Twitter

  • https://twitter.com/tuka_kaku
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー「住まい・インテリア」の18件の記事

2017年4月 1日 (土)

無印良品でベッドフレームを買い、意識高い系ロハスな生活を目指す

要するに、マットレスを買ったわけです。うん。マットレスを乗せるフレームは、これまで使っているモノがあるから、その上に乗っければいい。十分じゃん。そう、十分なんです。

 奥様との二人暮らしですからね。マットレス買うとなると、1個というわけにはいきません。2個、つまり1個の倍の値段がします。12万円×224万円。もちろんベッドパッドも新調したい。となると更に3万円くらいは乗っかります。30万近い。うううううう。

 ああ、でもね。よく言われるんですが、人生の1/4はベッドの上にいるわけですよ。10年しか使わなかったとしても、2.5年はベッドの上。まあねえ、そう考えるとねえ、と。マットレス屋さんのセールストークですが。そう考えれば、仕方ないかもと思えるわけですよ。うん。仕方ないね。

 でもね、フレームは別に寝心地に関わるわけではないので、フレームは使えるよなあ。いやでも一応、フレームの相場、見ておこうか、ってフランスベッドの販売会で見てみますとね、やっぱり10万近くするわけですよ。2台で20万。合計で50万ええええんん。これは辛いなあ。ボーナス払いでも空っケツになります。やめよう。

 ただね。20年くらい使ってきた今のベッドフレーム。正直飽きた。換えたいよぅ。と思ってたんですが、フランスベッド工場に置いてあるフレームは今ひとつぴんとこない。ぴんとこないのに10万も出す気がしない。贅沢だ贅沢だ贅沢だ、ということで、フレームはそのままで。後は、シーツですね。ところがですねえ。家具屋さんにあるシーツは、これまたどうもピンとこない。ぴんとこない上に高い。もうこれは通販かなんかでいいんじゃないか。無印良品とか。その辺りのシンプルでざっくりとしたのがいいよねえ。と。

20170322_193204_p1010314_3 よし無印良品ストアに行こう、ということになったわけです。仕事帰りに無印良品ストアに寄って、そこでつらつらと歩いておりましたらね。ベッドがある。ベッドがあるわけですよ。それもフランスベッドに置いてあるのよりかなり格安のベッドです。が。しかし。これ良くないですか。つうかよくなくないですかー。って感じぃ。

 まずですね。フレームがすごくシンプル。脚元がずっと見通せて、ルンバくんがすっと入れそうな、猫もすっと隠れられそうなすっきりとしたベッド下。ヘッドボードもすっきり。シンプルなオーク材。ごちゃごちゃしたものが一切付いてない。しかも。ヘッドボードとフレーム合わせて5万円しない。組み立て作業入れても、2台分で10万円を切る。かつデザインが好き。これいい。素敵かも。

これ欲しい。買う。と奥様にラインで写真を送りました。ダメと言われたら諦めが付きます。なんにしても既にフレームはあるわけですし。ねえ、そんなに買い物ばかりしてたらアカンでしょ。と。ところが、奥様も、あらいいじゃない的なノリで。買っても良さそうな雰囲気です。でも買いませんよ。実物も見せずに、一人でそんな高いモノ買うわけないじゃないですかあ。うん。

20170225_122149_p1010261_5 後日、二人で無印良品ストアに行きましてね。まあこれならお安いからいいかもね、と。改めてお許しをいただいたわけですよ。もうこの先死ぬまでベッドを買い換えるなんてないだろうしね、と。老境ならではの清水飛び降りですよ。なんかこの頃そういう勢いで買ってしまう大型商品、多いです...。貧乏老後に突き進んでる気がしないでもないです。

 ついでに、てか、もともとはそっちがメインだったはずですが。シーツ類も一新します。無印良品家庭ですね。意識高い系ハイソな生活ですよ。なんつうんですか、えっと、ほらあのスローライフ的な合い言葉のえっと。ロハス?的な?ねえ。おされなベッドルームの出来上がりです。

 今回購入したシーツは、何種類かある生地のうち、「麻平織り」というもの。シングルのかけ布団カバーが7000円。ちょっとお高い。お高いですがあ。それでも家具屋さんで売ってた、薄っぺらい色のシーツより安い。ような気がする。たぶん。それにね。ウチは猫がいるでしょう。これと遊んでいるときに、けっこう猫がシーツに爪立てて踏ん張ったりするのですよ。デリケートな素材だと、あっという間に引き裂かれてしまいます。どうせなら、ある程度の強度は欲しい。それでちょいと生地が厚めに感じられたこれ。

 それにね、これから暑くなってくるわけですが、そんなときにも麻の入った生地はきっと快適なはず。はずであります。

 それはともかく、大事なのはベッド全体の寝心地です。マットレス屋さんが言ってました。身体が慣れるまで2週間は様子を見て下さいね、と。うん、様子を見るよ。見るってか、寝るよ。うん。

 あのね。気持ちよいです。まずベッドの柔らかさ。マットレス自体はやわやわではない。けれども古いマットレスに比べると、ふんわり沈みます。際限なく沈むのではなく、ある程度受け入れるとしっかり反発するというか。身体の一部に体重がかかるのではなく、身体のカーブに合わせて体重が受け止められていくので、文字通り包み込まれるような感じがします。

 一部に体重がかかって、どこかが疲れると言うことが少ないので、あまり寝返りを打ってないようです。もぞもぞと姿勢を変えるくらいのことはしているようですが、身体が凝る感じがありません。一緒に換えた無印良品の麻混のシーツのせいもあるでしょうが、表面がさらりとしつつ、くるまれていく感じ。この季節のおふとぅんの気持ちよい頃には、耐えられない快感であります。

20170401_183540_p1010383_3 すっきりとしたベッド下は予想通り、ルンバくんもブラーバちゃんもすっと入り、猫の毛も溜まりにくい。ちなみにオプションでベッド下に設置する引き出しのような設定もあるようですが、個人的には論外です。せっかく風通しを良くするための空間なのに、わざわざモノを入れたくないので、引き出しはいりません。

 うちの猫は玄関のピンポンが鳴るとダッシュでベッドの下に隠れるんですが、それもまあスムーズに。しかも。見通しがいいので、朝出かけるときに猫がいない、なんて時にも、すぐにベッド下を確認できます。

 すっきりしたヘッドボード、ふんわりしたベッド、なかなか良い買い物をした、と満足できるので、フランスベッドの工場なんちゃらセールみたいなわけのわからん売り方も許してやろうと思いました。

2017年3月22日 (水)

おふとぅん...。ベッドだけどな フランスベッドマットレス LT-750N

20170322_192006_p1010304 実は。

 ベッドを買い換えました。思い起こすこと数十年前、高度経済成長期における日本の農村での生活は、まさに西洋化への傾倒を進めていたわけでありますが、とはいえそれらの習慣はTVや週刊誌で見る程度のもでしかなかったのです。

 確か高校生までは、和室に布団を敷いて寝ておりました。浪人生となって一人受験に向けた夜通しの受験勉強をしておったときに初めて3畳ほどの個室を貰い、そこをベッド化したわけでありますが、ベッドと言っても当時そんなものを買う余裕もなく、ビールケースを敷き詰めて作った寝台に布団を敷いた、ベッドもどきであったわけです。その生活は大学まで続きました。ベッドは寝台に布団を敷いたもの、敷き布団必須です。

 まあそれでも布団の下に空間ができますから、布団を敷きっぱなしにした時のような、カビが生えるようなことがなくなりますので、不精な若者には便利なものです。なにより、自作とは言えベッド。洋風な、アメリカンライフであります。ちなみにこの頃、町の雑貨店で売ってた、ネオン管で作ったバドワイザーの看板など、置きたがる学生多々あり。まあそういうものを買う経済的余裕もありませんでしたが、いいなあ、と思ってみてたものです。この頃買ったペンギン型のライトは、未だに捨てられず置いてあります。電球は入ってないです、もう。

 さて。独り立ちして就職し、結婚した後もしばらくは布団暮らしでした。まあ貧しかったのでね。そうそう広い家を借りることもできませんでしたので、片付ると部屋が広くなるお布団は重宝しました。が。敷きっぱなしにできるベッドがいいなあ、という憧れはね、うん常にありましたよ。

 そして今のおうちに引っ越してきたわけですけど、ここはもう気がつくと軽く10年以上住んでいます。このおうちはちゃんと寝室にできる部屋もありましたんでね。ベッドを買いました。ちゃんとしたベッドは人生初めてです。そりゃあもう感動しましたね。そもそもベッドというのは、布団とは違うんだ、ってことが初めて分かった瞬間です。

 和式の布団というのは、基本は敷き布団を置き、その上に掛け布団を置く。間に挟まって寝る、という単純なものです。しかしね、これはよほど敷き布団が分厚くないと、背中が痛い。いつの頃からか、敷き布団の下にスポンジでできたマットレスが敷かれるようになりました。また掛け布団の間にタオルケットや毛布という季節に合わせた工夫もされるようになりました。たぶんね。これが布団の構造です。おそらく床が多少とも弾力のある畳の上だからこそ成り立つ構造のような気がします。板の間では、硬いなあ。昔の人は大変だったでしょうね。

20170322_192154_p1010308_3 ではベッド。まずベッドの基本はマットレスです。マットレスというのは布団とは構造が全く違う。布団は中まで綿や羊毛などがびっちり詰まっております。その厚みで、弾力性を確保します。一方、マットレスは、中は空気です。もちろん空気だけでは潰れてしまうので、空間を保持する構造物、例えばスプリングだとかスポンジだとかをいれます。

 布団に直で寝ると、身体から出る汗は布団に吸収され、布団はじっとりと重くなります。敷きっぱなしにしているとカビが生えるゆえんです。一方マットレスは中がスプリングなどで支えられた空気ですから、湿気が籠もりにくい。さらに通気性を良くするために、木などのフレームで作った寝台を置き、その上にマットレスを乗せます。こうすることで更に通気性は向上し、少々のことでは黴びることはありません。たぶん。

 さて。問題は寝心地なんですが、ベッドの寝心地はマットレスの中にあるスプリングによって決定しますな。例えばですよ、スプリングコイルを4隅にだけ入れて直方体を作る。形はマットレスになっていても、寝られたものじゃありません。真ん中ずどんと落ちてしまう。もう少し増やしましょう。ということで。スプリングの数が多いほど、寝心地は向上するはずですが、無限に入れると鉄の塊のようになってしまいますので、そこはもう限度というものをわきまえていただきたい。誰がわきまえるかというと、もちろんマットレスのメーカーさんです。コイルの数、並べ方、コイルの反発力、そうしたものをコストとバランスをとりながら、設計していくわけですね。

