Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー「パソコン・インターネット」の50件の記事

2016年11月 6日 (日)

Twitterに誘われてロングライドに行ってみたよ Twitter入門講座

この頃、結構自転車熱が再燃している気配があり、割と乗ってます。

ご存知の方もいるでしょうが、この夏にヒルクライム用バイクBMC SLR01というスペシャルなお気に入りロードバイクを壊しました。まあね、いいんです。怪我も大したことない(当社比)だし、BMCが壊れても、DE ROSA NUOVO CLASSICOという素敵なバイクがある。

 

別にねBMCが85万円しようが、2ヶ月バイクに乗れなかろうが、ええ、ええ、いいんです。命があるんですから。そうは思うんですけどお。凹んでいたのは事実です。元々ね、去年これまでの中でベストと言えるほど体調を整えて挑んだマウンテンサイクリングin 乗鞍が豪雨のためDNSした、そこから凹みっぱなしで、言わばだめ押しをされた感があります。

 

20161106_174314_2 ところがですねえ。去年の暮れからTwitterというものを始めた。Twitterというものは、ネット上にダダ流れする文字通りの呟きです。それ自体、こちらに飛び込んでくるものではありませんし、どこかのサイトを見るように、Twitterのサイトを見れば書き込みが見られるというものではありません。

 

気になる語句を、検索機能を使って探すと、そのキーワードを含む書き込みが検索される。そこには、その呟きをした人が書いた簡単な自己紹介的なコメントと、これまでのその人の呟きが現れる。それを見てですね。この人のコメントには興味が持てる、という方を登録するわけです。これをフォローする、と言います。

 

相手の人には、私がフォローしたことが通知されます。ここからはTwitterの一般儀礼も含まれるのですが、相手が一般人の場合、社交辞令的に相手も私をフォローしてくれます。

 

20161106_173832_2 この状態でそれぞれが呟きと言われるコメントが時系列順に現れるようになるのです。これをタイムラインTLと言うようですな。ふむ。こうして、私の場合は「ロードバイク」だとか「ヒルクライム」だとか「MT—07」辺りのキーワードかで出た方々をフォローして行ったわけです。

フォローした方のコメントが面白ければ❤「いいね」を押したり、コメントをつけたりしますわね。この段階で、お互いにコメントが愉快でなければ、フォローをさせないようにブロックしたり、フォローを外したりすることができる、と。

 

まあこういう流れで、Twitterのフォロー、フォロワー(フォローしてくれる人)が増えていくわけです。

 

あ、ただし。こちらがフォローしたわけでもないコメントが度々現れます。これは無料で使えるTwitterの経済的要件、広告みたいなもんです。別に個別に狙い撃ちしてくるわけではないようですが、一応、コメントやフォロワーの内容から、ある程度興味を持ちそうな分野の広告が入ってきてる気がします。

 

でだね。ロングライドの話に戻りたいんですがね。

 

でだね。自転車に乗る意欲が薄れていた私ですが、このTwitterのタイムラインに流れてくるコメント、とんでもない自転車バカの人たちが多いんです。そりゃそうだ、そういう人をフォローしてるんだもの。そりゃあもう1日中朝から晩まで延々と坂を登っているような人がいるわけです。一人とは言わず、何人も。そうするとですね、世界中があたかもみんな自転車に乗っていて、そのことごとくがバカのように自転車に乗っている、ような錯覚が起きます。

 

加えて言えば、100kmやそこら走るのは別にね当たり前のことであって、自転車に乗るとか乗らないとかではなく、空気を吸うように自転車に乗っていて当たり前だろう、と思い込んでしまいます。

 

錯覚です。

 

普通の人は、出張に自転車持って行ったりしませんし、普通の人は徹夜して仕事をした後、100km以上、それも坂道ばかり登ったりしません。朝起きるなりローラー台に乗って、その後走りに行って、夜もローラー台に乗るとか、普通の人はしません。ところがTLだけ追っていると、だんだんとそれが普通になってきます。なぜならば。普通が普通でないかは、要するに多数決の問題であるからであります。

 

でだね。ロングライドの話に戻りたいんですがね。

 

走ろう。と思っちゃったわけです。これまではずっとBMCに乗って、同じ坂道を何秒記録を短縮するか、ということだけに視点を置いていたわけですが、TLで呟いているみなさんは所構わず走ってらっしゃる。迷っていたりもします。そうか、と。そういう走り方もあるのかと。自転車に乗って6年くらいは経っていますが、ひたすら追い込む走りだけをしてきました。

 

同じ風景の中を、飽きずに何百回も走り込んでいました。で。飽きた。

ふむ。知らないところを走っていいのか。走ろう。そういうことになったわけです。

 

で。どこを走るにしても、TwitterのTL見てると出てくるワードがある。奥多摩、とか風張峠とか和田峠とか渋峠とか子の権現とか。子の権現は知ってます。割と近所なのでずいぶん昔に走ったことがありますが、前輪が浮いてひっくり返りそうになります。まあ近所だし、今回は外そう。

 

20161106_180004_2 ということで、奥多摩周遊道路を目指します。ここも近いっちゃ近いんで、車で行ったことはあるので、なんとなくの地理感もあるし。ただねえ、奥多摩周遊道路、トンネルがやたらと多かった気がする。トンネルは、特に自転車に乗るのは怖えスよ。やっぱ暗くて、路面の状態も確認しづらいし、車が追い抜いていくときの風圧が半端ない。嫌ですよう。みんなどうしているのかしら。

 

そこでTwitterですよ。Twitterにはアンケート機能がありまして、三択とか四択とかの選択肢で選べるようにすると、ポチッと押すだけで回答ができる、という機能。これを使えば、みんなが回答してくれるはず。うん、他の人のアンケートもたくさん回答が集まっていたよなあ。

 

ということで、3択で質問。トンネルの多い道を①迂回路、②根性で、③そんなにトンネルなかった、で答えてもらおう。うん。

 

ところがね。問題が発生。そもそも回答してくれるフォロワーさんがほとんどいない。100人いないんですもの。そのうち自転車乗りは半分かな。更に言うと、関東の方はもっと少ない。かつ、そもそも人気の方はいちいち回答なんかしない。人気のある方のアンケートには回答が集まりますが、庶民のアンケートにはそうそう回答がないんです。

 

ということで、回答数1名。根性で通る、という結果に。100%の方が根性で通るということになりました。これはねえ、根性で行きます。というところで、今回のお話は終わり。オートバイの話も中途半端だけどね。まあ回答1名のTwitterとブログなんで、いいやね。

 

あ、でもね。このブログ、あと1ヶ月で10年になるんですぜ。だからなんだ、って話ですけどね。

2014年12月 7日 (日)

PC周り小ネタを二つ 

AP5080020nker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載

最近はねえ、何でもかんでもACアダプタを使ったUSB給電です。いや、まあPC周り限定ですけどね。小物ってか。そりゃまあ仕方ない。家庭用100W電源から小物用の充電をしようと思ったら、いちいちACアダプタを使わなきゃならない。もう邪魔くさくて仕方がない。それで、カメラもiPhoneiPadもサイコンもモバイルルータもモバイルバッテリも、全部USB給電。

 

と言っても、PCUSB端子には限りがある。PCの方に差し込む端子、A端子は共通ですが、機器に付ける先っちょの形はいろいろでありまして、microBminiB辺りがメインですが、アップルだとライトニングとか、デジカメだと独自企画とかがあったりとかし、結局ですねえ、日々充電しなきゃならない機材が6つ、7つ重なることがあるんですね。PCから取ろうにも、PC自体のUSB端子は給電することが目的ではないので、機材によっては電圧が足りなかったり、充電に時間がかかったり、あるいはPCをシャットダウンしたときに給電されなかったり。

 

まあ要するに、今やPCから給電するのは無理。ってことです。だからUSB給電用の専用ACアダプタがあるんでしょ、と。そうなんですけどねえ。ACアダプタ、結構嵩張るじゃないですか。電源タップにiPhoneiPadのアダプタが並ぶと、もう三つ口がふさがります。ここからさらにうねうねとケーブルが伸びると、更にごちゃごちゃ、ぐしゃぐしゃ。断舎利どころの話ではないです。

 

ケーブル類の処理は部屋の美しさを左右する、と言っても過言ではありますまい。そこで、専用ACアダプタでなく、複数の給電口をもつ汎用ACアダプタです。最近はそういう製品が多々出ております。どれもこれも同じような形をしておりますが、実はかなり違うんですよ。

 

まずわかりやすいのは、給電の口数ですわね。1口の汎用アダプタを買う意味はないとして、2口以上、5口くらいまでありますが。じゃあ、例えば4口のものに、4口同時使用ができるかってえと、実はそう甘くない。このACアダプタというものは、コンセントから出てくる交流、つまりDC電源を、直流に直して出力するものですので、この組み込まれてる回路によっては、いろいろ性能が違ってきます。

 

例えば、iPadだと2.1Aの出力が必要です。iPhone1A2口あるACアダプタでも、実は同時に出力できない、というものは結構あります。4口あっても、iPad2台同時は無理、とか。これね、店頭に並んでいる製品の説明書をよく見比べてみたほうがいいです。適当に買って、何個か失敗したクチです。ってか、ちょっと前まではそういう製品ばっかりだったんですよ。

 

P5080023そこでこれ。Anker40W 5ポート急速充電器。最大8Aまでの出力ができるそうなんで、iPad3台つないでも大丈夫です。いやまあそれはないけどね。とりあえず5ポート全部埋めても、全部に給電してくれる、という優れもの。さらに、接続した機器に合わせて、出力する電流を調整してくれるらしい。ふむ。

 

使うコンセントはたったの一つ。これ1台で、あとはこれにライトニングケーブルだのmicro-Bケーブルだのを接続しておけば、充電台の完成です。

 

てなわけには行かない。こんだけでは不十分です。こんだけだと、ケーブルが入り乱れてごちゃごちゃ、ぬたぬたになってしまいますんで、ケーブル収納ボックスに押し込む必要があります。

 

というわけで、かなり使い勝手がいいもんで、2個買ってしまいました。お部屋すっきり。気持ち良す。

 

PC周り小ネタその2。エレコム ワイヤレスキーボード メンブレン式 2.4GHz USB接続 108キー

Pb020025_2キーボードとマウスのセットを買いました。以前買ったあれ。なぜかQのキーが取れちゃうんですよね。押し込めばしばらく平気なんですが、またそのうち外れてる。だいたいQなんてキーをいつ使ったというんだろう。不思議でしょうがないですが、事実として外れちゃうんだからしょうがない。この際、キーボードを新調しましょう。

