Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー「グルメ・クッキング」の33件の記事

2017年4月 9日 (日)

予約殺到でなかなか買えない無印良品コーヒーメーカーMJ-CM1はどうなのか

20170318_114453_p1010285 珈琲党です。

 で。そもそも珈琲って美味いんか? というか美味いってなに、ってことですよ。一般的にはね、美味いと感じるその根源は生存欲求ではないか、と思います。つまりね。カロリーですよ。糖と脂。これは最強。これが切れると、体が動かない。原始の時代から生存のための最大欲求。ですよな。続くモノとして、塩、ミネラル。ビタミン。タンパク質などもそういうもんです。身体を作る材料、身体を整えるもの、そういうものを美味いと感じて、求めるように仕組みができてます。

 ではね。それ以外の旨みって、そもそもなんなんスか、ってことは思います。いわゆる嗜好品ですよ。コーヒー、お茶、煙草。煙草は判る。生存欲求の代わりにニコチンの中毒性と結びついている。それに対して、コーヒーとかお茶を美味いと感じるのってどこから来るの。お茶については、うん、旨みの主成分はアミノ酸よね。タンパク質。コーヒーにもアミノ酸入ってるけど身体を作れるほどの量ではない。主成分はカフェイン。まあカフェイン自体にも中毒性はあるみたいだから、そこに惹かれるってことはあるかもしれないですけど、じゃあコーヒーの代わりにカフェインをお湯に溶いて飲むか、ってえと、飲みたくはないです。マーク・ワトニーじゃないっての(※アンディ・ウィアー著「火星の人」参照)

20170402_112857_p1010400 なんでこんなことにこだわるのかってえと、そもそも自分がコーヒーを美味いと感じてるのかどうか、よくわからんのです。私は、フリーズドライのコーヒーとレギュラーコーヒーの区別がついているのかしら、とね。

 最近は缶コーヒーが売れなくなっているそうですな。コンビニで、100円あれば、ちゃんとおとしたコーヒーが飲める時代です。本物のコーヒーが100円で飲めるなら、缶コーヒー買わないよなあ、ってことらしい。

 しかしね、そもそも私、コンビニコーヒーをそれほど美味いと思ったことがない。ドリンクとして楽しむなら、コーヒー風味の乳飲料的なモノの方がよほど美味しいとさえ思うのは、大量にぶち込まれた糖のせいでしょう。缶コーヒーの無糖は、ほんとに飲む気がしないですから。よほど眠気を覚ましたくて、かつ糖を取りたくないとき限定。だけど美味しくないから、いっそ水溶きカフェインを売ってくれ、と思ったり。ふむ。

 コーヒーを飲ませるだけの商売が成り立っているくらいですから、コーヒーの味がどうだとかこうだとかの蘊蓄は、マリアナ海溝より深いと思われます。ですから深入りは避けます。コーヒーだけにね。深入りと深煎り...。まあいいんですけど。ええ。

20170322_224144_p1010329_2 私の舌も鼻も、そんなわけで全く当てにならないんですけどお。うちの奥様はずいぶん前から、うちのコーヒーは美味しくない、と言ってました。確かに、朝ご飯に添えても、あまり口を付けません。香りは好きなんだけど、ということです。ふむ。曰く、コーヒーメーカーが悪いんじゃないかとね。

このコーヒーメーカー、少なくとも10年は使っている年代物です。20年になるかな。まだNationalPanasonicになるずっと前から使ってます。で、ミル付きのコーヒーメーカーってあんまり選択肢がないんですね。当時、煮詰まらないコーヒーポットのサーモスなんかも検討したんですが、うちは二人が飲むだけなので、煮詰まることを心配しなくていいかあ、って。メーカー上部にお湯がぽこぽこ噴き出すサイフォン的な雰囲気のガジェットもついており、これでいいかあ、って選択です。

20170325_061417_p1010339_2 しかし20年くらい使っているとして、最近ね、いくらなんでも飽きたなあ、新しいの買いたいなあ、と思って、調べたところ、新製品がほとんどないんですよ。このコーヒーメーカーも20年前とほとんど姿が変わらないまま販売されてます。どんだけ熟成してんだよ、と。思いつつ、それじゃあ買い換える意味ないじゃん、ということで放置してたんですけどね。奥様がコーヒーが美味しくないのはコーヒーメーカーのせいだって言うから、やっぱり買い換えたいなあ、と思っておりましたそんなある日、某ガイアの夜明けという番組で、喫茶店のマスターが淹れるコーヒーを再現するというコーヒーメーカーの開発ストーリーをやってるではありませんか。

まずウリなんですが、ミル部分。よくあるブレンダーみたいなカッターで粉砕するのではなく、金属製の臼で、文字通り豆を「挽く」という動作をします。これによって、豆が均等に細かくなります。ムラができない。味がぶれない。私に判るかどうかは別として。理屈上はそう。なるはず。

 更にお湯を注ぐタイミング、入れ方もコントロールして、蒸らしの過程がしっかり取れるらしい。これによって一流の職人さんの腕を再現するという。おお。買おう。これだ待ち望んでいたモノは。

 ということで、早速ホームページを開きます。が。まだ販売前の予約中だったにも関わらず、既に第1期販売分は予約で売り切れ、次もいつになるか判らない状況です。が、しかし。がんばった。ホームページを頻繁にチェックし、就寝前のベッドの中で予約中の文字を見た瞬間、すぐさまポチッと。もう次の瞬間には、予約受付終了になってましたよ。恐ろしい。テレビの力はすごいな。ただね。これはあくまでも予約であって、モノが入るのは1ヶ月以上先という、気の長い話で。まあしかし、即座に必要というもんでもないので、待ちました。それしかできないもんね。ちなみに今も予約受付終了中。次がいつになるかはわかりません。

20170322_201403_p1010322 で、届いたのがこれ。無印良品MJ-CM1税込み32000円。豆からでも粉からでも淹れられる。設置なんですけど、これフィルターを入れるカップが、本体の左側に開きます。そして、水を入れるカップが、本体の右側に開きます。どういうことかってえと、左右両方に余裕がないとダメだってことです。おいおい。なんで片方に寄せてくんねえんだい。とは思います。見た目、両方に開いた方がバランスはいいですけど、見た目の問題じゃねえよ、設置スペース考えてくれよ、と。

 うちの場合、食器棚の間のスペースに入れて、使うときだけ前に引き出します。奥に入れたままだと、豆も入れられませんしね。ダイヤルやスイッチはたくさんありますが、基本的にはそんなにあれもこれも使うわけではありません。初期設定でだけ使うボタンのようなモノもあり、無駄にボタンが多いとも言えますが、単機能型のボタンなので、むしろ年寄りには楽。ただし、表示のアイコンが小さくて見分けがつきにくいので、年寄りには不都合。どっちやねん。

20170325_060857_p1010336 豆の挽き具合はダイヤルで合わせますが、このダイヤルは気持ち悪い、クリック感がなくて、ぐにっと回って止まるタイプ、せっかくデザインがシャープなんだから、そういう演出をして欲しいところです。

 最初のセッティングをすると、基本的にはボタン一つで抽出が始まる感じ。ただし、抽出開始と終了の表示が判りづらい。表示部分の液晶が点滅をし始めれば抽出開始、点滅から点灯に変われば抽出終了ですけどね。音ででもしらせてくれたらなあ、と思いますが、そこらへんは好みでしょう。保温は20分で自動で切れますが、もともと3カップ分しか作れないので、たくさんつくって保温しておくという使い方には向いてません。

 抽出中に蒸気が噴き出すことはほとんどありません。ですから、周りが湯気で湿気ることもあまり意識しないです。その分、派手に香りが立つこともあまりなく、朝起き抜けに部屋中にコーヒーの香りが、というのがないのは寂しい。が。考えようですけどね。それって香りが飛ぶってことでもありますよね。実際はどうかわかんないですけど、ポットの中に香りが閉じ込められていると考えれば、一番いい香りを楽しめると言うことになるのかしらねえ、と。

 メンテナンス性。ミル部分は取り外して分解できるので、そこそこ綺麗にしやすい。分解自体も簡単です。水の入ったポットから、抽出孔までのパイプも洗えないですけど、まあこれはどこのコーヒーメーカーも同じです。

20170325_062146_p1010340 さて。一番大切なことを、簡単に言いますよ。すごい簡単に言いますよ。耳かっぽじいて聞いて下さいね。お味です。すっきりとして飲みやすい。

 えええええ。だいたいね、飲み物の評価に「飲みやすい」ってなんなの。飲みにくい飲み物を飲む必要がないだろう、と。

 ああだからさ、冒頭でいったじゃないですか。そもそも私はコーヒーの味がわかってるかどうか自信がないって。いやね、今回、せっかくいいコーヒーメーカーを買ったから、いい豆も買ってきたんですよ。だからね。こいつが美味いのか、コーヒーメーカーのせいなのかよくわからないのです。

 ただ、敢えて言えば、尖ったところがない。舌の奥にざらつくような雑味がない。すっきりとした仕上がりであります。試しにこれまで飲んでいたコーヒー豆の粉も使ってみましたが、心なしか飲みやすい気がする。普通のカフェのように美味しいと言えば、そう。うーん、だからいいんじゃねえの。高かったし、まだ手に入れにくいという希少価値もあるし。見た目もなんか業務用っぽくてかっこいいし。無印良品的な品の良さが現れた、いいコーヒーメーカーです。32,000円の価値があるかどうかは、まあねえ。人それぞれということで。うん、つまり物の価値は、その人が決めるもんですよ、と。

 

2016年1月23日 (土)

箱根の山は天下の嶮などと言いつつ、結局,小田原で食った魚がうまかった話

箱根。うん。そう。なんか知らんけど箱根。どこらへんにあるんでしょう。そもそも私は田舎もんなので、関東における地理感がない。ってか、それ変。関東全てが都会ではないですしね。要するに、地理を覚えないんでしょう。覚えられないという方が正しいか。

 

まあ、要するに正月明けには温泉に行きましょう、と奥さんが言うわけです。確かにね。温泉はいいね、温泉は。なんか知らんけど、温泉はいい。露天風呂が特によろしい。かつて山中の露天風呂で衆目の中、ケツをさらしたおっさんとしては、露天風呂が何よりもの供養であります。ん?この言葉、間違ってる気がするぞ。

 

まあ、いい。箱根、どこにあるかよく知らんですけど、行ってみると、なんとなくこの辺り走ったことがある、いや箱根駅伝ではなく車ですけど、などと思い出すところもあり、きっと何度か行ったことがあります。歳を取るということは、そういうことでありますよ。

 

ただね。やはり大事なことは、何を食うか、であります。つい先だって千葉に行ったのは記憶に新しい。鰻も魚も美味かった。箱根もね。何を食いましょうか。ということで、例によって、インターネットで調べます。ってえと、箱根ねえ。うーん。そうねえ。団子とかねえ、豆腐のカツとかねえ、うーん、そうよねえ山の中だもんねえ。いや山菜料理とか日本酒できゅーっとってのもいいんですが、ランチとなるとねえ。かといってイタリアンとかフレンチとかも違うだろう。