 なるほどな。ということで、当時、まだ元気だった頃の大塚家具さんで、あれが良いかこれが良いかを悩んだわけです。そのころ、まだね世間も布団からベッドに移行している真っ最中だったのか、布団信仰のようなものがありました。つまり、「ベッドは布団に比べて柔らかすぎて腰が悪くなる」というものです。硬いベッドのほうが腰に良いと信じられていたのです。ですからウチが買ったマットレスも、ソフト、ミディアム、ハード、スーパーハードと四段階くらいあったうちのスーパーハード。手で押すとぽんぽんと返ってくるような反発力がありました。

 これがベッド。おお、なんというハイカラな。

 ところがですね。どんなものにも寿命があります。およそマットレスの寿命は10年と言われています。10年使ったから即座にダメ、というものではなく、徐々に性能が落ちていく。毎日寝ていますから、その変化に身体が慣れてしまいます。なかなか寿命に気がつかない。しかしね、10年の寿命説に対して、ウチのマットレスは軽くそれを越えています。10年くらい。いやいくらなんでもダメだろ。と。なんぼなんでもあかんやろ、と。言うわけで、ベッドを替えることにしました。

 どんなベッドにしようかなあ、と考えたとき、柔らかいベッドにしたい、というのがありました。まあね、年をとって海外も含めあちこち旅行をして歩くようになりまして、台北のシェラトンでしたかね。ふわりと柔らかいベッドに包み込まれるような感覚。ああいいなあ。お姫様だあ。と。柔らかくても良いんだねえ。と。いつかはこういうベッドを入れたいねえ、と思っていたわけですよ。

20170322_192430_p1010313 そこで今回、どこでベッドを買おうかなあ、とやほーでねいんたーねっとというものを検索していたら、ウチからそう遠くないところに、フランスベッドの工場があり。そこで工場直売セールをやっている、と言うではありませんか。これね。ある意味あやしい。検索サイトのトップに上がってる広告なんてねえ。広告費を打ちまくってトップを確保してるわけじゃないですか。そう考えると、あまり信用したくない気もします。とはいえ工場で販売してるわけですから、定価もわかって保証もしっかりしてる。それに家具店と違って、マットレスに特化した話が聞ける、と。まあね。騙されてやる、ではないですけど、乗っかっても良いかなあ、ということで、フランスベッド工場直売セールに行くことにしました。

 結論から言うと、セールと銘打った常設展みたいな感じです。ずーっと毎週のようにセールをやってるようです。まあ、それはいいんですけどね。別に変なものを売ってるわけではありませんから。家具屋さんがフランスベッドとタイアップした企画を、フランスベッドの工場を借りてやってる、ということですか。まあでも、逆にフランスベッドの工場でやる以上、品質も売価もちゃんとしてる、ということはありますから。最安ではないでしょうけど、その分、説明などもしっかりしてるし、フランスベッドに限れば、全製品の扱いがある。なるほど、それならいいか。と自己完結的に納得して行きました。良いのかどうかは知りません。もう買っちゃったので、言い聞かせる必要があります。

 フランスベッドの標準的なマットレスは、値段の安い順にLT-300LT-500LT-750LT900というラインナップ。それぞれにハード、ミディアム、ソフトがあります。それぞれのランクで2万円ぐらいずつ値段が上がります。まあどれを選んでも、そうそう変なものはない、そこがブランドのしっかりした製品を買う安心感です。実際そうかどうかは、知りませんよ。上から2番目のLT-750を選択します。特上、上、中、下とあった場合、上を買ってしまうのは人情です。

 そうしますとね、昔買った大塚家具のコイルスプリングのベッドの表面が板バネのようですらあったのに対して、今のは、今のはああああァ。ふんわりしてる。ふんわりしてるんです。ちなみにソフトとミディアム、ハードの違いはスプリングの堅さではなく、表面のマット部分の柔らかさだそうです。ということは、ソフトを選んでも沈み込んでしまうというわけではない、ということですね。なら、ソフトだ。ソフトな表面でベッドに包まれましょう。うん。セールスのおじさんが、体重に合わせてミディアムを勧めてきたのを無視して、ソフトを選びます。

20170322_192154_p1010306_2 マットレスの上には、ベッドパッドを敷きます。これはまあ、汗、汚れ対策です。マットレス自体は選択できませんからね。猫がおしっこしやがったり吐いたりしたときにも大変有効です。ベッドパッドは必須です。

 ということで、ベッドシリーズ第一弾終了。第一弾? はい第一弾。

2014年11月24日 (月)

きれいなお家はうれしいな ユニチャーム ウエーブハンディワイパー

0142f4f37adf1d62a49852699600ae166_2奥さんの妹夫婦が遊びに来ましたんで、ひさしぶりにちゃんと飯を作りました。といっても、これまで作ったものの焼き直しですが。だんだんとイメージで作ることができるようになる一方、同じものは二度とできない。うむ。

 

えっと、でも。紫玉葱のスライスしたやつに真鯛のマリネを乗っけた上から、レモンピールをかけてみたのは成功でしたな。蛸のアヒージョの周りにグレープフルーツを置いたのも爽やかで良し、と。メモメモ。

 

義妹夫婦が来る前から、奥さんと取り組んでいた断舎利の作業中に、ついでにお部屋の埃取り、ハンディモップ掛けしておりました。使っていたのはこちら。ホームセンターで買った化学モップ。昔はダスキンを使っていたんですけど、交換と汚れるタイミングが合わず、交換をすっ飛ばしていたら、そのうち来てくれなくなりました。

 

P1060196_2マンション購入当時はマメに掃除してたんですけどねえ。モノが溜まり、猫もおり、埃や毛玉の類はある程度は目をつぶらざるを得ない、とね。諦めておったのです。

 

もともとは、私は雑貨とか小物とかが嫌いで、その理由というのが、埃が溜まる。たまった埃を掃除するマメさがない。つまり自分の管理能力を知っておるからです。分をわきまえる、ということであります。ところが、奥様はお家をきれいに飾りたい。うん、それはね大事。ただ、管理できないものに誇りが積もった状態は、元がどんなかわいい小物でも、それはもはやかわいくない。と、私は思うんですけどね。まあ長年住んでると、最低限と思う小物が溜まっていくわけですよ。

 

小物の類はまだいい。というか、実はもっとたちの悪いものがある。それは私が買った電子ガジェットの類だの自転車用品だのの細々としたもの、で、まだ使うのか使わないのか判らないようなモノども。こんなもんが部屋のあちこちに散乱してたら、奥様の小物に文句など付けられる立場ではありません。

 

ま。しかし。二人とも歳をとりましたんでね。人生の先が見えると、いずれは捨てるものじゃないか、少しでも捨てておけるものは捨てておけという心境になりました、と。そこでどんどん物を捨ててる段階です。

 

そうするとですねえ。部屋が広くなりました。あ、すまんです。自転車は増殖しますけど。それは、こおーっちのほうに置いといて。部屋の凸凹が亡くなったので、掃除がすごく楽なんです。となると、埃の溜まる部分にモップ掛けたいー、という欲求がモクモクと湧いてきました。ダスキンないのか、ダスキン。うん、ないんです。

 

ホームセンターモップ、これね、汚れると洗うこともできるし、専用スプレーをかけて再生することもできます。でもね。面倒くせええ。お掃除するときに面倒くさいってのは致命的ですよ。掃除ってのは、気が付いたときにすぐちゃちゃっとやっちゃえないと、後回しになるもんです。

 

奥様が、どなたか片付け名人の言葉を引用して教えてくれました。掃除ってのは汚れる前にするもんだ、と。埃が溜まる前に拭いてしまうと、いつもきれいなままなんだ、と。ふむ。確かに。1か月埃を溜めた棚の上をモップ掛けすると、あっという間にモップがドロドロに汚れてしまい、交換せねばならず、面倒くせええって状態になります。そうなるとやる気半減、どころかやる気消滅ですよ。

 

P1060192ホームセンター化学モップ、やろうと思ったときに汚れていたり、交換する在庫がなかったりすると、その時点でアウト。なんかいいもん、ないかなあ。と思っていたら、こんなものを発見。ユニ・チャームのウェーブ ハンディワイパー。あら。世の中の奥様は、みんなこんな素敵なものを使っていたのね。あらあら。

 

要するに使い捨てできるハンディモップですな。同じような製品で、花王のクイックルハンディモップというものもございます。どっちでもいい。どっちでもよかったんですがあ。私的にはウェーブハンディワイパー。なぜに。うむ。実は本体の機能、モップ部の機能ではないんです。使いやすいか使いにくいか、というそこに特化しました。

 

思いついたとき、気になった時にさっと掃除できることが大切だと申し上げました。うん、そこでね、問題となるのはモップをどこに置くか、なんですよ。以前のダスキンなんかの場合は、そこそこ大きく目立つので、リビングの扉のある戸棚の中にしまってありました。あれはダメですね。扉を開けること自体が面倒くさい。で、最近はテレビの横に置いたりしていたんですが、それもダメです。目立ってインテリア感ダメダメです。まあ埃が積もってる時点で、インテリア感もなんもないっちゃないんですがね。

 

どっか机の上とかに置くと、もうそれ自体で散らかって見えるでしょ。ふむ、どうしようとかなと思ったところ、これって今だけセールかもしれませんが、ウエーブハンディワイパー特別セットみたいな形で、ハンディワイパーを立てておくケースが付いておりました。これがまあ、実にちゃちな作りでありまして。まあ販促品ですからねえ。たいしたコストはかけてないです。

 

P1060201が、これいいかも。立てて使うスタンドタイプですが、おそらくスタンド上にすると邪魔くさかったり、倒れてしまったりして、使い道がないかもしれないような代物です。が。よく見ると上の方に小さな丸い穴がある。これだっ!と思いましたね。このところ、整理づいてるせいで、ウチの中にはあちこちワイヤーラックがあります。ここ。ここにインシュロックでカチッと締めれば、倒れることもなく、邪魔になることもなく、目立つこともない。これです。台座の部分は逆にもう必要がないので、ニッパーで切り取ってしまいましょう。と。

 

で、留めてみました。これが非常に調子がいい。ぱっと突っ込んでぱっと出せる。モップも使い捨てなので、汚れを気にせず使える。

 