 

キーボードやマウスにおいては、ロジクールというブランドが、なぜか大好きなんです。BuffaloELECOMなんてのも店頭には並んでおりますが、個人的には今一つ。やはりPCの黎明期に一番一般的だったMicrosoftとロジクールってのが、脳に焼き付いておるんでしょうなあ。

 

ただ、最近のロジクール製品、に限らないんですけど、薄型コンパクトが主流になってきたせいで、キーストロークが浅いものが多いんです。東プレとかPFUとかの機械式有線式キーボードの評判がいいのは重々承知ですがコスト的にも、それから、ケーブルレスという点でも、ちょっと敷居が高い。鴨居が低い。鴨居低いと頭ぶつけるからね。気を付けてね。

 

で。ちょっと昔っぽい、カチャカチャ音のするキーボードで、マウスも付いてくる無線式ってのを探してる時に見つけたのが、これ。エレコム。

うーん、エレコムかあ。キーボードやマウスではあまり信用してないんだよなあ、と思いつつも、選択肢がないので、とりあえず購入。アマゾンで1,680円。なんか、ある意味、この段階で期待しちゃダメって言われてる気がしないでもないです。

 

無駄に高い、というものは存在しますが、安いものは、値段なり、です。値段なりに評価することが大切ですな。希望小売価格、的な感じからすると56000円ですか。でも実売は1,680円。そっちの値段で評価すべきでしょう。

 

久しぶりにカチャカチャするキーボード、キーストロークの深いキーボードに戻って、快適快適、と思ったら、人間ってねえ。意外と慣れの部分が大きくて、ここ数年キーストロークが浅くて、打鍵音も小さいものを使ってたせいで、そっちに慣れちゃってます。うん。打鍵音がうるさいし、ストロークが深いから指が引っかかる。

 

ああ、もう。まあ要するに慣れの問題なんですがね。ただ、この打鍵音は、メンブレンを使った格安キーボードなのでそういうものなのかもしれません。東プレのような高級キーボード静電容量無接点方式とかなら、その辺り、快適だとかいう噂を聞いておりますが、うむむ。やはりアマゾンの製品コメント欄と同じ、キーボードに2万円かあという点で躊躇します。それに有線ですしぃ。

 

無線に慣れると、無線であることに越したことはないんですよね。部屋がすっきりしますから。と、断舎利継続中の私としては、迷うところであります。

 

で、エレコムの1,680円ですが、しばらく使ってるうちに、キーストロークの深さに慣れてきました。ってか、感覚が戻ってきました。ただ、五月蠅いのはうるさいです。すげえカチャカチャいいます。自分の部屋だからいいけど、これを職場で使うのは躊躇するレベル。ですね。

 

マウスは、好みの問題かもしれませんが、私には軽すぎます。トレースもなんか思うようにいかない感じ。これなら、今まで使っていたロジクールのマウスの方が気持ちいい。というわけで、今、私のPCには違う無線規格のUSBコントローラーが二個、刺さっているのですよ。

 

総合的に言うと、まあやっぱり1,680円は1,680円かなあ、と。いつかは買いたい20,000円キーボード。無線にならないかなあ。なんねえですね。確実な動作性をウリにするキーボード、無線のような不安定要素を入れるわけないですな。まあしょうがない。もうしばらく我慢します。がまんか、買うのか、そのうち。いや、わからんですけど。

2014年11月16日 (日)

Y!Mobileとか使いにくくねえか GL10P

P1060151と、かなりムカついておりますが、私の使ってるのは、旧E-Mobil、現Y!mobileモバイルルータGL10Pであります。ありますがあ、なんかやたらと使い辛ええ。と思う今日この頃であります。

 

もちろんね、Y!Mobileに騙された!とかいうことではありませんよ。私の認識が甘かっただけです。甘ちゃんがね、ちょいちょいと考えずに買ってしまっただけですよ。騙されたとは言いません。私が馬鹿だっただけですよぉ。

 

だからと言って使い辛いことには変わりないので、今後、購入を検討されている方は、よくよくお考えいただきたい。

 

お外でWiFi対応のiPadなどを使おうと思った時には、いくつかの選択肢があります。

1)スマートフォンなどのテザリング機能を使って、スマートフォンをWiFiルータとして使う。

2)無料WiFiスポットを探して、そこに接続する。

3mobileデータ端末を契約して、モバイルルータに接続する。

 

1)のテザリング機能を使うというのは、一番簡便であり、コストがかかりません。スマフォさえあれば、月340円程度のテザリングサービスを申し込めばよろしい。後は、iPhoneiPadBluetooth接続設定すれば、ほら、もうiPadがインターネットに接続した。ふむ。いいじゃん。

 ところが、問題点が二つあります。今やスマフォもデータ定額(いくらデータを使っても定額)より、予め自分の使うデータ量を契約・購入する契約法の方がメインになりつつあります。使いすぎると、後述するモバイルルータと同じ現象が起こります。後述します。ちくしょう。

 

2)無料のWiFiスポットを使う。これは何より無料がメリットです。速度も速いし、そうそう制限に引っかかることはない。しかし、問題は、地方やら移動中やらの場合です。地方都市で無料WiFiスポットを探すのは意外と大変。移動中は絶対無理。都会でもね、慣れない人には意外と敷居が高いです。デジタルガジェットがそんなに苦手ってことはない私でも、面倒くさいと感じるんですから、一般の方はまず無理。これを使いこなしている方は、かなり高度なスキルをお持ちの方です。ご自身がそう感じてなくてもですね。

 

3)そこで自分専用のモバイルルータを持てばいい。移動中でも平気です。てか結構、平気なところが増えました。意外と地方都市でも繋がるようになってきました。さすがに地方都市と地方都市の間の山中の道路を移動中、なんてのは無理ですが。

大都市圏なら、まずどこにいても繋がる。ただ、それなりのコストはかかります。5000円とか。逆に言うと、金で解決できる問題かよ、と、まあ小銭のあるおっさんの取るべき解決法です。が。がですねえ。そううまくは行かないんだよ、と。

 

モバイルルータというのは、データ通信機器です。どっかの会社がデータ通信網を整備して、そのネットワークにつなげるための機械です。どっかの会社、という意味では大きく分けて三つの選択肢があります。

 

WiMaxまたはWiMaxの提供する回線を借り受けてサービスを提供する下請け会社。

Y!MobileまたはY!Mobileの提供する回線を借り受けて、サービスを提供する下請け会社。

③ドコモやソフトバンクなどの回線を借り受けて、安く提供する、いわゆる格安データ通信会社。

 

以前使っていた①Wimax。問題点は、意外と使えない地点が多かった。特に地方都市。キャンプによく行ってた身としては、モバイルルータが外で使えないのは、ある意味致命的。ルータ固有の問題点としては、起動が遅く、繋がるのに時間がかかりイラっとなる。ただし、データ使用量の制限がないのはメリットでした。が、動画や音楽のダウンロードをしなければ、毎月7GBも使うことはないのですよ。

 

P1060170で。WiMaxの更新時期が来たのを機に、E-Mobileに換えてみた、と。月間容量7GBもあれば十分かな、と。確かに、7GB全部は使いません。多いときで5GBくらいも使えばいい方。下手すれば3GB。エリアもそこそこ広い。速い。使える!

 

と、思ったんですがねえ。このところ、罠に陥ることが度々。それが容量制限のもう一つのルール、「直近3日間の合計使用量が1GBを越えた場合は、翌日朝6時からその翌日6時まで、速度制限を行う」。これです。これ、たいしたことないと思うでしょう? なんだ、丸一日使えないだけか、と。ところが、注意すべきは、1GBの枠は、直近三日間の合計だということです。

 

つまり11333MB12333MB13334MBを使った場合は合計1GB となり(正確には1000MB1GBですが)、14日丸一日は、速度制限に引っかかります。この速度制限はかなり強烈で、事実上、軽いメールのやり取りができるかどうかというレベルであります。まあ、しかし1日の我慢だからね。がんばってメールのやり取りだけして5MB使った。そうすると、12日から4日までの合計は672MBで、15日からは復活します。うん。

 

でも、328MB以上使うと、また大変よ?それはともかく、14日だけ我慢すればいいじゃん。うん、そうね。そう思うよね。でもね、それって平均的に使った場合でね。

 

11日に1GB使ったとするでしょう? そうすると12日は当然速度制限にかかります。ところが、こっからがさっきと違うパターン。13日も速度制限がかかったままなんですよ。直近三日間の合計が1GBなんですから。じゃあ4日から使えるのか、ってえとそうはいかない。三日間の起算となる時間がどこか、によるわけです。

 

11日の午後1時に一気に使ったとしますわね。そうなると、ここが起算となりますので14日の午後1時までが合計すべき期間になりますので、4日も速度制限に引っかかります。翌日の午前6時から丸々1日ですもん。

 

P10601641回、1GBオーバーしちゃったら、丸々4日使えないんですよ。事実上。

 

なんで1GBも使うかなあ、って思うでしょ?動画とか、音楽とかやんなきゃいいのに。家の無線ルータ使えばいいのに。うん、そう。そうなんだけど、出先でね。ちょっと暇だから電子ブックを買おうかなあ、よし、っと。あ、移動中だから切断された。リトライっと。ってやってると簡単に1GB越えます。月にそう何度もやる行為じゃないですけど、意外とやっちゃいます。特に電車の中で暇をつぶそうと、カラー項入りコミック雑誌とか買うと。切断、リトライ。一冊当たり400MBくらいを中断されると、あっという間に1GBオーバー。

 

一か月に7GBも使うようなことはないんです。そこで速度制限に引っかかるようなことは、まずない。しかも7GBオーバーの速度制限の場合、お金を出して追加容量を買えば解除できるんですが、三日で1GBの速度制限は、解除のしようがない。しかも、これには警告など一切ない。何度かのミスの結果、突然使えなくなる。更に言えば、いつの時点からの制限で、いつ解除されるかを調べる方法もない。

 

毎月3GB以上、明らかに使い残してるのに、使えない日が、月に三日もある。場合によっては、もっとですよ。ときどき1日に400MB程度使う可能性がある人の場合は、要注意。使い方次第では、三日どころか一週間くらい使えない日が平気で生じる可能性があるんです。