 

困ったなあ。山の中の名物は味わい深いんですが、華やかさがない。ということで、箱根に行く途中の小田原によって飯を食います。やっぱり海だよなあ、と海辺の村で育った田舎の子は思うわけです。で。例によって食べログ君。便利な世の中よねえ。ということで、奥さんが車の中でちゃっちゃっと検索してくれます。やっぱ寿司よ。回転寿司。それも大手ではない地元の回転寿司。こないだの千葉の地魚回転寿司美味かったねえ。

 

20160104_11391720160104_114026 で、検索上位に来てたのが、こちら。小田原あじわい回転寿司 禅。なんでも寿司とともにビストロもあって、フレンチも食べられるという変わり種。おいおい。とは思いますよね。世の中のオシャレ系カフェ的なお店かい?とも思いましたがね。そうですね、たとえば三軒茶屋とか下北沢とか吉祥寺辺りにあるような、オサレ系ですか。ふーん、ふーん、まあね。しかしね、行ってもみないで文句言っちゃダメよね。

 

というわけで、ご訪問です。お店の箱は大きくはないです。2~30人も入ると一杯ですかね。11時半くらいに到着しましたら、20分待ちと言われましたが、10分も待たずには入れました。そこらへんはタイミングと運です。そりゃそうだ。ラーメン二郎なら回転させていくタイミングは読めますけど、普通のレストランはねえ。いくらお店が回転させたくても、客が食べ続けて居座れば、時間はかかる。でも回転寿司は以外と回転が速いです。何しろ回転寿司なので。いや、うまいねえ。うん寿司だけにね。おい座布団もってこい。

 

20160104_113353_p1060642 で。メニュー。オサレ。いきなりオサレ。黒板に書いてあるメニューがオサレ。鮑のステートか鴨のなんちゃらとか。鴨の何チャラはいらんですけど、鮑のステーキかあ。鮑ね。うん、そうね、子供の頃、よく近所のおじちゃんにもらいました。あ。ちゃんと漁業権持ってるおじちゃんですよ。言っときますけど、海水浴に行って、海に潜って鮑やらサザエやら獲ったら密漁ですからね? 逮捕されても文句は言えんのですよ。ちなみに、潮干狩りもですからね? きちんと鑑札買って、獲りましょう。

 

ともかく、鮑。子供の頃に食わせてもらったのは、新鮮さをウリにした鮑の刺身。でしたがあ。アレ、うまいんスか。子供だったからかなあ。いや、大人になってもがりがりと固く旨さが伝わらない。アレだったらむしろ母ちゃんが作ってくれたトコブシの煮付けの方がずっと美味い。たぶん鮑も火を通した方が美味いんだよなあ、とずっと思いつつ、安いトコブシはともかくとして高い鮑のステーキは食ったことがない。

 

20160104_114409_p1060646_2 1,500円。回転寿司で一皿1,500円と思うとお高いが、鮑のステーキと思うとかなりお安い。食うか。食いましょう。そういうことになりました。ちなみにこの言い回しは、夢枕獏氏の「陰陽師」からいただきました。それはともかく。旨し。鮑のステーキ旨し。回転寿司にも関わらず、ナイフとフォークが出てきます。それはともかく。やはり火が通ると、あのがりがりとした身ではなく、貝柱に共通のしっかりとした身に歯がぐいぐいと食い込んで噛みちぎる食感。身が締まった分旨みも濃くなる。バターのソースもくどくない。うむ、鮑はステーキに限る。どうだ士郎。ぐぬぬ雄山。ちなみにこのくだりはコミック「美味しんぼ」にインスパイアされております。

 

20160104_113536_p1060644 れはともかく。寿司。寿司ね。食わなきゃ。まずは大トロの皿が回ってきます。この皿の色、絶対に高い。店に入ったばかりで、まだ値段設定が判りません。しかしですよ。この小田原に来て、食いたいものを食わないなら小田原に来た意味がない。うむ。食おう。食いましょう。そういうことになりました。

 

これはねえ。旨いです。当たり前です。お値段、判りました。一皿950円。うおおおおお。回転寿司で一皿950円の皿、生まれて初めて取ったぞ。と心の中で絶叫しました。そりゃ旨いわ。とてもじゃないけど、一人で2カンは食えない。もったいない。ということで奥様とシェア。それでも1カン425円。山田うどんで食う天ぷらうどんが390円(税込み)。この一握りが私の山田うどん一食分。おおおおっ。

 

20160104_113711_p1060645 旨いですね。そりゃあ旨いです。と、続いて、マグロの軍艦。これ、いくらだったかなあ。限定メニューだったみたいで多少はお安い様子でしたが、でも、たぶん高い。どの皿を取ってもかっぱ寿司の3皿分はしそうな感じで、旨くないわけがない。うちは老境に入り始めた夫婦なので、二人で10皿程度も食べれば満足なんですが、それで、概ね6,000円。これを回転寿司と思うと、とてつもなく高いですが、寿司屋と思うとお安い。旨さと値段で比較した場合ですよ。絶対的にはランチに一人3,000円は高い。旅行以外では絶対に使わん。山田うどんの天ぷらうどん390円で十分であります。

 

ま、そういうことも含んでの旅行の楽しみですわね。満足いたしました。ありがとうございました。ゲテモノなどと思った私が悪うございました。箱根にお越しの際は、ぜひ小田原回転寿司 禅にお立ち寄り下さいませ。

 

20160104_151540 と、いうことで、箱根に向かいます。箱根は強羅温泉。四季の湯 強羅静雲荘。文部科学省共済組合箱根宿泊所。文部科学省。おいおい。共済組合ってそんなとこ泊まれるのか。って泊まれるみたいですねえ。うーん、きっと文部科学省の高級官僚には安く泊まれるプランが。いや高級官僚は泊まらないか。でも、食堂にいた品のいいご家族はきっと文部科学省。いや知らんけど。ご飯は、ちゃんとおいしいです。お風呂も素敵です。お部屋もシンプルですけど綺麗です。部屋付きのトイレ、狭いです。お布団、ちょっと固いです。ここは改善していただきたい。お値段お一人様1万円。まあ平日の相場、ちょっと安めのお宿と言うことで。

 

20160105_110005_p1060659 今回は一泊の旅行なので、翌日には帰ります。昼飯はやっぱり小田原で、魚を食います。が、さすがに生ものはちょっと飽きが来たので、揚げ物系に行きます。小田原の漁港市場付近に、とてつもなく鯵のフライがおいしいというお店があるらしいので、そこを目指して行きました。が。正月は6日からの営業と言うことで敢えなく挫折いたしました。時点として、やはり人気の漁港市場食堂、という文字通りの市場の中、2階にある食堂に行って参りました。

 

こちらはとても庶民的、というか、昔の食堂っぽいお店であります。厨房で威勢のいいお姉ちゃんが料理をさばき、お客はセルフサービスで注文した品物をとりにいきます。今回食べたものは、ミックスフライ定食。うー。旨いです。冷凍物でない鯵のふっくらとした感じが良いですな。まあ、これはある意味どこで食ってもそんなに大差のない旨さでありますが、市場食堂の気取らない雰囲気がとってもよろしい。最近は、市場食堂と銘打って、観光市場食堂的な者が結構あり、刺身定食が3,000円近くしたりするものがありますので、そういうのはちょっと残念感がありますな。

 

20160105_111612_p1060663 こちらは、昭和の香り漂うお店でありますので、その点、まことに良心的であります。箱根には何をしに行ったのか、と言われると、風呂に入りに行った、ということにつきるのでありまして、彫刻の森にも芦ノ湖にもケーブルカーにも一切立ち寄りませんでしたが、まあそれはそれで。小田原、魚旨し、ということでいかがでしょうか。

 

2016年1月 8日 (金)

千葉で食うこととか みたび②鰻屋 橋本食堂は盤石であったが、地魚回転寿司丸藤本店に感服した

20151230_111837_p1060597 というわけでえ。千葉というたらここ。うなぎの橋本食堂。2年ぶりに橋本食堂で鰻を食うぞ、とキャンプ場から片道2時間。勇んでまいりました。なにしろ確かこないだ来たときは、床がコンクリで、やたらと冷え込んでいたもんなあ。温かい靴を履いていかなきゃねえ。

 

到着しますとね。おお、橋本食堂だ。うん、これこれ、と思いつつ、中に入ります。うん? なんかきれいでないかい? こんなきれいだったかね。床も冷たいコンクリではないよ。素敵なお座敷もありますよ、と。こんなだったっけえ。と多少不審に思っておりました。

 

ブログを見ますと以前訪れたのは2012年の1月。今年が2016年。なんと4年も経っておったのです。そして写真を見ると、やはり変わっております。そうかあ。そうなのかあ。あっという間ですなあ。歳を取るはずだ。2年ぶりと思っていたら、4年ぶりだった、と。あっはっはあ。

 

ふう。

 

20151230_112955_p106060220151230_112939_p1060601 りゃ橋本食堂さんも、いつまでもあの寒い建物じゃないですよねえ。すごいねえ。がんばったんですねえ。で。鰻だ。鰻。私、上2,100円。奥さん、鰻丼1,000円。特に、この鰻丼の1,000円ってすごくないですか。半身って書いてあるので、ほんのちょっとかと思ったら、結構な量があるんですよ。これ、スーパーで980円くらいで売ってる量じゃねえんですか。特上は3,000円ですがね、これはよほど鰻好きでないとバランスが悪いくらい鰻の量が多いので、上。

 

ご飯の量はほどほど。若い人には物足りないかもしれませんが、いやそれでも実際は結構あったりするんではないかな。さらっと食えてしまうから、多くないと思うだけかもしれません。たれはサラッとしてます。スーパーの鰻のようなねっちょりとしたツメのようなたれではありません。くどくない。それに、やはり香ばしい。川魚の臭みも全くない。加えてほどよい歯応えというんでしょうか、関西人にはやや柔らかいには違いないんですが、崩れるような柔らかさではない。調べてみると、やはりここは蒸してないようです。関西人満足、関東人にも人気のバランスであります。

 

これはですねえ。旨い。うなぎ旨いぞお。キャンプ場から2時間かけて来たけど、間違いない。外房に来た以上は橋本食堂の鰻を食え、と。そう言いたい。ま、既にみなさんそう仰ってますが、それが何か。

 

ところで今回食べなかった3,000円の特上ですが、震災前に訪問したときの写真では1,600円という信じられないお値段だったようです。あれから鰻の値段も高騰しましたんで、3,000円でも十分お安いと感じてしまいますが、それにしても1,600。すごかったんですねえ。ええ、また行きます。また行きますとも。

 