P1060195ウエーブハンディワイパーは収納時はなんだか平べったいですが、手でクシュクシュともんでやるとふわふわになります。さらに、こういうものはだいたい先端部から汚れていき、手元に近いほうがあまり汚れにくいということになりますが、ふわふわ部はどっちからでも柄を突っ込めるので、ある程度先端が汚れてきたら、前後を入れ替えると、二度おいしい。ってか、ちゃんと使い切った感があり、捨てる時にももったいない感がないのがいい。

 

取り換え用は一枚当たり60円くらいですか。高いか安いかはよくわからんですけど、掃除のしやすさが60円で買えると思えば、安いかな。お値段的には、クイックルハンディモップとは変わらず、性能的な比較もできておりませんが、使いやすさという点では、今はとっても気に入っております。

 

ただ、この販促品は在庫がなくなれば終了。でしょうねえ。まあ、その場合は、ウェーブハンディワイパーでなくても、クイックルハンディモップでもいいということになりますし、まあ、なんだ。掃除は気になった時にできることが大切なんだよ、と、ね。

 

P1060198とりあえず、突然の来客にも対応できますし。うん。ああ、初めてパエリアパンでパエリア作った話もあったんですが、まあそれはそれで。写真撮るの忘れましたしな。

 

2013年12月 1日 (日)

素敵なリフォーム シンク周り

シンクは、水栓はどうなってるの、というご質問をいただきました。なるほど。確かにシンク方面はあまり書いてなかったですわ。書き出せば、それで一つネタができるくらいなことはありますな。というより、他愛無いことを延々書き連ねるのが、このブログ。書くか。シンク周り。

Pb300035というわけで、まずはご質問のあった浄水器をどうするか。まあ、実はこれはあまり迷いませんでした。ウチのシンク周りはこんな感じ。左手側に水栓。右手側にビルトイン浄水器。これで決まり。

水栓の選択は、まず浄水器を付けるか付けないか、という選択肢があります。まあ、これは付ける方向で。というか、以前から三菱レイヨンのビルトイン浄水器クリンスイを使っていたんで、その流れです。

水栓につける浄水器は、3種類に大別できます。まず現在お使いの水栓の蛇口にポン付けする、いわば簡易型。水栓を取り替えて、水栓の中にカートリッジを入れ込んだ浄水器一体型水栓、そして、専用の浄水器水栓を別に付け加えるアンダーシンク型、またはビルトイン型水栓。それぞれメリット、デメリットがあります。

簡易型、というか水栓にポン付けするタイプのものは、コスト的に安いですが、どうしてもカートリッジが邪魔になり、邪魔になると言いつつ、容量はさほどではありません。頻繁にカートリッジを交換する必要があります。しかも見た目もすっきりしません。またねじ止めなどで固定するため、長期使用をしていると、ぐらついたり、水漏れしたりして、あまり気持ちのいいものではなかったと思います。昔のはね。今のは改善されているかもしれませんよ。しかし、キッチンリフォームのときなどに、あえてこれを選ぶ意味はありません。

浄水器一体型だと、シンクの水栓が一個で済みます。当然、見た目もすっきりします。が、蛇口の中にカートリッジを埋め込んでいる関係で、どうしても蛇口が大きくなり、デザインも限定されてしまいます。加えて、一体型は、人によっては問題が生じます。私のようなぼけぼけした人間に共通の問題であります。それは、今流れている水が、浄水なのか、普通の水道水なのかがわからんくなる、ということです。気が付くと浄水で食器を洗っているなどという、たいした間違いではないけれども、ああ、もったいないことをしてしまったという無用の後悔に苛まれるであろう、ということであります。それもたびたび。

ポン付け浄水器の場合は、更に浄水時にやってはいけない、カートリッジに温水を通すなどという間違いを犯してしまうかもしれません。これは。私のようにぼけぼけかつくよくよするタイプの人間には、単機能の方がいい、と思いますね。一体型の場合は内部で切り替えるので、温水を通すという間違いを人為的に起こすことはなかろうと思いますが、そこらへんは憶測であり、メーカーさんに確かめていただきたいところであります。

P1050585加えて言えば、ビルトイン浄水器と、浄水器一体型水栓ではカートリッジ容量が大きく違います。ビルトイン浄水器は、概ね1年に1回の交換で済むのに対し、一体型はカートリッジが小さいので、4か月に一回の交換が必要です。型番によって違うので一概には比べられないですが、高品質タイプのカートリッジを使った場合、アンダーシンク型で1年で約2万、一体型で約3万。10年使い続けた場合は、その差額10万です。安いタイプのカートリッジなら、ほぼ同じコストになります。まあ、安い奴でも十分だと思いますが。

あと問題は、交換作業ですね。アンダーシンク型もそんなに難しいわけではないのですが、カートリッジがシンク下に入っているので、交換のときはどうしたってシンク下のものを片づける必要があります。これは面倒。

こちらで質問戴いた方は、一体型をお使いになりたいということであり、これは頭の良い方にはお勧めでありますが、私は迷わず分離型を選んでしまったので、一体型については一切助言申し上げられません。こんだけ長く語って、そんだけの結論かよ、と。そうです。中身のないことについては比肩するものない。うむ。

Pb300034水栓のデザインについては、これは好き嫌いなのでなんとも言えません。ウチの場合、水栓のデザインもさることながら、このホースが引き出せる、というあたりが譲れなかったライン。タッチするだけで水が出る電動のスイッチとか、いいなあ、と実は最近思います。お肉触った手で水栓をレバーを触るのは、なんかヤですよな。なんかじゃなくて、実際問題として衛生的ではない。トイレのようなセンサー式だとたびたび止まってしまい、それはそれで不便だと思いますが、タッチ式スイッチだと汚れていない手のひら側で触るだけで水が出る。これはいいと思いますよ。停電の時はどうなるんだろう。そういう問題はありますが。そこは電池式かな。

ただ、リフォームの時は、あれもいいし、これもいいと付けていると、あっという間に総額が膨らんできますので、割り切るところは割り切らざるを得ません。どっかを割り切らないと、どこも割り切れないということになります。タッチ式水栓は、割り切りました。予算がある方にはお勧めします。

とはいえね、最近、どこか外にお出かけしたときに、トイレ、使うでしょう。いやまあ、使わないこともあるでしょうけど、だから使うときの話ですってば。トイレ使った後で手を洗います。いや、そこは洗いましょうよ。だから。で、手を洗うために蛇口に手を持って行って、しばらくそのままのポーズで待っていて、ふと気づく。あ、自動じゃない。

これはどうなんだろう。とふと考えます。うちのトイレは用がすむと自動で流してくれます。これと洗面所の自動水栓で育った子は、蛇口をひねるという行為を、保育園に行くまで、あるいは小学校に行くまで学べなかったりすることもあるわけですよなあ。昔、学校のトイレで流してないバカがおりましたが、あれはうっかりさんか、悪意のあるバカですが、これから先、洋式のトイレでは流す習慣を忘れる方も多々増えてきたりするんでしょうか。人のことは言えんけどね。呆けるのは、子供よりこちらのほうが早いでしょうし。

さて、ついでに水栓を離れて、シンクの使い勝手ですが、うちは色は黄色です。まあこのあたりはお好みで。ステンレスと迷ったんですがね。天板もステンレスにして、どこぞの厨房風にしようかとも思ったんですが、パネル類もウッディな感じでまとめてますし、暖色系でやってみるか、と。ライムグリーンとかオレンジとかもいい感じでしたよ。

それはともかく、天板は一番安い、まっ白い板。ここはコストカットで。お金のある方は大理石模様かなんかにしていただくと高級感が出ます。まあ、いいの。お客さんに見せるわけじゃないし。自分で使う分には、慣れる。と納得させます。

で、流しですがね。最近の水栓はホースが引き出せるタイプのものが増えてきました。これは結構いいです。シンクが広くなった分、お掃除のときに隅々まで水を流したい。そういうときにすっと引っ張っていけるのはストレスフリー。助かります。で。ご覧の通り、生ごみを捨てる三角コーナーがありません。流しの奥に生ごみをためるポケットも、ほぼありません。

Pb300036あれねえ。あそこ、どう掃除したって、つうか毎日磨きでもしなきゃ、かならず雑菌が繁殖しますね。まして生ごみなんか一晩置いておけば、翌朝は大変なことになっておりますが、でもね。そういうもんだと思って使ってきました。ところが、最近のシンクはそういうもんがないんです。いや、調理中の小さなゴミを受ける程度のスペースはありますよ。それだけです。つまり、生ごみは溜めない、という発想の転換であります。

私も料理をするときは。基本的には調理終了後は最後に使った鍋以外は全てきれいになっている、という状態を作ります。調理途中で出た生ごみは、その都度捨てていました。が、これは非効率。ごみ箱が後ろにあるとはいえ、ちょっと手間です。そこで、調理中の生ごみを捨てる用の小さなボウルを調理台の上に置いておきます。ここに溜めていくんですね。ある程度溜まったら、捨てる。大きなごみは、調理中でもごみ箱に捨てる。キャベツの外側の葉っぱとか。

シンクのごみ受けに溜めるごみは、ほんとに屑のようなものだけになります。これだと、夕食の後、捨てた生ごみが腐って臭いを発することもありません。軽くハイターかなんかを撒いとけば完璧であります。まあ、うちは猫がいるので、念のためにしばらくしたら水で流しますが。

リシェルにして、まずレンジ台が大きくて使いやすくなりました。シンクも広くて使いやすい。掃除も楽です。その上、収納力大幅アップ。食洗機はちょっと使いづらい。けど、とりあえず深型にしておけ。鍋もちょっといいものかっておけ。バーミキュラとか。納期8カ月だけど。ウチは使いこなせなさそうなので買わないけど。じゃあ、何を使うか、まあそれはそのうちに。

ネタは貴重であります。

2013年11月16日 (土)

素敵なリフォーム キッチンその後 換気扇リンナイ UGR-3R-AR601LS-1とビルトインガスコンロDELICIA RHS71W15G7R-STW

P1050487紆余曲折ありまして、ウチのキッチンシステムはLIXILのRICHELLEという素敵なシステムでありますが、レンジフードはリンナイ。でもいいんです。リンナイだろうがLIXILだろうが、TOTOだろうが、結局は国内のレンジフードのほとんどは富士工業製のOEM.つうことで、多少のデザインの変化はあるものの、機能的には似たようなものです。