 

これはねえ。ムカつきます。7GB越えて、使えないっていうんなら、そりゃトラフィック軽減って意味では納得しますけど、一か月の総量で34GBも使わないユーザーなのに、なんでそんな制限にひっかからなきゃならんのよ?と。

 

Y!Mobile、超ムカつく。と思ったんですけどねえ。まあ、この7GB制限とか、1GB制限があるのって、Y!Mobilだけじゃないんですよね。ドコモとかauとかのデータ制限も似たようなもんですよね。なんかねえならんのか。このシステムは。

 

ルールはわかる。トラフィックを制限しなきゃならないのもわかる。それにしても、使用量とか警告とか、あるいはいつ解除されるのかくらいのデータの提供はできないのか、とね。うんざりしております。やはり使えない地域が多少狭くても、私のようなうっかりさんはWiMaxのほうがいいのかもしれません。と思って、解約を検討しておりますが、手持ちの金を自転車につぎ込んでしまったため、泣く泣く継続しております。

 

ちなみに超速のWiMax2+にも7GB制限がありますが、若干回線速度遅めのWiMaxに切り替えることで、そこそこちゃんと使える抜け道を用意してくれてます。

 

そのうち、換えてやる…。やっぱりねえ、ソフトバンク系ってことだったのか、ってことで、自分を罵っておる日々です。

2014年10月 5日 (日)

自炊完了 とりあえずね

20121118_214122_p1040665もともとはこうです。

 

ほぼ1年かかりましたがな。なにはともあれ、やり終えたのであります。もっとも、今後も本を購入する限り、永遠に続く作業であると言えなくもないわけですが。が。そのひとつの工程といたしまして、本棚の撤去。という作業を行ったわけです。

 

いやあ、これがねえ、高さ2m50㎝の本棚、高さ1m90㎝程度の本棚に60㎝程度の上置き棚がくっついているわけですが、長いパーツは2m近くあるわけで。昔の本棚だったら、これ何10㎏くらいになりますかね。昔の本棚とか、自作の本棚だと突板で作りますから、木の重み分ですから、ちょっとしたもんでも30㎏とか軽く越えますよな。

 

こういう安い本棚は合板で作っておりますから、側板なんかベコベコだったりします。当然、表面だってプリントされた合成紙ですよね。まあ、十分。うん。確かディノスのカタログで買った1㎝刻みで棚が動かせるという安物ですが、10年くらい楽勝で持ちましたし、たぶんほっとけば後10年は楽勝で持つでしょう。雨風にさらされるわけでもなく、紫外線に当たるわけでもなく、稼働部があるわけでもない。楽勝です。

 

P9280002安もんです。べこべこです。しかしです。痕だけの大きさになると、さすがに棚を全部外してもそれなりに重い。し。それに各パーツを固定するネジの数が半端じゃない。

 

言っときますけど、電動ドリルドライバ、ないと無理ですよ。ばらすのはもちろん、組み立てるのだってね。ぼかぁどうにもよくわからんのですがね。IKEAって人気じゃないですかあ。まあ、小さなテーブルとか椅子とか、可愛い北欧小物なら、うんそりゃわかる。ちょっとね。おしゃれよね。うん。

 

ただ、ぼかぁ田舎もんなんで、IKEAなんて二回くらいしか行ったことないですけど、あの巨大なリビングボードとかデスクセットとかですね。部屋の壁一面を埋めるくらいの。あれ。あれねえ。組むの、半端なく大変でしょう? いや、そんなことないよって人。も、たまにはいると思いますけど、それはあなたがすごいんであって、大変ですってば。

 

電動ドリルあったって大変だと思います。まず、そんだけのものを締め付けるパワーと、それを持続するバッテリをもつ電動ドリルは、それなりに重いです。数㎏あります。女性が片手で軽々と振り回せるもんではないです。しかもですよ。こういう家具類ってのは、真正面からネジを打ち込めるとは限らないです。重い棚板を支えつつ、裏面からネジを打つ、みたな状況も必ずあるはず。片手で扱えるこんな電動ドリルもありますけどね。いかんせんパワー不足です。やっぱり大型バッテリ積み込んだ電動ドリル。すくなくとも9.6Vくらいのバッテリのもの、19800円くらいのものは必要ですよぉ。

 

もっとも、こんなもん、一人暮らしの女性が買うもんではない、ってか二人暮らしの夫婦でも使う場面は限定されますんで、普通の人ならホームセンターでレンタルするほうがよろしいです。

 

ああ。でもね。それがあったからといって、IKEAのリビングボードが女性一人で組み立てられるとは、やはり思えん。のです。組み立てサービスとかもあるようなんで、そちらをお使いになることをお勧めしますよ。

 

もっとも私はIKEAの家具を買ったことはないので、これはあくまでもディノスで売ってる組み立て家具限定の話であるかもしれません。

んなこたあない。大きいものを組み立てるとなれば、それなりに労力がいるんだよって話です。でね。この安もんの棚でさえ、一体何本のねじがあるのか、少なくとも数十本のねじを外さなきゃならんです。

 

小さな電動ドリルでも時間さえあればいつかは終わるんでしょうが、何十本ものネジとなると、根気が続かんですよ。大きい電動ドリルなら、1~2秒で抜けるネジが、小さい電動ドリルだと710秒くらいはかかります。この差はデカいです。何しろ何十本も、です。小さい電動ドリルの場合は、途中でバッテリが切れる可能性もありますな。切れれば充電すればいいじゃん。うん、そうなんだけどね。そうなると解体中の巨大本棚が、とっても不安定な状態で部屋の真ん中を支配するんだ。それってイヤだよね。ってことです。

 

何十分か何時間かその充電を待つ状態ってのは。無駄です。じゃあ待ってる間に、普通にドライバ使って外せばいいじゃん。うん、そうなんだけどね。泣きそうになるから、やりたくないです。手の皮がむけるかもしれないし。やめたほうがいいです。私はこれを組み立てたんで、それがどんだけ大変なことかを知っております。しかも、一度組み立てたものをばらすのと、新しく組むのとでは、当然新しいものを組む方が大変です。

 

そういう意味で、IKEAの家具を買うのはやだな、と。ああ、なんかIKEA否定的な流れになっている。いや、全然そうじゃなく。IKEAの家具は素敵。うん、ただ自分で組むってことを甘く見てると泣きを見るので、覚悟して取りかかりましょう、と、IKEAの家具を一度も買ったことなく、偉そうに言います。これ、いかんね。うん。ちゃんと使ったものの話ね。ディノスの簡単な本棚でさえ、そうとうに大変だからね、と。これはこれでいいよね?

 

うん。そういうことで。で。本題に入りますよ。ええっ!本題じゃなかったんかいっ!

はい、本題じゃなかったです。本題はですね。およそ1年の間に、およそ1000冊を越える文庫、2000は行ってないと思いますが、の電子化が終わった、と。すげくないですか、と。いや、すげえよ、と。ウチの奥様に何度か言われましたもん。本当にあなたがそれをやりきるとは思わなかった、って。そんなチマチマとした作業をやれるとは思わなかった、って。

 

おい、きみ。そりゃあぼくという人間を見損なってるぞ。ぼくはだねえ、庭の雑草むしりをさせたら100㎠単位でみっちりと、1㎜の芽も逃さず、完全に除草するまでやらんと気が済まん人間だぞ、おい。ただ、その過程で神経をすり減らして、神経症になったりはするけどね。うん。まあ、とにかく、意外とやるときはやる男なんだ。

 

P9280003Pa010004というわけで、こんなことになりました。

 

さて、この空いたスペースに、自転車用ローラー台を設置し、トレーニングルームとしたいなあ、と漠然と考えておりましたが、おりましたがあ。ちょっと挫折中です。本棚のスペースは奥行き15㎝程度、自転車とローラー台のサイズは、当然その6倍くらいはあり、さてそんなものを入れて、この部屋をどうするのだ、私は何がしたいのだ、ということでもあり。うむ。部屋の中が片付かなくなることは必定であり。うむ。それでいいのか、と。

悩んでいる最中であります。

 

今のところ、猫トイレ部屋と化してはおりますが。とりあえず、もう少し断舎利を進めまして、不要かもしれないエレクター(もどき)棚を1個処分できないかと考慮しておりますが、棚一つ分のごちゃごちゃしたものを片づける気力がない。自転車乗ってる間のアドレナリンが出てくれれば、スパッと行きそうなもんですがねえ。

 

Img_1333ああ、そういえば、先日こちらのブログをご覧になった方とご一緒に秋の白石峠ヒルクライム&山菜天ぷらうどんの旅を満喫してまいりました。人と一緒に走るのも楽しいもんですなあ、と単独行ばかりの協調性のないおっさんは思いました。ただ、協調性がないので、調子を合わせて走るということができず、付いてくる方にはだいぶご迷惑をおかけしたようです。その節は、大変申し訳ない。

 

しかし、きつければきついほど、再チャレンジしたくなるのが男の性でありますぞ。ほっほっ。またご一緒しましょう。

2014年8月15日 (金)

エレコム BluetoothキーボードTK-FBP044を買ってはみたものの

自転車以外のことも書かないとね。ってか、誰かそれで困るんかいって、突っ込みはあるんですけど。

 

P1060013しっかし、最近、自転車関連以外のものにほとんどお金を使わないんです。バカですね。いや、そんなことはないけども。そういや、サラメシってNHKの番組、ご存知ですか。けっこうおもしろいんで見てください。あ。あれ?違う。なんでサラメシの話なんだ?