と。勝浦タンタンメンを食い、鰻重を食い、と来ましたが、気がつくと魚を食ってないではないか、と。千葉に来て魚を食わないわけにはいかないだろう、と。寿司だな。寿司だろうね。うん。ということで、回転寿司、それも大手チェーンでなく、地元でやってる回転寿司を探します。何しろ大晦日なので、個人店より回転寿司の方が入りやすかろうとね。

 

検索検索ぅ、っと。グーグル君と食べログ君ありがとう。ってわけで、トップに出てきたのが地魚回転寿司 丸藤本店。ん、この大きな看板見覚えがあるなあ。あ。来しなに通ったあのでっかい看板だ。うん。どうかなあ。確か大きな駐車場があり、共有するお土産物やさん、干物屋さんが並んでいたなあ。看板の大きさといい、観光目当てバリバリだよなあ。どうなんだろうなあ。観光客値段なんじゃねえの。などと思いつつ。

 

20151231_094447 しかし、そろそろ帰る時間。迷っているうちに高速に乗ってしまいます。それならとりあえず行くべきでしょう。あ、お店の外観は写真取り忘れたんで、食べログ見てくださいね。評判もそっちを、などというと、ここの存在意義がない。まあ、ないか。別に誰も食べログ情報をここで探そうとは思わんですね。

 

開店は11時。ですが、着いたのは10時。とりあえず、お土産物や干物を見て時間を潰しますが、まだまだ時間があります。ところが。回転寿司の隣にちょっとしたカフェがあります。カフェと言っても、道の駅の休憩所的な簡易な感じですが、ソファもあるし。ここで時間になるまでくつろぐのがお勧めです。

 

5分前頃から並び始めていたので、列に入ります。開店時にはまだ席が残っている感じですな。しかしどんどん人が入ってくるので油断はできません。開店と同時に入ったので、まだ皿は回っておりません。回っていても、握りたてでありますので、どれをとっても大丈夫です。

 

しかし、とりあえずメニューを見ます。何しろ地魚回転寿司なので、地魚を食わなきゃならんのです。というお客は多いはず。地魚回転寿司のでっかい看板を見て来るんですからね。というわけで、とりあえず地魚をセットにしたメニューがあります。「地魚食べ比べ」4貫620円であります。えーっとですねえ、魚はですね、あれとかあれとかです。たぶん。いや、もちろん説明してくれるんですよ。壁に貼ってあるメニューにも書いてあります。ただ、私が覚えられなかっただけで。

 

20151231_110103_2 地魚は全部白身なんで、どれがどれって言われても正直判らんと思います。ただ、何でもそうなんですけど、知識、蘊蓄もまた味わいのうちなんですな。これがホウボウですと言われてほうほう、と思いながら食うのと、なんやらわからん白身を食うのとでは楽しみが違う。

 

そんで、どうだったかというと、旨し。白身全体に共通しているんですが、固すぎないんですね。これはいつもなのかなあ。年末でたまたま時間が経って、魚の身が熟成したのかどうかわからんですけど。新鮮さばかりを前に出すお刺身は、こりこりとした食感はあっても旨みが足りない、と思うですね。また冷たすぎるお刺身も、ご飯との温度のバランスが悪い。ここの地魚食べ比べのお寿司は、ネタがほどよい温度になって、柔らかく、ふわりと握った小ぶりのシャリと合わさって、ほどけていきます。

 

620円。ちょっとしたラーメン1杯分でありますが、そんなみみっちいことを言ってはいけません。ここに来るまでの時間や旅費を考えると、もともと近所のがってん寿司よりずっと割高。それよりはちゃんとおいしいものを食べるべきです。うん。というわけで、「マグロ食べ比べ」3貫650円を。

 

20151231_111027 これもいいですねえ。ちゃんと赤身、中トロ、大トロが熟成されている。うむ、良し。この頃になってくると汁物も欲しくなります。あら汁。あら汁がある。お値段190円。安い。これは期待できます。

 

これもですねえ。回転寿司によってはいろいろで、100円回転寿司系だと、お店で魚をさばかないからアラがない。あら汁と銘打っても実際は刺身の残り物を味噌汁に放り込んで済ませたりします。それじゃあ、いかん。そんなものはあら汁ではない。一方、自分のところで魚をさばいている回転寿司は、大量のアラが出るので、惜しみなくアラを使います。実際、大きめのどんぶりから、実のたっぷり付いた魚がはみ出しそうになっております。これはお勧めです。アオサ汁も好きなんですが、あら汁と同じ値段であら汁がこのレベルなら、間違いなくあら汁がお勧めであります。

 

お支払いは二人で5,000円を少し切る程度。がってん寿司でお財布に遠慮しながら食べるよりはかなりお高くなりますが、普通のお寿司屋さんよりかなりお安い。外観はちゃらい観光客向けのお店ですが、内実は充実しております。今回は開店を待って入ったのですっと通りましたが、普段はかなり混むようです。そりゃそうだねえ。みんなおいしいもの好きだものねえ。

 

というわけで、今回の千葉もなかなかに堪能いたしました。千葉ありがとうございましたです。

 

2015年8月22日 (土)

3年の思いを乗せて 北アルプスを縦走する 第2日目 燕山荘へ

20150815_155038_p8150017 もうね、朝の出発ギリギリまで、少しでも身体をきれいにしようと、露天風呂につかり、でもすぐ汗でどろどろになるんだから、変わりゃしないんですけどね。それでも足掻く。ああ、なぜこれから4日も山の中に入らなきゃならんのか、などとブチブチ思いながら、歩き始めます。有明荘から10分ほども歩いたところに、中房温泉という、こちらはすっかり山小屋である宿泊施設があります。入ってないからわからんですけど、見た目はそうです。この横が登山道入り口ですな。トイレはあります。まだ少しきれいです。ふむ。しっかり済ませておきましょう。女性はここから先、合戦小屋まで3時間はトイレがありません。いや、男もないんですけど。困るのは女性のほうなんで。

 

この中房温泉から燕山荘に至る山道、合戦尾根は北アルプス三大急坂と言われているそうで、はい、ひたすら上ります。1300mを一気に高度を上げるんですから、そりゃくたびれます。くたびれますけどね、この程度の坂なら、奥武蔵の山々にもいくらでもあります。いやね。北アルプスと違いますけどね。標高を800m上げるくらいのことはあるわけですよ。ですから、どうにもこうにも歩けないというようなものではないです。途中にベンチが整備されてますから、適度に休んでいくので、むしろ上りやすいです。

 

20150816_110855_p8160044 途中の合戦小屋という山小屋は、宿泊はできませんが、うどんとスイカを食べることができます。ありがたいですねえ。自分で食おうと思ったら、これを担いで上らなきゃならない。下山するまでゴミを持って歩かなきゃならない。しかも冷えたスイカなんて、無理ですよう。多少はお高いですけど、そんなもん、自分で担ぐことを考えたら屁でもない、ですよ。

 

あ、スイカの皮とか、カップ麺の汁とか、自然に帰れって、山に捨てちゃいかんですよ。もともとその生態系の中にないものを持ち込むってことは、生態系のバランスを崩すってことですからね。自然ってのはバランスの妙で成り立っております。ちょっとしたことで、バランスって崩れるんです。カップ麺の汁を捨てると言うことは、塩分やら脂肪分やらを捨てるわけで、それを餌とする虫や獣がおり、それを捕食する獣がおり、ということでどんどんバランスが崩れていく、って燕山荘のご主人が言っておりました。ちなみに、合戦小屋には熊が出るようになって苦労したそうです。

 

ま、ともかく。ゴミは全部持って帰りましょう。うんこを埋めるのもダメです。山道でしたうんこは、パックに詰めて持ち帰る。それが嫌なら、ちゃんと山小屋で済ませる。臭くても。しょうがないねえ。ウォシュレットないけどねえ。

 

20150816_133840_p8160072 汗をかきながらも休憩を入れて7時間ほど上れば、燕山荘に到着します。ここから燕岳は30分の道のり。行っちゃおうかなあ。でも、ガスが出てるしなあ。あれじゃ上っても真っ白だよなあ、面倒くせえなあ、ビール飲んじゃおうっかなあ。飲んじゃおうっと。

 

ってことで、飲んじゃいましたあ。ビール飲んだら、登ってはいけません。車の運転と同じです。さらに言えば、ここは高度2640m。だったかな。とにかく、3000m近い高度の高山です。つまり低酸素であります。しかも疲労しております。アルコールが良く回ります。高山病になりかけです。やっぱ登れません。しかたない、明日に回そう、ということにしました。明日の日程は楽だしね。ここ。ここで天気予報見れば良かったんですけどねえ。

 

あ、燕山荘付近、NTTdocomoは通じますけど、auは、ほぼ繋がらないです。たまにアンテナ1本立ちますが、すぐ途切れます。ネットの天気予報、見るのが難しかったんで、面倒くさかったんですよう。

 

20150816_182642_p8160090_2 で、ぐだぐだと飲んでおりましたら、遠くに槍ヶ岳が見えて参りました。きっと明日は表銀座の大パノラマを展望しながら、気持ちよく歩いているんだよなあ、などと想像しつつ、山小屋に入ります。

 

燕山荘は、泊まりたい山小屋No.1に挙げられることも多い人気の山小屋です。曰く、マスターが食後にホルンを吹き、山の逸話を語ってきかせる。曰く手作りケーキとコーヒーのセットが素敵。曰く、山小屋と思えない快適な個室。曰く美味しい食事。山小屋と言うより山上のホテル。てな評判なんですけどね。んー。そうですねえ。そうなんですけどねえ。

 

20150816_131116_p8160070 ホテルではないですよ。飯はね、私は赤岳天望荘の方が好きです。風呂もあるしねえ。天水の風呂ですけどね。ただ部屋は広いです。山小屋の場合、個室と言ってもいろいろありまして、赤岳鉱泉のように、ベッドまで入れてる、ほんとにペンションのような個室から、赤岳天望荘のように押し入れの中のようなところもあります。が、ここは5畳分の広さがありますので、安アパート程度の雰囲気であります。とはいえ、雑魚寝の大部屋から比べたら天国には違いありません。ただし、個室はあまりないので、予約を取るのが大変ですよ。それで、去年も一昨年も、雨で予定がずれたら、もう個室はとれないってんで諦めたんですもん。

 

20150816_175701_p8160083 山小屋のご主人。素敵です。自然に対するスタンスが確立していて、サービス精神もたっぷり。しかも、すごいのは燕山荘グループといういくつかの山小屋を経営していて、そのどれも経営的に成り立っており、かつ評判が良い。そういう良心的な経営と経済的な経営を両立させているという手腕がすごい。と思います。

 

山小屋で扱ってる土産物も実に充実しております。それがまたセンスが良い。だいたいここまで苦労して登ってきて、泊まりたい山小屋No.1の燕山荘に泊まり、さらにセンスの良い土産物が並んでいるとなれば、買いたくなるのも人の道理。ここでしか買えないからいいんです。ってことでえ。私は帽子とバッヂを、奥様はTシャツをお買い上げになりました。まあ現金が飛んでいくこと。しょうがないね。山ですからね。というスペシャリティ感の演出が、実に上手い。