ですんで、最新、とまでは言わないものの、それに近い最近のレンジフードはどうなの、ってことでお話し申し上げましょう。

ウチのレンジフード、通称AirProですが、ウリといえば、①お手入れ楽々、②パワフル吸引力、③とっても静か、④コンロ連動、の4つです。

④からいきますね。コンロ連動。これはね、便利ですよ。ガスコンロに点火すると自動でファンが回り出し、料理を終えると、そのうち止まる。当たり前に便利。一手間省けます。が、これ、コンロの機種に依存します。熱感知とかではないんですね。コンロからの信号、電波か光か赤外線か知らんですけど、これに対応してないコンロでは、この機能は働きません。ある程度上位機種のコンロを選ばないといけなくなるわけですよ。熱センサーで動かせばいいのに、って思うんですけど、なんか問題があるんでしょうね。たぶん。DELICIA GRillERを使いたかったのに、と、未だに思ってますが。

いや、DELICIA RHS71Wが悪いわけではないですよ。まずね、75㎝幅。これはね、もしキッチンに余裕があるなら、ぜひ使うべきです。システムキッチンを入れ替えると、収納力が大幅にアップします。少なくともRISHELLEに入れ替えると、ですが。そうしますと、これまで食洗機などを置いてあったキッチントップに余裕が出ます。その余裕を、このビルトインコンロの幅に使うべきです。60㎝幅のものから、大幅に使い勝手が良くなります。

鍋と鍋、フライパンとフライパンがぶつからないのが、こんなに気持ち良いものだとは、というくらい、使い勝手が向上します。あ、でもそれってDELICIAのおかげじゃないや。他のメーカーでも同じですね。75㎝幅、最強。まずこれね。あ、と。レンジフードに一度、話を戻します。

レンジフードの③です。とっても静か、かどうかは、うーん。よくわからん。それなりに火を使って、それなりに熱が出てると、それなりの音がしますよ。ただAirProには、常時換気という機能がありまして、ゆっくりと1日中回しております。確かに、このモードのときは、音は気にならんです。で、コンロに火がともると、グォーッと自動的に回り始める、と。ほぅ、っと納得します。

レンジフードの②です。吸引力です。これもねえ。よくわからんです。今までのシロッコファンとそこまで違うか、というと、見えないんですよね。効果が。煙実験でもせにゃならん。まあ、今までのものでもちゃんと排気していました。これもちゃんと排気します。そんなところで。

さて、問題なのは①、お手入れ楽々、です。レンジフードのお掃除の面倒くささときたら、2万円くらい払ってプロに頼もうかと思うくらい大変ですよね。老後のことを考えると、少しでも楽にできるなら、って思いはあります。これが、広告ビデオを見ると、実にお手入れ簡単。と。まるでTVショッピングのようなノリで、お兄さんが紹介しています。

で。実際やってみました。結論から言うと、楽っちゃ楽です。夢のように楽かってえと、そんなこたあない、ってほどには手間がかかります。1時間かかっていた作業が、30分で終わる程度には、楽です。

細かいパーツが少ない。それは確かです。ねじとか小さな蓋とか、そういう小物がないので、なくす心配もない。

P1050490手順としては、
①整流板を外す、これは簡単。ノッチを押してロックを外し、反対側を止めているフックを外す。

①整流板を洗う。これは大きいのでちょっと面倒。CMだと溌油加工のおかげで、普段は濡らした雑巾でさっとひと拭きするだけ、ってことになってますが、どうでしょうねえ。毎日拭くなら確かにそうですが、毎日、こんなもん拭くんですか。そうですか。うん、まあしょうがねえや。そこは譲ろう。でも、私のように4か月に一度の徹底的お掃除の場合は、それじゃあネトネト感が残りますので、いっそシンクで洗ってしまったほうが楽だし、隅々まできれいになります。まあ、確かに溌油加工のおかげで楽です。

P1050491③油ポケットを外します。ウチみたいに、揚げ物などほどんどしない中高年の夫婦ものでも、結構油が溜まっていますので、やぱり普通のご家庭だと1か月に一度は、お手入れしたほうがいいッスよ。これは、溜まった油をペーパータオルでふき取って、スポンジと洗剤で洗えばよろしい。

④シロッコファン周りのリングを外す。スライドするだけで簡単に外れます。これも洗剤とスポンジで洗えばよろしい。

⑤シロッコファンを外す。UGR-3R-AR601LS-1の場合、中央を指でつまむだけで外れるので簡単に外れます。さて、問題はここからです。溌油加工をしてあって、油を吹き飛ばしているはずのシロッコファンの羽ですが、全く脂が付いてない、なんてわけはありません。付着する油は当然あります。この羽の部分をどうやって洗うか。これが問題ですねえ。

一番簡単なのは、浸け置き洗いです。私の場合はマジックリンの濃い溶液を作って30分ばかり浸けておきます。食洗機に入れて洗うという手もありますが、以前使ってたファンの場合、これをやってアルミ部分が腐食しました。洗剤のせいか、熱湯のせいか。油はきれいに落ちたんですけどね。オレンジクリーナーを使って歯ブラシで羽根一枚ずつ磨くということもやりましたが、どうしても隅々に油が残ります。

今回のシロッコファンは、そこまでしなくてもたぶん落ちるだろう、ということで、着け置き洗い。溶剤の濃度は、製品の説明書をご覧ください。もちろん、着け置き洗いの後、十分にすすぐことをお勧めいたします。

⑥これで、パーツ類はほぼ終了ですね。簡単じゃん。昔に比べて。そりゃそうなんです。ここまではいい。次の段階に入ります。フード本体を拭きます。これも整流板と同じで濡れ雑巾で、さっと拭くだけ。のはずなんですが、そうはいきませんなあ。やはりキッチンマジックリンを吹きかけて、雑巾でふき取ったほうがいい。ぬめり感がすっきりします。

が、ここが問題。昔の、というか今も売ってますが、お手頃価格のレンジフードの場合、フード本体が壁から外れます。きれいにしたい場合は、フードを壁から外して、拭く。床に新聞紙かなんか敷いてね。床はべちょべちょ汚れるし、フードはデカいし、ああ面倒くさい。その点、このレンジフードは拭くだけでいい。すごい楽。ちょっと待てよ、と。こう考えてください。天井を掃除しなきゃならん。洗剤で濡らした雑巾で。どうなります?

洗剤はボタ落ちして、自分は洗剤まみれです。浴室の天井ならまだいい。裸にゴーグルつけてやればいい。キッチンで、ぼたぼた落ちる洗剤液、その下にはコンロ。更にシロッコファンが入っているフードの中に溜まっている油をふき取るには、どうすればいい?

P1050493ガスコンロの上に腰掛ければまだしもいいんですが、ガラストップのコンロの上に腰掛ける勇気はない。エビ反りですよ。洗剤液浴びながら。シロッコファンの中に溜まる、かなりネトネトした油は、キッチンマジックリン程度では落ちません。せめてオレンジクリーナー。この強烈な洗剤液をぼたぼた浴びながら、エビ反りで、フードの中を拭く。

①~⑤までは、明らかに省力化されております。しかし⑥の作業は、明らかに大変になっております。なんだかなあ。一番簡単な解決方法は、ここはもう見なかったことにする、というのが簡単なんですがねえ。手が届く範囲がネトネトするのは、イヤなんですよ。ああ、面倒くさい。

コンロについて書くスペースがなくなってしまいました。一つだけ、不満点を。五徳。これ、なんとかならんかなあ。鍋を置いた時の安定感が悪いです。正確に言うと、特に、安い片手鍋を置いたとき、ですね。安い片手鍋は、柄に比べて鍋の部分が軽い。バランスが悪いんです。そういうバランスの悪い鍋を置くと、極端に安定性が落ちます。ニトリで580円くらいで買った片手鍋、ソースパン代わりに重宝していたんですが、そんな量目の少ないものを扱うと、簡単にひっくり返ります。

いいコンロなんだから、安い鍋なんか使っちゃダメよ、ということなの。わかりましたよ、と思って、ソースパン専用に鍋を一個買いましたけどね。いい鍋って高いんだよなあ。いや、しかしもう少し五徳を大きくすればよかったんじゃないの、と思いますけど。DELICIA GRillERなら、大丈夫だったんじゃねえの。と、2、3回鍋をひっくり返した身としては、思わずにはいられないのです。

2013年5月 4日 (土)

リフォームへの道⑨ たどりついたらそこは

金の話をしよう。いいか。大事なのは金だぜ。小僧。

って、誰に言ってんでしょうねえ。でも、若い頃、たぶん中学生くらいの頃は、世の中一番大事なのは金じゃねえだろう、大人って汚ねえよな。とか一度や二度は思うはずです。

まあ、そりゃあそうなんです。お金というものだけがあればいい、というわけではない。だからって、お金が大切でないわけでもない。要は、何のために稼ぎ、何のために使うか、そこを忘れちゃダメよ、ってことでね。

ということで、リフォームの総額ですが、310万円。安いとみるか高いとみるか、それはまあ、それぞれの家庭の懐事情も違いますんで、一概には言えない。このくらいを一晩で飲んでしまう方も世の中にはいますしねえ。とは言え、安い額ではないです。ウチもお財布を空っ欠になるまではたきました。

20130324_092236_p1050175で。も。高いとは思わないです。まず一つ、ボられたという感覚が一切ない。これはやはり信頼できる人に任せている、というのが大きい。と思います。もちろん、春光建設(有)の田中のおっちゃんや、水道屋さんやガス屋さん、職工さんたちですね、当然それらの方に儲けてもらっているはずです。当然のことです。ですから、田中さんにも最初にお願いしました。安くはしてほしいです。でも、当然かかる費用については当然払いますし、春光建設として儲けなきゃいけない分はとってもらって当然。そこんとこは、任せます。必要だっただけ請求してください、とね。

なんでもかんでもそれでいい、ということは言いませんよ。そんなことをやっていたら、シロアリ駆除とか言ってた業者がいつの間にか屋根瓦の交換を始めて、気が付いたら家が傾いていた、なんてこたぁいくらでもある世の中です。にこにこ笑いながら、お安くしておきますから、大丈夫ですから、私を信じてください、お任せください、なんてことを言いながら家の中に入ってきた親切そうなおっちゃんに金を払っていたら、いつの間にやら家が抵当に入れられていたなんてこともあるんですから。

悪いですけど、施工業者選びは、疑いの目をもって慎重にやったほうがいいです。ウチのようなのはレアケースです。大手は、比較的安心です。大手、といっても、TVCMで大々的に広告打ってるような業者は、悪いとは言いませんけど、TVCM代が工賃に乗ることは覚悟しておいてください。派手な店舗も、事務所もそうですわね。