 

わかった。昼飯の話だ。サラリーマンの昼飯。飯食うことを考えるの、めんどくせええええ。って自転車乗りがそんな不健康なことを言っちゃいかん。けど、仕事してる間に飯何食うかとか休み時間にどこに行こうとか、もう考えるのめんどくせええ。朝ご飯もなんですが。幸い、私は記憶力が弱いので、好きなものなら毎日食べ続けてもなかなか飽きないという特性をもっております。この特性を生かしまして、朝はコンビニおにぎり明太子を1個、昼はシーチキンマヨネーズを1個と春雨担担麺カップを1個。これをもうずーっと続けております。

 

カロリーと栄養は夜に摂る!ダイエットの敵でありますな。ともかく、朝食と昼食併せて500円もかかりません。400円くらいですかね。酒は飲みます。けど、飲み屋さんに行くの、嫌いです。飲んで電車に乗って家まで帰る、という行為が嫌いなんですよ。月に一度も行くか行かないか。若いもんが行きませんかなんて誘ってきたら、金だけ渡して、ごめんね、これで行っておいでって。太っ腹。でも実は、若いもんと飲みに行くような拷問を受けるくらいなら、1万円くらい渡しても惜しくない、ってくらい、飲みに出るのが嫌いです。若いもんには1万円渡して飲みに行かせて、自分は200円のチューハイ2本で満足です。だから出世しねえんだな。うん。やっぱり人脈だよなあ。いいんだよ、俺は。お気に入りの自転車が1台あれば。ほんとは2台ありますけど。ガチャリンコ入れると3台ありますけど。

 

着るものも、スーツの他はほとんど買わない。でも、スーツもそうそう買うものじゃないし。休日に着るTシャツは、乗鞍や美ヶ原で買ったイベントTシャツで自己満足。ふむぅ。貯金しましょう。もうすぐiPhone6も出ますしね。たぶんね。

 

つまりね。買い物意欲が低下中、なんですよぅ。自転車関連以外は。これが欲しいとかあれが欲しいとかがない。ような気がする。しかしそうなるとまた自転車ネタが続きますんで、まあべつにぃにんきとってどうだってことはぁないんでぇ、どうでもいいんですけどぉ。自分自身の日記として、別のことを書いておこう、と。

 

P8030017いうことでこんなものを買いました。エレコムBluetoothキーボードTK-FBP044。です。なんでかなってえと。iPad入力用です。以前ロジクールのキーボードを買っておりまして、これはコンパクトかつケースがスタンドにもなるという、とっても便利な代物です。ただし。好きじゃない。まあ、あくまでも用途というか好みのレベルの話です。

 

私は記憶力が悪いうえに指先も器用ではありません。そのせいで、小学生時代にはずいぶんとリコーダーの練習で苦労をしました。音楽会ではだいたい指は何となく動かしているけども、実は音は出ていない、という男子的にはありがちな子供であります。ただの練習嫌いの怠け者であった可能性もあります。それはともかく、キーボードはまずキーピッチが狭いというのは、ダメです。ミスタッチが増えるというより、イライラするんですね。

 

しかも、不器用なうえに長文打ちなので、キーボードを叩きつけるようにリズムを作りながら打っているのが好き。ですので、図書館ではとてもPCは使えませんね。そういう意味では最近のキーストロークの浅いキーボード自体が苦手ですね。

 

ところが、Bluetoothキーボード、特に持ち歩きを前提としているコンパクトキーボードでは、当然のことながら、携帯性を重視するためにキーピッチとキーストロークを犠牲にします。まあ、しょうがないわね。とりあえず、キーピッチだけは、ということでロジクールのキーボードを使っていたんですが、やっぱり好きじゃない。

 

ということで、もう携帯性はどうでもいいから、ある程度深く打ち込めるキーボードが欲しい。ということであちこち探しまわっていたんですが、iPad用という時点でコンパクトだろう、ということになり、どうにもこうにも、ありゃしません。

 

P8030019WindowsBluetoothキーボードは結構あるんですが、キーの表示と打ち出される文字が違っていたり、英語配列だったりして、なんちゃってブラインドタッチの私にはとても使いこなせそうにありません。と、あきらめかけておったのですが、広大なネットの世界には達人と呼ばれる方が多々おられます。いわゆるまとめサイト的な?感じ?のぉ。困った時のネット頼り。

 

で。まあ使い込んではおらんのですよ。だけれども打鍵感は悪くない。やはりパンタグラフ式の深さがいい。メンブレンは苦手です。そこそこのノートPC的な打ち込み感があります。バシバシバシィとキーボードを叩いていくことができます。

 

キーボード表示は、やはりMacWinの文化を共有させるために若干の違和感はあります。キーボード上の表示と打ち出される文字が違ったりはします。しょうがねえんでしょうねえ。共有させてんですから。どうやって共有するかってえと、キーボードを切り替えるんです。ファンクションキー+F12で。Windowsモードはmode1Macモードはmode2iPadモードはmode3と切り替わります。

 

これ忘れそうだなあ、絶対忘れるわ。それはともかく、iPhoneなんかで当然良く使うだろう@キー、これがキーボード表示と違います。Sift+2でしたね。たぶんこの辺りだろう、と適当にやってて見つけました。まあしょうがねえですけど、これ忘れそうだなあ。忘れるな、きっと。

 

更に、このキーボードは9台の機器を切り替えて使えるらしいんですが、それもFnキー+F1iPadF2キーにiPhoneと記憶させて、ペアリングできます。できますっちゅうかねえ、忘れそうだなあ。忘れるな、きっと。ってか、数日前にそういうセッティングをしてて、もう忘れてました。

 

まあ、PCの達人ではないのでねえ。なにしろ20年、Windowsを使っておりまして、未だにショートカットキーを覚えられないバカですからねえ。マウスでいいじゃん、マウスで。

 

と。ところがです。iPad。マウスに対応しとらんのですよ?知ってます?知らんかった…。Bluetoothが使えるんだから、Bluetoothマウスに対応させることは決して難しいことではないはずなんですが。ということはつまり、AppleiPadをマウスで使わせたくない、ということなんでしょうね。

 

iPadでマウス。いいと思うんですけどねえ。特にショートカットキーが覚えられない人間には、とってもいいんですがねえ。

 

P8030022キーボードとしてはこれまでのロジクールのものよりだいぶ快適になりました。快適になった分、PCと同じような快適さを求めてしまう気持ちがどうしても出てしまうんですよ。ちょっとアイコンを選択したり、画面を切り替えたりしたい場合に、マウスではなくて画面を触る、というのはどうなんだろう、とね。距離的にはマウスに手を伸ばすのも画面に手を伸ばすのも、そんなに変わんないはずなんですが、今一つすっきりしない。

 

やはりマウスだと、ここ!というピンポイントを指せるのに対して、画面タッチだとちょっとぶれるんですよねえ。これが気持ちよくない。特に、私の指先、というか爪先はとっても素敵で、お姉ちゃんの憧れ的大きな爪なんですが、この爪だと、立てた画面にそのまま指を伸ばすと、指の肉ではなく爪先があたる。つまりiPadが反応しないんです。iPadを反応させるためには指の腹で触らざるを得ず、かなり不自然な形で画面にタッチしなきゃならんのです。

 

やりずれえ。ということは、世間一般での共有感覚でもあるようで、iPadでは文書作成やらなにやらを作成するものではなく、ビューアー、ブラウジングを行うものである、という理解に至っておるようです。確かに、ビューアーとしては、特に電子ブックビューアーとしてはとっても素敵なんですけどねえ。

 

あ、マウスにつきましては、現実的には裏技を使えば、使えるようにできるらしいです。んが、そういうイリーガルなソフトを入れるというのは、当然にそれなりのリスクを背負う可能性もあり、ちょっと怖いです。Appleが保証しないアプリ、バックドアが仕掛けられていても素人にはわかりゃしません。ネットワークにつながって動作することが前提のiPadにバックドアが仕掛けられれば、iPhoneのデータも、クラウド上のデータもとられ放題、ってなことになりますよねえ。

 

そりゃあ、ちょっと躊躇いますわ。当面、Appleが考えを変えてくれるまでは、マウスは諦めますね。

そんなこんなで、結局、まだ文章を打つのはPCということになっております。はい。

2014年4月13日 (日)

ソフトバンクなんか絶対買うもんか 私が買ったのはあくまでもEMOBILEであって… モバイルルータGL10LP

P4130036 久しぶりに低山逍遥したのでありました。花盛り、春爛漫であったのでありました。本論には全く関係ありません。単なるご報告であります。誰に、というのもありませんが。

いや、でもねえ。イーモバイルはイーモバイルでしょ、だって。そりゃソフトバンクに買収されたかもしれないけど、イーモバイルはイーモバイルとして厳然として昔ってほどでもないけど昔からあって、それがたまたまソフトバンクが買収しやがっただけで、私は決して、ソフトバンクは買わないと決めたその決断を翻したわけではなく、つまるところなんだ。

負けたな。個人としてソフトバンクを支援する経済活動は行わないと決めたけど、ソフトバンクの巨大さに個人の力なんて微々たるもんです。

悔しいなあ。でも。どんなにMNPが有利でも、ソフトバンクにだけはしない。ドコモに変えることはあるかもしれないけど、ソフトバンクにはしない。それは、今、ソフトバンクという会社で働く諸君が悪いわけでは何らなく、しかしながらかつてのサポート体制があまりにも許せず、いわば私自身の誓いであって、それを守りきることができなかった私が悪い。負けたなあ。

P1050778 ということで。はい。モバイルルータをWiMaxからイーモバイルに替えました。

WiMaxとEMOBILE、どっちがいいの?ってのは昔つうか、チョイと前からのデータ通信業界における両巨頭みたいな。そういう感じでぇ。まあ、結論から言うと住んでる環境と使い方次第なんで、こっちがベストなんてないですよ、ってことです。ドコモとauとソフトバンク、どれがいいのって。それって家族や友達が何を使ってるかとかいうだけの問題になりつつありますよな。それと同じです。ドコモが通じるけどソフトバンクは通じない、その逆もまたあり、でね。

私はソフトバンク嫌いですけど、正直、携帯会社ってどこも同じようなことを、たぶんしてるんですよ。例えば、わかりやすい例で言うと、MNPの客は優遇されるけど、昔からの馴染み客は粗末に扱われるのは、どこの会社も同じ。ですよな。端末価格0円の端末価格は、固定客の通信費に乗っけられてます。携帯アドレスを変えたくないって方は、損をしています。

これはね、はっきり言って、今の時代、携帯アドレスにこだわる時代じゃないです。携帯番号もそうなんですけど、今の時代、誰も相手の番号を覚えて電話してるわけじゃないですもんね。登録してる電話番号、メールアドレスに送るだけで。何年か連絡が来ないなら、もうその番号、アドレスは消していいんですよ。断舎利ですよ。

いっそG-MailとかYahoo!メールをメインにしたっていいんです。どうせスマフォのアプリがプッシュで受信してくれるんですから。

だからねえ。かしこい人はどんどんMNPで得をします。で。なんとなく変えたくないとか、変えるのめんどくさい、とかいう私のような人は損をする。そういう商売の仕方をしてるのはソフトバンクだけじゃもちろんなく、auもドコモも同じです。つうことで、携帯会社に依存するのは止めませんか?いっそ。データSIMを買って、G-Mailでやり取りをしてればいいじゃないですか。それが一番ですよ?