 

スタッフも若い清潔感のある子たちが多いです。こういう環境だから、若い子たちも抵抗なく働けるでしょうし、一生懸命働いてくれているから、山小屋もきれいだし、お客さんが入るし、という、いいルーチンの中にあります。経営者の手腕でしょうなあ。燕山荘グループオーナー凄し。です。

 

20150816_172455_p8160081 とりあえず飯も食い、まあ普通に上手いです。が、味噌汁はなんか腰がない。赤だしというのもなじみがないのかもしれませんが、どうも出汁が弱いのではないかと。まあ料亭に来たわけではないので、文句を言っちゃいけません。食ったら、寝ましょう。なんか頭痛いしね。これたぶん、高山病だと思います。お酒飲んだから余計に。山の夜は早いので、8時過ぎたら就寝準備、です。

 

が、ね。ここで残念なお知らせが。オーナーがホルンを吹く前に明日の天気を教えてくれました。気温12度、風速15m、天気は雨、体感温度は氷点下、だそうであります。結構晴れてたんだけどなあ、とか思いつつ、布団に入り、就寝。ちなみに燕山荘個室の布団は羽布団、カイコ棚ベッドの方は寝袋らしいっす。

 

そして深夜。ざんざか降る雨音で目が覚めました…。とても歩ける風雨の感じではありません。下山するならともかく、風の強い稜線歩きはかなり厳しそうであります。少なくとも、絶対に風景は見えないですな。どうしようかなあ。どうしたものかなあ。

2015年3月15日 (日)

小さい幸せをみつけるということ レモン絞り器 スマイルキッズ レモンしぼり革命

ぼくんちはねえ、びんぼうなのでねえ、びーるなんてぜいたくなものはのめないんだよ。

んスかね。ビールをほとんど飲まなくなりました。「とりあえずビール」と言われれば、そりゃまあ付き合いますけどね。ビール会社のみなさま、まことに申し訳ございません。でも、なんスかねえ。昔は、酒屋さんがビールケースで家まで運んでくれる。そういう買い方が当たり前だったんですけどねえ。ビールはキリン。大瓶のキリン。もう決まりっ。

だったのにぃ。アサヒドライが革新を起こしましたね。うん、キリン、ちょっとアサヒのがんばりを舐めてました。王座の驕り、としか今となっては言えないですよなあ。結果論ですよな。ま、それでもアサヒが安穏と過ごしていられるかというと、そんなことは全くない。わけで。

つまり発泡酒に続く第三のビールブームっちゅうんですか、お安いビール風味飲料全盛期が訪れたわけです。けどね。更に最近はビールを飲むという風習自体が下火です。お若い方に言わせると、「ビールって苦いじゃん」ってことらしいですが、ちょっと前までは、私も、「てやんでぃ、この大人の味が判んねえのはどうなんだよ」的なことを思っておりました。が、ね。実は最近、私もビールを飲んでない。

うーん、なんだろうですな。思うにね。第三のビールがあんまりおいしくなかったんじゃないかなあって。いや、12回飲んだからどうだとかって話じゃないですよ?第三のビールと発泡酒とビールを並べてブラインドテストされても、たぶんわかんないと思います。ただ、第三のビールを飲むようになってから、あんまりおいしいと思わなくなってきた、というだけの話です。かな。

で、ビール風味飲料自体に魅力を感じなくなったのかもしれません。代わりによく飲んでいたのが、ワイン。特にチリやスペインといった国のお手頃な発泡ワインや、赤白のワイン。これはねえ。旨いです。ちゃんとした通販会社がお勧めしてくれるワインは、素人が店頭で適当に選ぶより確実に旨い。

20150228_192413_p1060329_2パエリヤやラグーソースのパスタなんて、私的なんちゃってイタリアン、なんちゃってスパニッシュを作って食う時には、実に旨い。チーズや肉に合うことと言ったら。が、しかし。絶対的に日本料理には合わない。いや、もちろんそんなことはない、という正論があることは承知しています。この鮨にはこのワインが、とか。んが。素人がそんな奇跡のようなマリアージュなんかできんのです。牡蠣には白ワイン、と言っても、明らかに生臭さをアップさせる白ワインも少なくないんですが、じゃあ何がいい、と言われると、わからんです。わからんのです。そこで迷っているくらいなら、とっとと冷酒を選べばよい。蛸わさ、イカの塩辛、もちろん刺身。魚介のうまさを引き立てるのは日本酒ですよ。

で、日本酒飲んでて、途中で串カツかなんかを合わせようと、居酒屋的メニューになった場合、こりゃ合わんな、というか、さっぱりしたいよね。と。そこでビール、といかないんですよねえ。

20150307_195955_p1060338で、どうなったかと言うと、どの料理にも逆らわない酒、つまり焼酎甲類です。もちろん焼酎甲類のみをワンカップでぐびぐび飲むわけじゃない。昭和の新世界の路傍で寝てるおっちゃんじゃないんですから。ピッツアマルゲリータをつまみつつ、アボガドとオニオンサラダを突っつきながら飲むゴージャスでラグジュアリーな世界ですよ? となると、カクテルといいますか、最近流行りのスパークリングウォーターで割って、レモンを絞る。



まあ、レモンサワーだ。レモンサワー最強!生魚も行けるし、チーズも行けるし、肉も行ける。途中であれやこれやと酒のチェンジをしなくていい!最強。

言うわけで、居酒屋さんで飲むなら、レモンサワー。とりあえずからレモンサワー。でもね。レモンサワーもこれでなかなか奥深い。んですよ。いいか、小僧。世の中には二種類のサワーがある。いいサワーと悪いサワーだ。

どんなんだ。

えーっとですねえ。それはもう時と場合によるんですがね。会社の仲間と宴会なら大手居酒屋チェーンの生レモンサワーで十分。なんでもいいんですよ、もう、それって味とか質とかの問題じゃない。和やかに、にぎやかに飲んで騒げりゃそれでいい。が。酒としては、あれはダメだな。大手居酒屋のサワーは、ありゃあジュースだ。まあ、それでもいいんですけどね。

そもそも居酒屋とは、となると話が大きくなりすぎまして、「吉田類の酒場放浪記」をご覧いただきつつ。やっすい飲み屋には、「中」と「外」という概念がございます。「中」というのは焼酎甲類そのものであります。これを「外」と称する炭酸水で割ります。お店によってシステムが異なりますが、「中」と「外」を別々に注文し、初めに頼んだチューハイのアルコールがきつすぎれば、別に頼んだ「外」で薄める。要するになんだ、家で好きなように継ぎ足しながら飲むのと同じ感覚です。

濃さも味付けも、適当にお好みで。ってことですね。酔っ払いにはいいシステムですが、あまりそういう店に行きつけない人が、いきなりそういう店で2、3杯飲むと、腰が抜けるような酔い方をするので気を付けましょう。やっすい居酒屋は、後から「外」を付け足すことを前提に、「中」を大量に入れてくれてたりするのです。ほぼ原酒、的な店もあり、油断禁物であります。焼酎甲類の特徴として、癖がないので、酔いが回ったと感じた瞬間が限界点だったりするのであります。

20150307_195135_p1060332居酒屋の話じゃなかった。家呑みの話でありました。家でレモンサワーなりチューハイなりを飲む場合、それぞれお好みの風味を付けることでしょう。梅干しがお好きな方もいれば、ウーロン茶で割るのが好きな方もいる。コーラで割ることがあるかもしれません。が、清涼感と言うことでいえば、レモン最高!(あくまでも個人の感想です)

が、問題が一つ。レモン絞り器って、居酒屋で出してくれるステンレスのアレ。あれね、結構、力がいるし、その割にはなかなか絞れないし。まあそれはそれで、居酒屋なら男性が女の子の分を絞ってあげて優しさを演出するなどの効用もあるのかもしれませんが、ご家庭においては、それは何の役にも立たない。ガラスでできたアレに至っては、さらに場所を取るとか重いとか、割れたらどうしようとか、ありますな。何よりも、やっぱりうまく絞れない。

20150307_200103_p1060340そこでこれですよ。レモン絞り器 スマイルキッズ レモンしぼり革命。レモンを絞るだけの道具です。はっきり言って、どこのご家庭にも必要なものとはとても言えないですが、レモンサワー作るなら、最強です。この柱になってる部分が、レモンの果肉にぶっ刺さり、かき混ぜる。かき混ぜるだけの力は必要ですが、一般のレモン絞り器より力のロスがない分、ずいぶんと効率よく、気持ちよくレモン汁を絞り出します。最強です。

問題点は二つ。凸凹棒が突き出しているので、手洗いしづらい。食洗機使いなさいよ。うん。食洗機あればね。うち、あるからね。うん。でも食洗機使うと、軽いものだからたいてい食洗機の中でひっくり返って、裏側の凹みに汚れた水が溜まってます。もう一回洗う必要があること、たびたびです。

20150307_201444_p1060343二つ目。まあレモン絞り器ですからね。レモンを絞る以外の機能はない。グレープフルーツも絞れなくはないですけど、サイズが合わないです。大円の中に小円を描くがごとき収まりの悪さはあります。それにキウイサワーとかリンゴサワーを作るなら、別の道具が必要です。ミキサー的なものですよな。ま、しょうがないです。

買うか買わないかは、レモンサワーがどのくらい好きかによると思います。あるいはレモンケーキがどれくらい好きか。です。好きなら、買って損はない。ステンレスレモン絞り器を買うより100倍くらいは素敵な道具なので、お勧めいたしますよ。

2014年11月 2日 (日)

パール金属 クイックエコ三層底切り替え式圧力鍋を爆発の恐怖に耐えつつ使ってみる

Photo_2まずもって、料理というものは奥が深いものでありますが、全ての料理がそんなに奥深いと、ご家庭の奥様なんかやってらんねえですよ、ということになり、料理を作ることのできる人が少なくなりすぎてしまい、食うことすらできなくなるので、まあ適当でいいんスよ、という料理も全然ありなわけであり、まあ、そんな話をします。

 

素材を。切る。焼く。煮る。蒸す。揚げる。これに適度な塩分を付けて、適当な風味が付けばいいわけです。さしすせそ、ですか。さ、砂糖。し、塩。す、酢。せ、せんたくもの…。違うな。せ、せ、千成瓢箪。あ、「ん」が付いたので負けです。違うな。せうゆ(しょうゆ)だそうです。そはみそ。最後のはちょっと無理やりだよなあと思いますが。

 

美味いと感じる塩分は、単純に塩だけの場合は、一人分の食材に小さじ1/2~1/3くらい、もちろん水分量にもよりますが、実際はこの量で全ての料理を作ると、お医者さんに怒られるでしょうな。高血圧で死ぬぞ、と。しかしなあ。旨いもんは旨いし、困ったなあ。というわけで、塩の量を押さえたい場合は、酢を使ったり、あるいはしっかりと出汁をとって旨味でカバーしたりします。