ただ、飛び込みの業者、チラシの業者は、勧めません。そんなことをしなくても、堅実で成果を上げている業者は生き残ってますから。春光建設(有)みたいに。地域で長くやってる工務店さんの評判を、近所の人に聞くのが一番いい。それが無理なら、多少はお高くなりますが地域の大型店で昔からやってるリフォーム業者さん、というところでしょうかね。ネットの格安店は、リスクが高すぎます。いい人もいれば極悪人もいます。

内が信頼しているのは田中のおっちゃん、田中のがおっちゃん任せる職人さんたちだから、職人さんたちの仕事も信頼する。従って、払うものは払う。そゆことです。

さて。高いとは思わない、というのは、やはり出来上がったものが使いやすい、ということに尽きるかと思います。個々の不満は、ありますぜ。

20130430_204053_p4300041例えば、ガスレンジ台。お掃除は圧倒的に楽になりました。さっと拭けばきれいになります。私はまだ使ってないですけど、お魚グリルがすごいいらしいです。なんか、妙に焼き魚料理が増えたなあ、と思ってたら、バレた?と言われました。お魚マークをセットするだけで、最適焼き加減になるようです。しかも、昔のグリルのように受け皿に水を張ったり、後のお手入れが大変だったりってことがない。とっても楽みたいです。ただ。ガスレンジの五徳の安定性の悪さは、未だに気に入りません。

レンジフードのお掃除も、楽ですね。水を着けて絞った雑巾で軽くふくだけで、油分が落ちます。換気扇連動機能も、確かに楽です。点け忘れや切り忘れがないのがありがたい。年よりはねえ、忘れっぽいんでねえ。

引出は収納力大幅アップ。ただ、実はちょっとした苦労がありました。フロントポケットなんですが、細かく分かれすぎていて、ウチの場合はもう少し大きなものを入れたいのに、ってときに仕切りが邪魔になってしまいました。で、加工して仕切りを切除。この辺の話をしだすと長くなるんで、話も切除。というか別ネタで。まあ要するに自力で加工した、って話です。

20130324_072235_p105017320130430_204002_p4300039台所は概ね満足。ああ。おまけとして、というか結構大切な工事を忘れてました。天井の照明です。以前のものは蛍光灯直管で、こんな立派な鉄のカバーが付いていました。もちろん薄板ですけど、重いんですよ。しかもつけ外しがかなり面倒で、怖い。とてもじゃないが60を越えて、自分でやる根性はないです。そこで、キッチンの壁紙も全部張り替えることですし、埋め込み式LEDに換えてもらいました。これが明るいこと。

そういえば玄関もついでに埋め込み式のLEDに。ここは以前、ミニクリンプトン球が入っていたところに、E17口径のLED電球を入れていたんですが…。まだそのころはE17口径のLED電球は40W相当のものしかなくて、玄関があからさまに暗かったんですよ。で、田中のおっちゃんに、明るさ重視でLED埋め込み、って頼んだら、100W級のLEDを入れてくれました。いや、まあ確かに明るいけど。明るすぎるわ。50W級の廊下のLED電球より明るいので、まぶしいくらいです。具体的に指示しなかった私が悪いね。仕方ないね。まあ、年寄りは目が弱くなるので、老後を考えて良しとしましょう。

バスルームですね。うん。使って満足。です。結構湯船に入る時間が増えました。以前のお風呂だと、時々お湯の出口からぶわっと厚めのお湯が出てきて、無理やり温度調節をしていたのが、保温湯船のせいなのかわからんですけど、私好みのぬるめの適温が保たれて、気持ち良いです。ちなみにガス給湯器は流用しているので、温度センサーも流用されているのではないかと推察していますが、であれば、この快適感は湯船の機能によるものかなあ、と思います。それになりより、長く使い込んでいた浴槽は、表面がざらっとしておりました。気づかないうちに。ここがすべすべになって、これまた気持ち良いです。老後のために着けた手すりバーも、すでに役立っております。いっそ風呂テレビでも買ってやろうかと、たくらむ日々です。

トイレは、前回申し上げた通りです。快適でありますが、人感センサーは、切ってやろうと思いつつ、未だにマニュアルが読めないままであります。トイレについては、田中のおっちゃんと好みが分かれたようであります。しょうがねえな。任せちまったもんだから。ただ、最近のトイレは、ペーパーホルダーが二つ、付くんですな。これは何のためだろう。そこまで大量に使うなよ、とか、なくなりそうになったら、手元近くにおいておけばいいだろう、とかも思わないでもない。ですけどね。ただ、意外と便利です。一本がなくなっても、もう一本が残っているから、余裕で交換できます。

20130501_215157_p5010044あ。トイレがきれいになったので、ホテルみたいにトイレットペーパーの端を三角に折ってやりました。別にホテルみたいに、お掃除済みです、のサインではないです。面白半分です。そうすると、奥さんも三角折りで返してきました。三角に折られたほうのペーパーを使うのは、なんか負けたような気がして、悔しいです。まあ、いろいろあるわね。

さてと。というところで、当面のリフォームは終わったわけですが、いろいろと使う中で必要とするもの、改善が求められる部分もあり、まあ、小ネタをちょこちょこと集めている最中であります。

2013年4月29日 (月)

リフォームへの道⑧TOTOのウォシュレット なぜかネオレストAH1

てなことで、お値段重視とショールーム巡りの疲労とで、適当に決めてしまった「ピュアレスト」+「アプリコット」ですがね。ショールームから帰ってきて、何日か経つと、思うわけですよ。

やっぱりタンクレスのネオレストがかっちょええなあ、と。

便器にかっちょええも何もないようなもんですが、やっぱり思うわけです。これまで18年間トイレは使い続けてきました。たぶん、次のトイレも10年以上使うわけですね。ひょっとしたら、もうその次はない。介護付き老人ホームへでも移っているかもしれない、と、昨秋に親父をなくしたばかりの私としては、思うわけですよ。

うーん。でも高いなあ。そこで、春光建設(有)の田中のおっちゃんが耳元でささやくわけです。「定価で出すわけじゃないから、大して変わんないですよ。」と

これはねえ。これはもう行くしかないでしょう。ああ、もういいや。手洗い工事も付けましょう。

20130330_121620_p3300002洗いもいろいろでしてね、壁の中に埋め込むようなタイプから、台の上にお皿を載せたようなもの、コックをひねるものから自動水栓。まあ、これは別に、どうでもいいや。どうせトイレで手を洗うなんてったって自己満足みたいなもんだから。指先濡らさないと落ち着かないってだけでね、しっかり洗いたいなら洗面所に行くよ、と。

思ったんですが。奥さんが言いました。自動水栓以外、あり得ないでしょ、と。まあ、いいです。別にそこは拘るわけじゃないですから。でも、別になあ。とか思いつつ、とりあえず付けます。まあ、ここまで来たら、後は適当に田中のおっちゃんに任せます。配管を隠すために、壁をふかす(つう言葉があるです。ちょいと出っ張らせてきれいに化粧する、みたいなもんで、合ってますかね。)必要があるかもって言ってますが、いいです、いいです。任せます。何をしても田中のおっちゃんがやるなら、それは必要なことなんでしょう、とね。それが、信頼する工務店に任せられる利点であります。

20130328_104114_p1050213トイレの工事自体は、1日で終わりましたが、ついでにふかした分の壁のでっぱり、ここを、きれいな木目の棚に合わせるための部材がしばらく届かない。まあしょうがないですわ。ついでに、あまり好きではなかった、奥の戸棚の扉も木目に合わせてね、って値段も確かめず頼みます。田中のおっちゃんが、まあたいした値段にはならんですよ、数千円ってとこですって言うから。でも、ここも部材が届かない。というわけで、途中経過。でも、なんかこの時点で、かなりスゴイ。

ついでに言っておきますと、このブログの記事は延々と1ヶ月以上続いておりますが、実際の工事は4日間+この未完成部分の化粧板を後から取り付けた半日間。更に言うと、発注、というかウチに田中のおっちゃんに来てもらって、打ち合わせをしてから工事の完了まで、わずか20日くらいです。まあ、もともとマンションのトイレやキッチン、バスルームの入れ替えなんて、戸建てと違って、箱の中に部材を納めるだけのようなもんですから、そんなに時間はかからない。でも、速いと思いますね。それが春光建設(有)。

とは言え、その前に体力と気力を使い果たすショールーム回りをしておかんとならんのですけどね。

20130330_121607_p3300001話を戻しましょう。TOTOのトイレ、ネオレストAH1のスゴいところ。まず、トイレに入る。と、便座カバーが開く。自動で。おお。まるでバトラーが蓋を開けて、どうぞお座り下さいませ、と言われたような快感であります。しかも。便座の奥の方が薄青いLEDシーリングライトで輝いております。真っ白な便器の色と合わさって、いやなんとも。

やり過ぎだろ。おい。どこのゴージャスなホテルだ。LEDライトは、いらんだろう。まあ、いいです。消臭ランプだのなんだか知らんけど、他のランプも点いて、美しいことこの上ない。つうか落ち着かん。そのうち慣れるんでしょうけどね。

でね。便座カバーが開くと同時に、軽く水が流れます。汚れの付着防止ですわ。これはいい。見た目にも、まあ臭い話で申し訳ないですが、時折、まあなんちゅうの、汚れが残る場合があるじゃないですか。便器が乾いてた場合。そういうのがなくなる。ような気がする。きれい感があります。

で。用を足す。まあリモコンでウォシュレットを動作させます。ただ、このコードレスっちゅうのが、年寄りにはイマイチ不安です。電池切れたらどうするのよって心配で胃が痛くなります。ただ、確実に言えることは、説明書を読めば、電池が切れたときに本体のどっかを押せば動作するボタンか操作方法があります。ないわけがない。ただし、年寄りには説明書は鬼門です。読まない。で、心配でたまらない。バカです。TOTOさんにすまんです。はい。

ウォシュレットは、スゴイですな。タンクに水を溜めているわけでもないのに、温水が出ます。そういえば、こないだ、某大型ショッピングセンターに行ったとき、トイレに行きたくなりまして、ウォシュレットトイレだったんで、ありがたく使わせていただきました。まあ、このくだりで、誰が使うかわからない公共トイレのウォシュレットを使えるか、使えないかという議論もあるでしょうが、そこはおいときまして。まあ、使ったんです。これが、温水でなかった。冷水でした。夏ならまだしも、その日は寒かった。ちょいとの間に尻が凍るかと思うほど冷たかった。温水はありがたいです。しかも、それをタンクレスでやっているのは、スゴイですよなあ。