と、割り切れないのが年寄りなんですなあ。やっぱソフトバンクはイヤだ。けど、EMOBILEがソフトバンクの完全子会社であるのは事実であり、EMOBILEを買ってしまった以上、私の負けであり、しかしながら2007年から7年間頑張ったんだから、それはそれでいいんじゃないか、と。いや、そうは思えないなあ、としばらく屈折して生きていきます。

P1050777 さて。で。今までWiMaxの一種、NiftyWiMaxを使っておりましたんですが、ちょうど2年縛りが消える時期になりました。あ、いや、私の場合ですよ。他の時期に契約した人は知りません。

まあ、正直、変えなくてもいいかなあというのはありました。というか、モバイルルータ自体、必要か?という論もなくはないです。あのですねえ。今、WiFi版のiPadAirとiPhone5を使っていますが、このままでは外に出た時、iPadの能力半減であります。ネットにつなげませんからな。もちろんフリースポットなんてものがあることは知ってますが、いちいちそんなもんを探していられるか、ってことであります。どこでも使いたいんだよ、と。そこで、iPhoneにはテザリングという機能があります。iPhone5の回線を使って、iPadをネットにつなぐことは可能です。で。実際、そこそこ使えます。特にLTEエリアの場合ですが。

しかし、問題点もあり。デザリングを使うと、iPhoneのバッテリが異常に減ります。というかau iPhone5。この頃バッテリが異常に減ります。いくつか原因はあります。もう二年近く使ってるわけですので、バッテリ自体が劣化しています。さらに、うちの辺りは田舎なもんで、LTEエリアと3Gエリアが混在しまくってます。これも問題らしいですな。より速い回線を探すために、回線を切り替えまくるらしいです。下手したら、全くいじらない状態で、半日でバッテリが切れます。モバイルバッテリ必須の理由であります。

ともかく。そういう状況下でテザリングを常用しますと、あっという間にiPhoneのバッテリが切れ、何のためにスマフォを持っておるのかわからん、という状態。常にモバイルバッテリにつないでおくような非常に携帯性の悪い状態になります。うむ。

そこで、モバイルルータの出番です。iPadはモバイルルータでネットにつなぎ、iPhoneはau回線でつなぐ。こうしておくと、どっちかのバッテリが切れた時も、予備ができるのです。ここ、性格上、大事なところです。バックアップがないと不安でしょうがない症候群であります。

ということで、たいした即時性の必要のある仕事をしているわけでもない、インターネットにしょっちゅう繋がる必要もない私でありますが、モバイルルータ、個人的に必須なのであります。まあ、そういう意味でいえば、個人的にはモバイルルータとiPadとフィーチャーフォンさえあれば、実はいいんですけどね。iPhoneにこだわる理由はないです。ま、しかし、そこは今回の話とは関係がないので、さておきましょう。

で。モバイルルータと言えばWiMax。で来ていたんですが。若干気に入らないところもありました。巷間言われることですが、曰く室内や地下に弱い。はい、その通りです。意外とエリアが狭い。特に地方。地方に行ったときは、テザリングしてしのぐって手もあるんですが、まあね。繋がりのいいものにこしたことはない。じゃあ、EMOBILEなら繋がるのか。

P1050779 うーん。それはわからん。同じ場所に行って比較したわけではないですのでね。お試し、という意味合いもあります。2年間のお試しであります。費用的には、ほぼ変わりません。違いを言えば、EMOBILEが月間使用量が7GBまでの制限があるのに対し、WiMaxは無制限なところ。当然WiMaxのほうが安心です。

んー。そりゃWiMaxだろう、と。ただEMOBILEに比べて遅い。いや、違う。EMOBILEと同じ速度が出せるWiMax2という規格が出てます。これを使えば、いい。んですがねえ。もともと広いわけでもないWiMaxのエリア、その高規格バージョンのWiMax2.うちの辺りはエリア外なんですよなあ。当然、私の好きな田舎町などには、入ってこないよなあ、と。

うーん。7GB制限がなあ、と悩んで、ヨドバシカメラの店頭で眺めておりましたら、EMOBILEの説明員のお兄ちゃんが詳しく説明してくれましてね。うん。そうか7GBって結構なもんだなあ、モバイル環境でそんだけ使うこと、ないわ。と実感したのであります。私、ユーチューブも動画ダウンロードもほぼしませんし、新聞や電子コミックはダウンロードしますけど、ほとんどウチのLANにつないでやってますし。

20140413_131609機種。うん。ほんとは日本製が好きです。HUAWEIのGL10P。まあねえ。通信機器メーカーでは有名どころですし、WiMax2+にしても選択肢はHUAWEIしかないわけですし。使ってみたところ、WIMAXで使っていたWM3600Rよりはるかに起動が速く、設定も楽です。世代が違うっちゃそうなんですが、それにしてもほぼ全くマニュアルを見ないで設定できますんで、いいんでしょうねえ。SSIDにしても分かりやすいですしねえ。でもHUAWEI。まあ、いいですけど。中国と言う生産国を認めないと、買えるものなんかなくなりますかもですよ? しょうがないですよ? うん。でも、私はニンニクは青森産を買うと決めてますけどね。ちなみに米国産牛肉より国産(廃牛)肉のほうを選びますけどね。

とりあえず、現状、使い勝手はいいですし、回線速度も速いと感じる場面が多いです。まあ、おいおい使いながら、WiMaxと比べてみたいと思います。よ。と。

2014年2月22日 (土)

無間地獄 ダーレ2000DXとScansnap1500で、延々と自炊する

いわけであります。

このところ、ブログ更新がかなり遅れております。まあ、いろいろと書きたいことはないわけではないのですが、気力が…。

で、まず気力の切れるわけですが、以前申し上げました、蔵書の全PDF化、いわゆる自炊作業をしております。これがねえ。膨大な量でして。不可能に近いんじゃないかな、2000冊を個人が自炊するというのは、と考えることたびたび。しかし、始めてしまった以上、途中で止めることも、もはや叶わん、という段階までは進んでしまったのです。

もう何百冊かは自炊しておりますので、手順は完全に呑み込みました。ある意味、機械的に作業をしていくことができます。

まずは、どの本を自炊するかを決めますが、概ね10冊前後、それも作者が同じになるようにします。なぜ10冊前後かってえと、一時に自炊する量として気力が持続するのがその程度だからです。

P1050702まず、文庫の帯は全て捨てます。物理的な本として置いておく場合は、帯を付けたままにしてきましたので、一冊ずつ帯を外すのが結構面倒くさい。続いて表紙と本を別に仕分けします。この後、裁断作業が入るのですが、表紙と本体を一気に切ると、表紙の折り返しの部分をいちいち切り離さなければならなくなり、却って手間がかかるので、表紙と本体は別々に裁断します。

で。裁断にかかるのですが。表紙と本体とは、裁断時のサイズが異なります。本体の背表紙は糊付けされているので、糊の部分を一気に裁断するわけですが、あまり幅を取りすぎると本文ギリギリまで、場合によっては文字を切ってしまうことがあるので、見極めが難しい。何度かチャレンジした挙げ句、概ね10.2㎝設定がバランスがよろしい。概ねです。

P1050708ダーレ2000DX。ざっくりと切れますが、業務用と違い、切断できる厚さがもう一つ。しょうがないですけど。300ページくらいの文庫なら一気に切ることができますが、500ページだと無理です。そこで、その場合は、一度本を真ん中で無理やり開いて、カッターで切り離します。

この時、ダーレ2000DXに限らず、印刷屋さんの巨大裁断機でもない限り、紙が切れていくうちに微妙にずれていくんですね。裁断された一番上と一番下では1㎜以上の傾きが出てしまいます。が、そこは気にしても仕方ない。んですけど、500ページを分冊するような場合、分け目のところに段差が出ると、後のスキャニング作業のところで、ジャムの原因となりかねないので、分けた内側を、切断面の上側にするように置くと、ここはそろいます。全体としては、切断面を見ると、くの字型になってしまいますがね。穏やかなくの字なので、まあ、これが最善かなと。

P1050704_2で。ダーレ2000DXの項でも書きましたが、安全面から、ダーレ2000DXのレバーを動かすときには、ロックを解除するレバーを動かす必要があります。でも本も押さえたい。腕が一本足りん。しょうがないので解除レバーを右手で押さえ、顎で切断レバーを少し押し、解除された状態にしたところで、手を持ち替えて、本を押さえ、レバーで切断、と。切れ味がいいので、女性でもできるとは思いますが、両手でレバーを降ろしたいところですよなあ。だいたい、みっともない。

ともかく。それが終わったら、表紙のカットです。表紙は、10.2㎝ではダメなんですな。10.5㎝。ここ、ポイントです。表紙のタイトルは結構、背表紙際まで伸びていることが多いので、10.2㎝ではタイトルが切れてしまうことが多々発生します。微妙にサイズを変えて切るわけですな。とんとんと、表表紙側を揃えて、表表紙を切ります。その後で、表表紙の返しの部分を切り落とす、と。次に裏表紙をまた、とんとんと揃え直して、裏表紙をカットする。この揃え直す作業が大切です。500ページの本と、300ページの本では、背表紙分の長さが違うのです。で、また返しを切る。

P1050709更に、こんどはカットした表表紙と裏表紙をセットにしていきます。裏表紙は、ものによっては値段くらいしか書いてなくいらないものもあるのですが、解説のようなものが載っていたり、裏表紙も表表紙から続くデザインだったりすることがあるので、一応、セットにしておくようにしています。

さて。これでようやく10冊分のスキャンの前準備が終わりました。面倒でしょう?

