Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« iPad ProをPCライクに使おうと SmartkeyboardFolioとMagicKeyboardを買った話 | トップページ

2020年2月11日 (火)

老後の備えに冷蔵庫を買い替えた Panasonic NR-F555WPX-X

何か大きな買い物をするたびに人生最後の大物購入、と言いたくなる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。や、マジで。このところ、いろいろ買い込んだんですが。

 

もうすぐ退職ですからね。退職後しばらくは働き続けるとは言っても、現金収入は減ります。その時代になって、大型家電を買うのは心情的に厳しいよなあ、と思って、手元に現金のある今のうちに買っておこうという算段です。退職前に、計画的に機材を更新しておかなきゃなりません。

 

Img_7855  というわけで、しばらく前から冷蔵庫の更新も考えてました。これまで使っていたのが、2007年に購入した日立の冷蔵庫。見た目がくたびれてきているのはともかく、機能的には問題なく動いてくれています。壊れたら買い替える。普通はまあそうでしょう。

 

ところが壊れたら買い替えるというのは、心配性のぼくには結構がまんがいるもので。12年も使っている冷蔵庫となると、いつも「壊れたらどうしよう」って心配を続けるのに耐えられないんです。実際、壊れて買い替えるものが、たとえば趣味のものなら、1週間くらいなくても平気ですが、冷蔵庫のような生活必需品は、1週間ないのは大変ですよね。

 

おまけに、冷蔵庫って季節によって値段がすごく変動します。洗濯乾燥機なんかと同じです。発売当初の値段から、次の新型機種が出る直前の値段は半額近くにまで下がります。今の家電は、1年や2年型落ちになったからと言って、正直さほど変わるわけではありません。実際、今使っている12年落ちの冷蔵庫だって、機能的に困っているということはないんですから。

 

であれば、たまたま冷蔵庫が壊れて、すぐ買い替えようと思ったときに、高値の冷蔵庫を掴むことになるのは、避けたい。もちろん、その時点で安くなっているものを買う、という方法もあります。ただその場合、自分で機種を選ぶってことはできないですわね。安いものを選ぶ。あれもこれもそんなに変わらんよ。ねえ。それは正しい。

 

ただね。冒頭申し上げましたように、比較的お財布に余裕があって、自分の好きなデザインとか機能とかを選べるもの、もう最後かもしれないじゃないですか。今まで、冷蔵庫はずっと値段優先で買ってきたから、最後の大型冷蔵庫はデザインにもこだわりたい。だったら、ちゃんと値段を調べて、昨日を調べておいて、欲しいものを最安値になった時に買おう。そう思ったわけです。最後の、ってのがちょっと切ないフレーズです。

 

Img_7857 でだ。どういうものが必要かってえと、まず容量。今使っているものが530Lくらいあるもので、いつも野菜室と冷凍室は一杯だから、そこは確保したい。それから、自動製氷。そしてサイズ。現行の冷蔵庫が横幅685mmで、置き場にほぼぴったり。なので、これ以上でもこれ以下でもなく、次期モデルも685mm。そしてかっこいい見た目、色とデザイン。この中で優先順位としては、サイズですなあ。置けなきゃ仕方ないですもん。

 

と、しばらく前から、近所のヤマダ電機で冷蔵庫を物色しておりました。ほうほう、このサイズ的に一番置き換えがしやすいのは、Panasonicか。今まで使っていた日立の冷蔵庫、熱いままの鍋をそのまま冷蔵庫に入れられるらしいが。まあそんなに必要度は高いわけではない。

 

ところで、今の冷蔵庫、ちょっと気に入らないことがありまして。扉表面の仕上げなんですが、使っているうちに、外装の一番外側のフィルムが波打ったようになっています。一時的な保護フィルムかとも思ったんですが、どうもそうではないみたいで。剥がそうとしたら、さらにひどいことになりそうです。そんなこともあって、うちの奥さま的には、日立の冷蔵庫はもういいかな、と。

 

三菱、東芝あたりは、サイズ感が今一つうちの要求に応えられない。となるとPanasonicかあ。パナソニック、値引きが渋いんですよねえ。まあ、しばらく底値を探っていこう。

 

そうこうしておりましたら、たまたまヤマダ電機に小物を買いに行った折、ふとみたPanasonic冷蔵庫が22万円とちょっと。これお安くない? パナソニックのこのサイズだと、普段は30万円以上します。お安いねえ。と見ていると、店員さんが声をかけてきました。聞いてみると、やはりモデル末期。入れ替えだそうです。えー。今年中に買えばいいかなあ、と思ってる感じだったんですけどねえ。うーん。ただモデルチェンジが今の時期だと、次のモデルチェンジは1年後。ならば、買うタイミングかあ。まあ12年使ったしなあ。12年、あっという間だったねえ、などと奥さんと話しながら、よし。ええ、先払いのお財布、夏のボーナス一括払いですよ。ええ。冬のボーナスはもう残ってないですからね。

 

お色。デザイン。うん。白とグレーと、黒のミラー仕上げ。うちの好みでは白とグレーはないなあ。ミラー。いいじゃん。子供のいるうちでは指紋着きまくるから、ちょっと選びにくいだろうけどね。うちの猫は触らないだろうし。ガラス仕上げだから、拭けばきれいになるし。いいんじゃない。ちょっと未来的よね。うん。お隣にはモデルチェンジ後の新型が置いてありますが、さらっと説明を読んでも違いがわからない。店員さん曰く、色だけの違いですって。そんで新型なので10万円アップ。こりゃ旧型を買うよね。ちなみに白モデル在庫5台、ミラー1台、グレーが3台って言ってたので、大急ぎで、ミラーを押さえてもらうことにしました。

