Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 人生最後シリーズは続く マウスコンピューターLM-iG810HD-S5-MA-SD | トップページ | 飛行機輪行の準備なう 北海道2泊3日サイクリング 新千歳-釧路ツーリング準備② »

2020年7月 8日 (水)

北海道でぼく夏をすることにした 新千歳-釧路ツーリング準備①

というわけでね。マレーシア行きたかったねえ。ヒルクライムレース出たかったねえ。

しょうがない。

 

で。急きょ夏の予定を立てることにしたんですが、また九州も行きたいなあ、四国も行きたいなあと考えていたんですが、いまいち計画が具体化しない。何年か前に一度言ったところをもう一度振り返るというような話でもないし。

 

で。ふと北海道に行こうかなあ、と考えた。わけです。北海道釧路は奥さんの実家がありますが、あまり夏に行ったことがない。なぜか冬にばかり行く縁がありましてね。どうしても実家があると、旅行というより滞在という形になることが多くてね。実家があるのに、ほったらかして近くを旅行するのも申し訳ないじゃないですか。

 

でね。今回はただ実家に行くだけでなく、どうせなら自転車をもっていって、自転車で北海道を走りたいなあ、と思ったわけです。もういい歳だからさ。いつまでも自転車旅行できるわけじゃないからね。

 

基本、旅行するときはいつも奥さんと一緒なので、九州だろうが四国だろうが、自転車には乗らないです。今回も旅の後半は、奥さんと一緒にレンタカーで回りますが、ぼくは先行して北海道に入り、何日か走った後、奥さんの実家に合流すればいい。うん。基地となる場所があるわけだから、そういうことができる。

 

当初は学生時代にオートバイで走った知床横断道路を走りたいなあ、と思っていたんです。が。あそこ、いっぱいくまちゃんがいるんですよねえ。まあめったに遭わないとは思うんですが、いろんな人に心配かけて強行できるような年でもないのでねえ。ひぐまちゃんは確かに怖い。かぷってされると頭半分くらい無くなりますからねえ。

 

じゃあってルート探して、そうだ、札幌から釧路まで走ってみるか、と考えたわけです。どのくらい距離があって、どのくらい坂があるんでしょうねえ。

 

調べましょう。こういう時、以前はYahoo!系の自転車ルートを調べることができるルートラボというアプリがあったんですが、この春でもうサービスを閉じてしまいました。フリーのアプリとしては本当に優秀で、有料でも使うよというくらい。これに匹敵するルート作成アプリってなかなかないです。つうか海外アプリを使いこなせない。RWG(Ride with GPS)なんてのもTwitterで教えてもらったんですが、わからん。日本語化がおおざっぱで。

 

ここはもうSTRAVAにするしかないかなあ。定番ですが、有料化されたんですよね。ルートラボのサービス終了に合わせるようにして。まあそんなもんです。

 

Photo_20200708133401 とりあえず、ざっくり新千歳空港を起点にして、釧路を終点にします。300㎞かあ。300㎞ねえ。うんまあ、なんとかなるかな。

 

これまで自分で走った最長距離は170㎞くらい。獲得標高は4200mくらいです。普段走るときは余力残していたいので、山の中で80㎞、獲得標高も1500mくらいですかね。300㎞は無理な距離でもないけど、一日で走れる距離ではない。分けよう。というか、旅ですからね。サイクリングですからね、無理しすぎない。ブルべじゃないんだから。1日100㎞程度と考えれば、三日の行程。まあ還暦おじさんとしては頑張ってる方じゃないですかね。

 

よし。っと。標高は、えーっと3800m。う。まあ全行程で3800mだから無理ではないか。1日目が1800m、二日目も同じくらいあるぞ。うーん。まあいい。行けなくはない。たぶん。

 

とりあえず、コースを分けるとして、となると途中に泊まらなければいけないよな。

 

北海道の場合、スケールがとんでもないので、泊まる場所やら補給点やらをきっちり確認しておかないと、詰みそうな気がします。車でも、早めの給油がお勧めですが、まして自転車旅行。

 

新千歳から走り出せるのはどんなに早くても10時ごろになるはず。となると、移動距離はせいぜい100㎞。できれば60㎞にとどめたい。

 

STRAVAが引いたコースを見ると、新千歳から穂別国道を通って日高町に入り、日勝峠を抜けて帯広に。帯広までで山岳コースで200㎞くらいありますからどう考えても、途中で泊まらなきゃ無理。しんじゃう。日高町で100㎞かあ。ここで獲得標高1850m。ここから先は帯広ぬけて100㎞って考えると幕別あたりか。ここで標高1300m。連日これかあ。おじいちゃんしんじゃう。

 

ちょっとコースを考えよう。よーくストラバのコース設定の画面を見てみると、「標高指定なし」というチェック項目があるじゃありませんか。これをいじってと。「標高を最小化」というヒルクライマーとしてはあるまじき選択肢にチェックを入れます。

 

Photo_20200708133301 よっしゃ。獲得標高2823m。距離は少し伸びて310㎞になりましたが、10㎞なんか獲得標高差1100mに比べたら何ほどのこともありません。たぶん。もともとのコース設定が新千歳空港から東に向かって走るコースだったのに替えて、一旦南下し、沙流川を登るコースになります。うむ。これで行く。エスケープルートとしての石勝線は使えなくなりますが、まあいい。これだと日高町まで110㎞。10㎞なんか屁みたいなもんだ。ちがうけど。1日目の獲得標高は970m。これなら平気。行ける。2日目の日勝峠はどうあがいても登るしかないので、二日目に体力を残しておきたい。

 

問題は、補給。グーグルマップでセイコーマートの所在を確かめると、途中60㎞地点ぐらいにあります。これならいける。日高町から石勝峠を抜けるまでは補給点は見つからないけど、まあ70㎞程度だから日高町で買い込んでいけばなんとでもなるでしょう。

 

これでコースの算段は付きました。次は自転車です。北海道に自転車をもっていくのです。実際問題として、飛行機輪行一択です。というか輪行自体ほぼしたことがないのに、いきなり飛行機輪行。当然羽田に行く前には、電車の輪行もあるわけで、それなりにハードル高いです。

 

まあしかし。なにしろぼくは、1回輪行したことがある上に、輪行袋を4つも持っていて、更に輪行のムック本も2冊持ってますからね。もう完璧ですよ。最近はYouTubeも見てますからね。脳内輪行マスターですよ。輪行なんてどんとこいですよもう。はい。次回は輪行の準備の話です。

« 人生最後シリーズは続く マウスコンピューターLM-iG810HD-S5-MA-SD | トップページ | 飛行機輪行の準備なう 北海道2泊3日サイクリング 新千歳-釧路ツーリング準備② »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人生最後シリーズは続く マウスコンピューターLM-iG810HD-S5-MA-SD | トップページ | 飛行機輪行の準備なう 北海道2泊3日サイクリング 新千歳-釧路ツーリング準備② »