で。スキャンを始めます。
表紙と本体は別々にスキャンします。ScanSnapには、スキャンした画像から、その原稿が白黒2値か、グレースケールか、カラーかを判断するモードがありますが、これは信用できません。ってか、こちらの期待通りの判断はできんのです。わかりやすくいうと、黄ばんだページは、黄色っぽいページとしてカラーで読み込んでしまうのです。グレースケールやカラーで読み込むと、文字が読み取りづらいんですね。ということで、まずは表紙。カラーモードのスーパーファイン、表紙と裏表紙をセットで読み込みます。後で、アドビアクロバットを使って本体と表紙を合体するので、とりあえず名前を付けて保存。

ここでも、効率を上げる小技があります。例えば「ジェノサイド(上)」、「ジェノサイド(下)」という二冊の本があります。これをいちいちタイトルを記入していくのは、結構時間がかかります。そこで表紙を「jenoA」、「jenoB」と付けます。上巻がA、下巻がBですね。一通り、表紙が終わったら、本体を読んでいく。

本体は、ScanSnapの設定では100ページくらは一度に読めるはずですが、ぎりぎりまで詰め込むと、ジャムる可能性が高くなります。私は80ページごとに一冊の本を分けていきます。この段階で、再度、上下にさばいて違和感のあるページを探します。つまり糊が付いてて切り離せてないページです。これを見つけそこなうと、大幅に時間を取るので、ここは丁寧にやっておくところです。

P1050711これが終わると、ようやくスキャニングに入ります。ScanSnapは複合機についてるスキャナなどからすると比較にならないくらい高速ですが、とはいっても80枚読むのに2分、差し替えるのに1分と考えると、320ページの本は、順調にいって12分、必要です。ジャムるともっと大幅に時間を喰います。で、ファイルを保存しますが、今度は上巻を「jenoA1」と付けます。もしジャムって、途中でスキャンが失敗したら、そこまでの分をいったん保存し、続きを、「jenoA2」、「jenoA3」と付けていきます。

全てのスキャニングが終わった時、フォルダには、「jenoA,jenoA1,jenoA2,jenoB,jenoB1」という順にフォルダに並びます。そこで、一括してドラッグして、アドビアクロバットのPDFの合成ウィンドウに放り込むと、一気に順序よくファイルが並びます。これマメ知識ね。その後で、「著者名 シリーズ名 作品名」の順でタイトルを付けていきます。

これでようやく1冊の自炊本(実際には2冊からの合本)ができあがるわけです。つまり2冊の本を1冊の合本に仕上げるのに20分以上の時間がかかるわけです。10冊裁断した時点から計算すると、2~3時間が必要になる計算です。

さらに言うと、これをiPadに転送して、フォルダ整理をする、という作業もおまけで付きますな。

で。こんなことを延々とやっておりましてね。今、合本にしたものを含んで200冊程度。読み込んだ本の数でいうと、300冊は越えます。時間にして60時間以上を使っておるわけで、更に言うと、これで蔵書の1/5程度であります。いや1/6かな。となると、あと300時間は費やさないと、完成しないのです。

なんか絶望的になってきました。が、300冊以上、読み込んだ後で今更やめるわけにもいかんでしょう?

しかしね。300冊以上読み込んだ後で、つくづくと実感したことがあります。これ、読み返す時間、あるのかなあって。とりあえず、データ量でいうと、一冊当たり20MB~30MB程度、現状1GBあるかないか。ですね。まあ128GBのiPadには余裕で収まりそうですが、2000冊近くある本を読み返すか、と。既に何度も読み返している本もありますが、途中で投げ出した本もあり、あからさまにつまんねーぞと思った本もあり、それら全てをPDF化する時間の方が無駄ではないか、という気もします。

とりあえず、退職後に豪華客船に乗って、一か月くらい旅をするなら、まあ便利ですわね。しかし、それでも読むかなあ。しかもですね。実際にいくつか読んでみると、ページや表紙が前後してたりする場合もあるんですな。まあ、これは後からでも直すこともできるんですが、そこまでするかぁって思うのも事実です。

奥さんには、ただ捨てることができないから、捨てるための儀式だと言ってますが、どうもそれが事実のようです。

ということで、ブログ更新の気力も使い果たしておる、とこういうわけです。それにしちゃ今回、がんばったでしょ。いや、独りで自炊を延々としてると、寂しくてねえ。

2013年12月11日 (水)

想定外の買い物はダメージがでかい PCデポ BTOパソコン ozzio

こんちくしょうめ。いや、ほんとのことを言うと、もっと品の悪い言葉を使いたいところであります。くそくそくそ、ぐらいのことを言っても大丈夫ですか。いや、マジで。そういう気分です。

正直に申し上げますが、こないだ、車を買い換えました。実は、もう一つ大きな買い物を注文してしまっていたんです。アレです。相当なもんです。で、保険金は全て使い切りです。元を取ろうという気持ちもないわけではないですが、元を取る、というのはなんスかね。要するに、再び前向きに進める気持ちをもつことのできる環境を整える、ことです。

でね。後はまあ、小金もちの私が奥さんにもらう小遣いをチマチマと溜めて、キリギリスのように使い果たす生活を続けているわけですが、余力がない。ここだ。問題は。保険金を貯めておいて、生活の余剰とすればよかったわけですが、江戸っ子とキリギリスと私は宵越しの金をもつことができない。

なんとかボーナスの小遣いを当てにしつつ、iPad Airを買いました。というところで、マーフィの法則発動です。金が出る時には、出る。出費は重なる。

P1050482何年か前に更新した自作PCが、絶不調。起動に10分ぐらいかかるのは我慢できます。が、起動後にフリーズすることが頻発します。突然、落ちます。これは。知ってます。前兆です。PCが逝ってしまう前兆です。バックアップは、取ってますけど、リアルタイムでとっているわけではないので、欠落する情報は出てくるでしょうねえ。とは言っても、所詮、個人で使ってるPCなので、溜めているだけで満足している情報の方が多い。メールなんかそうですよね。Windows95から使ってますから、20年近くのテキストデータ。文字データのくせに1GB以上のデータが保存されています。ほとんどは屑データですが、中には会員登録メールなど貴重なものもありますわ。玉石混交。写真もそうです。デジタルデータのほとんどは屑。

とはいえねえ。捨てるに捨てられないのは、ただいま電子化真っ最中の書籍類と同じでねえ。いっそ、一気になくなれば諦めもつくのに。こういう発想をしていると、究極は自宅に火をつけるなんて行為に走りますので、お気をつけ戴きたい。特に、私のような精神的に不安定な人間ほど、追い込まれると何をやらかすかわからんので、気を付けます。

さて。不安定な人間をさらに不安定にする、不安定なPC。これを解決するための方法は、PCを安定化させることですが、これねえ。自力でやるのはすげえ労力を使うんですよ。不安定さをもたらしているパーツを特定して、交換する。OSを入れ替えて、環境を再構築する。一言でいえば簡単ですが、新規に自作PCを組む時ですら、トラブルが起きて解決するのに数日かかる、なんてのはザラでした。

まして、古いPC、前回組んだのは2008年。まる5年前です。このブログの記事によれば。なかなか、このブログ、個人的な記録としても役に立っております。それはともかく。当時から目が悪くなっていた私は、暗いケースの中での配線にも苦労しておりましたし、原因のわからないトラブルにもうんざりしておりました。

もう自作はいいや。趣味としてプラモデルを組むように、苦労を楽しめるならいいですけど、最近はそういう苦労はしたくない。ただの道具として、ちゃんと動いてくれれば十分。まず、このブログをちゃんとアップできる環境であり、そのための写真加工がサクサクとでき、書籍の電子化が順調に進み、時折、ウェブサイトを見ることが安定的にできればいいんです。

となると、安定したPCを手に入れるために、古いPCを修理するってのはもってのほか、新しいPCを入れてサクッと動かしたい。しかも、その新しいPCってのは自作ではなく、もう出来合いのもので問題ない。

ただ、問題は、金がない。最近はPCも安くなりまして、一体型やノートPCも、10万あれば、上記の目的を果たすに十分なスペックのものは手に入ります。6万円くらい。十分です。ただね。ここで問題。PCにはもはや拘りはない、という私でありますが、ヘタにPCのことを知っております。最近でこそ自作本などは見ておりませんが、そうは言ってもも、最新CPUのトレンドとかを中途半端に知ってしまっておるのです。

6万のPCの値段の根拠となるスペックが想像つくのです。で、そのスペックがイヤなんです。Celeron使ってるの?とか、Core i5だとHTに課題を抱えてるんでしょう、とか。自分でもよく意味の分からんブランド価値を持っているのですね。

んー。でも、もう買うしかないわけです。完全に逝かれてからでは、データ救出に手間取ること、忙しいときに限って、致命的な故障は起きる。致命的な故障が起きる前に買っておく。どこからその金は出るんだ。いったい。私の財布でしょうなあ。問題は、それが底を尽きつつある、ということです。アレを買わなきゃよかった、という後悔がないわけではないです。が、アレについては、今更キャンセルできる代物ではないです。

さてと。金の算段は後でする。いざとなれば奥さんに泣き付く。奥さん呆れる、と。
ああ、胃が痛い。それはさておき。前に進もう。

で、何を買うかと調べ始めましたが、これがねえ。中途半端なPC知識と、中途半端な情報収集力があるので、迷います。結論からいうと、私の用途では、BTOしかない。ということであります。

まず、最近の大手メーカー製PCは、PC自体が売れなくなっていることもあり、AV機能など付加価値を付けまくった一体型PCがメインです。これはいらない。TVも録画機能も二人家庭では腐るほどあります。第一、一体型、というのが好きではないです。トラぶった時に全部が使えなくなる、自分で修理できない、ここ矛盾しているところです。まだいざというとき自分で手を入れて直そうとか思っている、どうしようもないところがあります。しないくせにね。

じゃあ、となるとDELLとかHPとか、EPSONとかの大手BTOメーカー、中小で言うとマウスコンピューターとかサイコムとか、いろいろあるんですが。ここらへんのBTOメーカー、気になることもないではない、です。つまり、海外メーカーとか中小BTOメーカー全体に言えることですが、大手家電メーカー的サービスを期待しちゃいかんよ、ということでしてね。

日本の家電メーカーさんのサポートが、過剰なまでに丁寧なんです。SONYとかPanasonicとかですが、結構遅い時間までサポートしてくれたり、問題解決しなければ、調べてかけ直してくれたりとか。こんなにありがたいものはない、ってくらい、丁寧です。ただ、その分、コストはかかるし、そのコストは商品価格に転嫁されます。BTOメーカーが、パーツを寄せ集めた+アルファの値段設定ならば、サービスの値段は乗っていないはず。従ってサポートにも期待しちゃいけません。

でもね。トラブルの時に、対応してもらえないのは困る。そりゃあ困りますよ。ネット通販の怖いところはここで。メールでしか連絡がつかない、とか、平日の5時までしか電話が通じないとか。平日の5時に家にいるかっての。ということです。七転八倒、考えたんですが、結論はこうです。とりあえず近所の店に行こう。自作の可能性も少し持ちつつ、近所のお店にどんな製品が並んでいるのか、見てこよう。スペックも含めて。現状把握に行こう。