で。用を足し終わり、軽くトイレットペーパーで水を拭き、立ち上がる。すると、ちょっと不安になる程度の時間をおいて、なんと勝手に水が流れて、ブツを流してしまうんです。まるで吸い込まれるように。まさにトルネード。しかも、全く不安感がない流れ方、これが、今までの水の使用量の半分とはとても思えない、がっつりと流し込んでいくんです。

また臭い話で申し訳ないですが、ここが大事なところですから、触れないわけにはいかないです。覚悟はよろしいですな。この家に住んで、私は三度トイレを詰まらせたことがあります。いや、それは確かにたくさん出たかもしれない。けれども別に便器が埋まるほどのブツが出たわけではないんですよ。でも、流れきれず、詰まりました。うーん。だいぶ前の話なので、忘れかけてる部分もありますが、確かいったん流れた後、便器にはブツもなく水も残ってない状態になり、次に使用したときに水があふれ出した、というような状況でしたんで、まあ、そうですな。ブツ自体が回りに散乱するような悲惨な状態ではなかったです。とはいえ、たぶんにブツに触れた水が、床にこぼれたのですから、これは哀しい。言わば、心を凍らせて、感情を凍結し、何も辛いことがないように思いこみながら、淡々と処理をするわけです。

ああ。思い出すと哀しいわ、やっぱり。やっぱり古いマンションの高層階は水圧が低いからダメなのかなあ、とか思いながらですね。あの、バッコンバッコンするヤツを、ホームセンターに買いに行ったんです。まあ、でもね。学習しましてね。用を足している途中に、何度か細切れ状態に水を流していくことを覚えて、10年くらいは無事故でいましたがね。不安は常にありました。

ところがですよ。この新しいTOTOのウォシュレットAH1はわずか半分の水の量で、ごごっと音を立てて渦巻きの中に落ち込んでいくように、全てが吸い込まれていくのです。全く、なんの不安もない。敢えて言えば、用を足し終わった後、ドアを閉めるようなタイミングで水が流れるので、ちょっと待ってて見ないと、本当に流してくれたのかどうか、不安になることはあります。基本設定のままだと、このタイミングが長めに設定されているようで、ちょいと短めに設定し直しました。ちなみに設定を変えてくれたのは、奥さんです。おっちゃんは説明書読まないから。

昔は、逆だったんだけどなあ。

ま、とにかく。ここまでは快適ゾーン。で、今ひとつなのは、まあこれもたぶん設定で変えられるんでしょうが、エコ設定ですな。うちのトイレはAH1、らしいです。適当に選んだのでよくわからんですが、蓋の裏にAH1と書いてあるからAH1です。これよりお高いAH2Wというものには瞬間暖房便座という機能が付いていますが、AH1には付いていません。代わりにお任せ節電、という機能が付いています。これは、使っているときだけ温めるという、とってもエコな設定。つまり。座った瞬間は冷たいんだよ、ってことですわね。って、おい。そこ大事じゃん。

うーん。別に値段差の4万円をけちったわけではないんですが、田中のおっちゃんに、トイレ暖房も付くけどどうする、って聞かれたとき、いらんわって応えた気がします。で、瞬間暖房便座機能と室内暖房機能はセットだったんですね。で、室内暖房機能をお断りしたときに、瞬間暖房機能がなくなりました。あー。そうだったんだー。デザインだけでAH1にしたけど、RH1ならもっと良かったんだー。うーっ。だって、もう面倒だったんですよ、細かい使用を読むのが。キッチンでエネルギーを使い果たしました。

まあ、もういいけど。冬場は設定を変えます。つうか説明書を読んでやる。

20130410_181141_p4100006_2というわけで、ふかした棚の部分も、戸棚の蓋も変わり、完成した図です。もちろん床と壁紙も貼り替えています。天井のライトもPanasonicLEDの人感センサ付きの埋め込み式です。美しい。じつにシャープで。うん。仕上がりも満足の出来です。さすが田中のおっちゃん。それから、小馬鹿にしてた手洗いの自動水栓。これもね。うん。納得した。

用を足した後、汚れちまった感のある手を洗うときに、蛇口をひねり、その蛇口を洗った手でまたひねる。ここは微妙に汚れた感が残っているところでした。が、我々人類はその事実から目を背けていたんですね。うん、実際はともかく汚れた感のある手で蛇口を触らなくていい、これはありがたい。さすがに奥様であります。

ただね。これはTOTOのトイレの問題ではないですけど、人感センサ付きライトは、考えた方がいいですよ。これを付けると、バトラーが便座の蓋を開けると同時に、部屋のライトも点けてくれるわけですが、人感センサは、人が動いてないと、人がいないと認識して、消えます。私のような長っ尻の、トイレで本を読むような人間は、ふっとライトが消えて、慌てて腕を振り回し、人がいることを主張しなければなりません。

人感センサ、ウチはいらんかったなあ。ライトを点け続けるために、時折わざわざ頭を揺すったりしてるって、なんかバカみたいでしょ。

2013年4月21日 (日)

リフォームへの道は続くよ⑦サニタリールームちゅうかトイレはやっぱりTOTOで その①

さて。と。

水回りと言えば、サニタリールームです。つうか、何それ。えっと、英語だとラバトリィですかね。トイレットでも通じるのか。家の中だとバスルーム。いろいろあるわねえ。まあどこの国でも露骨にいうの派なんだから、ってんで、日本語だと雪隠だとか山だとキジ打ちだとか、いろいろ。便所っつうとなあ。さすがに臭う気がする。抵抗がありますよな。特に漢字にすると。

でも、大事。超超大事、超大事。イェ~。

そうね。現実的に震災の時にだって困ったのはまずトイレですしね。ああ、昔、レッドクリフの時代でも、古代ギリシアの時代でも、その辺の管理をしっかりしてない軍は、病気でやられます。赤痢だのチフスだの。菌というものが発見されるまでもなく、その程度には人間は学習していたようです。

ま、とにかく。トイレは大事。なんですが、トイレの話をするとなると、必然的にブツの話をすることにもなりますんで、まあ、その辺がリアルに想像されすぎてしまう方は、今回のお話はパスしていただきたい。と進言いたします。

20130404_221458_p4040047_2とりあえず、あまり写真もないので、猫の写真で誤魔化してますかね。

まずね。トイレ。つうか便所。田舎もんのおっさんである私の少年時代の便所の凄まじいことと言ったら、江戸時代と何ら変わりないものであります。小学校が当時、創立100年の木造建築でありますからね。このトイレの凄さと言ったらない。これ以上は規制がかかるかもしれないので、具体的描写は避けますが、水洗トイレというものに始めてであったときは、感動しましたよ。臭くない。キレイに流れる。うん。懐かしい和歌山県立新宮高校であります。いやいや。ほら、学校でトイレに行くと馬鹿にされるとか、言うでしょ。そんなん問題にならないくらい、水洗トイレでダイをする。この快適さには替えられないものがありました。

いやいや。しかし。その後も不遇の時代が結構ありましたよ。30年くらい前のおんぼろアパートなんて、共同トイレ、共同台所なんて普通でしたからね。大学時代や独り暮らしを始めた頃は、やっぱりトイレはくみ取り式ですよ。まあ、哀しかったですねえ。サンポールをいくら投入しても臭いもんは臭い。いくら掃除をしても無駄。はあ。

20130317_184815_p1050136_2時は流れる。結婚しても貧乏だった頃は、水洗にこそなったものの、和式でしたしねえ。18年前に今のマンションを購入したときに、ようやく、満足できる、というか普通の洋式水洗トイレになったんです。うん。これは、嬉しかったなあ。本当になんの変哲もない普通の洋式トイレ、便座の後ろに水タンクがありましてね。手を洗うこともできる。

よし、と。ここで今流行りのウォシュレットというもんをつけてやろう、と。ホームセンターに行きまして、便座を外して取り付けるタイプのウォシュレットを買ってきたんです。これがまあ、当時、何を思ったのかわからんですけど、説明書を見ると自分で付けることができるようだ、と。自分で付けましたよ。分岐水栓を買ってね、パイプカッターを買ってね。自分でキコキコと。

嗚呼。なんという幸せでしょう。もちろんお尻が洗える、という幸福感もある。しかし、それ以上に便座が冷たくない。真冬であっても。この幸福。わかりますか。わからないというなら、それはね。不幸です。苦労をした人間にしかわからない幸福がある。ね。山を歩いて登るからこそ、頂上に立ったときの喜びがあるんです。

そういう意味では、我々の世代は幸福でしたよなあ。世の中がどんどん進歩していく、良くなっていく、便利になっていくことを感動しながら生きて来られましたから。これがあなた、200年くらい前に生きてごらんなさい。10年経とうが30年経とうが、生き方になんの変化もありゃしない。この先、どれほど生きられるかわからんですけど、ありがたいことです。

ま。それはともかく。ウォシュレットは世界に誇る日本の発明であります。遅かれ早かれ、世界を席巻しますよ、うん。まあウォシュレットはTOTOの商品名ですが、ホチキスと同じように、普通名詞として使われるくらい名誉なことでありますよ。INAXの温水洗浄便座がなんという商品名か、ぜんぜん知らんですもん。Panasonicとかね。温水洗浄便座、とすら言わない。ウォシュレット。これです。

まあ、TOTOはレンジフードだけは売ってくれないようなしみったれた会社ですが、この偉大なる発明に対しては、完全に敬服しております。で。今回のリフォームでね、トイレをどこの、どんなものにするか、これも相当に迷ったわけです。

例えばPanasonicの便器は陶器ではありません。プラスティック製であります。当然、弱いだろう、と言われることを覚悟で、敢えてその世評を吹き飛ばすだけの性能を持たせているはずです。ガラスコーティング。が、やっぱりなあ。プラスティック。

INAXも悪くない。というか、いい。もちろんPanasonicも。で、も。決め手は、今回のリフォームのテーマ、老後を考えたリフォーム、つまりお手入れのしやすさ。ここで考えたわけです。

で。TOTOにだけある機能、「きれい除菌水」、これにやられました。簡単に言うと、便器の中で水道水を電気分解して、アルカリ水、次亜塩素酸水を作って、トイレ内に噴霧する。つまり、よくある塩素系漂白剤を薄めたものを、常に便器内に噴霧するイメージであります。こっれ、よく考えたなあ。技術者偉い。凄い。