 

そういう理解でよろしいでしょうか。まあねえ。適当に料理作る私が言うのもなんですが、漫画にあるようなマズい料理ってのは、どうやったら作ることができるんでしょうか。んー、うまくない料理ってのは、わりと簡単にできますけどね。塩が足らんとかね。うん、それはよくあります。塩が足らんのは食べられますけど、塩が多すぎるのは、不味い云々の前に食べられないですよな。

 

後はまあ、我慢して食えっちゅう範疇です。家庭料理ですからね。味噌汁の中に温泉饅頭が入ってたら嫌かもしれませんけど、お雑煮の中に餡子の入った丸餅を入れる文化のある地域もあるようですしぃ。ちなみに世間的には全く認めてもらえませんけど、私は納豆は食えません。ま、それは好みの問題であってね。納豆のある文化を認めてないわけではありませんよ。むしろ、ちゃぶ台にアジの開きと豆腐の味噌汁、それに納豆という朝ごはんは、これを推奨いたします。何の話だ。

 

パクチーとかいきなり食えとか言われても、それはまあ抵抗がある。そういう料理の文化があると思って喰ってるうちに慣れてきて、旨いと思うようになることもある。春菊や茗荷などは、歳をとってから旨いと思うようになりました。何の話だ。

 

Pa120015それはともかく、なかなかに手を付け辛い食材というものがあります。要するに手のかかる食材であります。柔らかくするのに時間がかかる食材。例えば牛のすね肉とか、スジとか、あるいは豆とか。豚の角煮であるとか。こういう料理は時間がかかる。

 

あ、真空保温調理鍋、シャトルシェフを使えば、わりと簡単ですよ。一度火を入れたら一晩放置しておけば、しっかり柔らかくなります。ただ、問題はシャトルシェフは保温することで加熱し続ける状態を作るわけで、煮込みに5時間かかる料理には5時間かかるわけですよ。うん。煮詰まって焦がす心配がないのはいいですけど、逆に言うと煮詰まるということがないので、予め塩加減を決めたら、そのままの水分量、塩分量が保持されます。煮込んでトロリとさせたいと思うようなときには、ちょっと向いてない。そういう時は、もう一度火にかけて煮詰める必要があります。

 

すね肉を使ったカレーを作りたいと思ったら、前日に仕込む必要があるわけですね。まあそれはそれでいいんですけどぉ。今日食べたいんだけど、ってときもありますわね。

 

Img_1362そこで、圧力鍋ですよ。

 

まあ興味はあったんですがねえ。なんかねえ、あまり美しい道具じゃなくて。昔の炊飯器にがっつり金具を噛ませたような、無骨なデザインがねえ。道具としてイヤ。あ、もちろんね、昔からお洒落なデザインの圧力鍋はあったんですよ。フィスラーとかの。ただ、高い。そこまでの値段を出して買うものか、買ってどれほど使えるものか、という思いがねえ。

 

で。スーパーを歩いておりますと、いつの間にか圧力鍋が大変なことになっております。つうのは、安くて、シンプルなデザインのものがあるんですよ。こ、これは。これなら買って、使いこなせなくても許せる。圧力鍋体験、的なことができる。ということで、こちらパール金属 クイックエコ三層底切り替え式圧力鍋 3.5L4,000円をちょっと切るお値段。安い。

 

パール金属と言えば、新潟は三条市にある昔からの金属加工屋。新潟三条市と言えば、ステンレス製品のメッカですよ。そこの一流企業。今はパイレックスやコレールといったキッチンウェアの代理店もしつつ、アウトドアブランド、キャプテンスタッグも作ってる、日本の大企業でありますよ、うん。キャプテンスタッグ、はアウトドアブランドとしては、うーん、ちょっと一流にはなり損ねてる感はありますけどな。ホームセンターで扱ってるアウトドアブランド、って感じっすかね。同じ新潟三条市にあるスノーピークやユニフレームほどのブランド力はもってないですけど、ファミリー層が気軽に買えるって意味では、悪くない。

 

ともかく、パール金属なら安くても安心できる。実際、ネットで調べても消耗部品がちゃんと売ってる。こういうところも安心できます。お値段の高いフィスラーなんかの方が高い圧力をかけられるとかなんとからしいですけど、圧力鍋初心者にはそこはいいでしょ、と。安心して使うことができて、デザインがシンプルで美しく、安い。これは買おう!ということにいたしました。

 

で。Pa120014ねえ。思ったことを箇条書き的につらつらと。

使い方わかんねええ。説明書見ないと何をどうしたらいいのか、わかんねええ。

説明書見ても、パーツとか多くて、意外と面倒くさい。

使い始めても、これであってるのかどうか心配になり、爆発するんじゃないかと。

使い終わった後の片づけ方がよくわからんん。

超速く出来上がるかと思ったら、普通に速いくらいだわ。

煮詰まらないから、水分始めからかなり少なめでぇ。てか、野菜多い料理だと、野菜から出る水分で、むしろ水が増えるので薄まる。

圧力上がるまで見てなきゃなんないので、なんか手が離せない感がありぃ。

 

でもまあ、説明書を見ながらゆっくりやってくと、そんな難しいもんではないです。ふたの部分、圧力をコントロールする部分の構造が複雑な分、お手入れは面倒くさいです。圧力弁自体は取り外せても、その中、ふたの裏側がよく洗えない。しかも、食洗機にも対応してないので、適当に洗剤ぶっかけて、届く範囲でブラシをかけて、よく水を流し、洗えたことにする、という思い切りが必要です。これ、何年か使ったら、汚れが溜まるよなあ、という心配はあります。

 

これがパール金属固有の問題か、圧力鍋という構造的に複雑な製品一般の問題であるかは、圧力鍋初心者の私にはわかりませぬ。

 

とりあえず使い方守っていれば、爆発しそうな雰囲気はないです。そりゃそうだわね。そんな簡単に爆発したら、製品として成り立たないわ。特にこのご時世。

 

すんげえ旨いもんができるか、ってえと、うーんと、やっぱり鍋なので、鍋でできる料理は同じようにできる、ってか、圧力鍋でしかできないって料理はたぶんないね。やっぱり最大の特徴は時短。そこをうまく生かせるかどうかっちゅう話です

 

Img_1377Img_1364試しにすね肉を使ったカレー、モツ煮、豚の角煮、ビーフシチューなどを作ってみましたが、食う分には圧力なべのせいでどうこうしてるということはもちろんなく、あえて言えば、なんでもかんでもぶち込んで、加熱して、加圧された状態を一定時間保持し、火を止めて自然冷却しつつ圧が下がるのを待つ間に味がしみ込んで行く、という、うーんちょっと料理としての繊細さがないっちゅうか、なんかごった煮を作ってるような気がして、充実感がいまいちだったりするわけです。

 

料理って奥が深いね

2013年9月18日 (水)

カツカレーを食しながら明治に思いを馳せる 富岡製糸場と高田食堂と新洋亭

こういう時代、こういう国に住んでおりますと、ついつい当たり前になっておりますが、世界はまだまだ平和でも平等でもありません。もちろん今の日本にも格差は確実に存在しておりますし、その中で申せば、私などは明らかに富裕階級、知識階級であるのでしょう。実感はありませんが、その中にいると、それが当たり前になってしまうのですな。

江戸時代がエコな時代であった、というのは真実です。家の中にあるぼろ布、紙屑、ひび割れた鍋、全てのものが何度もリサイクルして使い続けられました。屎尿ですら肥料として活用されておったのですから、ゴミなどというものがほとんど存在しなかった。

素晴らしい時代ですなあ。我々もエネルギーなどに頼らず、江戸時代のような暮らしをすべきです。

嘘です。江戸時代のリサイクルが成り立っていたのは、人々がどん底の貧乏だったからです。人件費も極端に安いから、紙屑を拾って歩いてそれを売った僅かな金を得るような仕事が成り立つ。それで生活するしかない。人々の収入からすると、布が高価で買えないから、あるものをとことんまで使うしかない。化学肥料のようなものがないから、屎尿を使うしかなく、それを買って田畑を作るしかない。病気になっても治療の手立てがないから、医療費がかからない。何日か患うと、コロリと逝ってしまう。

明治維新、というのは、いろいろなとらえ方がありまして、私などはずいぶんと司馬史観に影響されていると思いますが、要するに、貧乏で貧乏でしょうがない時代からなんとか豊かになろう、とした足掻きのようなものであったのだろうと思います。

貧乏でしょうがない暮らしを豊かにしようと、国を挙げてたくさんの人が必死に頑張っておりました。その一つが工業化でありますが、技術も金も、何の土台もないところに個人が工業を立ち上げられるものではありません。国策として、当時唯一諸外国に売れるもの、生糸の生産を始めるための工場を立ち上げました。それが富岡製糸場であります。この工場の立ち上げには、日本資本主義の父とも呼ばれる渋沢栄一氏も官僚として深くかかわり、日本における工場の在り方の理想を実現したものであります。らしいです。

ということで、この富岡製糸場を世界遺産に登録すべく、群馬県始め富岡市がご尽力されているところでありますが、こういう文化遺産というものは、その歴史的背景を知らなければ面白味は半減します。自然遺産の場合は、見ただけで、凄いねえという言葉が出てきますが、文化遺産は、ふーんってなもんです。

以前、台湾に行ったとき、故宮博物館という巨大な博物館を見学させていただきましたが、まだ中国史に興味を持つ前だったので、ほとんど意味が分からず、ふーんと思って帰ってきました。もったいないことをしたなあ。と、思います。まあ、今でも三国志以上のことはわからんわけですが。

20130914_150236_p9140005で。なぜに富岡製糸場。うん。富岡行ったからですね。コテージを使ったキャンプです。うーん。富岡市の近くのキャンプ場のコテージを借りました。なんもく村自然公園というところですが。まあ、テントがないと楽なこと。実は2泊3日の予定で出かけたのですが、台風18号が来たせいで、1泊だけで撤収。しかも1日目から雨だったので、ずっとコテージの中で過ごさざるを得ず、晩ご飯もコテージの中。こうなるともう、何がキャンプか、ということが見えなくなりますな。

テントなら不便を楽しむ、という側面も確かにありますが、コテージ泊だと、外で飯が食えないなら、あばら家で雨をしのいで夜を過ごしただけ、という情けない1日。それでも雨がしのげるだけいい、濡れたテントを乾かさなくてもいいだけマシ、設営と撤収も簡単で、台風撤退の決断もすぐにできる。