P1050483_2で。近所にPCデポというお店があります。家電屋ではないです。PC専門店です。自作用パーツもあり、既製品もあり、更に言うとBTO製品も扱っています。で。今時のトレンドを聞こう、とね。とりあえず、ちょっと昔にアキバのPCパーツ屋さんにいたような店員さんを捕まえて、聞いてみました。

てなことであればこれでいいんじゃないでしょうか、ってお勧めいただいたのが、今回、購入したozzioというBTO製品。まあ、大したことのないパーツを使っています。ケースを見ただけで、安いケースやなあ、と。でも、BTOなんて大抵そんなもんです。そりゃあケースに拘り、電源に拘り、CPUに拘り、MBに拘っていたら、あっという間に30万。それを削る。ただ、自分だとどこまで削っても大丈夫かの判断が付かない。どこまで安物で大丈夫かわからない。でも、お店で組んだものなら、仮にトラブルが起きた時にも、ネット通販BTOじゃない、近所の店で買ったBTOだから、すぐに持ち込みができます。

P1050583で、帰ってきて、電源を入れる。当然、電源が入ります。自作ならここで何時間か苦闘することがあります。OSも入ってますので、インストール時間もいらない。ネットワーク無線子機に有線接続すれば、即、アクティベーションが終わります。セキュリティソフトを入れたら、もう既にブラウジングができる環境ができました。まあ、あとはこれといって。あ、OSはWindows7です。最新のOSを入れる、ということには興味はありません。道具として、現状と同じ使い勝手に近いほうが便利です。

Core i7-4770/SSD120GB/HDD1TB/BD-R/GeforceGTX650/MM 8GB/ 以上税込119800円。現状維持のために、また12万。とりあえず奥さんには秘密です。でも、奥さんはときどきこのブログを読みます。読んだらバレます。時間の問題であります。

2013年11月 4日 (月)

iPad Air 128GB WiFi版を純正スマートカバーと一緒に買って、自分の支払った金額に驚愕する

20131101_163747_p1050457アポーゥ。アップルじゃない。発音はね。

でも、Apple日本法人はアップルだと言っているので、ここは登録商標というか、固有名詞ということで一つ。以前、困ったのがASUS。アサス、エイサス、アスース、で、結局、今はどうなっているんでしょう。これって損ですよね。やはり企業イメージというものを作っていく上で、ブランド名がぶれるってのは。そこでPanasonicはナショナルというブランド名を捨てたわけですけどもね。グローバル化するためには仕方がないんでしょうねえ。

Apple。以前ほどの優位性はない。らしいですな。ジョブスが亡くなったから、というほど単純な理由ではないでしょう。さっきのASUS始めサムスン、SONY、グーグル、アマゾン。Apple包囲網は着実に迫っております。

まあしかし。Appleも1社だけならここまで進化しなかったでしょう。マッキントッシュで終わっていたかもしれませんが、ジョブスが裏切り者と罵った(らしい)ゲイツのおかげで、相進化していったわけであります。生き残りをかけた競争が進化を促していったのですなあ。進化の袋小路に入った生物は、滅びを待つだけなのであります。

さて、そこで。「新しいiPad」(iPad3)からiPhone5へと、Apple化を進めてきた私でありますが、使いこなせてるたあ言えませんな。特にクラウドなんてのは、言葉は知っていても感覚的な理解ができていない。当然LINEだって意味が分からんです。ところで、一時世界を席巻したSecond Lifeちゅうたらもんの現状はどうなっておるのですか。栄枯盛衰であります。

で。すが。iPadはいまだに手離せません。iPhoneは手離してもいい、と思います。こんなケースに入れてるせいで、iPhone最大の魅力、ソリッドな美しさが台無しであり、それゆえにAndroidでもいいんじゃねえの、とは思います。が、iPadはダメ、譲れない。もちろん、機能的にはサムスンやLG,或いはMSでも代替できるのかと思いますが、使い込んだ安心感、保証料のようなもので、高品質のiPadがいい。と思い込んでしまっています。

なぜ、そこまでiPadが手離せないか、使いこなせてもいないのに。つうと。使いこなせてはいないけど、使い込んではいるのです。ブックリーダーとして。ちょいとブラウジングとメールも見ますが、ほぼブックリーダー。この9.7インチというサイズは、老眼の進んだおっさんにとって、とても素敵なブックリーダーなんですね。

そのおかげで、頑張って自炊もしております。新しく買った文庫は全て自炊して読みます。本棚に溜めません。ついでにシリーズものならば、最新刊と合わせて昔のものもPDF化しています。死ぬまでに、本は全て家の中からなくす。後片付けしてくれる人のためにも。まだ100冊程度しかできてないので、先は長いですけどね。

ただ、作業自体に慣れてきたので、効率が上がってきているのは確かです。後は、更にスキャナの速度が上がってくれば、言うことなしです。

が、ブックリーダーとして不満点が一つ。唯一最大の不満ですが、少々重い。私の使っていたのは「新しいiPad」。なんで「iPad3」って名前じゃだめなのってのは、もういいですけど、その後継機としてiPad4が発売されました。が、これは私的にはどうでもいいマイナーチェンジでしたわけです。コネクタ形状が変わったり、CPUが変わったりしても、そこを求めてるわけではないので、別に困らない。買い替える気は一切ありませんでした。

んが。iPadも進化します。進化速度としては、正直Androidには負けそうな気がしますが、それでもちゃんと進化します。今回の進化は、ベゼルを狭くし、厚みを薄くし、そして一番大切なのはここ、軽くなりました。iPad miniも新型になり高画質化したので、こちらにもそそられないわけではないですが、ブックリーダーとしては、私の目ではたぶん無理。文庫を読むのがツラいのに、文庫サイズと変わらないリーダーにしてどうする?俺。的な。

楽天Koboは初代で痛い目を見たので、もう買いません。いやいや、これは悪口ではなくて、今のものが改善されている可能性は大いにあります。ただ、これだけ様々な新製品が出ている現状で、一度失敗したものを買うより、ほかのものを試した方がいい、と思うわけですね。ネクサスやらキンドルやらが全滅して、生き残ったものがKoboなら、その時はひれ伏して購入させていただきます。

20131101_165049_p1050459ま、ともかく。そんなわけでiPad Air128GB買い替え決定であります。ちなみに今のiPad64GB、うちRAM使用量10GB。128GBも必要か?はい、そこです。

私の人生における目標は、一つにはマウンテンサイクリングin乗鞍においてクラス別で二桁台に乗せることと、それは厚かましいとしても、せめて100番台の前半くらいに入りたい。まあそれはどうでもいいとして。もう一つは、何度も言うようにこの膨大な文庫を電子化することであります。1冊の文庫の電子化に約20MB必要です。1GB=1024MBと考えると、概ね1GBで50冊の文庫のPDF化が可能です。となると、文庫だけなら6400冊が軽々と入ります。これだけを考えると64GBでも間に合いそうですが、コミックも電子化するとなると、たちまち余裕がなくなります。

コミックの場合は1冊100MBを越えることも珍しくありませんので、1GBで10冊しか入りません。64GBのiPadで2000冊の文庫を入れると約40GB 使用します。となると残りはわずか24GB。電子コミックなら240冊です。これは厳しい。最近の漫画、油断すると1シリーズの完結まで50冊とか100冊とか当たり前ですからな。ワンピースは読まないですけど。こち亀、も読まないです。でもキングダムは欲しいなあ、と。

おそらく、自分的には、この容量でも次のバージョンアップまではもてあますことでしょう。が、メモリ残量を考えてくよくよするタイプの人間なので、余りあるほどのメモリ量を確保しておこう、ということです。

ちうことで、とりあえずiPad Air に買い替えることにした次第であります。えーっと今月のお小遣いの残りがアレだけあるから、あとボーナスをもらった時のお小遣いがアレだけ貰えるから、といろいろと計算した挙げ句の決断であります。

で。買うとなれば、発売日当日でしょう、と。まあ、これはねえ。普通の家電の場合、発売日には買わないですよ。というか、そこまでのこだわりはないです。別に次の日曜でも、その次の日曜日でも問題はないんです。でも、当日。なぜに。

うん、これはねえ。過去のパターンから見て、初期ロット出荷後、次のロットが入荷するのがいつになるか、よくわからんからです。かつてのニンテンドーDSなんかを思い出していただけるとわかりやすい。いかに大量生産を得意とする中国であっても、世界中の需要を一度に満足できるほど、一気に作れるわけがない。というか、そんなことをしたら、次の週からは工場でやる仕事がなくなりますな。どっかのお菓子メーカーが、ブームで注文が大量に来たからと言って大工場をぶっ建て、工場が完成したときにはブームが去っていて、注文は通常レベルまで戻り、そして借金だけが残る、なんてことをやってましたが、会社というものは、いくら一時的な需要の増大が合ったとしても、供給のレベルは一定に抑えておく必要がある。というわけで、世界中に在庫を送ってしまったApple社は、次のある程度まとまった出荷量が出せる程度の在庫を持つまで、出荷が出来ない。

ということで、店頭に、「入荷予定は未定です。」と貼り出されるわけです。だから、第1ロットの販売時に買ってしまう、と。まあ、次に見かけたときに買えばいいんですけどねえ。日々、ブックリーダーとして活用しておりますと、これが重いのを日々実感するんですね。

だから、当日。確実に手にはいる当日。iPadもiPhoneも、発売当日はニュースになるほど行列が出来ているようですが、実際は、アレはお祭りです。Apple旗艦店で発売になるAppleの新製品を一番に手に入れる、という名誉を得るための、Apple信者の祭り。地方は、まあそこそこのんびりしたモノで、その日のうちでありさえすれば、なんとかなります。この頃は。

有り余り程潤沢にあるというわけではないので、そこそこ、あちこちに在庫の確認をする必要はありますけどね。私の場合は6店ほどに電話して、ぎりぎりでしたが、それもまあ128GBという、もともと数のあまり入ってこないものだったからで、32GBあたりは、発売日夕方くらいなら、どの家電店にもありましたわ。こんなところでもApple神話は徐々に崩れつつあるなあと、感じてしまいますよな。