INAXも似たような機能を搭載しました。プラズマクラスターイオン搭載。…。プラズマ。…。イオン。

悪いけど、それ止めた方がいいですよ。もうねそろそろ世間もイオンなんちゃらには騙されなくなりつつあると思います。次亜塩素酸自体も電気分解自体も、特別な技術じゃないんで、ここはもう恥も外聞も投げ捨てて、真似っこをしてでも、プラズマクラスターイオン搭載とかは、止めた方がいいんじゃないかなあ。せめてオゾンとかの、効果が証明できているものを使った方がいい。と思うんですがね。いや。INAXが悪いって行ってるわけではないですよ。ただ、プラズマクラスターイオンって何よ、と言われたときに、コスミックパワーをピラミッドの頂点に集めたなんちゃらウォーターで、癌も治してしまいますよ的な、そういうもんと一緒にされても、今んとこしょうがないです。

自社の実験室の数立方メートルの実験室の中で除菌が証明できました、とかの実験って、ああ、TVショッピングで、婆ちゃんに売りつけるマジッククリーナーみたいな実証実験みたいなもんじゃないですか。悪ぃけど、それ、やめたほうがいい。と思いますよ。騙されて買ってくれる人もいるかもしれないですけど、わたしみたいに反感を持つ人も少なくないはずですから。INAXのトレイ自体は、決して悪くないんですから、変なイメージ戦略に頼ろうとしない方がいい。と思うのは、素人考えですかね。

まあ、いい。INAXやPanasonicの戦略は、そちらの方にお任せするとして。で、まあここは潔くTOTOに頭を下げて使わせていただきます。と、そこまでへりくだることもないか。こっちはカスタマなんだから。

で。TOTOの選択肢の場合、「きれい除菌水」が使えるのは一番高いタンクレストイレ「ネオレスト」か、通常の便器「ピュアレスト」に除菌水機能を持たせた便座「アプリコット」を組み合わせる。その二つしか選択肢がないんですね。まあ、ネオレストは高いっちゃ高いけど、タンクレスで見た目もスッキリですし、これがいいなあ。と思ったんです。んが。はい。手をどこで洗うか。

家庭において、トイレ内で手を洗う必要があるのかどうか、しかも今のきれいな水洗ウォシュレットトイレで。手、汚れる場面がありますか。ってことですよ。男性の場合、小用を立ってするか座ってするか、って問題がありますよな。これはね。座れ。うん、間違いなく、偉そうに高みに立って言うけど、座ってしろ。と。

あのですねえ。トイレの清掃を分担すれば分かりますが、今の水洗トイレでなぜ臭うか、ってことです。もちろん、便座のお掃除を何週間もさぼれば、便座の裏側に付いたブツの破片やら飛び散りやらもあるでしょう。しからばと、便器をきれいに磨いても、臭い。トイレに入った瞬間に臭う。なぜか。

汚れている部分が、便器ではないからです。いやいや、俺はそんな周りに跳ばすようなことはしないから、と言う方がいるかもしれません。いやいや。便器周りの床や壁、立って用を足す男性の液の流れは、決して一筋にまとめられた紐のようなものではないのです。言わばミストシャワーのように、細かい飛沫が便器の周辺、壁や床に飛び散っているのです。

掃除担当を一度やってご覧なさい。壁や床から臭うことがすぐわかる。つまりは、それだけ男性が飛沫を撒き散らかしているのです。ですから、男性の独り暮らしで、トイレの臭さも汚れも自己の責任と権限の中においてのみ存在する、と言う方なら、それはそれでお好きになさい。私の存じ上げるところではありません。が。同居人が一人でもいて、かつトイレ掃除をお願いする立場にあるならば、男性には立って小用を足す権限は存在しないのです。

話が逸れましたが、まあ座ってしろ、と。小用を足したあと、男性の場合、振るという行為を行いますが、これもね、あちこちに飛び散る原因となりますので、女性と同様に終わった後、軽く紙を当てて吸い取らせるのがよろしい。面倒くさいとか言うな。お掃除する立場に立ってみろってんだ。と申し上げます。

さて、そうなると、小用においても大用においても、手が汚れる瞬間が存在しないではありませんか。手を洗う必要は、あるんですかね。と、思いました。しかしねえ。実際にどうであるかは別にして、やはり清潔の習慣として、用を足し終わった後は、手を洗いたい真理があるではないですか。こういう心理的習慣を破るのって、かなり気持ちが悪いことです。では、どうするか。ネオレストの場合はタンクレスなので、手洗い器が付いてない。ということは、トイレの中に、新規に手洗い器を設置しなきゃならないのです。

Epson006_2幸い、ウチのトイレはスペースだけは無駄にあるので設置すること自体はできます。できますが、その分、トイレ本体以外の工事費も当然にかかってしまうわけです。これはキツイなあ。ネオレスト本体だけで30万、これに手洗い器が付き、工事費が付いてくる。いったいいくらのトイレになるんだ、と。

ネオレストはあきらめました。手洗い付きの便器「ピュアレスト」+「アプリコット」、これでいこう。そう決めたわけです。まあ、ショールーム巡りで疲れてましたしね。しかしね。と。続くわけです。

2013年4月14日 (日)

リフォームへの道⑥ バスルームはTOTOで なんか悔しいけど

概ね、キッチンの話は終わったかな。まあ、リフォームとは言わない、小物類を買い換えたりもしているんですが。その話はまた後で。ということで。ちょっと気合いの入ったキッチンの話が続いたんで、気の抜けたバスルームの話を一つ。

バスルームはねえ。どうでもいい。つうか、あんまりおっさんは風呂入らない。いやいや。シャワーは毎日浴びますよ。体も洗う。スーパー銭湯だの露天風呂だのは大好き。でも。家の中の風呂は、入らないなあ。

だって。寝るのと風呂にはいるのとを、どちらかを選べと言われたら、そりゃ寝るでしょう。風呂入らなくても死なないけど、寝ないと死ぬもの。だいたいねえ、家に帰ってきて狭い浴槽の中でくつろぐより、体を洗ってこざっぱりとして、ビールでも飲んでた方がくつろげる。いや、おっさんだから。内風呂なんかどうだっていいんだよ。とか思わないでもないわけです。

20130327_181646_p1050205_2でもね。現実問題として、洗っても洗っても風呂の中が垢じみてくる、かび臭い、となるとねえ。まあ寿命かなあってなことも思うわけでね。とりあえず、大きなリフォームをするなら、ついでにやっておこうよ、という程度の話ですわ。また、これが一戸建てなら話は違う。全然違うと思いますよ。ただマンションリフォームでユニット式の風呂を入れ替えるとなると、もともと、もう選択肢があまりないんです。いっちゃあなんですが、どれもこれも変わり映えしない。キッチンと比べると、楽ではありますが、面白くもない。そういう状況です。

ただ。キッチンと同様に、譲れない一線がありました。つまるところ、手入れが楽。そこに尽きます。老後を見据えたリフォームですからね。

今までのお風呂は、排水周りのぬめり、カビがなかなか落ちずに、また浴槽の下もぬめぬめとした汚れが見えているのに、キレイにする方法がない。カビキラーを流すくらいしか方法がなかったわけです。最近のユニットバスと違って、一昔前のユニットバスは、浴槽の前面パネルが外せるようになっていましてね、ここを外してお手入れしてください、ってな説明書きがありました。ありましたがねえ、そうそう気軽に外せるような代物ではなかった。これがまあ、重い。若い頃でも辛かったのに、歳を取ったこの頃はとんでもない代物と化してしまいました。もう開けない。中がどんなにカビが生えてても知らない。そう思うしかないような状態でねえ。見えるところは、そこそこキレイに使っていたんですけど、内心は恐怖で一杯ですよ。全く。

20130405_212625_p4050049_2そこで。今回のお風呂。ですがね。これが浴槽と側面、そして浴室の床が一体化してますから、浴槽の裏側が汚れるということを気にする必要がない。おお。この辺りは、TOTOもLIXILも同じでしたね。

とりあえず結論から言うと、TOTOのお風呂ユニットにしたわけですが、まあ正直、LIXILでも良かった。なんとなく、です。なんとなく。だって、キッチン選びで疲れていたんですってば。

敢えて言えば、宣伝に乗せられた、と。TOTOのCMのイメージ戦略勝ちである、と。キーワードで言うと、「魔法びん浴槽」、「ほっカラリ床」。「広がる」このあたりです。

「魔法びん浴槽」、結構なもんですよ。前の日に沸かしたお風呂、丸一日経っても、37度程度を維持している。1日のうちならいったん沸かすと、自動で追い炊きなんて、ほぼ必要ないです。よほど体が冷えていれば、そりゃお湯も冷えるから、追い炊きし始めるでしょうけどね。

ところがですねえ。言うたらなんですけど、「魔法びん浴槽」、別に要らなかったな。うちは。

これね。昔の戸建ての家だったら、ありがたい機能ですよ。20年前に借りて住んでいた戸建ての家は寒くてねえ。すきま風も入ってくるから、風呂なんか冷え冷えとしていて。沸かした風呂もあっという間に冷えてしまう。ああ、さすがにあの頃は、シャワーだけなんて無茶はしませんでした。露天風呂に入ってるようなもんですからね。お湯をかぶっただけでは、寒くて凍える。浴槽の中に入っていても、浴槽の周りからどんどん冷えていくのが分かりました。あの当時、「魔法びん浴槽」があったら、沸かし直しもしなくて済むし、気持ちよかっただろうなあ。

20130330_121647_p3300003_2でも。今ね。普段浴槽使うの奥さん一人だし。さすがに毎日お水捨ててたらもったいないから、浄化剤「風呂水ワンダー」とか使って、2日くらいは使ってるようですが。ところでね。どくらいが40℃とか37℃とかって、菌も一番繁殖しやすい温度帯ではありますよな。いくら次亜塩素酸系の水質浄化剤を入れたとしても、これ、大丈夫なんかなあとか、思います。

だいたいウチ、マンションの7階だから、風呂、寒くないですし。もともと「魔法びん浴槽」がなくても、翌朝くらいまでなら、そこそこ温かかったりするくらいですし。

ただ、よくよく見ると、この機能はオプションです。つまりウチみたいに必要ないって家の場合、オプションレスにしてより安くできるわけですな。ウチの場合、このほうが良かったんじゃねえのか、とか思ってたり。しないようにしています。