うーん。でも、つまらんなあ。テントだと雨はツラい反面、楽しみでもあるんだよなあ。まあ、しかし、しょうがないんでしょう。これもまた歳をとるということです。

ということで、外飯。コテージの中でたき火もできず、貧相な食事をしていても楽しいことなど一切ないのでね。キャンプ場に行く途中と、帰りの昼飯を富岡市で食います。

20130915_112307_p9150007食べログで検索っと。としますと、なぜかカツカレー。まあ、カツカレー好きですけどね。高田食堂、という富岡製糸場のすぐ近くのお店。キャンプ場に行くまで時間もあるし、富岡市から先は飯を食える場所があるかどうかわかりません。キャンプ場ってのは自然の中にあるもんですから、多くのキャンプ場は近所にスーパーすらない、コンビニもないってことになります。

で。富岡製糸場を見学して、冒頭の話ね。それから高田食堂を目指します。富岡製糸場のそばには大きな市営駐車場がいくつも整備されております。富岡市と群馬県のやる気を感じます。街並みもきれいです。人は、少ないです。それが台風のせいなのか、普段からなのかはよくわかりませんが、富岡製糸場を世界遺産に相応しい場とするべく、町の人々が努力しておられることがよくわかります。

20130914_121650_p9140003が、肝心の高田食堂につきますと、これが臨時休業で、切ないことこの上ない。で、同じく食べログで検索した「やっちゃんギョーザ」を目指したわけですが、ここも開いてない。3連休の1日目なんですけどねえ。更にナビる。と、さっきいた富岡製糸場のすぐそばに、「新洋亭」という洋食屋さんがあります。高田食堂で頭の中がカレーになっていたので、迷うことなく行きます。

こちら。町の洋食屋さん。駐車場も自前で6台くらい停められます。ありがたい。市営の駐車場まで戻らなくても済む。で、メニューを見る。やはりカツカレーが目に飛び込む。奥さんは、かつ丼。どうも様子を観ると、この辺りはソースかつ丼っぽい。奥さんはソースかつ丼好きです。しかも、ここは女性向にカツを3枚から2枚に減らしたヘルシーなかつ丼もご用意くださっています。

20130914_115830_p9140001そして、これがカツカレー。見事なまでに黄色い。かつてないほど黄色い。言っておきますが、この写真の10倍くらい実物は黄色い。ある意味、カレーを超越して黄色い。現代のカレーではないです。これは、あれですね。小麦粉炒めて、ターメリックぶち込んで、そのほかの色の強いスパイスはできるだけ控えて、作っておられるのですかね。うまくない。んだったら、これは許せないですけど、これ、旨いですよ。小麦粉のドロリとしたカレーソースが、時間と共に表面に膜を作っていきます。これはまさしく日本が生んだカレーの典型、インド式でも英国式でもなく、まぎれもなく日式であります。

ポークカレーであります。カツカレーであるにもかかわらず、そんなことを気にせず、ポークの塊がゴロゴロ入っております。カツカレーのカツは個人的には薄いほうが好きです。ここのカツは、私の好みより少し厚い。普通のカツドンに使うようなカツであります。こういう場合は、半分くらいカレーを食した後、カレーソースのかかってない部分だけを取り出して、ウスターソースをかけて、一部をカツライスとして楽しむ、というのが常套手段であります。これはこれで旨い。

辛さは、いわゆる中辛程度。私の好みより遥かに低いレベルであります。ちなみにココイチのカレーで言うと、普段は10辛を普通に食べております。ですので、辛さという点では全く物足りません。が、日式カレーであれば、これはこれで旨い。日式カレーで辛さを追い求めると、バランスを崩しがちでありますのでな。

いやはや、このカツカレーは、そうはないぞ。と強烈な印象を印象を残すカレーでありました。

そして、翌日。臨時していた高田食堂に電話をして、開店していることを確かめます。二日続けてカツカレーであります。昨日の新洋亭が強烈な印象を残すカレーでありましたので、きっとまた強烈に黄色いカツカレーが出てくるのではないか、と期待して訪れました。黄色いカツカレー=富岡カレーと言ってもいいのではないか。これを一大ブランドとして、富岡製糸場と共に立ち上げるべきではないか、などと妄想しつつ。

台風の先触れの雨が時折激しく降りつける中、高田食堂再訪であります。新洋亭が洋食屋さんであったのに対し、高田食堂は、食堂風であります。やはりネーミングって大事だね。つうか店のコンセプトか。うん。なるほど。

20130915_114137_p9150011そして髙田食堂のカツカレー。こう来たか。なるほど。こう来たか。

色が全く違いますな。今風の濃いカレー色であります。SBフォンドボーカレーのような濃い色です。ありきたりの色であります。ふむむ。で、カツ全体をカレーソースが覆っています。新洋亭と対照的ですな。

食わねば。このソースの色からして、ビーフカレーソース風でありますが、まぎれもなくポークカレー。なぜならば、新洋亭と同じく、ポークの塊がゴロゴロ入っているからです。また、新洋亭と同じくドロリとした食感。これもまぎれもなく、小麦粉から炒めたソースでありますな。ハウスバーモンドカレーとは違う。いや、バーモンドカレー旨いですよ。間違いなく。ただ、どこでもいつでも旨い。ファミレスやファストフードと同じで、それは美点なんです。大量販売で味がぶれるのはあってはいけない。

けれども、個人店は個性が命。この店でなら、この店でしか、というクセが絶対に必要なんですな。

で、高田食堂。新洋亭より少し辛めですが、心もち程度です。ただ、しつこいようですが私、ココイチ10辛男ですんで物差しが信用できないです。カツは、ここはひょっとして合わせ肉、というか最近流行りだしているミルフィーユとんかつ?ですかね。奥さんの指摘です。私は、よくわからんです。うまうまと食っておりましたんで。

新洋亭よりスパイスが複雑で、腰があります。新洋亭のストレートさもいい。髙田食堂の複雑さもいい。どちらも伝統と時代に合わせた工夫を重ねてきた、個性があります。富岡市、侮るなかれ。明治の志士の志、ここに残れり、のごとき古くて新しい街づくりにご努力なさっておりますぞ。

世界遺産になって、大混雑する前にゆっくりと訪れるのもよいのではないかと思います。

2013年8月 3日 (土)

プジョー ペッパーミル エリスセンス はかっちょいいけど重いぞ 覚悟しろ

20130727_190043_p1050255_3腹減ったなあ。

と、常に思う今日この頃。でもね。週に一日は解放日を作る。これ、ダイエットの基本の一つ。モチベーションの低下と、リバウンドを避けるために、好きなものを食っていいよ、という日を、週に一日作る。ここを楽しみに、毎日の空腹に耐える、という算段であります。が。土日と休めてしまう週などは、ついつい2日を解放してしまいがちです。これ、元の木阿弥。5日耐えた意味が崩壊します。1日だと、翌週の3日目からは、またマイナスに転じるんですが、2日解放して摂取したカロリーは、翌週末まで持ち越します。

飲んでいいのは1日だけ。これを守ること。いやなに、自分に言い聞かせているだけです。

さて。料理です。当然、調味料を使います。「さしすせそ」ですね。こんだけなら楽なんですけどねえ。今やそうもいかない。逆を言えば、「さしすせそ」の時代より、ずっと楽しみも増えたんですけどね。だいたい、日本でパクチーとか食う時代が来るかよ、と思いましたね。

パクチーは調味料じゃない。でも、コリアンダーになると香辛料になる。ちょっと待てよ。胡椒は香辛料だよな、間違いなく。塩胡椒と振るときは、調味料と香辛料と合わせてるってことですね。待てよ。ラー油は調味料か?というか、油は違う。唐辛子はスパイスだね。ラー油はスパイスかなあ。調味料って気がしませんか。まあ、その辺りは、別にこだわっていないんですが。

あ。こないだ若い栄養士に教わりました。イチゴは果物である。○か×か。

正解は×です。果物と野菜の違いは、草か樹木かの違いだそうです。1年性の草であるイチゴは野菜です。たまたま甘いだけで。当然、スイカもバナナも野菜です。「果樹園」っていうじゃないですか、なに当たり前のことを言ってんですか、って頭ごなしに20代の女の子に言われました。知るかっ。イチゴやパイン、メロンも野菜だってのかっ。そうですよ、と平然と言い返されました。

まあねえ。トマトは野菜。それはわかるんですけどねえ。

違う。調味料と香辛料の話だ。ニョクマムは調味料。サンバルも調味料、バジルは香草、だけどドライバジルはスパイス。たぶん。栄養士に聞くと馬鹿にされるので、もう聞かない。

20130727_143951_p1050247さて。ということで香辛料にしろ、調味料にしろ、昔と違っていろいろ増えました。だもんで、引出の中もいろいろ入ってます。今回、リフォームに当たって、このスパイス棚をオプションで付けるかどうかも、結構悩んだんですけどね。結論から言うと、付けて正解。けっこう便利です。

一時置きの引き下し棚、これもいい。特に、猫のいる家は。猫、手と口を出しますからね。文字通りの意味で。まあ、ここに置いても出すときは出すんですが、ちょっとは出しづらいみたいで、調理途中の食べ物を一時置くのに便利です。

で。胡椒。昔はやはり同じように缶や瓶に入った胡椒を使ってましたが、まあそれはそれでいいんですけど、料理を彩るのに使うには、ミルで挽いたばかりの黒胡椒が色づきが良いですわ。そこで、ペッパーミル、つまり胡椒挽きを使うわけです。

20130721_071234_p7210028これでガリガリと。その、なんつうか手首をひねってフライパンに胡椒を振り入れるっ痛行為が、料理してる感を限りなく高めてくれますよね。うん。これはこれで良し。

ただ、たまに困る。牛肉や鶏肉を焼く前に、塩胡椒したいってときは、直前まで手は肉を触ってますわ。鶏肉の皮の裏に着いた黄色い脂をとった後、手を洗います。洗って、胡椒を挽いて振ります。ここ。振った後、裏返さなきゃならない。し。手でたたいて馴染ませたい。馴染ませた後、胡椒を更に振りたい。と思ったとき、手には鳥の脂が…。また洗うのもよいけれど、手を洗って胡椒を振って、更にその後、肉を裏返し、手を洗い、胡椒を挽き、という、この繰り返しがとても面倒。です。

ああ。そう言えば、私には布巾の使い方がよくわからないです。調理中に手を拭くタオルも、よくわからない。いや、普段なら使いますよ。普通に。ただ調理中に手を拭いたタオルやものを拭いた布巾は、水分や汚れを吸ってますよね。それを再度使うってのは、衛生的にどうなんだ、と感じてしまうのです。しかし、使わざるを得ないですよねえ。で、結論として、ペーパータオルをどんどん使う、はなはだ環境によろしくない行為に走っております。

それはともかく。肉を触った後、手を洗ってペッパーミルを両手で挽いて、となると、とても面倒。そこで電動ペッパーミル。これがあれば、右手で肉を触り、左手で胡椒を挽くことができるでしょう。手を洗う手間が激減、というほどでもないけど、減ります。