20131101_165802_p1050462さて。手に入れた感覚ですがね。まあ詳細はあちこちのブログやらウェブニュースやらに取り上げられているんで、そのまんまです。特に素人のおっさんが付け足すことはないですが。軽いッス。どのくらい軽いかというとですね。純正のスマートカバーという、底面と蓋を兼用するタイプのカバーを着けた状態で、610g。これは一般的な雑誌よりは重い、例えばモノクロなんて雑誌の場合400gを少し切ります。が写真の多い自転車雑誌や山の雑誌、もちろん女性のキャンキャンとかですか、そういう類は800gはありますから、それらより遙かに軽いんですよ。ちなみに600ページを越える、少し分厚い文庫の場合で350g程度。裸のiPad Airが450gですから、カバーの重さが160gくらいはありますか。これを重いととるか軽いととるかは、人それぞれとしか言いようがありませんが、個人的にはこのケース、すげえ軽いと思います。

20131101_165849_p1050463ただ、造りは革というより段ボール感覚。安っぽいです。これで9700円は、正直かなり高い。とはいえ、この軽さで、安心してカバンに放り込んで使える安心感には買えがたいものがあります。加えて、落下や水没による故障も含めてを2年間保障してくれるAppleCare、9800円。これも含めると、iPad Air 128GB(Wi-Fi版)の総額は、10万円を越えます。げっ。いい信者ですなあ。

大丈夫です。ボーナス払いにしてあります。ボーナスでお小遣いを貰える予定なので、うん、大丈夫です。たぶんね。

2013年7月 6日 (土)

ダーレ2000DX② すげえぜ ぶっつり切れちゃうぜ

20130519_093004_p5190058さて、と。自炊ね。やっぱ面倒ッスよ。わざわざやるかなあ。つうか、ほんと電子化した時点で、読み返すことはあまりなくなります。一度は読みますけどねえ。

私、eBookというサイトで、よく電子ブック、主にコミックを買うんですが、これはいい。コミックブックって紙質、悪いじゃないですかあ。なんかあ、お日様に当てなくても黄変して、せっかく大事にしてたのにぃ、なんかあ、古本みたくなっちゃってぇ悲しいんですよぉ。

溜まると、邪魔ですしね。マニアックな本が溜まると、もろヲタク。若者時代ならまだしも,

いい年したおっさんが、部屋にコミック溜めているのもなあ。と思います。実際、子供のころのように、眺めてニヤニヤしたり、何度も読み返したりすることはそうそうはありません。となると。溜めるだけ無駄。なので、電子ブック。電子コミック。エレクトリカルコミックブック。クールJapan。適当です。勢いで言ってみました。

ともかく。電子化して持っているという安心感だけで、そんなに繰り返して見るわけではありません。ここらへんが歳を取ったせいなのか、電子ブックの特性なのかはよくわからんです。個人的体験の中での感想ですから、ほかの人は知らん。昔は、同じ本を何度も読み返して読んでいましたが、ねえ。

情報が多すぎるのかもしれません。100冊しか本をもっていなければ、何度も読み返すことができますが、1万冊あったら読み返す暇がないです。しかも次々に追加されるとすれば、尚更ですね。

20130629_201630_p6290002ところで。ねえ。読書って、どこでしますか。高校生のころは、道を歩きながら本を読んだり、授業中に本を読んだりしていました。図書館で本を読むこともありましたな。最近は、本を読む場所がとんとない。ウチの中でソファに座って読むこともないし、デスクの前で本を読むこともない。暇がない、と。いうか、猫が邪魔をして、おちおち本など読んでいられない。のかなあ。

猫はともかく。なかなか家の中の読書は進みません。一番集中して本が読めるのは、電車の中ですな。これは。1時間や2時間、ほんとに夢中になって読むことができます。乗り過ごしそうになることも度々。

通勤に時間がかかればかかるほど読書量は増えます。でも。今の会社は電車に乗る時間が45分程度なので、あまり読めません。新聞読んでたら、本を読むまでたどり着かないこともあり。

20111231_152948_p1010777なんで電車の中はあんなに本が読みやすいのか。不思議です。部屋の中にあれと同じ椅子セットを作っても、絶対に読書なんかできませんよなあ。キャンプでも結構読むことができますが、キャンプ地は本を読むには暗いんです。それにずっと本を読んでいると、なんだか読書の充実感より倦怠感が勝ってくるのはなぜでしょう。

そんなわけで、やはり電車の中で読書する、と。昔は1時間もあれば、薄い文庫は読み終えたんですが、今は一冊読むのに1週間はかかります。老眼ですかねえ。そこでiPad。そこで電子ブック。

電子ブックを作ろう、と。ほら、話がうまくまとまってきたぞ。やりゃあなんとかなるもんだな。で。

20130526_075347_p5260001いよいよ裁断機ダーレ2000DXです。もはや、これ一押し。民生用裁断機において、これ以外の選択肢はあり得ません。いや、そういうことになってるらしいです。知らないけど。高いですよ。37,800円。まあね。続くかどうか、はなはだ疑問な自炊専用機として、そんだけ払うか。

払いましたよ。お金持ちですもん。うっ。胃が痛い。夏のボーナスを、冬の間に使い切ってしまい、リフォームまでしてしまったら、キリギリスの冬状態。ああ、支払いをどうしよう。どっかからお金が降ってこないかと、空を見上げる毎日。そんな金持ちはいねえな。絶対。

なぜ、ダーレか。これはですね。安い裁断機は、てこの原理で押し切るタイプのものがありますわね。まずこれだと10枚以上の厚みは切れない。というか、厚くなると、重ねた上の紙と下の紙がずれる、端が千切れる。こんなんで、本一冊分、切れない。安物買いの銭失い、まさにそれ。知ってます。失ったことがあるので。ダーレは、刃が紙に対して平行に当たります。ですから、紙がずれにくい。真っ直ぐに切り落とせます。しかし、ずれないわけではないです。

これは、民生用ではどうしようもないんじゃないか、と思います。業務用の電動裁断機を会社で使っていますが、これだとまず紙を固定するレバーがあり、十分に圧をかけて紙がずれないようにして、刃が電動パワーで降りていきます。これならずれない。いや、それでもずれることがあります。でも、これたぶん30万円くらいはするよなあ。印刷屋さんで使っているレベルまで行かないと、ざっぱりときれいには行かないんだろうなあ。

数百万、数千万の世界ですかねえ。おいおい。誰が買うか。で。民生用のダーレ。個人で買うにはバカ高いけど。でも、自炊をするなら最低ライン、かつ最上ライン。という世間的評価なので、ダーレにしました。ダーレ2000DX以前のものと、ダーレ2000DXの最大の違いは、収納時に切断のための持ち手がたためる=(比較的)コンパクトにしまうことができる。後は、刃を交換できる、ということです。

結局、裁断機は刃物ですから、使えば刃が鈍ります。包丁なら砥げますが、裁断機の刃を砥げる人はそうそういない。やってみたいけど、怪我をしそうですよ。しかも切れない刃の出来上がり、みたいな。これだけの重さのある刃を落としたりしたら、足の指なんか簡単に切断できそうです。交換自体も怖いですよね。そゆことで、メーカーに送れば交換サービスもしてくれます。毎日使うわけでもないので、その方がいいかもしんないです。

で、何かを切るとなれば、包丁。もう一つ必要なのがまな板ですよ。実は、これが大事。こういうタイプの裁断機を使ったことがある方ならご存知でしょう。刃を下し切った先にあるプラスティックの棒、これがまな板の役目をします。繰り返し使っているうちに、これに切り込みが入ってしまうと、刃の切れ味も落ちます。ですんで、これも交換式です。あまりケチると、作業効率が落ち、肝心の性能を失うことになります。

あ、カッター。カッターの使い方でね。大切なこと。パキパキ折りながら使うこと。惜しまないこと。やっぱ切る場所がいつも新鮮でなきゃダメ。切れてナンボのカッターを、刃を惜しんで切れないカッターとして使うなんざ愚の骨頂、ということでね。交換品はどんどん交換する。切れないと思う前に交換する。これ要点。テストに出るから、ちゃんとノートに書いておくこと。はい。つぎね。

20130526_075458_p5260002でもなあ。使い勝手がいいわけではないです。よ。業務機使う機会があるから、比較しちゃうんですけどね。業務機との比較になりますが、1.8㎝までの厚みまでしか切れません。これだと500ページの文庫は一気に切れないので、一度、手作業で本を分割する必要があります。結構面倒くさい。紙押さえの機能がないので、入れた本が動かないように、手で本を押さえなきゃならない。その後で、切断レバーを下すわけですが、安全のため、横にあるロックを外して、レバーを下す。手は何本必要ですか?固定する手、ロックを外す手、レバーを下す手。文字通り手が足りないです。

切断箇所は、赤いLEDランプが示してくれますが、これ、あまり鮮明ではありません。白い紙だとそこそこ見えるものの、濃い色の表紙だと、切断目安としては、あまり役立っていません。

収納時にはレバーを倒して、本体を立てておきます。この時、レバーを倒す=刃が下りた状態になりますので、まな板となる棒は抜いておきます。もちろん刃は露出しないで、深く収納された状態になりますので、よほど深く指を突っ込まない限りは、手を切るなどのことはありません。でも、赤ちゃんのいる家庭は、油断できませんねえ。倒されても、重量があるので、ヤバいです。赤ちゃんからは避けて置きましょう。猫は大丈夫です。猫の脚では入りません。

まな板棒の問題はもう一つ、私のような薄らぼけた初老のおっさんは、次回に使うときに、まな板棒を元に戻すのを忘れてしまいます。それでも切れなくはないのですが、抑えがない分、紙がずれます。二度、やってしまいました。

そういう不満はあるものの、個人として買える値段でこの性能といえば、そりゃあもうダーレ一択だ、というのは、よくわかります。後は、自炊にどんだけ使うか、ですね。とりあえず今は、新刊本は全て自炊しています。溜めません。でも、ストックまでは、手を付けられないなあ。老後にやるかなあ。一日1冊やったとしても3年間。無理でしょう、それって。いや、その頃って、もうすぐあの世行きだよなあ。そんな作業に時間を使っていいのかなあ。いやいや、どのみちやることなんてないんだし、とかぐずぐずと思っているのです。

そんなことで苦労しているときに、角川と学研は、原則新刊を全て電子化するというニュースが飛び込んできました。早川と創元も、やってくんないかなあ。とか思いつつ。人生の残り時間をカウントしております。

より以前の記事一覧