「ほっカラリ床」です。が、これはまあ悪くはないです。ただ、ちょっとイメージと違いました。カラリというからにはよほど撥水性がいいのかと思っていたのですが、どうもそんな感じではないんです。どちらかというと、水が床にベタッと張り付くような感じで、水弾きという点だけで見ると、昔の浴室の床の方が弾いていました。が。不思議なことに、それでも確かに翌朝には乾いているんですよ。これは、どういう仕組みなんですかね。水切れがいい、というほど、みるみる乾いていくって感じではない。んですけど、例えば他の流しの部分には水が残っていても、床は乾いています。うむむ。面妖な。

「ほっカラリ」のうちの、「ほっ」の部分、床が冷たくないという売り文句部分、まあこれもね、もともとウチの風呂は別に温かくはないけど、冷たいと言うほどでもない。ので、ありがたみが今ひとつ分からないです。ただ、柔らかい、というのは、確かにあります。床面のクッション材が効いていて、直接座っても、寝ころんでもいいくらい、柔らかくて温かい。ただし、直接座りもしないし、当然寝ころぶほどの広さもないですけどね。

で。一番、期待したのは「広がる」でした。「広がる」というのはどういうことかというと、TOTOのユニットバスは、壁面や床面を薄くできるので、これまでと同じ場所に一回り大きな浴槽を入れられる、風呂の中が広くなる、ということでした。

んが。これもねえ。ダメ。マンションの場合は、箱自体の大きさがコンクリートで固められ、余裕がないので、マンションリモデルタイプのユニットバスの場合は、「広がらない」んですよ。必ず、とまではいいませんけどね。

内装は、ごくごくシンプルです。鏡はね、必要ないです。いらんでしょう。爺婆だけが住むことになるマンションの風呂の中に鏡。キレイにしておくのだって大変ですし。棚類もね、できる限りシンプルにしました。洗いやすいこと、壊れても代替が効くもの。それだけでいいです。

20130405_212659_p4050051_2排水溝は、うん。確かに洗いやすい。毛玉もキレイにまとまるので、捨てるときに気持悪くない。まあ、もちろん今のところ新しいから、変なねとねとが付いてないってことだけかもしれませんけどね。

あ、ただね。手すりバーは付けました。だって。老後のことを考えておかないとね。まあ、快適ですよ。ただTOTOでなくとも良かったな。TOTO、レンジフードだけ売ってくれないって意地悪したしな。仕返しとして、LIXILにしておけば良かった。と思うのは、狭量というものでしょうなあ。

2013年4月 7日 (日)

リフォームへの道④ レンジフードはリンナイUGR-3R-AR601LS-1で、ってことでコンロもリンナイ DELICI RH71W10G7R-SR

で、ねえ。換気扇が止まりそうだから、勢いつけてリフォームする、というようなもんですよね。その換気扇が付かないちゅーたらもう、どうしようもないじゃないですかあ。

もういいよ、もともとのLIXILの指定のヤツで、って言ったんですけどね。田中さん(春光建設)の言うには、そいつはむちゃってもんでさぁ、てなことでしてな。目の高さくらいのところにフードが来ちゃうよ、と。やっぱりそれは止めた方がいいよ、と。まあ、なあ。一級建築士、自称何でも屋の田中のおっちゃんがいうんだから、それはそうなのかもなあ、ってなことで。

田中のおっちゃんはTOTOにねじ込んでナントカしようって勢いだったんですがね。調べてみると、レンジフードってのは、基本的に富士工業がほとんど作ってるって、前々回のブログで書いたじゃないですか。うん。つまり、このとき調べたわけ。で。です。だったら、TOTOとかLIXILとか、ブランドに拘らなくてもいいじゃん、ってことでね。いわゆる薄型のお手入れ簡単タイプのガスレンジフードを作っている会社を調べました。するってえと、リンナイのXGR,UGRってシリーズに、薄型でマンションにも入れやすいってのを売り物にしているものを見つけました。

うーん。たまたま。ですかね。スーパービバホームに行ったときに、リンナイのカタログが置いてあったんで、見てみたら、どうも行けそうな気がする、と。で。田中のおっちゃんに電話しました。田中のおっちゃんちは、営業時間なんてあってないようなもんですから、そういう意味でも、大手工務店さんの営業とはわけが違う。まあ、向こうの方でも、思いついたことがあれば、時間を気にせず電話をかけてきますけどね。夜とか、いくらでも対応してくれるので、本当にありがたい。

で。田中のおっちゃんも、確かにこれなら行けそうだと。ただ排気管の向きがなあってんで、まあこれはお調べいただきましてね。XGRってのが、今の最上位機種、GDRはその前の最上位機種みたいです。わからんですけどね。WEBカタログにはXGRは載っているけど、ビバホームに置いてあった2012版カタログには載ってなかった、ってことから推測するです。

20130329_191208_p1050235_2機能的には、まあもうよくわからん。見ているウチに面倒くさくなるくらい、多機能です。面倒くさいから、XGRでいいやって、田中のおっちゃんに電話したんですけど、排気管の向きが対応していないってことで、結局、選択肢はGDRだけになってしまいました。ただ、これでも面倒くさいくらいの売り文句が付いてきます。

ただ、忘れちゃいけない。今回のテーマはお手入れ簡単、老後を考えたリフォームです。で。もともとLIXILのが付かない変わりに、TOTOの薄型なら入るけど、TOTOは売ってくれない。けどレンジフード自体はTOTOのほうがちょっといい。って思った機能。すっげえちっちぇポイントですけど、シロッコファンがワンタッチで取れる、ってのが気に入ってたんですよ。

なんとそれが、リンナイのGDRにも付いている。つまりは。どっちゃも冨士工業製や。TOTOもやなあ、売ったらんとか偉そうなこと言うとらんと、そのぐらい売ったれや、ほんま、と思いましたが、結果的にリンナイのGDRが気に入ったので、リンナイでいいです。つうかリンナイがいいです。TOTOはバストイレでは大手ですが、リンナイの方がガス関係強そうですもん。同じ冨士工業製でも、きっと細かい仕様の違いで、こっちゃのがいいに違いない。うん。

まあ、だから。基本的に、整流板が簡単に取り外しでき、シロッコファンがワンタッチ着脱でき、表面が溌油コーティングしてあるので、拭くだけで普段のお手入れは終了、シロッコファンが集めた油はオイルトレイに自動的に集まり、これを捨てればいい。という。昔のシロッコファンを知ってるものからすれば、夢みたいな代物でね。まあ、それが本当で、効果がどの程度続くのかは、10年使ってみないとわからないな。と。10年後は、たぶんブログ止めてますけどね。

以前のレンジフードに比べ、内部の仕上げも尖ったところが少ないので、手で触ってもそれほど怖くないです。まあ蓋つまり整流板ですが、結局はプレスされた鉄板なので、とがってるっちゃとがってますが、尖りポイントが少ないし、外さなきゃならないものとしても小さいので、そうそうケガをすることはなさそうです。

XGRは、GDRに比べて、フード部が薄くてスタイリッシュ、モーターがDC化してエコ。なんか知らんですけどね。使用時間を積算してお手入れサインが点灯する。スイッチもちょっとシャープでお洒落。

まあ、いいや。値段もそんなに変わらないので、ちょっとうらやましいけど、ウチには付けられないんだし。ただGDRの方がステキな点もありますぞ。色です。表面仕上げですが、XGRはなぜかシルバーメタリック塗装しか選べないですが、GDRはステンレスを選べます。

なんでもそうですけど、比較できるから迷うんであって、実際これだけを見れば、十分いいじゃん、てなもんですよ。これだって、説明書読むのが既に面倒なのに、XGRの機能の多い方がもっと面倒だし。うん。酸っぱい葡萄の理論であります。

Epson005ということで、このレンジフード、すげえのは対応コンロを使うと、ガスコンロを動かすとレンジフードが連動して動くってことです。ってことはつまり、対応コンロ、リンナイを選ぶべきですわねえ。まあ、リンナイは普段からビバホームで見てるんでね。実は欲しいものがあったのです。

それがデリシア・グリレ。これがねえ。五徳が実に男らしい。重々しくて、中華鍋を振りたくなります。よっしゃあ。これだあ。結構高いけど、欲しかったんだあ。と思って発注する気満々で、カタログ見てました。とね。あれ?レンジフード連動機能がないぞ。と。うぐぐ。これなら敢えてリンナイで揃える意味がない。じゃあ、他のメーカーでもいいじゃん。最初に見積もりとった、もっと安いのでいいじゃん。とか思ったんですけどねえ。でも、これ欲しかったんですよ。ここで混乱。レンジフード連動機能が欲しいのか、このガスレンジが欲しいのか。

20130329_203912_p1050238_2あのね。だから言ったでしょ。もうね、リフォームって選択肢がありすぎて、わけが分からなくなって思考が止まるんです。とりあえずレンジフードは決まったよな。これはもう選択肢がない。うんうん。で、ガスレンジ。なんでもいいっちゃいい。けど、デリシア・グリレに定価30万出してもいいやとまで思ってしまったので、もともとの安いレンジ台の選択肢、というか値段設定枠が脳内でいったん外れてしまったんです。

ただ、ここにきて、折角ならレンジフード連動機能は使いたくなってしまったんですね。うん。となると、デリシアしか選択肢がないわけなんです。もっともデリシアにも2シリーズありまして、100V 電源タイプと3V 乾電池タイプ。違いは、100V電源の方が高い。うん。なぜならば、天板状に、液晶の温度表示やタイマー表示があるから。うん。いらんわ、そんなもん。という消去法で、DELICIA 3V 乾電池タイプに決定、と。

20130329_191046_p1050231_2同じLIXILで扱っている製品のおかげ、というわけでもないんですが、ウチの台所の場合は天井角が梁になっている、これが全ての混乱の元でしたわね。だけど後付けガスレンジフードの場合、前面が塗装板になってしまうんですが、ここんとこは、LIXILさんがRICHELLEの棚板と同じ面板を用意してくれることになりましたんで、前面はキレイに揃いました。ということで、ガスレンジとレンジフードまでは決まりました。使い勝手ですか。まだお湯しか沸かしたことないから、わかんないや。だって、まだ工事が終わって無くて、調理道具や調味料の納め場所も決まってないですもん。料理らしい料理、できてないですし。

あ、大元のRICHELLEの話をしてないや。なんかもう面倒になってきたなあ。いやほんとうにリフォームって面倒なんです。楽しいんですけどねえ。