはできません。偽富豪なので。偽セレブなので。そこで、後のホテルはがんばっても12万円、という設定を組みます。いやこれだって高いよ。マレーシア、高級ホテルが安いんだから日本で言えば4万円くらすぐらいの感じのはずよ。相当高いよ。

 

F よし。ここでクアラルンプールの検討に入ったわけです。トラベロコのBlueさんからお勧めいただいたのはマンダリンオリエンタルとフォーシーズンズ。もう他はいい。資料を見てあれもこれもって言っても仕方ない。どっちも最高級ランク。この二つから選ぶ。

 

そんでベーシックな部屋を比べるとフォーシーズンズの方が$80くらい高い。マンダリンオリエンタルが$140、フォーシーズンズが$210。どうしますかね。これね。同じホテルなら確実に値段の高い部屋の方がいい部屋です。ところが、ホテルが違うと値付けが違う。値段で比べられないんですよ。このクラスになると、要は「どっちもいい」です。

 

これ、ビジネスホテルでもあるあるじゃないですか。12000円のビジネスホテルより9800円のホテルの方がずっといい、ってことが。いや、卑近ですまんですんが。こっちのほうがよりぼくの経済実態に近いので。15000円くらい払って、この臭い部屋なに!ってことだってありますからね。要は会社の値付け判断とか立地とか、いろんな条件が入っています。

 

Mo でも、マンダリンオリエンタルとフォーシーズンズ、どっちが汚いとか狭いとか、あり得ないでしょ。しかも両方行って比べることもできない。となると。となると、安いほう(安くない)一択ですよ。マンダリンオリエンタル決定。

 

さて、予約だ予約。そこで冒頭のAgodaでとるのかExpediaか、Booking.comかって話になってきましたが、まああまり変わらんだろうってのが結論でしたよね。なので、今回もAgoda。というか、三つのサイトを比べた時に、なぜかほかのサイトに掲載されたマンダリンオリエンタルには朝食付きの設定がないんですよ。なんでだ。しょうがない。Agodaだ。Agodaでいく。別に問題はないものな。キャンセルできる設定のもので、シティビュー朝食付き税込み$200程度か。まあいいや。

 

Mo2 ところが、予約を知らせた奥さまから、情報が入りました。マンダリンオリエンタル、ホテルのメンバーシップに入って、ホテルのサイトで予約すると、朝食が無料でつくのよって。なるほど、だから朝食なしのプランがメインだったのか。

 

というわけで、Agodaさんには申し訳ないけどそっちはキャンセルして、ホテルサイトから予約して、2泊でMYR1459、日本円にして37876円税込み。だいぶお安くなりました。よし。次はペナン島3泊だ。ここも12万円以内が目標ですが。

 

« 有機EL時代の幕開けだ 人生は晩年に入りかけてるけどな Panasonic VIERA HT-65GZ2000 | トップページ | めったに海外に行かないと航空券をとるのも大変って話②LCCかあ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有機EL時代の幕開けだ 人生は晩年に入りかけてるけどな Panasonic VIERA HT-65GZ2000 | トップページ | めったに海外に行かないと航空券をとるのも大変って話②LCCかあ »