 

Img_7858 うちの横では別の家族も同じ機種を検討してましたしね。よし、ミラー取った。搬入は次の日曜日です。おお、早い。サイズ的に今のものと同じなので、エレベーターや通路の心配はしなくて済みます。

 

Panasonicの特徴は、冷やすための熱ポンプ、モーターの位置が、筐体の上にあるということです。日立は筐体の下にあるので、一番下の野菜室がやや狭くなります。パナソニックは一番上の棚が狭くなります。これはこれで合理的。大きな冷蔵庫の一番上の棚は手が届きにくく、見えにくいので、浅いほうがいい。その分、野菜室が大きいので、野菜まとめ買いをする我が家的にはありがたい。

 

ちなみに、Panasonic冷蔵庫は野菜室の湿度コントロールをすることで、1週間は野菜が新鮮なままですってよ。あー、そうなんだ。うん、今の冷蔵庫でも一週間くらいは普通に野菜入れておくけどね。まあさらに鮮度が保たれるということで、期待します。期待っつうのは、実際には自分で並べて比較実験できないですからね。信じるしかないってことです。

 

製氷機の水タンクは、今まで使っていたものより小さいです。ちょこちょこ水を補給しなきゃならんです。が。これは現行の日立のものも同じくらいになっていたので、どこのメーカーを選んでもそんなに変わりません。

 

ただ三菱の製氷機は、水タンクやパイプを全部取り外して、きれいに洗うことができるのに対して、Panasonicも日立も、タンク以外の部分は取り外せないようになっています。店員さん曰く、設計思想の違いで、Panasonicは抗菌樹脂、防カビ対策をしっかりして、そもそも水を入れるだけなら、雑菌が繁殖しないようにしてあるのだとか。うーん、まあそうだろうけど、気持ち的には三菱みたいに実際に洗える方が気持ちいいけどね。

 

というわけで、お買い上げした冷蔵庫が届きます。日立冷蔵庫さんとお別れです。ちょっと寂しい。冷蔵庫って、家じゅうで一番使う家電ですよね。電力的にも。搬入は3人がかりで、廊下のドアもギリギリです。が。同じサイズの入れ替えなので、どんなギリギリに見えても、そこは必ず入るという確信がもてますな。サイズ選び、大事。

 

予め出しておいた冷蔵庫の中身は、1時間まって冷蔵室の中が冷えてから入れ替えます。クーラーボックスに入れてた冷凍品は、12時間後って言われてたんですが、そこまでは待ちきれずに7時間後に入れ替えました。だって、クーラーボックスの方も、そこそこ温度が上がってきてたので、どっちが食品へのダメージが大きいかと考えましてね。もう変わんないかなあ、と。自己判断です。

 

Img_7860 入れ替えてみると、意外なほど余裕があります。535Lから550Lへの増量、パーセンテージでは3%程度の増に過ぎませんが、それどころではない感じ。やはりモーターが一番上にある分、下の野菜室、冷凍室に余裕が生まれていることと、引き出しが奥まで引き出せることで、使い勝手が向上しています。冷蔵室も、一番上の棚の、奥の部分のデッドスペースがなくなったくらいで、これはほとんど影響してません。

 

パナソニックのウリであるナノイーXによる除菌効果は、これは効いてるのかどうかわからない。野菜なんかも、一週間持ちますよ、って言われてますけど、それぐらいは前の日立の冷蔵庫でも持っていました。つうか賞味期限とか消費期限とかって、かなり余裕がありますよねえ。パーシャル冷凍って機能を使えば肉も1週間持ちますよって書いてありますけど、いわゆるチルドだって1週間くらい、使いません? まあぼくは使いました。きっと旧世代の人間なので、菌耐性が高いんでしょう。

 

日付よりも、臭いや色で確かめようよ、とか思っちゃうタイプ。あ。こないだ食品保管庫の奥から見つかったチューブ入りのワサビの消費期限が2年前だったので、さすがにそれは捨てました。

 

ちょっと気に入らないのが、製氷機能で。作られる氷がとても小さい。これ、日立の製氷機も同じくらいだったのだけど、日立の方は大きめの氷が作れる製氷皿と交換することができたんですね。パナソニックのも交換できるといいのになあ。現行日立がどうなっているか、わかんねえですよ。ただ、氷が小さい分、かなり早く製氷できる気はします。

 

パナソニックのお勧め機能「はやうま冷凍」ってのもありますね。中段の冷凍庫にファンを付けて、急速冷凍できるようにしてます。ただ、ちょっと微妙な機能で。いわば冷凍庫の一部を、急速冷凍用として確保しているわけなので、日常的にはそのスペースを空けておくのがもったいない。野菜の急速冷凍をする、と言っても、大量に詰め込めるわけではないので、理想的な急速冷凍をしたければ、かなり手間がかかります。果たしてそんだけ手間をかけるか、そのために貴重な冷凍スペースをずっと維持しておくか。ってことです。昨日見たら、冷凍ご飯保存場所になってましたね。

 

外面の満足度ですが。まあ、どうなのかな。ミラー仕上げは良くも悪くも存在感あります。ミラー面に指紋を付けないように、ドアの上下部が把手になってるんですがね。やっぱり把手以外の場所も掴んじゃいますよね。そこはやっぱり少し気を遣います。立派ですけどね。欲しかったんですけどね。ミラー仕上げ、どうなのかなあ。ってことで。

« iPad ProをPCライクに使おうと SmartkeyboardFolioとMagicKeyboardを買った話 | トップページ

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

生活家電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iPad ProをPCライクに使おうと SmartkeyboardFolioとMagicKeyboardを買った話 | トップページ