Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« いい道具を使え 気に入らない道具を使う人生がもったいない 無印良品とプロキッチンの計量スプーン | トップページ | VPL-VW575を設置する お楽しみはこれからだ »

2020年11月15日 (日)

SONYプロジェクター VPL-VW575 老後の投資とはいえ思い切ったよなあ

更新が滞っておりますが、今後もさらに、事実上の休眠状態となるでしょうなあ、などと思い。

そもそも、サイト主であるぼくが高齢化して気力が衰えてきて、つうかたぶん飽きている。さすがに10年も続くと無駄口にも飽きますわね。それと、いろんなものが整ってきて、新しいものを買う必要がなくなってきている。

 

ま、年一くらいは更新するでしょうが、それも記録として残しておくくらいのつもりですので、ご理解ください。

 

と言いつつ、老後に備える大きな買い物、もう最後と言いつつなんだかんだ、あるなあ。自転車と並んでお金をつぎ込んできた趣味、AVです。プロジェクターの記事をしばらく更新していきます。

 

Img_8643 プロジェクターは概ね10年に一度くらいのスパンで買い替えています。今回が最後になるかなあ。なるよなあ。ちょっといいもの買いましょう。

 

今まで使ってきたものがSONYだったので、SONYで交換。SONYは台座を同じ規格で作っているから、買い替えするとき楽なんです。ちなみにうちの台座は、昔使っていたプロジェクターの当社距離に合わせるために、オリジナルで作っています。まあ今となっては無用の機能が付いてるんですけどね。使いまわします。

 

で、プロジェクターを選びます。SONY現行のモデルはHW60が25万、VW255が50万、VW575が80万、VW775が135万、VW855が…。いやもう現実的じゃないからいい。このうちHW60は安いけど、今使ってるHW15の後継機種で4Kに対応してないので替える意味があまりないです。

 

Img_1623 VW255かVW575の二択でしたが、ここは奮発してVW575で。奮発の限界がここ。135万するVW775はなんぼなんでも無理。VW255と575、比較の上で重視したのは明るさとコントラスト。今まで使っていたHW15の明るさが1000ルーメンだったのに対し、255が1500ルーメン、575は1800ルーメン。明るきゃいいってものではないですが、液晶の性質上、どうしても黒浮きします。その時に、コントラストが高くて明るいと、相対的に黒に対して明るい部分が光り、黒が沈みます。たぶん。

 

観なきゃわからん違いではあります。前機のHW15だって、その前に使ってた機種から変えた時には明るくなったなあと思ったんですから。とは言え有機ELの輝きを日常観てると物足りないのは確かです。が、実物を見なきゃわからん。見ましょう。どこに行けばいい?

 

有機ELなら近所のヤマダで見られますが、さすがにプロジェクターは都会に行かなきゃなりませんな。ビッグカメラやヨドバシにもあるかもしれませんが、残念ながら家電店の視聴環境はよろしくない。しっかり観たい場合は予約して銀座のソニーストア。ただ、ここは予約がなかなか取れません。電話がつながらないんです。今日行きたいから今日ってわけにはいきません。となると、次は専門店のアバック新宿本店。こちらの方が予約は取りやすい、というかフラッと言っても少し待てば見せてもらえる感じでしょう。

 

アバック新宿総本店はさすがの専門店。ビクターのDLV-V7なんかも常設してます。が、見ない。VW775も見ない。高いの見ても買えないから。買わないから。買うのだけ見る。

 

アバックさんの視聴室はさすがの専門店(二度言った)。真っ暗です。VW575は水銀ランプなので、転倒した直後は明るさが安定しませんが、徐々に明るくなってきます。ここらへん、VW775のレーザー光源だとすぱっと明るくなるのかな、見ないけど。

 

始めのうちはぼやっと白っぽい絵ですが、徐々にくっきりしてきました。有機ELと比べるのは酷と思いながらも、ソースをYouTubeの4KHDR環境画像、都会の夜景にしてもらいます。これが意外といい。暗部の浮はないわけじゃないです。光の当たってないところに比べれば確かに白っぽさはある。けれども街の明かりが鮮やかに浮かび上がってくると、黒の浮がほとんど目立たなくなります。

 

実際に家で見ることになる映画では、ということで今度4KUHDのグレイテスト・ショーマン。薄暗く赤いような場面です。なるほど、これはいいかもしれない。というか、いいな。もっといいプロジェクターもあるんだろうけど、少なくとも現状のHW15よりはずいぶんいい。HW15だってずいぶんいいんだから、超ずいぶんいいと言っていいだろう。うん。よし。

 