電動ペッパーミル、欲しいなあ。「男子ご飯」で心平ちゃんも使ってるしなあ。しかし、あのモアイの形をしたミルが欲しいわけではないですよ。

ということで、電動ミルを探し始めました。ところがです。電動ミル屋さんってないですよね。そんなコアなお店は見たことがない。スーパーでは売ってないし、もちろんホームセンターにもない。私の知る限りでは、デパートくらいのもんですよ。まあ、そりゃ市民が毎日買いするようなものではないですからね。

20130721_065526_p7210023やっぱり、ここはネットだろう。というか選択肢がそれくらいしかない。そうしますとね、世の中にペッパーミルは数あれど、最強の選択肢は、プジョーなんだそうな。はい。あの車を作ってるプジョー。ここが最強メーカーらしいです。安いもんはすぐダメになる。思い通りの大きさに挽けない。詰まる。プジョー最強。その最強プジョーの中で、最高電動ミルがエリスセンス。何が最高か。お値段。つっても1万円くらいのもんですよ。1万円で1番いいのが買えるなら買っとけ。そういうことでしたわよね。わたし的な主張としては。

2番目のものとか、ついつい選びたくなるんだなあ。特上、上、並、とあったら、いやいや特上は贅沢だろう、でもまあちょっとだけ贅沢して上かなあ、と選んでしまう心境、これです。ウナギや鮨なら、このラインが一番、お店的にも効率がいいらしいですな。そういう心情を理解した設定です。これが、上、中、下と書かれていたら、下を頼む根性の人はまずいないでしょうし、中もなあ。と思ってしまう。上ばかりが売れてしまうが、上は、実はお店的には見せ物的な設定であり、多少の無理をしておりますので、あまり売れすぎると困る。それ故に、特上、上、並、なんですよ。

また何の話かわからなくなる。鮨と鰻とかつ丼と、なら上でいいが、道具なら特上を買っておけ。ただし民生用限定の話ね。業務用はもっと高いのがあるでしょうが、民生用と業務用の違いは、概ね耐久性にどれだけコストをかけるか、って話になりますんで、一般人からすれば無駄なコストです。

エリスセンスだ。えっとね。重いぞ。これ。何しろ単四電池が6本も入る。入ってない状態で重いのに、電池が入るとさらに重い。これ、女性が軽く使える重さではないです。いや、女性にもよりますけど。NHKニュース9に出てる気象予報士、井田寛子さんには持たせられないぞ、と思うくらい、重い。でも、オフィシャルサイトに料理が趣味って書いてあったから、使っているかもなあ。大きなお世話です。

20130727_144033_p1050251見た目がソリッドな感じが好きですね。掃除もしやすそう、つうかさっと拭くときに、凸凹がないから、きれいにしやすい。スイッチは、タッチセンサー式です。ペットボトルを親指と薬指、小指で挟んだ状態で、ボトルの蓋を人差し指で軽くタッチ。それでスイッチオンです。握っただけでは動かないし、トップを触っただけでも動かない。誤動作しづらい。

でもない。このフォームを指がとっているときは、指を意識して反らしている状態ですよね。普通、指は軽く閉じようとします。無意識的にペッパーミルを持ち続けていると、自然と人差し指が下りてきて、うぉっ、動いた。ってことがあります。

20130721_071508_p7210032料理中の食材に胡椒を振るときに、食材に手の影が当たって、どのくらい胡椒が振られているか見えないことがあります。そこで、エリスセンスは、動作中にライトが点きます。旧型は豆電球だったらしく、時々切れてしまうことがあったそうですが、原行品はLEDになってます。それはいい。ただねえ。すっげえブルー、青色LEDです。なぜこの色を選んだ?鶏肉に当てると、すっげえ気持ち悪い肉色になります。胡椒の載り具合が見えやすいわけでもない。白色LEDにできなかったのかなあ、と疑問です。

重いだけでなく、でかいので、スパイスラックには入りません。その代わり、置台がついています。ここに置くと、削りカスも周りに散らないので、素敵ですね。んー。つまりはある程度、キッチンにスペースがあり片付いてないと、置き場に困る。ちゅうことです。ウチはいいんですけどねぇ。ほらぁ。こないだぁ、リフォームしてぇ、広々なんでぇ。平気なんですけどぉ。

猫が倒します。

ちなみに、どうせならペッパーミルとソルトミルを並べようかと購入しかかりましたが、よくよく考えたら、岩塩を削って使う、までのことはしませんわ。普通に荒塩を振れればいい、ということで、見送りました。南仏産の岩塩だろうが、アルプスの岩塩だろうが、わからんよ、どのみち。ということで。

ああ、腹が減った。

2013年7月21日 (日)

ラバーゼ ステンレス製水切りカゴ スリム  実は身体もスリムになったんだぜえ

20130403_215308_p403004280日で8㎏痩せれば文句あるまい。

何なんでしょうなあ。なぜ痩せねばならんのか。もはや明白な理由などないのでありますよ。実は。痩せて恰好良かったのは、30代くらいまで。歳を取ると格好いいかどうかなんて、関係なくなるのです。いわゆる枯れる、という状態でありますな。人がどう見てるか気にしなくなる。どうせ老い先短いこの体、なんの気にすることなどあろうか、と。

世の中のおっちゃん、おばちゃんが肉付きよく、また服装もゆるゆるとしていくのは、そういうことなんでありましょうなあ。

いかんいかん。こないだ奥さんに叱られました。職に相応しい恰好というものがあるんだから、そんな小汚い靴を履いていちゃダメだ、と。あーんまり靴とか服とかに興味がないんだなあ。いや、いかんのはわかってます。一寸の虫にも五分の魂。うーんちょっと違う。武士は食わねど高楊枝。これも違うなあ。つまりなんだ、人間の尊厳っちゅうもんを失ってはいかん、ということです。

でも。休みの日に髭を剃るのは、やっぱり面倒くさい。何の話だ。うん。痩せる話ね。いやまあ、本当にネタにすべきは別件だけど、とりあえずそこから入らせてください。痩せても太っても、年寄りの裸体は、エクザイルみたいにはならんなあ。もともとの身体素養が違う上に、体を鍛え上げるのが仕事の人と同列化すること自体に無理がある。ですね。

では、なぜ痩せるか。こんなにおなかが空いて苦しいのに。日々空腹と闘うのはなぜか。その原動力がなければ続かないでしょう。ロードバイクです。ヒルクライムです。マウンテンサイクリングin乗鞍。自転車にさえ乗っていれば、じじ臭い白髪頭はヘルメットで隠せます。目尻のしわもサングラスで隠れます。ただ体型は隠せません。ってかむしろロードバイク用のジャージでは露わになります。ヤバい。痩せねば。このポッコリとした腹部を凹ませなければ、みっともない。みっともない、という意識こそ人間の尊厳であります。これを大切にせねばなりません。

一説に、ヒルクライムレースでは体重1㎏削れば、1分速くなる、と申します。
嘘ですな。だいたい前提条件も何もないそんな戯言、というより、それが真実であるのは、極限まで身体能力を絞り上げるレベルになっての話です。週末ローディな人間は、それよりもモチベーションで動く部分の方がはるかに大きい。実際問題として私、ゴールデンウィーク明けから8㎏落としましたが、8分速くなってないですもん。遅くもなってないですが。

このレベルのロード乗りでは、問題にならんです。ロードバイクは機材スポーツである。それは正しいですが、あるレベル以上のちゃんとしたロードバイクに乗っていれば、そっから先は、身体能力そのものの話です。サドルを何グラム軽量化したから速くなる、ホイールを何十グラム軽くしたから速くなる、そういう話ではないですな。

で。体重を落とすのは速さのためではない。見てくれのためである。と。断言する。うん。断言しちゃうぞ。だってねえ。どんな世界にも階層がある。それはもう厳然たる事実です。ロードバイク乗りにおいては、腹が出ているという段階で、既に下層階級です。いや、周りがどう見ようといいじゃねえか、てめえの趣味でやってんだろう、人目を気にしてどうなるんだよ、という論も正しい。です。でもねえ。だからこそ、見てくれ程度は、多少はマシと思われたい。そういうプライドも大事じゃないですか。うん。

正月に5㎏太ります。正月明けに3㎏落とします。G.W.に3㎏太ります。結果、来年のG.W.明けには今より5㎏太っています。毎年そうなんだから、そういうもんだと諦めるしかない。ダイエット本を出したタレントの皆さんは、ほぼ100%(当社比)、撮影が終わればリバウンドしてます。そういうもんだわ。基本、体質。後は努力。努力は根性が切れると終わる。それでよし。そういうもんです。

飯をちゃんと食って、酒を飲んでたら、痩せませんよ。生きていくギリギリまで食事を減らす、くらいの覚悟はいります。飢餓に耐える、ちゅうかね。先週のような飯を、毎日作っていたら、痩せるわけがない。

しかし。おっちゃんのスリム化ではブログに写真を上げるわけにはいかない。なんかブログのネタをと思った時に、とりあえずお伝えするものは、ということで、インテリア、というかキッチン用品のスリムネタで。

20130406_080157_p4060056水切り籠、であります。そんだけのもの。こーんなもの、ねえ。なんだっていいじゃねえか、という考え方もひとつ。それ以前に、きれいにしたばかりのキッチンに、水切り籠なんか置きたくないよ、って考え方が一つ。あります。でも、現実問題として水切り籠は必要です。

全ての鍋や食器をまとめて食洗機で洗えるなら、水切り籠はいらないのかもしれない。でも、無理ですね。私は、調理を始める前に、食洗機の中、シンクの中を全て綺麗にしてからでないと気が済まない。この時に、これから使おうってボウルがシンクにあったら、それをわざわざ食洗機で洗うか。洗うわけがない。食洗機と洗濯機、最近のものは一度動かしたら1時間くらいは、止まるまでかかる。それくらいなら、ちゃっちゃと洗う。現実的な解決方法です。

で、洗ったボウルをすぐ拭けばよい、のだけれども。ボウルの横に猫の食器があったら、これも洗うでしょう。一つ洗って一つ拭き、片づけて、なんてするわきゃあない。洗ったものを一旦置いて、洗い終わった後でまとめて拭いて、片づける。そういうもんですわねえ。置き場は、やっぱり必要なんです。

で。水切り籠。なんでもええやん。サイズさえ合えば。適当に、そこらのホームセンターで買えばええやん。とか思ったりもしたんですがねえ。せっかくキッチンがきれいになったんだから、それなりに質感のいいものを、と探し始めました。するとですねえ。こんなもんでも意外に違うもんなんです。

まずかご部分のワイヤーの質自体。安いものはステンレスでも細いし、接合部もきれいではない。ちょっと揺さぶるとがたつきがあります。強度が不足していることもあるでしょうし、仕上げ自体のコストを節約していることもある。何より、ホームセンターで探すと、意外とサイズがない。

そういう時にこそ、広大無辺のネットの海に潜ろう。と。いうことで。評判の良かったのがこれ。ラバーゼ ステンレス製水切りカゴ スリム。約1万円。お高い。うむ。ただ、こういう実用品のお高いものは、それなりの価値をもっていることが多い。です。多い。うん。無駄に高いものもある。というか、高い値段をつけることで高価値のものであると錯覚させ、売りつけるという手法もあります。

