Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 北海道でぼく夏をすることにした 新千歳-釧路ツーリング準備① | トップページ | 北海道2泊3日自転車旅行のパッキング オルトリーブ F9901シートパックL 新千歳-釧路ツーリング準備③ »

2020年7月12日 (日)

飛行機輪行の準備なう 北海道2泊3日サイクリング 新千歳-釧路ツーリング準備②

というわけで。この夏は北海道サイクリングすることにしました。泊まりがけのサイクリングなんてのは、高校生以来であります。無限の体力を持ってた時代ならいざ知らず、棺桶に片足突っ込んだ還暦おじさんの長距離サイクリングって、どうなんだよ。

 

ストラバで引いたコース図では、全行程310㎞、獲得標高2900m。まあ行けるだろう。行こう。そういう話でしたね。でね。新千歳まで飛行機で自転車を運ばなきゃならない。輪行です。

 

ちなみに現地のホテルに前泊するなんて場合は、輪行する必要はないです。自宅からホテルまで、段ボール箱に入れて届けてもらうサービスなんてのがあります。実際、今回の旅では、サイクリングの後で奥さんに合流して、ドライブ旅行にするので、自転車はこのサービスを使って自宅に送ります。ただこのサービス、受け取りを空港にすることができないので、空港からそのまま走り出したいなんてときは、自分で輪行するしかないです。

 

一般に飛行機で輪行する場合、国内と海外では明らかに扱いが違うようです。まあ輪行に限らないです。荷物の扱いが、海外はほんとに雑。スーツケースが傷だらけになるのなんか珍しくない。その扱いで自転車放り込まれたら、フレームわれてもおかしくない。というかときどき割れるらしい。なもんですから、海外に輪行するときは、ある程度ハードな輪行ケースに入れるのが必須。

 

一方、国内サービスの品質の高さと言ったら、これでもかっていうくらいでね。たまに宅配便の段ボールの角が潰れていることがあるかもしれませんが、その程度ですよ。まして高い料金を払う飛行機便の荷物の扱いなんて、ほんとに丁寧で。

 

日本の優秀な空港スタッフが、壊れそうなのが判ってる自転車輪行袋を雑に扱うわけがない。まあ多少の不運があるかもしれないというのは理解してます。それでも。先人たちの、大丈夫だったよー(自己責任でね)というメッセージ。よし、輪行袋だけで行っちゃおう。まあ多少傷が入るくらいなら気にしない。

 

Img_9589_20200712182701 さて、輪行袋ですが、オーストリッチのL-100、PEKOさんの緊急用ウルトラ軽量横型輪行袋、軽量横型輪行袋、ウルトラ軽量縦型輪行袋と。実際に使ったことがあるのは、緊急用ウルトラ軽量横型輪行袋だけ。文字通り、緊急用として持ち歩いてた輪行袋ですが、ほんとにウルトラ軽量で、ツール缶の中に納まります。

 

初めて輪行した時は、電車が来るまであと10分というタイミングでしたが、余裕で収納できました。まあ、横型は簡単に言うとひっくり返して、前後輪を外して、フレームをサンドイッチにしてバンドで固定、きんちゃく袋にふわっと入れて、口を絞るだけです。簡単な分、スペースは取るし、構造的にももろいので、混んでる電車や飛行機には載せられません。

 

やはりここは縦型輪行で。縦型輪行には袋以外にもエンド金具という道具がいるので、手間がかかり、多少のノウハウもいるらしい。うむ。

 

練習しよう。まあ、実際には輪行袋に詰めるのは家でやって、そのまま飛行機に持ち込むので、手間取って間に合わなくなるという心配もないんですが、心配性なので。帰りも段ボール詰めですしねえ。でも、心配性なので。

 

輪行のやり方はムック本にもありますが、最近はYouTubeに動画をあげている人も多いので、そっちを見た方がわかりやすいです。

 

勉強した限りでは

Img_9826_20200712182601 ①ブレーキを解除して

②ギアをアウタートップに

③ひっくり返して前後輪を外し(先に後輪外した方が楽らしいけど)

④リアエンド金具を通して固定

⑤自転車を立てて、タイヤでサンドイッチ

⑥バンドでタイヤを固定して

⑦肩ひもを通して、輪行袋に入れる。

 

まあ、リアエンド金具の角度とかペダルの向きとか、ギアをインナーに戻すとか、細かいノウハウはいろいろありますが、大筋はこんなもんですか。普段から車に積んだりタイヤ交換したりして前後輪外す作業をしていれば、特に引っかかるところはないです。

 

ただ、実際にそれでうまくいくかと言うと、またリアルは別の問題でね。ちょっとしたことがすっきりしないって程度の問題は出ます。例えば、腕があちこちチェーンオイルで黒くなります。動画で見てる人はきれいなままなのにね。別にチェーン触ったわけでもないのに、いつの間にかあちこち黒いオイルがついてます。

 

動画の通りにばらした自転車を組んでいるのに自立しないとかね。そのあたり、Twitterでぶつぶつ言いながらやってると、親切なおじさんたちが、ああでもないこうでもないと教えてくれます。これは助かる。ああでもないこうでもないと試行錯誤してたら、結局二日がかりになってしまいましたが、一度自分なりに手順を飲み込むと、もうそんなに苦労するところはない、と思いますよ。

 

Img_9827_20200712182701 よっしゃ、できた。とtweetしたら、優しいおじさん仲間が6いいねをくれました。まあこれがTwitterで自撮り決めてる若い女性ローディだと150いいねくらい付いた上に、「がんばりましたね」、「すごいです」、「初めまして。フォローしました」というコメントが20個くらい付くんですが、おじさんなので別にいいです。おじさんをフォローするおじさんには邪心がないので、むしろそれがいい。いいんだ。いいんだよぉおお。

 

実際は、エンド金具をPONICさんという方が作った携帯用のエンド保護具に変えてみたり、固定のゴムバンドを違うものに変えてみたりして、何度か練習しています。PONICさんの保護具は少しデリケートな感じなので、定番オーストリッチの金具に戻します。とりあえず、まあ何も見ないでも10分程度で輪行袋に収められるようになってきました。

 

よし。輪行はこれで行ける。あとは移動だけど、今回は日曜日の始発で羽田に向かうので、まあ混むことはないと踏んでます。混んだら、いやそれはないな。日曜日の朝6時半の山手線が混雑してるって聞いたことがない。や、まあ逆に何時だったら混んでるという話題も出さないけど。始発電車の最前列に乗れば、まあなんとか置く場所も確保できるでしょう。

 

帰りは、釧路から箱詰めして送ります。シクロエクスプレスというサービスを利用すると箱代3400円、送料6000円で北海道から埼玉まで送ることができます。今回の旅の後半は奥さんと合流してドライブに行くのでね。自転車を持って移動するのも面倒ですし、なにより帰りの混雑した山手線を自転車もって乗りたくないですし。

 

行きは輪行、帰りは手ぶらで。まあなんともスマートじゃありませんか。輪行マイスターだからな。脳内だけどな。

 

« 北海道でぼく夏をすることにした 新千歳-釧路ツーリング準備① | トップページ | 北海道2泊3日自転車旅行のパッキング オルトリーブ F9901シートパックL 新千歳-釧路ツーリング準備③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道でぼく夏をすることにした 新千歳-釧路ツーリング準備① | トップページ | 北海道2泊3日自転車旅行のパッキング オルトリーブ F9901シートパックL 新千歳-釧路ツーリング準備③ »