とりあえず帰ろう。帰るんかい。うん。衝動買いはあかんよ。こんな高いものをポンと。いや買えるけどね。そのために貯金してきたんだから。買えるけどさ。もう少し、実際に使ってる人の感想とかしっかり聞かないとさ。あとから後悔しても買い替えはできないよ、と。

 

ところがですね。レビューがないんだわ。10月9日発売で、しかもそんなに売れるものではない。まして最近は個人ブログも下火。価格.コムにもまだ購入報告もないありさまで。見つかるのは販売サイトばかりです。しゃあない。もう自分の感覚を信じるしかないです。あ、あとSONYと。

 

あとはどこで買うか、ですが、ここは視聴させてもらった義理でアバックさんですかねえ。まあ実際にアバックの値段設定はかなりお安いです。アバック楽天、アバック通販、アバック新宿本店などの選択肢はあります。ただアバック楽天はポイント還元がある分、少し高めの設定になってますね。アバック通販と新宿本店は値段設定が同じですが、少しでも安く買うため、アバック本店で現金払い、クレジット手数料分も引いてもらえるかチャレンジしましょう。

 

というわけで、アバック新宿本店さんと値段交渉です。と言っても、あまり押しの強い交渉はしない主義です。

 

まずベースがアバックさんは792,000円。この時点で大手家電量販店の提示よりはかなり安いです。大手量販店もアバックさんの値段をもっていけば対抗してくれるかもしれませんが、アバックさんはさらにここから交渉ができます。まず、今アバックさんではメーカー協賛の下取りセールというのをやってるようで、下取り品があれば5万円の値引きができます。これは下取りの値段ではなくて、下取りがあればプラスの値引きということです。下取りに出すHW15は残念ながら古くて値段が付きません。状態はいいんですけどね。ただ、値段が付かない代わりに引き取りもいらないというので、こちらは更にメルカリにでも出しましょう。これで742,000円。

 

だいぶ安いですが、さらに現金購入でクレジット手数料分の値引きをお願いしてみます。こういうとき貯金のおかげで手元金があるのはありがたい。じゃあということで、727,000円まで引いてもらえました。

 

これでHW15が何万かの値が付けば、税送料込みでおよそ70万円。相場よりかなりお得に買えたと言ってもいいのではないでしょうかね。現時点では。そのうち値が下がるでしょうけども。あとは納期ですけども。在庫を見てもらうとアバックさんの倉庫に1台あるということで、今日の午前中に振り込めば、明日の夜には届くと。ほう。振り込みはスマホですぐにできます。いい時代ですねえ。

 

Img_1622 ということは、明日の夜には新しいプロジェクターが届きます。おやおや。HW15を今日には外して、明日の夜にはVW575のインストールができそうです。なかなか速い展開ですわね。衝動買いはアカンのと違ったんかい。

 

まあ高い買い物はどっかで思いきらんといつまでも買えんですよ。次は撤去とインストールだけで、1記事にしますよ。高いネタなので、何回かに分けてかないともったいない。

« いい道具を使え 気に入らない道具を使う人生がもったいない 無印良品とプロキッチンの計量スプーン | トップページ | VPL-VW575を設置する お楽しみはこれからだ »

AV」カテゴリの記事

コメント

老後の投資とはいえ…イヤー!70ウン万衝動買い!!
素晴らしいですね。うらやましい。決してお安くはないですが、コスパ的には非常に良い機種ですよね。前のVPL-VW555も良かったですが、私も実機を見て575は更に黒の沈み込みしっかりと増してました。時代の進化なんですかね。

視聴には現実的でない距離で見てもパネルの色滲みが少なく、HDRコンテンツを観た際はこの機種から搭載された新機能のおかげなのかコントラストが今まで以上にしっかりとして、黒がより深く沈むように感じましたよ。

インストール…業者さんにご依頼ですか?ご自身でなさる場合は本体重量14Kg程ありますから、天吊りは気をつけて下さい。…腰…自転車にも影響しますよ。

どもです…工務店さんに取り付けてもらい、平行もきっちり出せたお陰で、なんだか画質も良くなった気がします…(気のせい)。

おっしゃる通り、黒の沈み込みがしっかりとあって、一番わかるのは、画面の上下に出る黒いところ、あそこが暗いので映像に集中しやすい。色のりもとても良くて、こないだシネプレックスの比較的小さなスクリーンで映画を観たら、これならうちの方がトータルで(飲み食い自由&トイレ行き放題も含めて)いいんじゃないか、ということになてしまっています。

退職を控えた今となっては、もう買い換えることもあまり考えられないので、投資として良かったと思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いい道具を使え 気に入らない道具を使う人生がもったいない 無印良品とプロキッチンの計量スプーン | トップページ | VPL-VW575を設置する お楽しみはこれからだ »