20130406_080251_p4060061これは、どっちかなあ。微妙。いや、物自体はいいんですよ。確かに。高品質であります。ステンレスの棒も適度に太く、皿を立てかけても妙なたわみもなく、しっかりとしています。水が落ちた後も、下の水受けに撥水処理をしているせいで、溜まることなくシンクに流れていきますので、カビが生えるようなこともありません。ほとんどメンテナンスをしなくても綺麗なままです。

ここらへんは価格なりの価値をもっているのではないか、と思うところですね。ハッタリで商売やってんじゃねーの、と思うところは、梱包です。かご一つを、なんかブランドバッグに使うようなしっかりとした黒の不織布の袋に包んでいます。この袋は、二度とは使わないものですよね。持ち運びをしたり、引っ越しの時に収め直して運んだりする、というものではないです。

これ、ジャンルこそ違うものの、DUSON D1+とかD600とかの梱包に通じるところがあります。

20130403_214401_p4030040まあ、この梱包を簡易にしても数十円くらいの節約にしかならないのでしょう。それくらいなら高級感を演出して、気持ちよく使ってもらう、という考え方もあるでしょうな。確かに。しかし。無駄には違いない。これを捨てるのが、なんかイヤ。無駄にごみを出している感が。いや。

まあ、そこんとこさえ乗り越えられれば、良い製品です。こういうものもねえ、いいものを買えば、20年くらい、使えちゃったりするんですよ。たぶん引っ越すまで使います。20年か30年、きれいだなあって思いながら使える。そう思えばねえ、高くもないか。とりあえず、実用品はいいもの買っとけ。そういうことです。

2013年7月14日 (日)

皿だ 皿だ 皿の話をしようじゃないか

こないだね。

夏野菜の冷製カペリーニを作ったんです。さっと茹でたオクラ、湯剥き下したトマト、ナス、パプリカ、胡瓜をそれぞれ1㎝角くらいに切りそろえまして、軽く塩をふりまして。そこに、少し柔らかめに茹で上げたカペリーニを冷水でしめて、少しオリーブオイルを塩を加えて、和えます。まるで夏の宝石箱や~。

すっげえ評判悪かったです。

素麺を生野菜で食わされているみたいだ、と。そうねえ。

実は自分でもちょっとそう思っていた。んですけど。綺麗だから作ってみたかったんですよ。夏だし。思い浮かべてみて。夏の野菜がすっきりと冷たいパスタと絡んで、ほら、やっぱり綺麗だ。写真、撮らなかったし、もう二度と作らないから。「美しいパスタ」って本、買って見てみて。ね。だいたいそういうイメージなんだけど。

20130714_160124_p7140035でもね。カペリーニなんつっても、こんだけ細い麺だと、日本人はどうしても素麺をイメージしてしまうんですよ。そういうもんなんですよ。フェットチーネを食うと、きしめん食ってるような気がしてしまう。ペンネやフジッリなんかは、ポテトサラダの具にしか思えないし、ラヴィオリなんかパスタとはどうしても思えない。やっぱりパスタは、日本人ならスパゲッティーニが、一番、「らしい」んじゃねえすかねえ。

もう少し未来の話なら、あるいはもう少し世界が広い人ならイメージが違うんでしょうがね、昭和の頃から、マ・マースパゲッティで育った田舎もんが、今更カペリーニを食おうってのが、そもそも間違っている。とまでは言わない。

けど、イタリアは行ったことがないしなあ。自転車乗りとしても、行ってみたい国です。でもね。この時は、イタリア的に言うと、プリモ・ピアット(主菜第一皿)をこのカペリーニとすると、アンティパスト、前菜ですか。は、真鯛のカルパチョに玉ねぎと茗荷、大葉を細切りにして合わせたサラダ添え、セコンド・ピアット(主菜第二皿)は鶏のローストと夏野菜添えをバルサミコ酢と蜂蜜のソースで。というコース立てだったんですがね。

で。何が言いたいか、というと。はい。アンティパストも評判が悪かったなあ。茗荷と大葉、奥さんが好きなものを合わせたからといって、もっと好きなものとはならない。そりゃあそうだわ。そう簡単な足し算でできるようなもんではないです。

セコンドピアットは、むしろ付け合せの野菜の方が良かった。これねえ。うん、オーブンがある家なら、ローストって結構便利。というか、家はそう。オリーブオイルに白ワインビネガー、塩とバジルを合わせただけのバジルソースで焼いても、かなり美味し。

しかし。手間暇かけた前菜や主菜より、適当に焼いて、半分くらい焦げたようなローストの方が旨い、と言われるのは、内心忸怩たるものがあります。が、自分でもそう思うんだから仕方ない。

ワインは、冷蔵庫に放り込んであったスパークリングワイン、ブリュット、1000円程度のものですが、気軽に飲めておいしい。別に銘柄にはこだわりません。つうか、よくわからん。覚えてられない。冷やして旨ければよし。

20130714_162523_p7140040ウチの中にはワイン蔵があります。こんな感じ。半分くらい猫がつまってます。安いワインばかりですが、中には衝動的に買った1万円くらいの高いのも入ってるんで、そういうのはセコく値段を書いてあります。ワインは、飲んだってわかりません。そんな上品な舌はもっちゃいねえ。わかりません。つうのは、前にもいいました。じゃあわかるのは、何か。ってと、グラスの違いですな。

やはり人間、視覚刺激が一番影響されやすい。視覚情報についで、聴覚情報。ここらへん、脳への働きかけが大きくなるところであります。味覚や嗅覚、触覚なんてのは、情報量では問題にならないです。

普段使いのリーデルのシャンパングラスより、バカラのシャンパングラスを出してきた方が、中身も旨そうに見えます。

つまり、なんだな。見た目でごまかされる可能性が高いっちゃ高いんです。見た目で旨そうに見えたら、脳も旨そうだということを前提に食うから、うまく感じる。店構えだとか、食器の使い方とか。そういうもんでしょ。いい食器を使うと、おいしそうに見えます。とりあえず皿でいうと、無駄なくらい大きいお皿がいい。料理番組で高級フレンチやイタリアンを扱っているのを見ると分かりますが、料理に対して空間が必要なんです。

小料理屋で、カウンターの上に置かれた大鉢に、山盛り料理が入っているのも、確かに旨そうですが、そのまんま食え、と言われたらご辞退申し上げる。そんなに食えん。馬鹿盛り料理が売りの店で、丼に5合くらいの飯を盛り、カツを乗せ、丼からお盆にこぼれるほどの具を乗せるのを見ますが、あれは話題としては面白いですが、美しいかと言われれば、汚い。としか言えないです。

和食器は、難しい。応用が効かない。というよりは、和食器に応用を効かせられるのは、高度な職人さん、芸術家の皆さんの才と呼ぶべきでしょう。和食器一つ一つの個性にあった食をかなえるのは、経験値の低い素人には到底無理。その点は、洋食器、特に白い食器は便利です。とりあえず色味だけを考えて配置すれば、おいしそうに見える。素人なりにね。

色味の考え方としては、赤黄緑を上手く配列すればいい。回りの空間をたっぷり取って。そんだけで、そこそこ上手そうに見えます。アクセントに黒などを使うのも良い。です。同系色を、例えば緑から黄緑、淡い黄色などを合わせていき、ワンポイントなんて考え方もありますが、これは上級者向き。

20130713_171610_p7130024つうことで最近一番多用しているのが、このザ・コンランショップで買った大皿です。径が28cmほどあります。丸皿ですので、同心円状に並べるのを基本にすれば、楽。こんなふうに肉を盛りつけることもあれば、パスタを盛りつけることもあります。

これより更に大きい楕円、長径が36cmほどある ビレロイ&ボッホのお皿も、この頃出番が多いです。

ただ、問題はですな。一応コース立てはしますよ、と。今回で言うと、前菜に豆とウズラ卵のサラダ、プリモをフレッシュバジルとトマトのオムレツ、セコンドは香味鶏と野菜のロースト・前回の反省を込めて焼き時間に気を遣いました、パスタがない分はクルミの入ったライ麦パンを添えました。が。根本的に、コースではない。いや、ドルチェがないとかそういうことでなくて。

20130713_194849_p7130029家で作るってことは、作る人が私だと、食べる人は奥さんしかないわけですよ。コース仕立てにした方が、作る方もタイムラグがあって楽なんですが、レストランじゃないから、一緒に食事をしたいですわね。そうすると、全部を一緒に提供するしかないわけじゃないですか。まあ、普通のご家庭の場合、当たり前の話ですわ。

が。いつも作りながら思うんですが、前菜やスープは前もって作っておけますが、プリモとセコンドは、ほぼ同時に仕上げなきゃならんですよね。これ、大変。で。大皿だと、並べる場所が広くないと無理。更に言えば、テーブルの上に並べたとき、普通のランチョンマットだと並べきれない。そりゃあそうだわ。一番小さい取り皿ですら18cm。22cmくらいの前菜のお皿、28cmの主菜のお皿、36cmの主菜のお皿。4人家族で、こんだけ並べるのは無理。

いくらお皿の上に空間の広がりがあっても、テーブルの上がキツキツだと広がりもクソもない。更に言うと、大皿は重い。当たり前だけど大きい。たぶん、というか絶対、卓上の食洗機には入らないです。ウチはリフォームで、ビルトイン食洗機の深型にしたからできるんであって、浅型なら無理。

20130714_162852_p7140042ただねえ。と、とまた話は飛びますが、この深型の食洗機もそんなに素晴らしいかってえと、一般的には卓上食洗機の方が使いやすいんじゃないか、って思いますよ。まず腰をかがめて下から並べていかなきゃならないし、小さな食器類をたくさん洗いたいときには無駄な空間が多すぎます。以前の食洗機の場合、一番よく使ったのが猫の食器だったんですがね。猫はちょこちょこ食いますんで、汚れた小さな食器が日々大量に出るんです。これらをこまめに洗うのに食洗機が便利だったんですが、そういう小さなものを洗うのには向いてないです。食器の並べ方もそうとう訓練がいります。

一長一短、ですわねえ。シンプルな大皿、大鉢、お勧め。素人向き。とは言え。保管や洗浄では場所も取るし、手間も取る。しっかりとした大物はそれなりにお値段も張ります。でも、子供がたくさんいる若いご夫婦には向かないかってえと、そうでもない。碗プレートのランチなんて使い方をすれば、洗う食器も少なくて済む。安い食器をどんどん買って、どんどん捨てる、なんてのより、いい食器を買って長く使う方が経済的とも言えます。白いシンプルな食器なら飽きも来ないですしね。

一度、ちょっと大きすぎるかなってお皿、買って試してみてくださいな。でも、50cmとか、そんなん買っても知りませんよ。わたしゃ。

より以前の記事一覧